FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.12
16
CM:0
TB:0
03:28
Category : 未分類
 海幹校戦略研究が届いた。最初の頃から分けてもらっている本。テカリがあるのは印刷補給隊(略称は、まあそのままだね)の自製だから溶着式トナーの影響だろう。

戦略研究


 目次部分だから写真であげるけど、なんと200ページ中130ページが英語であったよ。
目次

 コミケ作業で忙しくてしばらくしっかりと読めない。実際に『世界』も読めていないし『東亜』もまだ買いに行けないのだけれども。英語130ページだと逃げ場のない喫茶店でなければ読めないねえ。

 あと目次中、英文記事二番目のドバフルさんは米空軍中佐で空幹校の人。空幹校も2・3年前にか海のように紀要をだそとしたけど確か1回出して終わり。* そこで海に出したのだろうねえ。



* まあ、空軍記事だと少し単調になるからねえ。米空軍のAir and Space Power Journal もちょっと内容的には単調かなと。対して海者はプロシーディングスとかマリンコープスガゼット(音写でマリンコーってなんか嫌だね)とか米海大の雑誌名失念みたいに結構幅広にとれるから有利なんだろうね。
スポンサーサイト



2019.12
15
CM:0
TB:0
12:43
Category : 未分類
 「作家先生連の宴会に参加しましたウェイ」のような投稿がある。ググれば無数に出てくる。

 以前、その間違いを指摘した方がやっているのを見るとおもしろい感情が浮かぶものだ。ご本尊はメカミリ連の「巨匠」と思っている宴会に出ていることを誇示したいのだろう。自分で写真付きで投稿したあとで当の漫画家の写真投稿を挙げて同じ宴会だと示唆している。

 でもねえ、そもそもビックネームファンになりたがってどうするのかね。

 まずは内田百閒の故事そのものでしかない。人気作家百閒は犬馬の如く尽くすワナビーの接待を受け続けた。だが百閒はワナビーは犬馬としかみなかった。たまたまその一人である中村武志が作家になると聞いて怪訝とした。あるいは下剋上であり不快と感じたのだろう。請われた跋文に彼の人となりは知るが作風は全く知らぬと苦し紛れにしたためた件だ。

 似た話はよく聞く。SF連のワナビーやファンがSF大会でSF作家に尽くす。「オレは地方のうまい酒を蕎麦屋を知っているから案内した」と自慢する話だ。作家からすれば十把一絡でファンやワナビーである。しかもやっていることは誰でもできることだ。戦時下に物品を調達した中村ほどの便利さなもく重宝もしていない。だから個体識別なぞまともにしない。その後で案内された作家に地方の名産ほかが届くが誰かはわからないというアレだ。

 甚だしきは「ボクはうどん打ち名人である」と勝手に自製の食品を送りつけるファンもいる。現実政治方面の軍事界隈はSFと近い。もらった大家も困惑しているよねといった話を聞いたこともある。適当に話を合わせているのに好評だったと吹聴されているよなあといった中身だ。

 そもそも、ネットでそれを広言する類は作家になりたいと努力するワナビーどころではない。ただファンの中ででかい顔をしたい。ビックネームファンになりたい連中である。まあ志が低い上に程度もねえ。

 だいたい普通なら誰と会ったか、いつ飯を食ったかはあんまり言わないものだ。親密であるとアピールするあたりはアレ宰相や神奈川選挙区の反社おじさんとの中をアピールするイカ皮商売と大差はない。

 だがそこまで考えが至らない。そのあたりもやはり程度もねえといったあたりだ。
2019.12
13
CM:17
TB:0
15:11
Category : 未分類
 ボンクラ連がグレダさんを否定しようとしている。そこで紅衛兵やらポルポトを持ち出している。

百田尚樹@hyakutanaoki
文化大革命のとき、紅衛兵の子供たちが同じことを言って大人たちをリンチしまくった。
ポルポトのクメールルージュの子供たちも同じことを言って大人たちを殺しまくった。
当時、紅衛兵やクメールルージュの子供たちも、グレタさんのように純粋で美しい正義感に満ちていた。
https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1205050762180513792



梓弓@Ma_R8
グレタ氏がヤバいって言うより(ヤバいのは間違いが)彼女を持ち上げる大人が絶望的にバカなのか確信犯の運動家だよね。
文化大革命の紅衛兵やポルポトの少年兵の事を反省出来ないヤツがマスコミに関わってはいけない。
https://twitter.com/Ma_R8/status/1205096796382326786



 主張を否定できないからなんだろう。二酸化炭素は減らさなければならない。その方向性は否定されない。あとはどこまで優先度を上げるか、負担分担をどうするか、そのような路線の話である。

 そこで未成年が主張している部分だけを切り出して紅衛兵がポルポトがといってもねえ。グレダさんの主張に対しては的外れでしかない。

 ただ、ボンクラ連の身内ではなんとなく通用するのだろう。相手を左翼だといえばそれで大好きな「論破」ができる程度のお手軽脳みそだからだ。ダイヤモンドアイばりに「お前はサヨクだ、紅衛兵/ポルポトだ」といえば「ば~れ~た~か~」と屈服させられるとそう思い込んでいるのだろうよ。

 「紅衛兵、ポルポト」呼ばわりに乗っかっている連中は、まあホニャララなんだろうね。主張で勝てない上にピント外れの反論が有効だと思いこんでいるわけだから。以前の原発問題と同じでゼロ戦ハゲの読者連中が敵視している当の女子供に敗れる負け犬展開が見えるもんだよ。
2019.12
12
CM:8
TB:0
13:07
Category : 未分類
 友達がリーフ買ってたまに乗っけてもらうのだけれども。

 新車で買うにはキツイ価格だが中古価格見るといいかんじ。電池劣化以上に値段が落ちている。今の車が11年目だけど8万5000kmで家建ててからは年6000kmしか乗ってない。まあ止めるのが11万キロから12万キロとしてあと1-2回は車検とるだろう。買うとしても2025年過ぎかね。

 ただ、MTないのがねえ。ノークラはなんとなくイヤ。エンジン掛けるときにたたら踏むのと運転中に左手が空いてしまう。粗忽だから急発進とかバックでもの壊したりしそうなので、ギヤを切り替えるスイッチとしての踏むだけMTとか、兼ねて半クラ感覚スイッチとか交差点曲がるときになんとなく踏んでくださいみたいなやつを電気じかけで作ってくれないかね。

 ギヤとかレンジも日産式はイヤ。昔のマツダのコラムシフトみたいにバックは「ガキ・ガキ」と2段階でいれるような奴がいい。

 コラムシフトMTを運転できる海曹がいない。だから古いセドリック公用車を運転したのだけれども。日産は「手前‐上」がバックでビビった。古いマツダのトラックだとそこは1速、バックは「手前・手前‐上 もういちど手前‐上」の二段引きだったから。

 まあ、ほとんど一人でしか乗らないからミゼットのEVみたいなやつで充分なんだけどね。リーフほどの大きさはいらない。でも軽のEVは狭いのと航続距離で困る。どっか作ればいいと思うけどまあ売れないだろう。
2019.12
10
CM:16
TB:0
12:58
Category : 未分類
 二酸化炭素排出は世界の問題である。排出量は減らすしかない。そうしないと人間が滅びかねない。

 これは共通認識であり世界はその方向に沿って動いている。

 あとは路線の話だ。二酸化炭素削減で決まった方向性についてどこまで優先度を上げるか。資源を投入するか。各国や業界の負担配分をどうするか。それを詰めるだけの話である。

 だが、それが気に食わない連中がいる。自称右派の連中だ。「環境保護活動は市民運動的であり左派的である。左翼の主張である」 彼らはそのように考えている。

 そして例の冷笑的態度を取り細部だけの話をする。例えば「先進国にしか文句を言わず中国には言わない」の類だ。LNGの存在を無視して「石炭火力をやめれば原子力しかない」もそれである。

 これらは方向性や理屈は否定できない苦し紛れでしかない。本筋で勝てないことにフラストレーションを抱えている。だから微細部分でどうにか小勝利をあげようと血道になっているのである。


■ 「ヒステリーで分からず屋の女に口喧嘩で勝ちたい」

 グレタ・トゥーンベリさんの否定はその最たる例である。

 急進派であり「飛行機も使いたくない」という。だから欧州から米国まで海上移動を選択した。

 それについて「無駄」や「不経済」「自己満足」と悪罵を投げつけている。これは環境保護運動、二酸化炭素排出の方向性を否定できないため微細部分で文句をつけている姿である。

 さらには「ヒステリーで分からず屋の女に鮮やかに口喧嘩で勝ちたい」欲求が加わると始末に負えない。

 それが賀東招二の発言である。
賀東招二@gatosyoji
俺もこの子きらい。もし自分が世界の影の支配者だったら、すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい。その上であっつあつの超うまいステーキとか食わせてやって、悔し涙を流す姿が見たい。すごく見たい。
https://twitter.com/gatosyoji/status/1203431997701361664


 二酸化炭素排出には文句が言えない。その点で嫌いな市民運動的な環境保護運動を理屈で否定できない。それゆえの発言である。

 しかも女子供に理屈で負けた。それが許せない。だから持ってもいない権力で「すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい。」(賀東)と言っているわけだ。

 まずはみっともないことこの上ないものである。



 まあ、彼を支持する読者もみっともないのだけれどもね。ファン層をみてもなんというか世間を知らない10代を除けばたいがいはそう。軍事マニアやメカミリ系でも二流以下ぽくてね。趣味の世界でも水準以下である。フルメタルパニックの帽子かぶってる連中をみてるとまあそう思うね。

 だいたい、その連中は趣味世界の価値を認めてくれない人たちを逆恨みしている。自衛隊の戦闘機やブルーエンジェルス反対運動をやっている人たちの危険性や騒音の訴えを全く理解せず一方的に敵視している。そしてその運動の構成員を空想上で否定して悦に入っている。「自分が理屈で勝てない学識者や女子供を権威やリアリズム(自称)の力で屈服させるシチュにカタルシスを感じる階層だからねえ。
2019.12
09
CM:0
TB:0
06:18
Category : 未分類
 表紙を印刷所にお願いしました

冬コミ表紙みほん

 たったこれだけなのにイラレで先祖返りでまあ。例により裏表紙/表4は本文と関係ないです。

 本文の進捗は半分くらいです。

 ダメだったら「砲将沖田砲を愛して大捷し空将土方砲を軽んじて大敗す」で「ショックカノンが半年はやく実用化していれば」とか「キリシマの命中精度はガミラスの3倍」「ガミラス高速空母も久我山の試射場の上は通過しなかった」「ヤマトの40cmショックカノンは『宇宙最大の40センチ砲』」あたりでしょうか。

 あるいは「『ゆきかぜ』は傑作艦だったか?」で。高名な研究者によれば「イスカンダルのガソリンとオイルと点火プラグとパッキンを使うとガミラスデストロイヤー同様の速力が出た」「ガミラスのエースいわく最も厄介な敵は『ゆきかぜ』型ミサイル艦」「『傑作ではない』なんて戦った宇宙戦士に失礼」といった反論が考えられるそうです。

 ホントにヤバいときには「諸星きらりは菩薩である」かなにかで。ゼノグラシアのような荒廃でもきらりんロボで救済してくれるのでしょう。
2019.12
06
CM:9
TB:0
18:47
Category : 未分類
 アニメイベントはさほどの募集効果を伴わない。これは同期連から聞いた話だ。募集対象年齢よりも高めである。自衛隊ブースに人が来てくれるのは宜しいがコストに見合うかは疑問。だいたいそのような中身だ。

 去年の大洗の戦車の件も陸自もそう判断しただけの話なのだろう。大洗にブースを出すくらいは構わない。だが戦車を出すのは面倒である。募集効果はあんまりない。とはいえイベント支援を頼まれると断り難い。そのなかで共産党から好都合なオファーが地元自治体経由で来た。だから戦車はやめた。そんなところだろう。

 だいたい、本当に広報効果や募集効果があれば共産党が言ったくらいで引っ込む自衛隊ではない。これはブルーインパルス反対があっても曲芸飛行をしていることでも明瞭である。

 だが、このように整理できない方たちがいらっしゃる。もへもへ@gerogeroRさんとその発言を支持する人たちである。


■ 発端はマンガ図書館法案を通したいのに会期不延長を批判しない自己撞着議員

 発端はマンガ図書館法案を通したいのに与党の会期不延長を批判しない自己撞着議員に関する話である。

🚭ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้🔞龴⟿ﬨ֞ꆸ௵冫ם෴. ﷼ ℳ✧ ۞@IEEE1394beta
· 12月5日
知財関連の項目が含まれないことは山田太郎議員が明言してる。ツイート確認しろFTAで二次創作アウトはデマです!とか言うのもさあガルパンイベントを共産党が妨害したとか言うツイートが出回ったときも同じように言うてくれませんかねえ。まさかガルパンデマに乗った奴がそんなこと言ってねえよな?
https://twitter.com/IEEE1394beta/status/1202385869417484288


炬燵どらごん⋈@okotatsudoragon
ガルパンの大洗町の戦車展示に共産党が物申したのはデマではないようです。
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1224/blnews_151224_5208955672.html
デマだと言い始めた人が寧ろデマを広めていたようです。
https://twitter.com/okotatsudoragon/status/1202396580050948096


🚭ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้🔞龴⟿ﬨ֞ꆸ௵冫ם෴. ﷼ ℳ✧ ۞@IEEE1394beta
あくまでも自衛隊の戦車展示に申し入れたわけであって、イベント自体を中止しろだとか止めろだとかいったわけじゃないってのを理解できないようだし、本件ガルパンを潰しに来たみたいな捉え方で拡散されてるから指摘するとこうやって物申したのはデマじゃないとか言って誤りを認めない。
https://twitter.com/IEEE1394beta/status/1202403372684300288


 これは簡単な話だ。IEEE1394betaさんのいうとおり共産党がガルパンイベントに反対下のはデマである。それだけの話である。

 別に共産党はアニメイベントそのものをやめろといったわけではない。その点でIEEE1394betaさんの主張は妥当である。「ガルパンイベントを共産党が妨害した」(IEEE1394beta)わけではないからだ。


■ 「実物戦車がなければガルパンのイベントはできない」だって

 それに共産党がガルパンイベントを潰そうとしたと言い張るのは無理筋な話である。

 件のもへもへさんの反応はそれである。

もへもへ@gerogeroR
戦車展示自体潰しに来てる時点で批判されて当然やろ。戦車アニメのイベントの大きな魅力の一つだったんだから。
https://twitter.com/gerogeroR/status/1202416363760951302


 なかなか不思議な主張だ。

 戦車アニメのイベントはあくまでのアニメのイベントである。戦車のイベントではない。実物戦車の展示がないだけで開催できないわけではないからだ。

 もちろん「ガルパンはつまらないから実物戦車を持ってこないとイベントが成り立たない」と考えている可能性もなりたたないことはない。

 実際にガルパンはつまらないからだ。女の子とメカと鉄砲しかない。視聴者が不快になるからといった理由で登場人物に男はいない。若い男は書き割りとしてしか存在しない。そのあたりでどうしようもない話である。

 だが、もへもへ@gerogeroRさんやその周辺にそれを匂わす発言はないことからすればそれはないだろう。


■ 「戦車展示を潰し」(もへもへ)たのは陸自

 さらに言えば、もへもへさんの主張が正しいとすれば本当に悪いのは陸自となる。

 仮に、実物戦車の展示がなければガルパンイベントが成り立ちがたいとしよう。戦車派出取りやめはガルパンイベントの「戦車アニメのイベントの大きな魅力の一つ」を「潰しに来てる時点で批判されて当然」(もへもへ@gerogeroR)としよう。

 もしそれが正しければ「批判されて当然」(もへもへ@gerogeroR)なのは陸自となる。

 そして戦車を派出しないと判断したのは陸自である。共産党が何を言おうが陸自が戦車を持ってくれば展示はできる。だが、陸自はそのような判断をしなかった。

 つまり「戦車展示を潰し」(もへもへ)たのは陸自であるということだ。

 その点からすればもへもへさんは共産党よりも陸自を批判すべきだろう。「共産党風情のいうことを聞く陸自は批判されて当然」とでもいいながらね。
2019.12
01
CM:25
TB:0
13:13
Category : 未分類
 ヤフコメがヤフコメと言われる所以であるのだけれども。

 拙稿「紫電改と疾風は本当に傑作機?」(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00010000-jindepth-pol)にオクタン価云々を問題視するコメントがついた。

 その一例をあげると次の内容だ。

tfw***** | 1時間前
あのさぁ、文谷さん。
当時の日米のガソリンの「オクタン価」の違いをどう解釈してるの?
当時の日本製のガソリンは、米国製に比べてオクタン価が低く、戦後
米国で調査された日本軍戦闘機は、米国製ガソリンの品質の良さ故に、
全ての数値において日本国内でテストした際の性能を上回っていた。

つまり、ガソリンの質のせいで性能がダウンしていたにも関わらず
紫電改・疾風は評価に相応しい戦果を残していた、と解釈するべき
なんじゃないの?実際、戦後の調査で米軍の評価は高かったんだから。


 でもねえ、戦後の性能調査において誉に額面以上のオクタン価の燃料つかっても性能は米機に及ばなかったのよね。同じ2000馬力級でも日本はブン回して2000馬力、欧米期は緊急出力で2000以上だったから。

 また、高オクタン価燃料を使うと性能が上がる理解も誤っている。

 誉の圧縮比と連続運転にはオクタン価100が必要とされていた。だが現場の日本燃料は額面どおりのオクタン価がないので不調となっただけの話である。

 日本国内テストでも規定燃料を使えば性能は担保されていた。

 そして130オクタンの米燃料をつかってもその性能は超えない。レギュラー車にハイオク入れるようなものでしかないからだ。

 米国での高性能は性能測定条件の差でしかない。それを「130オクタンを使うと100オクタンの3割増しの性能となる」とでも考えたのだろう。
2019.11
30
CM:7
TB:0
19:02
Category : 未分類
 なにかの壁を発見した。Qcumberさんの発言だがすべての中身が正しくない主張である。

Qcumber@Qcumber20
教皇の歴史は2000年だと アナウンサーはいばる。だが教皇といっても全部繋がっているわけではない。日本の天皇の歴史は126代、しかも万世一系で2600年以上続く。
学校で教えなくても、常識では知っておきたい。
https://twitter.com/Qcumber20/status/1198852208080515074



■ 1260年ほど嵩増しているのをご存じない

 まず皇紀の嵩増しをご存じない。日本書紀から
神武即位の年数をBC660をそのまま史的事実として用いている。それはペテロより古いとして誇る様子である。

 だが、日本書紀の紀年は怪しい。だいたい寿命や欠史八代からして不自然である。これは江戸時代から言われておりである。国学の祖である本居宣長も120年くらい誤魔化してね?と疑っている。「中国の史書と事績の年数が合わない、60年×2ほどズラしている」といった主張だ。

 年数で1260年分が嵩増されているとされる。これは本居の弟子である伴信友の主張である。辛亥にあたるAD601年から60年×21周期で1260年嵩増しを指摘する内容である。そして今ではカルト以外はそれを認めている。

 このあたりは選書メチエの倉西裕子『日本書紀の真実』に詳しい。最初のあたりに書いてある中身である。*1


■ 今年は皇紀何年かご存じないのではないか?

 次がいまだに皇紀2600年と言い出しているあたりだ。

 今年は皇紀2679年である。ジェッターマルスそっくりの♪紀元は2600年♪から80年を経ている。普通に丸めれば2700年となる。

 このあたりで、実は今年は皇紀何年かご存知ないのではないかという疑問も湧いてくるものだ。2679と知っていれば繰り上げるからだ。*2



■ 「古いから尊い」の誤り

 最後が「ローマ教皇より古いのでありがたい」としている誤りである。

 そう主張するなら、歴史的に詰めた結果ローマ教皇の制度が古ければ困ったことになるからだ

 日本の
天皇制度がローマ教皇より新しければ「ローマ教皇の方が古いのでありがたい」となってしまう。その誤りに気づいていない。

 そもそも、本来ならば
皇室崇敬の立場からすれば「
皇室は尊いから尊い」のである。古いから尊いのではない。その点で彼が示そうしている至誠は誤った理解に立脚している。そういうことになるのである。


■ まあ「2600年」と言い出すのは

 以上がなにかの壁の存在を窺わせる内容である。さらに言えば2600年で検索するとこの類が大漁となる。1260年引けとか120年足せとか、今年は何年か言ってみろとか、古くなければ尊くないのかと聞いてみたいものである。


*1 倉西裕子『日本書紀の真実』(東京,講談社,2003)
   だいたい16ページから20ページのあたりでそれを論じている。

*2 皇紀はグレゴリウス暦と1日ずれているかもしれない。2000年の閏年をどう処理しているかの問題である。太政官布告のときには西暦が100年と400年で割れるときの置閏の規定はなかった。その後に100で割り切れるときはの規定は足されたが400のときには閏年規定がなかった記憶がある。昭和15年の『官報』の勅令かなにかで修正されたような気もするがよく覚えていない。副著は文部大臣かなあ。
2019.11
29
CM:17
TB:0
14:10
Category : 未分類
 例の曲芸飛行商売が今年で終わった。レッドブル・エアレースと称したアレだ。9月に終わるという話を聞いてはいたがいまさらながら調べると果たして潰れていた。バンザイ。

 いい気味である。なによりも持ち上げていた連中がショゲているのは心地よいものだ。

 そもそもアレのどこがレースなのか。1/100秒を競うというが曲芸の早回しでしかない。1/100秒早く回っても何の益体もない。それを競ってもなんともならない。

 パイロットも猿まわしの猿でしかない。言い方が悪ければ角兵衛獅子の大道芸だ。本人たちもそれを承知している。だから勝っても誇らない。興行の手前がある。金を出した観客がいる。だからその場では優勝を喜ぶフリをする。だが後にはそれは言い出さない。出しても詮無いことを知っている。その興行が終わった以上、今後は恥じて口にもしないだろう。

 なによりも迷惑な商売である。曲芸飛行はアブガスを無駄遣いして危険と騒音を撒き散らした金儲けである。そして儲けた金は身内でだけ配分する。他人様に危険と騒音を与えて自分だけが金を得る。そのような不道徳不健全な商売である。廃棄物の不法投棄で金を儲けるものと何も変わらない。

 その曲芸が潰れた。些細ではあるが世間にとってよろしいことである。世界はこのようにして一つ一つよくなっていくのだろう。
2019.11
28
CM:3
TB:0
12:14
Category : 未分類
 オタクは夜郎自大に陥っているのではないか?

 オタクの経済効果の類の発言がある。日本経済で無視できない力を持つといった話だ。

 それを見ると昔にも「後楽園競輪の経済効果」とか言い出す奴がいたのだろうと思うものだ。公営競技マニアは七二年に廃止されるまでそういっていたのではないかね。

 そして「我々の主張は無視されない」と吹聴していたのだろう。一日に100億円の経済効果をもつ。巨額の経済効果を持つ。自治体は公営競技のアガリを欲しがる。自転車は政治的影響力をもつ。通産省も味方だ。だから競輪はやめられない。高枕である。そううそぶいいていた。

 今のオタク経済効果を言い出す連中を見るとそう思えてくるものだ。

 あるいはそれよりもひどい。山本太郎じゃないほう、イカサマのほうの山本カルトの「オタク投票行動は政治を動かす」のそれをみると夜郎自大も極まっているようにしかみえないものだ。

 おそらく自分たちを強者でありメジャーだと思いこんでいるのだろう。オタク同士の狭い言論空間でオタクをヨイショする話ばかりをしているとそうなる。カルトの中が世界の全てであると勘違いするアレだ。

 例えばコミケ医者のCALCIさんは自分たちは小数派ではないと思いこんでいる。*
Calci@Calcijp
ああいうね、少数の権利を擁護してるってポーズを取る人間って社会全体の自由を脅かしてるってことをみんな知ってほしい。
https://twitter.com/Calcijp/status/1199471090021486593


 「オタクは少数者である。マイナーである」と認識していたらそんな発言はしない。自称するようにそのアイデンティティがオタクだとした場合にはそうなる。

 だが、その発言には自信に溢れている。自分たちオタクは少数派ではない。だからそのような危険はないと信じていると思いこんでいるのだ。たいした夜郎自大である。

 そしてその高慢には気づかない。再び自分たちがマイナーであると思い知らされる。例えば現与党の宗教原理主義による規制の話が出てくる。そういった事態までは高枕の鼻提灯なのだろう。



* これはローマ教皇の発言への反応である。それは隣接する偏狭な坊主の発言から総判断できる。具体的にはhttps://twitter.com/sharenewsjapan1/status/1199306733740580866やhttps://twitter.com/kIIoETuXpQUMrk7/status/1199232472262696960だ。
2019.11
25
CM:5
TB:0
16:05
Category : 未分類
 同人を書いていてどうも上手く行かない。なんといっても3日前に書いた規定文と導入部そのものがボンヤリしている。そこに悩んでウンウン唸っている。平岡公威ばりに精神が弱いのは肉体が弱いからと三島式精神で肉体改造しようとドリルを素手で止めたりバットにヒビをいれたり体にニセモノのアザを入れたりしているのだけれども。あたりまえだけど肉体鍛錬を重ねても文章が書けるわけもない。

 しょうがないからここは一つチャクラでも開こうかと帽子かぶってジャンパー着て水魚のポーズを取ろうとしたのだけれども体が硬いせいか空中浮遊まで持っていけない。足首に指の先端で触るのが精一杯でそれでも腿裏がキツイ。

 ただまあやっているうちに何かは降りてくるものでエビゾリ状態の最中に「内容を狭めれば改善するのでは?」と気づいた。「海南島アプローチは日米豪の海軍戦略を並列提示だからボンヤリしているのであって海自の戦略なら抽象性と具体性の間がいい感じに行ったり来たりできるのではないか」と思いつき書き始めたら導入部がよくなった。アッチ行ったりコッチ行ったりがなくなった感じ。

 海自は何をしようとしているのだろうか?
・ 背 景  日本は中国を第一の仮想敵国と見なしている。
・ 情 勢  そのため海軍力の増強を進めている。
・ 疑 問  日本はこの海軍力をどう使おうとしているのだろうか?
・ 解 答  南シナ海、なかでも海南島に圧力をかけようとしている。なぜなら・・・


 レバーもボタンも触らずにスパコンに勝てるのが水魚のポーズのいいところだ。まあそれを活かせばいずれはキーボードや鉛筆を触らずに同人を作るといった境地にも至るのだろう。

 とりあえず印刷所にページ数と締め切りと冊数の予約を打ち込んだよ。あとはロイホあたりに中華タブレットとNIZもってってタカタカうって飽きたら表紙を作ってなにか降りたらまえがきとあとがきでも書く感じで。



 そいや、旧海軍研究の頂点と話したときなんだが、まえがきとあとがきの類が全然関係ないのって日本サブカルの伝統なんだがねえといった話をしたよ。山下洋輔が全中連作ったりするアレで作法に従えば最近のゲームとか音楽とか映画とか競馬競輪競艇オートの話をするもんだとおもっていたのだけれども最近は減ったねと。

 まあ己がやってるのって白紙やら目次で版面率が低いのが稠密性が低くなる感じで嫌だからなんでもいいから書いて埋めたい心持ちなんだろう。だから図版とかも余白が嫌だし裏表紙-表4は何か意味ありげなことを書いて埋めているのだと思う。
 
 なんにせよ脳内カタルシスでウンウン唸る苦しみから解放されたのでチャーシュー力で勝利のブッチャー辛味噌か花さんしょうで勝利の四川汁なし担担麺を食ってくるよ。神保町の川国志とか江戸川橋みつぼとか歌舞伎町の上海小吃もいきたいけど書けるまでは車で15分か20分あたりで辛抱
2019.11
23
CM:3
TB:0
16:03
Category : 未分類
 勝手に敵を悪魔化させた結果なのだろう。戦前戦中の情報閉塞の環境した敵対者は鬼畜である。そのような話をしているうちに「敵は悪魔である」と信じるように至った。

 最近の言葉で言えばエコーチェンバーの結果か。まずは競合者や交渉相手に過ぎない中国や韓国を「敵」と言う言論空間にどっぷりつかっているうちに本当に敵だと思いこむ、宿敵と信じるアレと似たようなものだ。


■ コミケ医者の世界認識

 「オタクは根絶やしにされる」も同じ伝ではないか。これは例のコミケ医者のCALCIさんが提示している情勢判断である。

Calci@Calcijp
いえ、オタクを根絶やしにするまで続きます。ナチの思想と同根です。
🍊@hakatamentarako
表現を規制しろと言ってる人たちは、なにも環境をすべて清くしろと言ってるわけでなく、表現する場所を制限したり、公共の場に出さないでってことでは?なにもエロを排除しろなんていってない、エロを表現する場所を規制しろということ。漫画の人は間違った性教育を受けてるだけで、規制関係ない、、、

https://twitter.com/Calcijp/status/1198046629456039937


 まずは被害妄想としか言いようもない。

 現にオタク表現は性描写も含めて許されている。刑法の範囲内であれば禁止はない。これは18禁ほかのジャンルの隆盛でも自明である。

 そこで「提示する場所を考えろ」と言われた程度で「オタクを根絶やしにするまで続きます。ナチの思想と同根です。」(CALCI)と反応するのはどうかしている。

 そもそも「場所をわきまえろ」のどこが「ナチの思想と同根です。」(CALCI)なのだろうか?

 さらにいえばCALCIさんは具体的にどのような「ナチの思想」と「同根」といっているのだろうか?

 ちなみにCALCIさんの従来発言をみても「ナチの思想」について肯定否定を問わずなにもない。その点では「とりあえずはナチの思想っていっておけばいい」といった手軽さしか感じられない。


■ オタク差別

 なお、「とりあえずは○○といっておけばよい」といった付和雷同は他にもある。

 「かつてのオタク差別」はそれである。CALCIさんほかの「かつて差別されていた」そのものが胡乱なのだ。マック女子高生のような河原文書言動に付和雷同している形にしかみえないためだ。

 90年代にオタクは差別されていたか?

  別にされてもいない。コミケは普通に開催されていた。高岡も通常通り営業されていた。OVAの発売が妨害されることもなかった。

 もちろん「何が面白いのか?」くらいは言われた。あるいは「つまらない」程度の批評もあった。

 だが、それは差別ではない。オタクだからといって公的・社会的に不利益な扱いは受けていない。またオタク関連商品を法的規制する話もなかったからだ。当時、高岡ほかで売っていて事件化した「ミニーズクラブ」も従来刑法の範囲内で取り締まりをうけたに過ぎない。



■ 「自分の好きなものが好意的に扱われないのは差別」なんだろうね

 そもそも、「かつてのオタク差別」の中身もどうしようもないものだ。「自分が好きなものが好意的に扱われなかった」といった鬱屈しかないからだ。

 そんなことで傷ついて差別云々を言い出すあたりもどうしようもない。内容的にはホヤが大好きな男が宴会でホヤ嫌いの男にあたって傷つくようなものでしかない。九十年代当時に20歳も超えた大人なら「ああそうですか」で「世界にはホヤを嫌う没理非漢もいる」と受容するだけの話だ。

 逆にいえば、「当時はオタク差別が」とい言い出しすあたりは精神的に未熟だったことの表明ではないのかね。それを言い出す五十代六十代は当時二十歳、三十歳である。だがその体に精神が追いついていなかったということだ。

 そして、それは今もそのままである様子である。献血ポスターほかで「自分の好きなものが批評された」だけでオッサンのオタク連が怒り出しているからだ。本来なら五十男や六十男はそのあたりの分別ついているはずである。だが献血ポスターで「表現の自由」とかいっているボンクラは分別あるようには見えない。**





* 逆説的ながらその影響力は外務省による海外発言収集による情勢判断にも窺える。『米英戦後研究』?の43年ころのやつに「大西洋憲章とカサブランカ宣言からすれば日本人絶滅はない」といった判断がなされている。

** オタクでも分別グレードが高ければ献血ポスター批評には「ごもっとも」という。オタクセクターではセーフでも一般社会では問題視されることがあると知っている。また公的機関の宣伝である以上、誰からも許容される内容である必要があることも知っているからだ。批判を全肯定しなくとも「俺は別段いいとは思うけど赤十字実施に批判があるなら下げるのは当然だよね」や「批判する人の気持もわかるよね」くらいの判断はできる。そしてそれはオタクでも多数派である。***

*** そいや、オタクの表現の自由戦士にはオタク表現でもBLほかの腐表現には否定的な言説していた人が多いんじゃないかな。いまではオタク表現の自由とやらでかつてのやおいへの嫌悪感を隠しているようだけどね。昔そういっていた連中がいるんだよね。そしてあいちトリエンナーレ等の政治面での表現の自由にはいまでも無関心である。
2019.11
20
CM:3
TB:0
20:47
Category : 未分類
 ピンク色のコンテナの話でバニラみたいな助平産業のコンテナ広報車の話ではない。

 さきほど川越でONEのコンテナを見た。17年に海運三社のコンテナ事業を合同した会社がONE、。オーシャンネットワークエキスプレスだ。そこが作ったコンテナが走っていた。


■ 各社の低採算部門の統合

 でもまあ、低採算部門の集合体なんだよねえ。

 コンテナはあんま儲からない。正確にいえば儲かるときは儲かるけど叩き合いになると割が合わない。でも割が合わなくとも毎週単位で定時運航しないといけない。その損があるから全体としてはあまり旨味がない。日本の海軍会社はもっと儲かる自動車輸送やLNGがあるからあんま投資しなかった。

 だから3社のコンテナ部門をあつめて1社にした。3社が6000TEUコンテナ船を別々に毎週3隻動かすよりも1週間に2万TEU1隻を動かしたほうがよい。2000多く積める上に全然安い。3隻動かすのに比べれば半分くらいでよい。このやり方でコストダウンを進めるのが海運同盟、飛行機ならアライアンスのやり方だ。それをいまさらながら日本の3社で統合まで進めてやった形だ。


■ 日本貨物より中国貨物がメイン、だから本社はシンガポール

 あとは本社をシンガポールにした。

 コンテナ船の日本発着はもうほとんどない。アジアと北米間ならコンテナ物流の4%くらいだけ。

 欧州ー中国ならおまけで寄ってるだけ。欧州ー中国なら一部が中国のアトに日本に寄るあるいは日本を出たアトで中国いってそこで大量に積み込んで欧州に行くようなやつばっか。

 北米の場合は日本を経由すると時間ロスだからそれはしない。神戸発で大阪と横浜よって東京から出て北米に行く。でもその代わり需要は小さいからちっこい船で間延びした輸送になっている。

 中国発着がほとんで日本経由はあんまないしない。そういうことだ。

 それなら会社はシンガポールのほうがいい。中国-欧州と中国-北米で儲けているわけだ。だったら華語と英語をしゃべる人間にやらせたほうがいい。3社はそう判断して日本からコンテナ部門を完全に海外に出した。

 日本からコンテナ海運はなくなったのだ。ONEは日本の海運にして日本の海運にあらずということだ。

 まあとっくに船籍も船長も船員も日本人じゃないからいまさらなんだけどね。
2019.11
20
CM:12
TB:0
10:05
Category : 未分類
 産経の松下ヨイショ記事なのだけれども。書いたやつは仕組みを一切考えない。

 内容はまずは広告記事に近い短報である。松下が自社工場にもうアレになりつつある水素フォークの給気施設を作るといったもの。「パナソニック、水素製造装置を発売へ 草津市に水素ステーション」『産経ニュース』(2019.11.18)https://www.sankei.com/west/news/191118/wst1911180035-n1.html

 その中にあるんだが、天然ガス改質で出てくる二酸化炭素を「微量」と書いている。

パナソニックが開発中の水素製造装置は[略]天然ガスや都市ガスを原料に水素をつくる。改質の際には微量の二酸化炭素(CO2)が発生するが、大気に放出させないような仕組みを検討している。


 メタンから水素作れば半分は二酸化炭素になる。CH4なんだから水素分子2モルと二酸化炭素1モルになる。炭素を二酸化炭素以外にするのは経済的には無理だからそうなる。

 2立米の水素製造に伴い発生する1立米の二酸化炭素って微量かね?


■ 説明と理屈の辻褄が合わないことに気づかない。

 おそらくは口頭説明が不正確でありしかも理解しないで記事を書いたせいだろう。


・ 松下はたぶん説明している

 松下は馬力h・kwhあたりの二酸化炭素排出量を出して「極めて微量」といったのだろう。

 例えば「フォークリフトの仕事量ベースで二酸化炭素を出さない」と説明したものだ。ガソリンのフォークリフトを運転するときの合算した二酸化炭素排出量を出す。熱効率やらアイドリング時間、ガソリンの熱量あたりの二酸化炭素排出量を全部ひっくるめた数字だ。

 それと天然ガス-水素燃料電池での同条件KWhあたりの二酸化炭素排出量を比べた。

 それを称して「二酸化炭素は微量」が松下の説明のはずだ。実際に仕事をさせる。そのときの仕事量、Kwhあたりで内燃機関と比較すると微量という意味である。


・ 産経はそれを理解できなかった

 だが、産経はそこまでは理解しない。あるいは説明を端折ってしか聞いていない。だから天然ガス改質にともなう二酸化炭素排出そのものが「微量」と書いたのだろう。

 そしてそれをそのまま発表した。新聞社なら多少は理屈がわかっている奴がチェックするものだ。わからなければわかってそうなやつに聞く。だが産経はこの記事ではそれのような確認ができなかった。だからそのまま記事になったのだろう。

 まあ、政権擁護と歴史戦だけやっていればいいとおもってるんだろうね。あとはどうでもいいんだろう。早く潰れないものか。
2019.11
10
CM:13
TB:0
03:45
Category : 未分類
 「松根油、航空燃料復活の可能性」(https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191108-00010001-jindepth-pol)を書いたのだけれども

 「在来燃料を置き換える主張」として誤解されるのはしょうがない部分がある。当初は「イラン人質奪回とかドーリトル空襲みたいな特殊用途に使える」と書いていたが長くなるし本筋から外れるのでちょん切ったからだ。そもそも書いたところで理解はならない。だから使い方まではかかず「松根油は高性能航空燃料として有望である」とだけ書いた。

 ただまあ「日本の話として日本が全部の航空燃料を松根油で賄う」といった理解まででるのは考え難かった。日本の話ではなく海外を含めたここ10年の燃料研究の動向として書いた。だが「松根油」の三文字だけで日本の松を引っこ抜く話だと考えたのだろう。

 あとは「松の根っこ以外からも採取できる」と書いているのに「松の切り株を掘るのは大変」とかいわれるのもねえ。

 ほかにも重油では飛ばせない理由はかいてあるのに「重油ではだめな理由が書いてない」といわれるのもねえ。松根油が使える理由で「しかも物性も問題とならない。航空燃料では凍結温度や粘度も問題となるが松根油燃料では基準は合格する。重油のように高空で固まりエンジンが止まるといった問題は生じない。」とかいといたのだが、たぶんそれと仮定の重油で飛ばす話を連結して考えられないかではないかと思うものだよ。
2019.11
09
CM:2
TB:0
01:28
Category : 未分類
 中国に火星人集成社がある。 https://www.marssenger.com/about.html

 システムキッチンのメーカーらしいがぶっ飛んだ名前でなかなか。徳国IFとあるのでドイツ企業名の意訳かと思ったのだが年譜をみると純然たる中国企業らしい。ブランド名もマルスゼンガーでかっこいい。

 キッチンメーカーならはタカラ、クリナップ、サンウエーブよりもねえ。

 日本の新規企業は漢字の字面ですごいのをつくれないもんかね。帝都高速度交通営団とか専売公社とは違う感じでローマ帝国堂とか沖縄体液軍人会みたいな企業ね。
2019.11
01
CM:2
TB:0
18:54
Category : 未分類
冬コミ当籤しました
12月30日(月曜日) 南 フ-25A 隅田金属です

とりあえずは海南島アプローチの本を考えています
2019.10
30
CM:1
TB:0
01:06
Category : 未分類
 MP3ファイルは継ぎ足しで気づけば20年近くを経ている。基本は前のMP3プレイヤーに入れてたMP3を新しいプレイヤーや携帯電話に移行させる。あんまり新しい曲は入れない。

 だから古い曲がそのまま残っている。その中に「風の祭り」がある。「シャーマニックプリンセス」(96年~98年)の挿入歌、番外編EDでシングルCDからCDRに入れてそれをMP3に打ち込んだまま。同世代のMP3ファイルは「輪舞」あたりか。



 だいたい単曲でしか足さないからファイル数は比較的少ない。まとめて入れたのは佐藤勝ソングコレクションくらいなものだ。

 比較的少ない曲数だから「風の祭り」はしょっちゅう出てくる。プレイリストも適当なんで次がとべ孫悟空の「ゴー・ウエスト」だったり前がトリオ・ロス・パンチョスだったりするのだけれども。



 そいや、とべ孫悟空の人形劇のフォーマットってジャンボマックスと関係しているのかねえ。ただまあジャンボマックスは世代ではないけど。
2019.10
26
CM:7
TB:0
16:32
Category : 未分類
 産科婦人科学会は松笠元帥なのだろうか。GHQなのだろうか。

 医者がHPVワクチンの前衛活動をされている。その水準は評価したうえでの推進を超えている。まずは神信心による宣教とおなじだ。HPV党のピオニールとして機関紙に乗るようなアバンギャルドな活動である。

 その産科婦人科学会の権威に浴する姿勢はなかなかなものである。

たぬきち@TOTB1984
HPVワクチンに関して、産科婦人科学会と異なるデマを拡散する公人リスト
山本太郎(れいわ新撰組)
池田としえ(日野市議員)
小森谷さやか(つくば市議員)
末吉美帆子(所沢市議員)
篠田江里子(札幌市議員)
伊藤純子(伊勢崎市議員)
はたともこ(立憲パートナーズ)
上記は完全にデマの証拠がある公人です
https://twitter.com/TOTB1984/status/1187653472423837696


たぬきち@TOTB1984
下記で寄せられた情報から、完全にデマの証拠がある公人をリスト化して産科婦人科学会に既に提出しています。
また、完全にアウトではなくとも誤った発言が多い公人も下記のツリーで確認可能です。今後、子宮頸がんを発症した患者さんからの訴訟などには有用なリストかと。
https://twitter.com/TOTB1984/status/1187654403223736320



■ 産科婦人科学会は最終裁判所兼ねて医療警察

 判断基準をすべて学会においている。「HPVワクチンに関して、産科婦人科学会と異なるデマ」(たぬきち)と断定する姿勢には信仰心すら伺える。産科婦人科学会は医療に関する最終裁判所であるとでも思っているのだろう。

 そして非違を断じる医療警察であると考えている様子も伺える。「デマの証拠がある公人をリスト化して産科婦人科学会に既に提出しています。」「今後、子宮頸がんを発症した患者さんからの訴訟などには有用なリストかと。」(たぬきち)はそれだ。


■ 薬害訴訟に有用なリストに名前を載せてもいいよね

 でもねえ、HPVワクチンで薬害が出たときにたぬきち@TOTB1984さんは責任を取るのかね。「今後、子宮頸がんを発症した患者さんからの訴訟などには有用なリストかと。」(たぬきち)と言う。それなら「今後、HPVワクチンが薬禍となったときに被害者さんからの訴訟などには有用なリスト」に名前を乗せられて訴訟を受ける覚悟があるかどうか。

 まずは怪しいものだ。

 もちろんHPVリスクの指摘もリスク無視の宣伝も不法行為ではない。だから賠償の責任もないものだ。

 ただ、その段になれば「当時は産科婦人科学会がそういっていた」といって言を左右にするようのだろうよ。価値判断や指針を学会に依存している様子からはそのようにみえるもんだ。






 昔、HPVのワクチン紅衛兵(医官)の先輩連は「つわりにはサリドマイド。産科婦人科学会が推奨するいいお薬です」とか言ってたんじゃないのかね。あとで薬害の可能性を指摘されても「世界中で評価されるおドイツ製の薬に重大な副作用があるはずがない」とか言ってそう。
2019.10
26
CM:7
TB:0
05:05
Category : 未分類
 献血ポスターの件なんだが。絵そのものの露出はどうでもよい水準だ。だが嫌悪感を抱くのもまた尤もでもある。まずは避けるものであるし問題となれば止める中身のものだ。その点からすれば赤十字側の担当者がロクなものではない。ストパンやらゲート使う自衛隊担当者と同じ程度に頭が悪いということだ。

 ただ、作者の主張は都合がよすぎる。報道で赤十字が配ったファイルの絵柄が出たことに文句をつけている内容がそれだ。
丈(たけ)■単行本1~3巻発売中@syokumutaiman
日テレさんからの打診はあったと聞いてて僕も担当編集もキッパリ断ったはずなんですが誰がいつテレビで使うことを許可したのかそれとも勝手に使われたのか説明は欲しいところですね
https://twitter.com/syokumutaiman/status/1187161022353661952


 利益は欲しいけど批判は受けたくない。そのような不覚悟が透けて見えてくるものだ。

 絵を描いて発表した以上は評価は避けられない。反論するかはともかく批判そのものの存在は認める責任がある。

 だが、作者はそこから逃げている。「誰がいつテレビで使うことを許可したのか」と寝ぼけたことをいっている。批評を受けたくない。だから許可のいらない引用を許可しない、拒否するといった小賢しい主張をしている。

 まずは情けない反応でもある。「営業的にはマイナスになる。出版社との関係もあるので筆者手元の画像は提供しない。だが批評でクリアファイルを使うのはご勝手」くらいなことをいうのが普通なんだが。それを「勝手に使われた」と文句をいうのはね。
2019.10
24
CM:14
TB:0
13:17
Category : 未分類
 自衛隊調達には無駄がある。

 かつて陸自は市価以上でトイレットペーパーを購入していた。地方隊単位でのまとめ買いを行った結果だ。競争入札にもかかわらず応募資格や納入条件の高さからスーパーやホームセンターの価格よりも高くなっった。さらにそれに輸送費をかけて部隊に配分していた。

 これは、まとめ買いの弊害の一つだ。

 また国内生産も不経済は大きい。1990年ころ米国はF-16を30億円で買っていた。それを再開発した国産機F-2は100億円飛行機となった。そして中身はF-16もF-2も大差あるものではなかった。

 H-60系ヘリも2-3倍の差がある。陸軍用の輸送型は米国では10億円程度で調達されている。それを日本はライセンス生産で40億円程度で生産している。

 まずは無駄だ。


■ 防衛費に財務省は口を出すな

 だが、その問題を無視する主張がある。加藤AZUKIさんと菊池誠さんの発言はそれである。

加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談@azukiglg
財政審、防衛予算を議論 安易な「まとめ買い」にクギ 国内でのライセンス生産は「合理的な理由がある場合に限定を」 https://sankei.com/economy/news/191023/ecn1910230015-n1.html
よし、財務省解体しよう
https://twitter.com/azukiglg/status/1186889221908287488


kikumaco(11/10がもよん12ベアーズ)@kikumaco
財務省が国防政策にまで口を出せるという状況は異常ですよ。財務省を解体・格下げして、権力を奪わないと
https://twitter.com/kikumaco/status/1186889606098145281



■ 防衛費は神聖にして犯すべからず

 防衛費にも経済性の原則は適用される。同じ防衛力なら防衛費は安いほうがよい。同じ防衛費なら防衛力は大きくつくれたほうがよい。

 それを無視するのは不思議なものだ。

 さらには主張には統帥権干犯のロジックとの重なりがみえる。防衛費は聖域であるといった発想から「よし、財務省解体しよう」(加藤)や「財務省が国防政策にまで口を出せるという状況は異常」(菊池)はまったくそれである。






■ オマケ

 自称軍事クラスターの御仁の発言なんだが。国産輸送機なんかもともとコスト意識もないのだけども。防衛省の好きにすればコストは確保できたようないいようだよね。

はらぺこ(CV:沢城みゆき)@harapeko11
河野大臣や山本副大臣には是非とも全力でこの財務省の意見というか言いがかりにもの申して欲しい。財務省は自身の輸送機調達のチョンボを指摘されて私怨で防衛省に無理難題ふっかけている。
はらぺこ(CV:沢城みゆき)@harapeko11 ·
財政審、防衛装備品調達の改善要請「徹底した単価削減が大前提」 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20191023/k00/00m/010/239000c
委員からも「防衛省はコスト意識が無いのでは」との意見が出たという。〉輸送機にトンチキ難癖着けて結果調達コスト増を招いたイカレポンチの能無し財務省が何ぬかしてんだボケナス。
https://twitter.com/harapeko11/status/1186981576917172225
https://twitter.com/harapeko11/status/1186986977221996546


 「調達コスト増を招いたイカレポンチの能無し財務省」(はらぺこ(CV:沢城みゆき))とのことだけど。C-17とくらべて低性能なくせに同じ価格帯となったといったC-2開発の「イカレポンチの能無し」は批判しないのは不思議なものだよ。
2019.10
16
CM:14
TB:0
00:02
Category : 未分類
 Japan In-depthで「日本のEEZ主張は説得力なし」https://japan-indepth.jp/?p=48402 が公開されました。

 まあ、趣旨は「日本のEEZ主張は必ずしも説得力を持ち得るものではないよ」で仮題は「日本のEEZ主張は通用するのだろうか?」なんだけど編集側でその題になりました。

 YAHOO転載では https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00010000-jindepth-int なんですが、例によってコメントがなかなかの内容。ヤフコメの人々ってくくられるのもよく分かるもんだ。

 なかでもこれ
---------------------------------------------
csw*****
なんか理路整然と語っているようでハチャメチャだ。
まず、領海についてだが、200マイル?200海里設定なら知っている。マイルではなく、シーマイルだ。この時点でこの記事の信憑性は疑わしくなる。
最後に、中キョウとの大陸棚問題についてだが、触れない方が良い?訳分からん。勝手に大陸棚は自分らのもんと主張して話し合うと言いながら勝手に大陸棚油田に食指を伸ばして我儘勝手に振舞っているのは奴等だ。[以下略]
---------------------------------------------

 まず海里って日本語限定の言葉なのをご存じない。 

 そして英語は全部マイル。陸上マイルと違うことを示すときだけノーティカル・マイル。日本でも職業関連ではMLかnmとかいて口語では全部マイルと読む。

 その点でマイルをSTATUTE MILEと考えるのはまずはご存じないということだ。

 その上、シーマイルといった言葉を使うのもねえ。まあシーマイルといった言葉はググるとなくはないがあんまり使う用法ではない。英語圏でもnmといった用語をご存じない人が使う表現らしい。

 あとは中国の大陸棚主張には根拠がないとしているあたりもね。大陸棚は大陸の延伸でありといったロジックは中国が独自に作ったものではない。さらに今でもそれなりの説得力を持つ。

 まずは日本もそれをしていることをご存じない。太平洋側の日本EEZの大陸棚延伸はそれだ。この御仁はそれにも反対するのかねえ
2019.10
13
CM:21
TB:0
13:53
Category : 未分類
 ネトウヨ連が「今回の台風で八ッ場ダムが洪水抑制に大活躍した」とか言ってる。例の旧民主党への非難だ。

 ただ実際にはあんま効いているようには見えない。

 ざっと書くなら

・ 八ッ場ダムは利根川水系である。今回に関東で氾濫が問題となった荒川水系や多摩川水系ではない。

・ 水自体もさして貯めていない。
 - 台風直前の11日の段階で水位は38m/46mと水位の80%に達している。
    ダムの形状を乱暴に錐体として貯水率は約50%、45×100万立米。(ダムの湛水量は90×100万立米)
    台風の水が貯められる量も残りの45×100万立米
 - ダムの流域面積は700平方キロ、草津の12日降水量は250ミリ、流域の降水は175×100万立米
 - つまり降水量の38%を溜めただけ

・ 調節効果は利根川に流れ込んだ雨水の2%以下
  利根川に流れ込んだ雨水は2500×100万立米。流域面積は1万7000平方キロ、流域平均降水量を少なめだが150ミリとした

・ 利根川の断面積は八ッ場ダム分に耐える
 - 利根川水系は荒川や多摩川より強い。
     ・ 「堤防-利根川-堤防」の洪水堤外地の幅は広い
     ・ 天端も高い

→ 八ッ場ダムがなくとも利根川水系は問題は生じなかった


 あとは、建設の経緯とか費用対効果との比較検討だよね。反対がなくて安価に作れるなら45×100万立米も割が合うかもしれないけどその逆ではねえ。
2019.10
13
CM:4
TB:0
05:18
Category : 未分類
 入間川の水害シナリオで最悪の展開は多摩川の流路変遷だろうね。多摩川の流れが入間川に突っ込めば川沿いは大変となる。落合橋以南の荒川も無事ではすまないだろう。

 青梅のあたりは多摩川の扇状地となっている。頂点は宮の平駅付近だ。今の多摩川はその南端を通っている。

 そして、その多摩川扇状地の北端に霞川が流れている。これは入間川の支流だ。距離は1kmも離れていない。

 なにかの機会で川筋が入れ変わる。例えば台風の大雨の中で南岸側山地が崩れて川筋を埋める。そうなると多摩川上流の水は霞川に流れ込み入間基地のあたりでそのまま入間川に流れ込む。

 その場合には大洪水となるだろう。入間川の河川断面積、まずは堤外地(堤防の川側)間の面積では捌ききれない。まあ南北両岸が台地のあたりならあまり浸水域は広がらない。一段低いところが水をかぶるだけで済むだろう。ただ八瀬大橋以南は大変で落合橋以南は川島も川越低地も大変となりそのまま荒川もあふれさせるのではないかね。

 何を馬鹿なことをというかもしれない。

 でもねえ、今の入間川って多摩川の痕跡でもあるんだよね。武蔵野台地を大きくえぐられた現入間川流路は多摩川北流の名残なわけだ。小畔川と赤間川の間の低地は昔に多摩川が流れた結果できたわけだろうよ。そもそも多摩川扇状地ができたのも多摩川の流路変遷の結果だ。北方向に今の入間川流路に流れたリ南の現多摩川河道にながれたりの浮気の産物であの地形はできている。





 と書いていて気づいたのだけど、所沢三富の要因もそれだなと。狭山丘陵が盾になって多摩川の侵入を防いだから所沢から三富方向はは侵食をうけていない。また表流水は開析の結果低くなった入間川・多摩川の方向に去ってしまう。川から遠いから地下水も涵養されないしそれも入間川・多摩川方向に流れる。崖からドンドン流れ出る。

 だから所沢も三富も地下水位も深いところにある。「所沢には嫁にやるな」(水くみが大変)とか、近世に野火止用水ができるまでは水がないから三富が放置されたとか。古代東山道付近にある掘兼の地名とか、あのあたりの「まいまいず井戸」の原因もそれなんだろ。
2019.10
11
CM:19
TB:0
06:21
Category : 未分類
 今月号の『軍事研究』に「F-15改修は悪手」の記事を書いた。実際には前に納品した記事が載っていたのだけれども。

 もっと強調しても良かった部分がある。今年の予算で決まったF-15改修2機の工期が4国と5国になっているアタリがそれ。

 普通はしない。それからすれば改修メニューには機体ごとに相当の差があるように見える。相当古く改修に手間取る機体が5国、最新状態にある機体が4国である。あるいはF-15のうちの未改修タイプ、プレMSIPとやらを5国でMSIPが4国でやっている可能性もあるかもしれない。

 でもまあ、ロクな事業ではないとしかいいようはない。どうせ改修してもF-35には及ばない。しかもF-35のほうが寿命も長い。運用経費もF-35よりも高い。

 そんなら改修やめてその金でF-35をかったほうがよい。

 あるいはF-16の最新型を買ったほうがよいのではないかね。そうすれば少なくとも今あるエンジン転用はできる。

 一番いいのはF-35とJF-17あるいはF-50の組み合わせだけどね。
2019.10
04
CM:3
TB:0
12:23
Category : 未分類
 須賀原洋行さんは体制擁護が大好きなのだろう。政権や政府のやることはすべて正しいと主張している。

 あるい体制の主張が正解だと信じているのかもしれない。社会における問題については政権や政府で実施されているから正解としている。まずは受験勉強のような正解探しだ。自分で正解を考えようとしていない。


■ 「『消費税は法人税減税に使われた』はデマ」(須賀原)だって

 そして、それは事実の否認にまで至っている。消費税は法人税減税を実現するために使われてきた。その事実を否定するために「デマ」と言い立てているのもその伝である。

須賀原洋行@tebasakitoriri
「消費税増税分は法人税減税に充てられてきた」というデマは、最初は野党の国会質問などで「そう取られても仕方ありませんよ!」的な言い方だったのだが、いつの間にかこの人のように「穴埋めに使われてきた」「事実」などと堂々と言うようになり、こないだも某映画監督が本気で信じてそう主張していた
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/1179075347284840448



■ 根拠は「法律にそう書いてある」(須賀原)

 だが、その内実はやはり無思慮だ。先に体制擁護がありあるいは正解探しがある。「消費税は社会保障に使うと法律で決まっているから全部社会保障に使われている」程度のものでしかない。

須賀原洋行@tebasakitoriri
「消費税で支え」てないです。消費税の使途は社会保障目的と法律で決まってますし。
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/1179681575044206592



■ 消費税は特別会計ではない

 まずは会計のことをご存じないとしかいいようもない。会計には一般会計と特別会計の2つがある。そして消費税と社会保障は一般会計である。特別会計ではない。そのあたりから理解されていない。

つまり、歳入としての租税とその用途はリンクしていない。消費税を社会保障に限定して使うといったやり方は理屈上できないのだ。

 そして、一般会計の歳入の部で占める消費税増税分と法人税減税分は見事に釣り合っている。その点で消費税は法人減税に使われてきたとしかいいようはないのである。



■ 「法律で決まってます」(須賀原)こそデマだよね

 さらにいえば法律は根拠ともなりえない。

 須賀原さんは「消費税の使途は社会保障目的と法律で決まってます」と述べている。

 たしかに法律にはそれっぽく書いてある。
第二条 消費税法の一部を次のように改正する。
  第一条の見出しを「(趣旨等)」に改め、同条に次の一項を加える。
 2 消費税の収入については、地方交付税法(昭和二十五年法律第二百十一号)に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする。[略]
「平成28年法律第85号 社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案」


 だが、その条文は何の意味も持たない。チェックの義務もなく条文に違背した際の処置も決められていない。その点で無意味な条文である。

 そもそも消費税は一般会計だ。歳入の段階でお金はごたまぜになる。

 その点で須賀原さんの主張である「消費税は法人税減税には使われていない」証拠とはならない。消費税は法人税減税を実現するために使われてきた。消費税による歳入金額は法人税減税と釣り合っている。その事実は否定できないのである。


■ 評価や判断を上部に依存しているよね

 評価や判断を上位存在に依存しているのだろう。政策であれば政府の言うことが正しい。現状認識でも政権党の言うことが正しいといったものだ。

 これは政治思想や右派政治家だけではない。須賀原さんの哲学マンガもそうだった。その内容のことごとくはサルトルほかのエライ先達がそう言っているから正しいでしかなかった。

 それを伺わせる発言もある。例えば組体操を「やり甲斐のある得難い体験だった」「中学、高校の部活、大学の体育会で鍛えられた精神力」(須賀原)と評するあたりだ。

須賀原洋行@tebasakitoriri
組体操も高校の文化祭で経験したし(やり甲斐のある得難い体験だった)中学、高校の部活、大学の体育会で鍛えられた精神力でマンガ家の過酷なスケジュールに35年以上耐え続けられた私は、社会を支えているとまでは思わないけど、このくらい頑張れる人達がそれなりに社会貢献してきたことは事実だと思う
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/1179841308531118080


 まずは「いい子」なんだろう。子供の頃から権威に従順である。「やり甲斐のある得難い体験だ」からと組体操をやらされると「やり甲斐のある得難い体験だ」と信じ込む。「中学、高校の部活、大学の体育会」の狭い社会で「卓球で精神力が鍛えられた」といった先達の言葉を信じてピンポンごときで精神力が鍛えられたと信じるあたりがそれだ。

 だが、それは盲信盲従でしかない。批判的精神を封じ込められた「いい子」であり、長じてもその不自然を自覚できていない。哲学をやっても批評的精神は獲得できなかったあたりでお気の毒なものだ。
2019.10
01
CM:5
TB:0
14:05
Category : 未分類
 建国70周年のパレードみてていたのだが。科学技術方陣とやらでスゲーの出てきた。ロケットとヒコーキと新幹線のお子様ランチね。

お子様ランチ小さい
「慶祝中華人民共和国成立70周年大会、閲兵式、群衆游行」『CCTV-1综合』(中央電視台、2019.10.1)13時03分ころ

 大貫剛さんほかの日本のヒコーキやらロケット屋さんの好きそうな山車だね。子供が好きなものばかりを愛でるのもいいのだが、それを混ぜごぜに一緒に乗せている。ラーメンに寿司乗せてカレーを掛けるようなもんだ。だが彼らはその点を問題視しない。それを忌避する感度はトテモトテモ低い。中国にも同じような連中がいるのだろう。


 まあ軍事パレードよりもそのあとだね。

 軍事パレードではもZ-18やらY-8Qやら、ちょっと気になる予警機が出てきた直後のバス車列のほうが面白かった。毛新宇さんや十大元帥の親族、建国大将首席の粟裕、八路軍や新四軍の服着た老戦士が興味をそそった。

 さらにいえば現実的価値としてはパレードの各種団体の力関係だろう。その順番が何を示しているか。そういいったことだ。農業や農村は三回出てきていた。

 その上で面白さだけで言えばなによりも各直轄都市と各省のキテレツ山車だね。河北省は維安新区で広告兼ねて媚び売ったりするのだが。何も有名な産品がない吉林省が大変なのと、本来なら湖南省はトウガラシで澳門はルーレットだろうとねえ。

 でもま、お理工さんめいた連中の頭の中の具現化のお子様ランチが一番印象深かったものだ。
 
2019.09
30
CM:3
TB:0
06:16
Category : 未分類
 フーシ派がサウジ軍に打撃を与えたと報道されている。「イエメンの親イラン勢力、サウジへ攻勢 過去最大の攻撃か」はそのような内容を伝えている。

 そこに不思議はない。まずはガッツの差だ。エランの差といってもよい。暖衣飽食のサウジ・UAE軍はそれに劣る。しかも大義名分もない。フーシ派とは違いすぎる。

 まずはベトナム戦争の構図そのものだ。あるいはイラン・イラク戦争である。サウジ・UAEは米式の最新装備を持つ。またF-15や誘導爆弾の類を大量投入した。それでも全く勝てていなかった。AK持ってサンダル履いているフーシ派をまったく圧倒できていない。

 まずはフーシ派が勝つ。イエメンの内戦がどうなるかは置く。少なくともサウジ・UAE軍に対しては勝利する。

 中東世界もサウジ・UAEの戦いを支持しない。

 そもそも徳がない。経済封鎖で飢餓を引き起こしコレラを蔓延させた。また病院をも爆撃するような戦いである。人心は既にサウジとUAEに背いている。

 スンニ派各国でもそう見られている。無名の師であり人道を欠く戦争とみなされている。イスラエルと戦わず貧しいイエメンに介入し女子供を殺している。*

 サウジとUAEの国内も同じだ。まずUAEは疲弊している。2-3年前の段階で戦死者数は無視できない段階に至っている。おそらくはサウジも同じだ。国内は戦争を支持していない。

 米国も基本的にはサウジは見捨てている。

 かつては石油があったので面倒を見ていた。だが国際政治において石油や産油国の価値は急激に低下している。特に米国からすれば石油自給は達成されている。

 今はただの金持ち国としかみていない。如何に武器を買わせるか。安全保障の提供と引き換えに投資や輸入の利益を与えさせるかだ。

 そのうちサウジ・UAEはイエメンから叩き出される。あるいは今回のようなサウジ国内への浸透的侵攻への対処にせまられることとなるだろう。


*  以前に『宗教問題』で指摘されている。掲載誌は今は見つけられなかったがおそらくは以下の記事である。
   内藤正典, 中田考「特別対談 揺れる中東、21世紀のイスラム世界は果たして誰が率いていくのか」『宗教問題』 25(白馬社,2019)pp.10-25.
2019.09
20
CM:3
TB:0
21:46
Category : 未分類
 汽車で帰る途中でなかなかスゲエ広告を見た。人が読んでる新聞にあった新聞にラジオ日経の開局65周年の特別番組の広告である。

 ラジオの広告を新聞にするのもたいがいだ。

 だが本筋はそれではない。番組の中身についてだ。「現役ファンドマネージャー石原順さんが、造詣の深い音楽の魅力を語」る。「楽天証券から楠社長、松崎広報担当をゲストに迎えて思い入れのある楽曲をご紹介します。」だそうだ。

 「ラジオNIKKEIはおかげさまで今年開局65周年」(ラジオNIKKEI 2019.9.20)http://www.radionikkei.jp/about/pressrelease/pdf/20190920release.pdfによれば次の通りである。

Music Voyage Anthology
おなじみの現役ファンドマネージャー石原順さんが、造詣の深い音楽の魅力を語ります。番組後半
は楽天証券から楠社長、松崎広報担当をゲストに迎えて思い入れのある楽曲をご紹介します。
放送日時 :9月23日(月・祝)17:10~19:00
放送メディア:ラジオNIKKEI第1/ラジコ
アーカイブ :ラジコのタイムフリーで9月30日(月)までお聴きいただけます
(再生をはじめてから24時間以内に、合計3時間まで)
出演 :石原 順(現役ファンドマネージャー)
:楠 雄治(楽天証券 代表取締役社長)
:松崎 裕美(楽天証券 広報担当)


 株屋のシャチョーがビートルズだかずうとるびだかについてクソつまんねー話をするのだろうよ。しかも短波で音楽も流すんだと。

 まあジャイアンリサイタルの親戚みたいなものなんだが、金持ってりゃなんでもできるんだね。






 ん、ずうとるびと書いた途端に『最後の早慶戦』が頭にで横須賀教育隊のダビッドで山田隆夫がハンモック担いで走る絵が出てきたよ。で、ずうとるびが出てきたのは昼間籠もっていた図書館でイヤホンで聞いていた金曜たまむすびからね。