fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.09
10
CM:2
TB:0
05:54
Category : 未分類
  『軍事研究』10月号に「外交の武器 海自掃海部隊」を書かせてもらいました。今度の掃海艦よりもデッカイ、海外どこでもいけるような掃海艦とか、航空移動できる掃海部隊を作ったほうがいいんじゃないの?というものです。よろしければ、お買い上げください。
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

No title

執筆ご苦労様です
>「外交の武器 海自掃海部隊」
なかなか興味深い記事でした


拝読しました

・米海軍が佐世保に掃海艇を運んできたような、大型艀輸送台船があれば、掃海艇をあちこちに運ぶのに便利だろうと思いました。

・米海軍のLCSは機雷掃討、掃海のモジュールも準備することになっていたと思いますが、建造隻数が縮小されていることから今後は不安とみて記事では除外されたのだろうと推測しています。

・集団的自衛権がらみでは、朝鮮有事に釜山や仁川など邦人が脱出する経路となる港湾の掃海が問題となるのではないでしょうか。この場合、北朝鮮の非対称戦力による複合的な攻撃が様々あり得ると思いますが、大丈夫なんでしょうか。