RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.02
20
CM:3
TB:0
21:40
Category : 未分類
 野口裕之さんが中身も示さずに、数字だけだしてシミュレーションだと言っている。

 まずは常識はずれなものだ。普通は簡単な形でも記事中でモデルを示す。さらに細部を付表か注か別記事で示すものだからだ。


■ モデルも示さずにシュミレーション

 だが、野口さんにはそれがない。

 野口裕之「米中戦争の確率は「70%以上」 そのとき日本はどうすべきか」がそれ。
小欄は過日、駐留米軍撤退に伴うわが国の防衛予算の在り方について、安全保障関係者と共にシミュレーションを試みた。後述するが、予想通り、結果は「激増」であった。
http://www.sankei.com/premium/news/170220/prm1702200006-n1.html


議論の一助として、現行の年間防衛予算5兆円が米軍撤退後、どう変わるのか…小欄らのシミュレーション結果を一部掲載しておく。

 《防衛予算は3~4倍の15~20兆円に。内訳は、陸上自衛隊の2~3倍/海上自衛隊と航空自衛隊は3~4倍にせざるを得ない》

 防衛予算は、米軍が本土&ハワイ&グアムより来援するまで、侵略目的で押し寄せる現時点での中国人民解放軍戦力を迎え撃つために必要な兵器の種類や戦闘員数を基にはじき出した。米軍来援には、軍種・作戦にもよるが、準備と移動で数週間~半年以上かかる。
 以上は、人民解放軍のみとの戦闘に伴う防衛予算増で、北朝鮮やロシアへの備えも担保すれば、4~6倍の20~30兆円に膨らむ。
http://www.sankei.com/premium/news/170220/prm1702200006-n3.html


 そこには結果しかない。どの状態ような態勢でどれくらいの戦力が来るかは一切書いていない。


■ 三正面同時熱戦:野口式国家戦略は最初から破綻

 そもそも、前提条件が相当にオカしい。

 まず、対中国全面戦争と北朝鮮・ロシアとの全面戦争をやる想定である。「以上は、人民解放軍のみとの戦闘に伴う防衛予算増で、北朝鮮やロシアへの備えも担保すれば、4~6倍の20~30兆円に膨らむ。」(野口)とある。野口式国家戦略は三国と徹底敵対し、同時三正面の戦争を行うつもりなのだろう。

 だが、そのような事態に陥るのは、アレすぎる野口式の外交戦略でもしなければ起きることではない。太平洋戦争でも米中ソ三正面作戦などやっていない。


■ 中国軍上陸まで来援しない

 また、隠されたモデルも相当ヘンテコである。なんで対中熱戦で米軍来援までを凌ぐのに「陸上自衛隊の2~3倍」(野口)が必要なのか? 

 制空権を掌握され、制海権を失い、上陸されるまで米国は放置するといった見通しを立てているのだろう。それでなければ陸上戦力なぞ使いみちもない。

 だが、実際にそのような事がありえるのだろうか? 

 米国は制空・制海権喪失まで待ち、わざわざそれを回復して来援してくるような手間をかけるだろうか?

 それなら、最初から足の早い海空戦力を増援して中国に制空・制海権を確立させない。そちらのほうが簡単であり人死も少ない。

 逆に、中国が即時に制海・制空権を打ち立て、まったく在日米軍の行動も許さない状況を作り出せるほど強力なら何をやってもダメだ。一旦喪失した制海・制空権を日本近海でそれを回復できない。競合状態は作り出せても、A2ADで海上輸送による増援は無理だからだ。

 さらにいえばそこまで中国が強く米国が弱いなら、日米安保なんか捨てて中国と安保条約結んだほうがマシだということになる。


■ アルバニア式国防論

 野口さんの発想は、結局は宗教的な国難思想でしかないということだ。

 そこには恐怖心があり、それを煽るだけでリアルはなにもない。そもそも、中露鮮の三カ国全てに熱戦対応する発想や、三カ国が同時に日本と戦争するだろう発想が全く神仏基のカルト国難思想そのものに近い。

 その主張はアルバニア式国防論でしかない。日本は強力な敵に囲まれている。だから国民生活や経済安定を無視して国防に備えろという。それで周辺国との経済交流も利敵行為とし、喧嘩腰の対応しかしない。

 その理想を実現すれば、無駄なトーチカを抱えた経済破綻国家が生まれるだろう。

 まず、日本の本土決戦論者とは大概こんなものだけどね。



■ オマケ:野口式精神が膾炙しないのは素晴らしいものだよ

 つーか、米国がアテにならないなら中国、北朝鮮と関係改善すればいいんじゃないかね。
 ただ、駐留米軍撤退の有無にかかわらず、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)の占領を狙い、北朝鮮が核開発を進め、弾道ミサイルを乱射する…わが国を取り巻く危機的環境を直視すれば、自衛隊が使えるヒト・モノ・カネの数量は圧倒的に不足している。当然、日本の国会は、軍事膨張路線をひた走る敵性国家に対する「備え」を議論しなければならない。
http://www.sankei.com/premium/news/170220/prm1702200006-n1.html


 どっちもどうとでもなると思うんだよね。ホント、アメリカがアテにならなくなっても、それなりのやりようはある。

 尖閣問題はやらずぶったくりのロシア式交渉で引き伸ばせばどうとでもなる。

 北朝鮮も在日米軍がいなくなれば、弾道ミサイルで特に狙うべき目標は日本になくなる。韓国を売る最悪の事態だけど「南北朝鮮問題には関与しない、両者よく話し合え、そのあと北にも戦時賠償する」とでも口約束しときゃどうとでもなる。もし弾道ミサイル打ち込んだら、中立の日本が敵になるからねえ。

 虎の威もなくなったのに、なんでその後も突っ張らなきゃならないかが不思議。滅びるまで戦う美学に酔ってるようにしかみえないものだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

記事中でも述べられてますが中国やロシアや北朝鮮との対立の根は日本が多くの米軍を引き入れこの地での米国の代弁者として振る舞うことにもあります。
自由主義陣営と共産主義陣営が鍔迫り合いをしていた頃はそれもやむ無しな感もありましたが今となっては巨額の駐留費も含めてリスクとリターンが釣り合ってるのか疑問を感じます。
しかし最近の自民党は米軍は不可侵の聖域で中国は米国に防いでもらう悪の侵略国、程度の認識で何も考えてなさそう残念です。
昔は米軍受け入れの功罪にも中国との関係にももう少し真剣に考えてたように思えたのですが。

No title

>「南北朝鮮問題には関与しない、両者よく話し合え、そのあと北にも戦時賠償する」とでも口約束しときゃどうとでもなる。

これ、いいですね。拉致問題で北チョーセン憎しのメーターが振り切れっぱなしの人たちには発想もできないんだろうけど笑。

基本的に日本人拉致ってのは工作員や情報要員が日本経由で韓国に浸透するための「回り道戦術」が本道(もちろん枝葉のあれこれのケースはある)だったし。
有事における対日戦略も、主敵たる在日米軍基地と、もれなくついてくる「おまけの日本」の戦力をいかに削ぐかくらいしかないでしょ。だからゲリコマと弾道ミサイル以外には、日本列島を攻撃する手段も能力もあの国にはない。

内田樹は言うことがあちこち怪しいところが多いんだけど、アメリカの東アジア政策については、上のコメントの方とほぼ同じような視点から的確に言い当ててる。「アメリカにさえついて行けばおこぼれにあずかれる」みたいな下心は、もう捨てるべきだよ日本のアレな人たちは。

No title

これは結構よくある思い違いの類ですよね
米国と距離が開けば立ち位置が中立に近づき周辺国との緊張が低下する
それを一切勘定にいれずに日本が単独で周りと敵対的に振る舞うという非現実的な想定を使って米軍をヨイショ
ネトウヨあたりによく見ます