RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.02
26
CM:13
TB:0
13:49
Category : 未分類
 「経済成長できない」見通しへの反発はマヌケなものだ。アレな子が揃いも揃って「経済成長できなければ死ぬ」と言う。その面子を見るだけでも駄目論である。
経済成長否定


■ 経済成長できる見通しがあるか

 まず、日本経済が成長できると考えるのがオカシイ。

 日本は人口オーナスに入っている。就労人口が減り、社会保障負担が増える状況にある。

 この情勢で日本のGDPが増やせると考えるほうがどうかしている。仮に勤労者の一人あたり生産性を上昇しても、それ以上に勤労者そのものが減っている。一人あたりのGDPは非生産人口で薄まる。

 そもそも人口そのものが小さくなるのでGDPそのものが小さくなる。つまりは、生産性を挙げても経済は縮小する。


■ 成長否定を縮小に直結する

 また、経済成長できなければ経済縮小に結びつけるのも頭の悪さを示すものだ。

 成長の反対は縮小であるという一点だけで、成長できなければ縮小と思い込んでいる。

 実際には現状維持もある。日本のGDPは97年にピークを迎えるが、以降は現状維持ベースにある。成長はできていないが縮小もしていない。

 それを理解できず「経済成長できなければ、経済は縮小する、みんな死ぬ」といいだす。それで徳としているのだがら思慮が足りない。


■ 非生産的な政策を支持する

 そして最後が、「成長できなければ死んじゃう論」は有害な経済施策を肯定している点だ。

 経済縮小幅を小さくするには工夫するしかない。新分野を開拓する、生産性を上げるといった努力が必要となる。経営者のアニマル・スピリッツを振作するしかない。

 だが、今の政策はそれを押していない。円を切り下げる、政治主導でインフラを売りつけるといった重厚長大の大企業を生き残らせているだけだ。

 それは本来の成長エンジンとなる中小企業に焦点を当てたものではない。

 また政治主導であり、経営者のアニマル・スピリッツを刺激するものでもない。オリンピックの公共投資、経済性のない原発の再稼働・投資で経済成長につながるのだろうか?

 やっていることは政権支持セクターへの税金横流しである。安倍小学校に土地を横流しするような施策で経済成長が見込めると考えているのなら、やはりその程度ということだ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

そもそも、(国家として)経済成長しても個々の人々が恩恵に与れるわけではない、一部の超金持ちと99%の貧乏人ができるだけ、トリクルダウンなんて機能しない、と80年代を通してアメリカが実証したのはなんだったのかと。GDPが減少する(いくらでも誤魔化せる数値なので当てにはできませんが)のは確定事項である以上、全国民を食わせる、生存権を保障するには再分配を強化するしかないでしょうに。
貧困層への再分配には将来的な公的扶助・医療費を削減するとか生産的な職に就けるよう支援して納税額を増やしてもらうとか、それらを次世代にも繋げてもらえるとか、長い目で見れば儲かる面があるのを無視して「でかい建物を作る、輸出を増やすことこそ唯一絶対の道」とする議論が多いのには閉口します。厚生労働省の元祖・厚生省が、国力増強のため日中戦争の最中に、陸軍省・海軍省の協力を受けて設立されたことも忘れられたのでしょうか。

防衛費の中味の工夫

現政権は経済成長の軌道に乗せるなどと夢のようなこと言ってる。
それを無邪気に信じているのか経済政策批判するとムキになって、他にどんな方法があるのか?と怒り出す人いるんだよねぇ。
頭の中では成長か縮小かの二者択一しかないと思われ。

経済成長が望めないなら防衛費の拡大にも限度はあるので、これからは増えない防衛費の中身を工夫するということかなあ。

>実際には現状維持もある。日本のGDPは97年にピークを迎えるが、以降は現状維持ベースにある。成長はできていないが縮小もしていない。

この箇所についてですが、ここ20年はそうかもしれません。
しかしもっと先、文谷先生の年代の人達が年金需給する頃には縮小してるんじゃないですか?

Re: タイトルなし

「成長は必須」論ほかの「成長戦略」とかいう博打で負けて縮小してるでしょうね
円高に耐えられる産業が必要なのに円切り下げとか、やってることはことごとく「以前の経済態勢に後戻りしよう」だから
一人あたりのGDPは低下するし、それに人口オーナスが加わる


> >実際には現状維持もある。日本のGDPは97年にピークを迎えるが、以降は現状維持ベースにある。成長はできていないが縮小もしていない。
>
> この箇所についてですが、ここ20年はそうかもしれません。
> しかしもっと先、文谷先生の年代の人達が年金需給する頃には縮小してるんじゃないですか?

No title

直近でこの話の発端になったのは上野千鶴子氏の皆で貧しくなりましょう、移民は排斥しましょう発言では。

各方面から批判されても撤回もしませんでしたし、あれは花畑と言うか、自分を棚上げした身勝手と言われても仕方ない代物でしたよ。

長年新自由主義者がトリクルダウンを主張しておいて竹中平蔵のようにそれを本にも明記しながら都合が悪くなると平然と手の平を返す者もいましたからね。ネトウヨはどちらかと言えば新自由主義で上げ潮派だったので自業自得ですが、連中にとっては成長出来ようが出来まいが本音ではどうでも良かったんでしょうね。

妥当でしょうが悲観的な観測ですね。
社会が崩壊する。

>「成長は必須」論ほかの「成長戦略」とかいう博打で負けて縮小してるでしょうね
>円高に耐えられる産業が必要なのに円切り下げとか、やってることはことごとく「以前の経済態勢に後戻りしよう」だから
一人あたりのGDPは低下するし、それに人口オーナスが加わる

No title

日本の一人当たり購買力平価は、低成長だの経済縮小だの言われる割には、他の先進国並みに成長してるけどね。問題は少子化。しかし、アメリカの成長が別格ですごいのはわかるが、ドイツがEUの中でもぶっちぎりで成長してるのはどういう理由なのか。やっぱりユーロ安最強?

一人当たりの購買力平価GDP(USドル)の推移(1980~2016年)
http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=PPPPC&s=1980&e=2016&c1=JP&c2=US&c3=GB&c4=FR&c5=DE&c6=KR

No title

人口オーナスで経済成長できないということと、安倍政権以降、名目GDPが増えていることは、矛盾していると思いますが。

Re: No title

・ 金をあんだけバラまいてこの程度です
・ 全体からすれば微分的な変動です
・ 安倍政権はGDPが増えて見えるように計算方法を変更してます

> 人口オーナスで経済成長できないということと、安倍政権以降、名目GDPが増えていることは、矛盾していると思いますが。

No title

>実際には現状維持もある。日本のGDPは97年にピークを迎えるが、以降は現状維持ベースにある。成長はできていないが縮小もしていない。

もうすでに一次エネルギーの輸入量はどんどん減少していっています。縮小どころか、崩壊に向かうと思いますけど。
これからも生きていかなければならない世代はお気の毒です。内戦状態にならないことを願っています。

崩壊していく中で、コミュニティをどうやったら維持できるのかを考えておかないといけないでしょうね。

No title

新基準で46兆、旧基準でも2016年の第一四半期時点で32兆増えています。これはこの程度と断じることができる程小さい額ではありません。今、日本は経済成長しています。これは人口オーナスで経済成長は不可能であるという説の反証でしょう。

> 金をあんだけバラまいてこの程度です
> 全体からすれば微分的な変動です
> 安倍政権はGDPが増えて見えるように計算方法を変更してます

Re: No title

化石燃料輸入の現象は、GDPが減った=経済規模縮小よりも
産業構造、人口構造の変化や省力化の進展、電力なら再エネの普及が大きいでしょうね

あと「一次エネルギー」という括りで製鉄用の原料炭輸入が入ってると
製鉄業の中国シフトや一時の原料炭高騰による輸入減少の影響を大きく受けることになりますね

> >実際には現状維持もある。日本のGDPは97年にピークを迎えるが、以降は現状維持ベースにある。成長はできていないが縮小もしていない。
>
> もうすでに一次エネルギーの輸入量はどんどん減少していっています。縮小どころか、崩壊に向かうと思いますけど。
> これからも生きていかなければならない世代はお気の毒です。内戦状態にならないことを願っています。
>
> 崩壊していく中で、コミュニティをどうやったら維持できるのかを考えておかないといけないでしょうね。

No title

日本のGDPの推移
http://ecodb.net/country/JP/imf_gdp.html

円ベースでなく米ドルベースでみると、安倍政権になってからは、GDPは増えるどころか減ってます。

2016年になってようやく上昇に転じました(4.73兆ドル)が、民主党政権時代の2012年(5.96兆円)には及ばず。

> ・金をあんだけバラまいてこの程度です
> ・全体からすれば微分的な変動です
> ・安倍政権はGDPが増えて見えるように計算方法を変更してます

こんなことなら、何もしない方が良かったのかな…