FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2020.09
23
CM:3
TB:0
21:06
Category : 未分類
 会話が成立するには前提がある。

 それは相手の主張を理解できるというものだ。

 この前提がなければどうしようもない。それでは何を言っても詮もない話でしかならいからだ。


■ 整備数縮小と更新をやめたほうがいいという話

 そのような心持ちとなる事態があった。

 筆者は今月売りの『軍事研究』* で次のような記述をした。発売中であるのでこの先の話の展開に最低限の部分だけを切り出すと次のような内容である。

 また支援用航空機にも峻別の余地はある。
 なによりC-2輸送機である。現状ではC-1と同数に近い比率で置き換えようとしている。だが、本来C-2はそれほど調達する必要はない器材である。その整備数を縮小すればやはり調達コストと運用コストを大幅に引き下げられる。(文谷,2020,p.79)


 また練習機の更新も峻別すべき事業である。
 今後の練習機更新にはT-7を推す意見がある。T-4の次の練習機にといった意見だ。
 だが、それはやめたほうがよい。(文谷,2020,p.79)


 C-2整備は縮小したほうがよい練習機のT-7への更新は止めたほうがよいといった内容だ。


■ それが廃止だってさ

 それを廃止と読み取られるとはね。これは模型屋さんほかによる反応である。

NBu(144スケモ防衛隊)@144defenceforce
今月の軍研「コスト削減のために戦闘機はF-35で一本化、輸送機も練習機も金かかるから廃止。どうしてももう一機種いれたいなら軽戦闘機のJF-17(著者オススメ)を導入したらどうだろうか」
というトンデモ論が載ってた。
https://twitter.com/144defenceforce/status/1304711822193299457


矢崎十兵衛竜座@9/27維新vs岡山@yazakiryuza
軍事研究でF-3は無駄、全部F-35で統一すべき、練習機もいらない、JF-17を買うべきという記事があると聞いてM谷かKYTNあたりかなと思って読んだら案の定M谷だった。こんな与太記事を平気で載せるから軍研は買う価値ないんだよなぁ……
https://twitter.com/yazakiryuza/status/1305743729366454272


 まあ驚いたもんだ。「輸送機も練習機も金かかるから廃止」(NBu(144スケモ防衛隊))とか「練習機もいらない」(矢崎十兵衛竜座@9/27維新vs岡山)と理解するとはねえ。

 そして「話は通じまい」とも思ったものだよ。


■ 水準は合わせられないねえ

 そして「離乳食みたいな内容の軍事記事が増えるわけだ」ともね。

 安全保障を、軍事技術をわかりやすく解説するの類がある。まあ新しい発見の一つもないない文章であって「安全保障の話とかいってるけど武器を紹介しているだけじゃん」みたいなヤツだ。

 アレはこの水準の方達にあわせた内容だと合点がいったよ。兵器の模型とか写真ばっかの方達に合わせるとああなるわけだ。

 そして、あの手の媒体の記事が抽象化を扱わないのもわかった。それが成立しないからだ。

 彼らは物事の深化は稠密性にあると信じている。取るに足らないほど微細なことまでしていることが物事に詳しいのだと思い込んでいる。P-3Cの5663号機と5665号機の違いを知っている。ゼロ戦のネジの数を知っている。それが軍事に詳しい安全保障に詳しいと信じ込んでいるわけだ。

 だから模型雑誌とヒコーキの写真雑誌はあんな感じにもなる。それも顧客に合わせているというわけだ。文章読解力と論理構成力の水準を想定読者にあわせなければ読まれないし売れもしないのである。

 結果、当然ながら知的緊張のある記事は出てこないということだ。



*   文谷数重「航空自衛隊は劣勢を覆せるか」『軍事研究』655(JMR,2020.10)pp.68-79.
   ちなみに納品したテキストファイルに付けたファイル名は「空自領空警備に穴が開く」である。
スポンサーサイト



2020.09
21
CM:3
TB:0
13:05
Category : 未分類
 最近外に出ていない、髪も伸び放題となっている。しかたがないと1200円床屋に行った。川越市内と違って駐車場代がいらないのでわざわざ南古谷まで行った。

 で、頭を切ったあとにせっかくなので知り合いのところに顔をだしたところ繁盛している。時期が時期なんで当然なんだがそのまま手伝いをした。

 だた爪のところのササクレが化膿していて、わずかに割れたなりになっていて力仕事はできない。

 そこで秤に袋をつけて縛ってパレットに詰んでの手伝いをやった。流石に専用機だとドンドン充填されていく。パレットに並べたあとで最後にミルキークイーンと書くのだがまあ一生分書いた。

 あと、別の袋の記入を見て「これ『彩のきずな』だからな」と親方に言われたら多分「埼のきづな」と書くような気した。意味に引っ張られるから埼って書くだろう。その瞬間に「きずな」は誤りで「きづな」だと思ったから。多分、固有語で「き+つな」だから「つな」だと判断したのだと思う。

 埼玉県の彩のホニャララとか青森県の青いホニャララはやめてほしいもんし、品種名も聞いただけで大分類と品種名とわかるのにしてほしい。ヘンテコ品名で許せるのは連想が聞く「インカの目覚め」くらいなものだよ。メイクイーンとミルキークイーンはともかくスタークィーンとシャドークィーンが混じるとなにがなにやら。

 まあ鉄人28号方式もアレで、「試しに農林61号をはじめた」でウドン屋とでも結託したかと思ったらアメリカンスピリットの仲間の地下茎植物だったときにはねえ。




 そいや、アメスピもいい名前だなと。地元固有の作物と製品でその神聖性や重要性を提示して、それを固有ではないけど自国でつかっている言葉でつけた名前でシンプルな先住民族のイラストを配している。なかなかだと思うよ。中身も悉皆自然素材でしかも一部はオーガニックだし。

 それからすればメビウス=マイルドセブン=セブンスターとか堕落だね。「わかば」とか昔の「いこい」、「ひびき」、「ふじ」とかにしろと「うるま」と「うりずん」みたいな名前に変えろとは思うけどね。「しんせい」は漢語だからやっぱり座りが悪い
2020.09
16
CM:1
TB:0
16:43
Category : 未分類
 今月号の『みんぱく』なんだけれども。筆頭にある佐々木利和さんの「ひとつの列島 ふたつの国家 みっつの文化」は良いタイトルだと思う。*1

 日本はヤマト民族だけの単一民族国家ではない。北方には先住民族としてのアイヌ民族がいて南方には別のアイデンティティを持つ琉球人がいる。

 でもそれをシンプルにはいい難い。琉球人を異民族とはいい難い。アイヌも国家を持っていなかった。だから土地を奪ったとは言えるが国を奪ったともいい難い。

 佐々木さんのタイトルは、単一民族幻想の否定とそのあたりの細部の説明困難を矛盾なく説明している。

 なによりも「みっつの文化」はよい。アイヌ人とヤマト民族に含まれない。だが琉球人はそうともいい難い。それを文化として並列した。それによりヤマト民族と別のアイデンティティを持っていることを示せているためだ。

 あとは折り込みの特別展のチラシだね。

 大好きなオラン・アスリの彫像がでている。つむじ風の精霊なんだが、己は勝手に「風小僧」と読んでいる。その写真を見るたびにメモでは「例の風小僧」と書いて模写している。それがまた出ていた。

salon20200524.jpg
写真は国立民族学博物館のWEB「オラン・アスリと精霊」より引用。https://www.minpaku.ac.jp/museum/event/salon/20200524

 なおオラン・アスリとはマレーシア語で「先住の人」といった意味。海洋民オラン・ラウトが「海の人」、類人猿オラン・ウータンが「森の人」と同じ構造の言葉となっている。



*1 佐々木利和 「ひとつの列島 ふたつの国家 みっつの文化」『みんぱく』44.9(516) 国立民族学博物館(2020年)p.1
2020.09
13
CM:8
TB:0
11:35
Category : 未分類
 現政権に加えて新政権(予定)が自助といって批判されている。

 それは背景に国民福祉を全カットしたい願望があるためだ。生活保護ほかの社会保障含めての自助を前に出している。

 だが、それが見えないフリをして「災害時には自助が当然」と言い出す連中がいる。ネトウヨもそうだし、また軍事愛好者でも都合よくミスリードされているやつは多い。まあそいつらもネトウヨなんだけどね。

 でもねえ、そいつらって同じ口で原発や石炭火力による絶対的な電力の安定供給は必要とかいいだす。「たかが電力とは何事か」とか「人工呼吸器が」というアレ。太陽光では安定供給ができないから駄目という。

 矛盾しているもんだなと。災害時の自助を主張するなら「電力安定供給を信じるな。無停電装置置いとけ」という話になる。また絶対的安定供給してても地震や台風で送電網が切られればそれをするしかない。実際に病院やらサーバ施設なんか実際に整備している。

 でも言わない。都合がいいもんだ。


■ 太陽光+蓄電池の入札で日本が勝ったって

 その上で示すなら太陽光で電力安定供給は既に成功しているんだよね。

 実際に東電が出資した企業がインドでの電力落札に成功している。RENEW POWER社の事例だがここは東京電力と中部電力が出資している企業だ。最新の『世界』2020年10月号の飯田さんの記事*によると太陽光と蓄電池で24時間365日供給する入札に5.4円/kW時を示して落札したとのことだ。(飯田,p159)

 別報道によると規模は400MWという。400,000Kwの規模である。初年度は2.9ルピー/4.2円とされているが毎年3%づつの値上げをする。25年で均すと5.4円なのだろう。
 https://www.eqmagpro.com/renew-power-wins-indias-first-round-the-clock-renewable-energy-tender/

 なお2.9ルピーはインドの平均電力生産コストよりも安いとされている。

 「電力安定供給が」は負け続けてきた。「原子力がなければ電力安定供給が」は泊村にある謎の柏原発のころに概ね滅びた。その後に「石炭火力がなければ電力安定供給が」といい出しているのだけれども。それも太陽光+蓄電池に滅ぼされるわけだ。

 それもそのうちだる。需給バランスからいずれ昼間電力は夜間より安くされる。また蓄電池も安くなる。蓄電池をいれると安い昼間電力が使える。あるいは安くしか売れない屋根掛太陽光を貯めておいて夜間電力を買わないで済ませるようになる。

 ちなみに飯田さんの記事によると太陽光の発電コストはここ10年で9割減、蓄電池のコストは7割5分減とのことだ。(飯田,p.160)



*1 別に言う必要もないけど、己はピコピコは商売道具なんで無停電につないでる。別にコンセント付の停電用電灯2ヶとLED懐中電灯3ヶもある。普段遣いとは別に90%充電の18650を16本くらい用意している。*3

*2  飯田哲也「『容量市場』とは何か」『世界』937(岩波書店,2020年10月)pp.154-163.

*3 ちなみに18650は1本づつプラケースにいれて、それを2ヶづつ小さいブリキケースにいれて、そのブリキ缶をヨックモックの缶2つにいれている。今度はヨックモックを小石を敷き詰めたオイルペール缶にいれとこうと考えている。神経質なもんだ。
 あと最近までは無停電用の交換用に密閉型鉛蓄電池別に持っていた。相当昔に秋月で買ったやつ。田んぼの中で超長距離中波を受信するときに車の発電機はノイズで単三電池だとコストバカ高だから使おうとしたやつ。

*4 ヨックモックとかおせんべいの缶(使用済美品)だけ買えないものか。天切といわれる一斗缶とか買うと高い。半切りとか1/3はそこらで売っていない。浅草の缶屋さんで1/3の新品が400円売っているらしいけど買いに行くのが面倒でね。
2020.09
06
CM:3
TB:0
23:36
Category : 未分類
 カッティング定規と爪切りも多ければ多いほどよいものだけれども。

 コンベックスとカッターナイフはどっかにいく。家にはあるはずなんだが使う時になると見つからない。あとは親に黙って持っていかれる。

 だから多数を準備することにした。ただタジマのやつは割高なんで中国製を探していた。いくつかのメーカーを買ったがLAOA、老Aの日式コンベックスが塩梅が良い。最初に試しに5mと3mを買ったのだが追加として3mを2ヶ追加した。

コンベックス

 3mで送料込みで500円だからタジマの1/3くらい。先端の爪も前後方向だけガタガタに組んでいて左右と上下には遊びは極小で折れにくく寸法表示面もつや消しになっていて塩梅がよい。

 老Aは割といい感じのメーカーの感じなのでナイロン製工具バックとかプラスマイナスのドライバとかも買った。

 で、突然気づいたのだが25年くらい前に使っていたLANコネクタの格安圧着端子工具を作っていた台湾の会社だった。大学生のときにはじめて圧着やった3000円の工具と同じ色で(たぶん)同じロゴであることに気づいた。
2020.09
04
CM:6
TB:0
11:18
Category : 未分類
 菅総理になる前提で報道がなされているのだけれども。

 誰も「強力内閣になる」といった見通しはしていない。東条内閣が倒れて小磯内閣ができたときにはそう言われていた。どうみても東條内閣を超える内閣ではないのだが、一応はそう言われた。

 それがないあたりで誰も期待していないわけだ。そりゃ官房長官が順上がりで総理大臣ならやることはまずは変わらない。

 そもそも何をやりたいかや問題意識も明言していない。

 鈴木善幸内閣やら「毛沢東思想を堅持」の華国鋒主席みたいなもんで基本は惰性なんだろう。
2020.09
02
CM:32
TB:0
14:13
Category : 未分類
 烈風がマトモにできていたら戦局は変わったかといえばそんなこともないんじゃないのかね。

 日本が戦争に敗北した原因をヒコーキの性能や技術水準に求めたい心持ちを持つマニアがいる
 烈風がマトモにできていたら、橘花や秋水が早期に完成していたら、疾風のエンジンがもう少し信頼性があればの類だ。

 でも戦局はほとんど変わらなかっただろうねえ。

 太平洋戦争、対米戦の構造って
1 力の真空地帯に日本が軍事力を進めた
2 米側も太平洋に海空空軍力を展開し航空哨戒圏を展開して日米拮抗の状況を作り出した
3 米側は日本艦隊戦力の倍の戦力を作るまでその体制を保持し、その後に最短距離の中部太平洋で決戦を挑んだ
4 日本は決戦に敗北し本土攻撃を受ける状況となり降伏した

 仮に烈風の類がマトモに早期完成していたとしよう

 でも1も2も3も4も改善しないよね。

→1 緒戦の勝利は力の真空地帯への膨張なのであんまり武器の性能関係ない
   またその状況からするとたまたま零戦と1式陸攻は最適である
   また性能が両者より優れていてもその効果はたいしたものでもない、なんせ本質が力の真空地帯への膨張だから

→2 米国が太平洋に艦隊戦力を送り込み航空哨戒圏を貼ると日本はそうそう勝てなくなる
   ミッドウェイ攻略みたいに米哨戒圏に飛び込んで勝利するには少なくとも2倍の空母や艦載機もっていかないと厳しい
   烈風のたぐいの多少の高性能機ではひっくり返らない

→3 2倍以上の機動部隊戦力を積み上げられると戦闘機の性能ではひっくりかえらない
   マリアナでこっちが流星とマトモにできた烈風でも米空母機動部隊には勝てない
   運が良くても何隻かを撃破沈没できるかもしれないけど戦闘はひっくり返らないし
   日本が流星とマトモにできた烈風だったら米側は安心するために3倍の戦力を集める
   同時期の米海軍にはそれができる

→4 本土が継続的に攻撃を受ける状況でマトモにできた烈風やら橘花や秋水の類があっても状況はさほど改善しない
   B-29が大量に落ちるかもしれないけど日本の戦争経済が痛めつけられるのは変わらないので戦闘機生産も貧弱になる
   対して米国の爆撃機生産は被害を受けない、そして米陸軍航空隊は高損害の対独戦略爆撃にも耐えた
   また硫黄島や沖縄が陥落すれば随伴戦闘機が来るから烈風やら橘花や秋水の類でも空中戦は絶対有利ともならない

 「兵器が優れていれば戦争に勝てるのだ」みたいな素朴な信仰があるのだろうけど
 兵器が優れていても構造が駄目ならダメダメだし。構造がダメダメなら兵器が優れていてもさほどの影響もでないよねえ

 ベトナム戦争で米空軍がF-15とF-16、米海軍がF-14とF-14を持ち込んでも戦争はひっくり返らないわけだ
 航空戦で戦闘機が撃墜数を稼げるだろうけどそれだけ
 爆撃部隊は対空砲火で消耗するし、航空遊撃戦のあれでやっぱMIG-17が飛んだだけでやはり爆撃は妨害される
 そして爆撃が順調にいっても地上戦や政治戦では負ける

 太平洋戦争の進み方を変えようとして烈風の類をマトモにしても何にもならないということだし
 似たような些末要素である造船やら人事やら陸海軍共同やらをいじってもあんまり変わらない
 その些末要素である「烈風が」を言ってもあんまり意味ないように見えるもんだよ
 

 まー、その種の駄話が1941年12月8日にすべてのタイムスケジュールを宛てるのもなんだよねえ
 1941年末に開戦になったのってたまたまで、40年くらいから対米関係が急速に悪化した結果だから
 それにあわせて日本が誉エンジンやら金星エンジンに力を注いでうまく完成していればの類にしても、まあということ
 開戦が44年ならジェットエンジンが見えているわけだ、レシプロなんか力注いでもだめだってことになるからねえ

 戯作的なロマンの追求かもしれないけど、まあロマンとしての心地よさの追求でしかないわけだ
 そして、ましかばませの反実仮想にしても細かいことばっかいってもねえ

 これは白井聡先生のいう「日本敗北の否認」の1派生型なんだろう
 けど否認する上での辻褄を、しかも技術やら人事やらの些末要素で緻密に突き詰める意味もないんじゃないかな
 目的は日本は敗戦したといった事実を空想上で否認することで、それが充分なわけだ

 「オレが100兆年の大金持ちになったら」の反実仮想で、以下に100兆円稼ぐかの辻褄を合わせるのに真面目になってもね

 話として面白いのは琵琶湖を万札で埋め立てられる金でどのような贅沢を尽くすかじゃないのかね
 ハゲ100万人集めた反射光で照明するとかホタルイカでイカ飯作ってそれをイカに詰めたイカ飯を作って
 それでダイオウイカで満たすみたいなラグジュアリーをセレベス島で尽くすみたいなほうが面白いと思うけどね
2020.09
01
CM:1
TB:0
12:35
Category : 未分類
 (自称)安全保障研究者の類なのだが。傍から見ていると設定を盛りすぎなんだよね。

 言い方を変えれば引っかかるカモに合わせている感じしかしない。「オレ昨日ロンドン行ってきた」みたいなアピールばっかりしていあたりがまったくそれ。あとは適当なニュースを引っ張ってきて如何にも「オレは安全保障の研究者」を装っているようにしか見えない。

 このあたりは桜を見る会で一儲けの詐欺師のアレに近い。お腹痛い野郎と一緒の写真とか、権威と近いことを匂わせる発言とかね。

 しかもその(自称)安全保障研究者は外見を装いすぎている。アレ気な自称軍事クラスターの類にホンモノにみせようとしているのだろう。「高級スーツ仕立てた」とかこれみよがしな高級腕時計の写真とか高いメシ食っている写真に満ちている。あとはそれっぽい権威あるようにみえる団体の委員になっているとかねえ。


■ ホンモノにあるべきスットコドッコイ感がない

 まあ詐術にしかみえないものだよ。

 なによりも肝心の研究分野とかテーマとか主張とかがどこにも書いていない。本来あるべき情報が完全に欠落している。

 また本物にあるべきスットコドッコイ感もない。モノホンの研究者を見たことあるやつからするとそこも外見上スゲー不自然なもんだ。

 その御仁は20代という設定なんだが、それで学校行っているならそれなりのヒィー感があるわけだ。指定図書読むのに四苦八苦とかさ、持っていったアイデアが駄目だしされたとかあるわけだ。

 40、50になっても結構マヌケな失敗がある。そこらへんのレシートの裏に書いといたメモなくしたのたぐいでね。

 だいたいMACBOOKのおしゃれツールで仕事している写真ばかりなのも不思議。文系ならそこら編にコピーがあって赤線引いててポストイット貼りまくりの写真があるはずなんだけどそれがない。床には脱ぎ捨てた靴下とか机にはいつ飲んだかわからないおーいお茶とかほっともっと弁当の弁当殻とかね。*


■ 高級スーツ着てヘリから降りてくる(自称)学者の絵だよね

 このあたりがイミテーションゴールドっぺえなと。頭の弱いミリオタを引っ掛けるための装いゆえの不自然さがみえるもんだ。

 最初に述べた役職風の装いもそれ。

 そこは公的機関っぽい印象を醸し出しているところではある。

 でもそこのイベントは金くれるところじゃなくて逆に金を払って参加するところ。そのせいかあまり話を聞かない。

 そしてよそには全額無料のホンモノがあってそっちは大盛況となっている。

 その大盛況じゃなくて金払うほうでわざわざ挙手して役職風やっているあたりで贋金臭えんだよねえ。

 まあ、自称軍クラにはそっちのほうがホンモノに見えるのだろうけれどもね。盛りすぎ設定のクヒオ大佐がカモには本物よりホンモノっぽくみえるようなもんだよ。まずは(自称)国際政治学者がいつも大忙しでヘリで移動してアサヒスーパードライ飲んでいるような絵をみて信じ込める信者向けだよね。



* モノホンは模型も集めない傾向があるなと。江戸川橋のいつも店子が潰れるビルに入っている模型屋のクソ高い模型ヒコーキとか飾っているのもあんま見ない。みんなそうとも言えないだろうが独自価値観で全然関係ないものを集めたりしている例がおおいような気がする。
 たぶん、仕事とか興味分野については捨象されているせいじゃないかと思う。話を聞いたひととの世間話で趣味として集める例でも昆虫標本とか自分で群馬くんだりして掬ってきた淡水魚とか。又聞きだけど趣味分野でも「集めない」ヤツのはなしもある。「結婚を前提に握手会に通っている」タイプなんだけどそのアイドルグッズは集めていない不思議だねとかね。
2020.08
29
CM:11
TB:0
10:44
Category : 未分類
 アレの「おなか痛いから政権投げ出すよ」に「ご苦労さま」だの言ってるアレのヨイショ連がいるけどね。

 まあ、ソ連でも似たようなことあったらしい。スターリンが死んだときもロシア人のボンクラ連は「これから私達は誰に導いて貰えば」と人前で嘆き悲しむ言動をしたということだ。まともな人は「処刑人が死んだぞ」でバンザイなんだけどねえ。

 馴致されて「体制擁護してりゃいい」の行動原理が染み付いて、それが内面まで組み込まれりゃそうなるんだろうね。

 北の指導者が死んだときみたいにホントに涙流して嘆き悲しんでいるのもいるんじゃないの。アレを名宰相とか言っているうちに本当に自分でもそう思い込んでいるヨイショ連は多そうだし。



 あとは潜水艦艦名の記事を書きました。『潜水艦に瑞祥動物は不向き』です。漢語艦名は向いていないといった内容です。
https://japan-indepth.jp/?p=53493
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200828-00010001-jindepth-pol

 例によってヤフコメはヤフコメの反応をしている。まあ読み物で大した主張でもないのだがねえ。

 オフィシャルの決めた命名規則に文句言うのが気に食わないんだろう。

 これは尊敬する瀬川深さんのいう「ネットイナゴの頭がフットーするスコア表[中略]主張が・日本政府の施策と異なる +3」なのだろう。

瀬川深 Segawa Shin@segawashin
ネットイナゴの頭がフットーするスコア表。5点以上で執拗なバッシングを始めます。
発言者が
・女性 +4
・若い +4
・日本人ではない(外見含む) +3
主張が
・日本政府の施策と異なる +3
・現状の問題点を指摘する +3
・前例がない +2
・難しい判断を含む +2
・少数派の意見を代弁している +2
https://twitter.com/segawashin/status/1299190075230568448
2020.08
26
CM:2
TB:0
12:21
Category : 未分類
 電力総連が新党を支持しないという。産経だが「電力総連、立民主導の合流新党不支持へ」を記事化している。

 これは脅しにも何にもならないものではないか?

 既存電力は衰退産業である。国内炭鉱や蚕糸のようなものでまず先はない。

 その産業に支持されない。それを政党が苦にするだろうかということだ。

 逆に電力セクターが影響力を失うだけの結果に終わる。

 今までは労組を介することで野党にも影響力を果たしていた。何人かの議員が当選し何人かに献金することで野党の原発政策にも影響力を与えていた。

 それがなくなるのである。それからすれば電力セクターにとっての損でしかないということだ。*

 なにかに似ているといえば、アレ政権の北朝鮮との関係引き上げである。北朝鮮に圧力を加えると称して送金や人的往来を止めたアレだ。

 結果、日本は北朝鮮への影響力を失った。制約しうるオプションをすべて失いさらには交渉チャンネルすら喪失した。その後、日朝の隔たりを埋めるフィラーとして政府がアントニオ猪木に期待し仲介依頼に至ったことは記憶に新しい。



* まー、原発廃止が進んでいいんじゃないかな。今までは民主党系では電力労連出身が獅子身中の虫となり明快な政策をだせないでいた。それがいなくなればノビノビとした原発廃止政策が取れるだろうし支持も集まりやすくなるわけだ。だいたい保守も含めて「いまさら原発はない」と考えている時節だからね。
2020.08
24
CM:5
TB:0
13:06
Category : 未分類
 「安全保障でアメリカの特定の大学に行って帰ってきてすぐにテニュアを得たやつの主張って『日米同盟は大事』だけで何の新しい発見もないので読む価値ないよね」(大意)といった文章を金曜日に国会図書館で読んだ。

 白井聡『戦後政治を終わらせる -永続敗戦の、その先へ』(NHK出版、2016年)の一節である。買い落としていたので帰りしなに本屋を回って見つけて買った。

 アメリカにおける国際関係論とはどういう学問なのか。これは「アメリカの国益を最大化するためにはどうするべきかを考える学問」と明快に定義されています。[中略]日本人がアメリカに行って、この分野で学位を取り、当地の人脈を作り、そして帰国後に日本の大学や研究機関で職を得て、講義や教育、あるいは政府の政策に助言をしたりする。[中略]
 なぜわれわれが、国際政治学者の本を見るとき、学歴経歴から見るのか、察しがつくでしょう。[中略]つまりある国際政治学者のアメリカ滞在歴が長く、帰国後にあっという間に良いポストに就職しているというような場合、その著書の主張は「日米同盟は永遠に続くべきである」というものであると、見当がつくのです。そのような結論ありきで書かれた書物に、当然知的緊張はありません。(白井,pp.104-105)


 まあ顔が浮かぶよね。

 故人なら岡崎久彦さん。まあこの人はそれっぽく扱われていたけど書いてあること読むと「日米同盟は永遠に続くべきである」(白井)しかない。なんでそうなるのか、その部分をよく読むとまずは宗教的確信でしかなかった。

 生きている有象無象もいくらでも挙げられるね。国際政治とか安全保障とか自称している方々で、経歴にジョージタウン大学とかハドソン研究所が入っているあたり。だいたい就職先も似たようなものになっている。

 その中身もまあ「日米同盟は永遠に続くべきである」(白井)の亜流しかない。最近だとファイブアイズだのインテリジェンスだのといったアレだし香港や台湾問題で「法の支配」の陣営がみたいなアレかね。日本にとってその選択は得なのかどうか境界線上で微妙な部分なんだけどなぜか連中はガン推ししているあれだ。

 まあ身過ぎ世過ぎなんだろう。「日米同盟永遠論に与すれば得点が得られる」とみている。だから「「ファイブアイズは『日米同盟永遠論に寄与する』ように見えるからたぶん正解で賛成」なんだろうねえ。あるいは宗教的確信かね。

 ちなみに、あの連中はどこぞで安全保障政策の実務やっている連中にはあんまし信用はされていない。生きている有象無象についても「この経歴ってテニュアのための職業訓練だからねえ」と一蹴されている。何故か安全保障分野だけはテニュア獲得の実績がある日本の大学・大学院を出ていて、その後がジョージタウンとハドソンだとね。*

 ただ、現状では風見鶏的に利用はしている様子である。日本政治が永続敗戦論(この言葉も左っぽいから連中で使う人はいないけど)的構造にあって政権との方向性から影響力がある。だから政策にはその方向の力がかかっている。だからそれを利用するんだみたいな感じね。


* 「あの大学系統の安全保障の人って『コーネルとかフランス東洋学院でアジアの地域研究しました』みたいな人っていないよね、世間の大学で国際関係とかでテニュアとる本筋ってそっちなのに」みたいな話をしたことを覚えている
2020.08
15
CM:2
TB:0
15:09
Category : 未分類
 今年も8月15日。終戦の日が来ます。土曜日にはTBSラジオで亡くなられた秋山ちえ子の『かわいそうなしゃち』の朗読が始まりました。

 昭和の御聖代に小学校教育を受けた人はみんな知っています。毎年、あの暑い夏の一日の記念日に、秋山ちえ子は戦争を語り継ぐため、相模湾、江ノ島での悲劇を朗読をします。

 戦争中に起きたぞうやライオンやヒョウのお話はご存知でしょう。ジョージもそのような動物の一匹です。

 軍隊は戦争にシャチをつかおうとしました。アメリカの潜水艦に体当りして沈めよう。そう考えたのです。動物園のジョーイは秘匿名称オルカ金物とされました。生物爆雷として潜水艦に体当たりするように条件付けをされたのです。

 ただ、ジョーイは戦争にいきませんでした。負け続けた日本にはシャチを南方まで連れて行く船がなくなったのです。役立たずになったジョーイは江ノ島にある生育った水族館に留め置かれました。そして毎日近くの海で遊んでは帰ってくるといったように、ノンビリ過ごしていました。

 でも戦争は内地まで近づいてしまいました。すでに特攻隊は何遍も何遍も飛び立っていました。そして内地でも空襲が始まっていました。 

 食べ物も足りなくなっていました。みんなは毎日おなかをすかしていました。そして食べ物を食べられずに餓え死にしてしまう人もでてきました。

 このままではジョーイを飼い続けることは出来ません。シャチは1日に10貫目20貫目の魚を食べてしまうのです。これは人間一人がが1日に食べる魚の100倍や200倍です。その魚がアレば100人も200人もの人が助かるのです。

 ついに県知事から「ジョーイを殺しなさい」という命令が出てしまったのです。

 水族館ではジョーイに毒薬を注射しようとします。

 でも針は海獣の厚い皮を通さずポキリと折れてしまいます。

 大好きな魚に毒の入れて与えようとしました。でも知能の高いジョーイはそれを見抜いてしまいます。

 シャチ使いの長谷川さんは命令に逆らうことを承知でジョーイを逃しました。外房の沖まで送りました。でも水族館で育ったジョーイは餌を自分でとれません。自然の海では生きていけません。そしてとても賢い動物なので江ノ島まで帰ってきてしまうのです。

 生まれ育ったプールに戻して欲しいジョーイは水族館の前で芸をします。飛び上がって回転したり、上半身を水上に突き出してみたり、逆立ちをして尻尾を立ててみたり。飼育員さんを鼻先に乗せようとしたりして、ほめてもらおうとするのです。

 それを見ていたみんなは銃殺や干上げて殺すことはとてもできない。プールで餓死させるしかないだろうと決めました。

 しかし、そんなことを知るジョーイではありません。よい芸を見せれば今まで育ててくれた人間が餌をくれるものと信じています。芸をすれば体力が奪われてしまうというのに。

 そして、ジョーイはどんどん弱っていってしまいました。見事な流線型の体は脂肪が減ってあばら骨が出てしまいました。ほとんど衰弱して、ただ浮かぶだけになってしまいますが、長谷川さんを見つけるとあの綺麗で澄んだ眼で見つめて、餌を貰おうと芸をみせようとするのです。

 長谷川さんはもう我慢はできません。ついに食料のサバやイワシをジョーイに分けてしまいました。貴重な燃料を使って、しかも漁船も逼迫したので汚穢船を転用した支援船で手に入れた貴重な食料です。「ジョーイ、腹が減ったろう、おいしいか、おいしいか」と食べさせてしまいました。

 他の飼育員のおじさんたちは何もいえませんでした。所長も、大学の人も、ポンドを間借りしている海軍の人たちもみんな黙って見ないふりをしていました。

 中には涙を流している人もいました。みんなが長谷川さんの実の子供と同じと知っていたからです。長谷川さんの幼い息子が亡くなったその日に、ジョーイのお母さんシャチがお産で死にました。それを自分の子供のように育てたのを知っているからです。

 みんなその晩に話し合いをしました。「ジョーイを殺すことなんかできない」「心を鬼にしてプールからジョーイを追い出そう。銛でついてもいい、音でいじめてもいい、普通のシャチとは違う体になってしまったけれども、外に出れば、お腹が空けばいつかは魚を食べるだろう。」

 でも、海軍の人は申し訳なさそうに口を開きました。「ジョーイが三浦半島に住み着いてしまったら、特攻隊の若い人を殺してしまうかもしれません」

 戦争は過酷でした。特攻隊は東京のすぐそばまできていました。相模湾の近くにある三浦半島でまで用意されていたのです。そして、毎日、アメリカの軍艦に体当りする訓練をしていたのです。

 特攻隊の人たちはとてもとても小さな潜水艇に乗っていました。条件づけされたジョーイがぶつかるだけでひっくり返ってしまううような金物です。そして一度倒れると二度と浮かび上がらなくなってしまうかもしれないのです。

 飼育員のみんなも黙ってしまいました。実は戦争がどうなっているか、軍隊の方針がどうであるのかということは誰の頭にもありませんでした。でも、みんなは特攻隊の自分の子供のような年齢の兵隊さんの身の上を思うとなんともいえませんでした。兵隊さんたちは水族館の近くの横須賀や辻堂に住んでいます。そして上陸日には鎌倉や江ノ島に遊びにきていました。ジョーイの芸を楽しみに見に来ていたくらいですからなおさらです。

 予備学生のなかには学生時代の研究で水族館に通っていた人もいました。分隊士になって帰ってきた学生さんは予科練繰り上げの、まだニキビが残る下士官を連れて遊びに来ました。そして彼らジョーイの鼻先に乗せてやれるように懇願しました。下士官も軍服を着ながらジョーイの鼻や背に乗って無邪気に喜んで、貴重品になった特別配給のお菓子をジョーイに食べさせようとしたりしているのも見ていました。

 その兵隊さんが乗る潜水艇はあぶない乗り物でした。ちょっと事故を起こせば沈んだままになってしまうのです。そのまま殉職してしまうことも知っていました。みんなは、もう若い人が、訓練で死ぬのはやりきれないです。

 長谷川さんが口を開きました。「もう、ジョーイには何の餌もやらない」みんなは、下をうつむいて何も離しませんでした。ただただ、長谷川さんを囲んで味のしない理研酒をまわし飲むだけでした。

 それから10幾日たった暑い日の午前中にジョーイは死にました。ブールの隅に体をよりかけてバンザイの芸をしながら死にました。せめて綺麗な体で埋めてあげようと、一端引き上げて爆雷取付具や安全尖外しを取り除き、ガスが堪って膨れたお腹を開いたとき、本当は風呂桶のように大きなジョーイの胃袋は湯たんぽの大きさまでしぼんでいたそうです。

 その日は8月15日でした。

 いまでもジョーイの命日では鎌倉建長寺で慰霊祭が行われるそうです。

 『かわいそうなしゃち』でした。

 それではみなさん、ごきげんよう。



2009年夏『瀛報』(ようほう)29号のまえがきから、一部修正。

参考
谷甲州「ジョーイ・オルカ」『星の墓標』(東京,早川書房,1987)
秋山ちえ子 朗読 土家由岐雄「かわいそうなぞう」『大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版』2020年8月15日(TBSラジオ)15時09分ころから
2020.08
14
CM:1
TB:0
05:46
Category : 未分類
 明日のお昼過ぎの『ゆうゆうワイド土曜日版』で「かわいそうなぞう」をやる予定という。聞かなければいけないと思うので聞く。

 大本は2009年の夏コミの原稿書いているときに「『星の墓標』とぞうさんがペコペコになる話は親和性がある」とフトね。

 で、それで書いたら「これは本当に会った話ですか?」と不在の時に聞かれたのこととだ。誰もが知っている話だと思ったんだけどね。どっちの話も。

 今、YOUTUBEで期間限定公開しているガンダムオリジンなんだけど、アレやはりジオンの学徒出陣があると据わりはいいなと。後でドイツ軍っぽくなったけど最初のジオンは旧日本軍だからねえ。

 まあ別の人が作ったアイデアだけどね。ジオンは国力乏しい国だから小銃一つ満足に統一できず兵隊同士の小銃が6.5ミリと7.7ミリであるとかね。作中に「金属ないから鍋釜溶かしてモビルスーツ作ってる」とか「ヒモ巻いて引っ張れ」とかそっちのほうが似合うなあと。

 あとは落研出身の山田隆夫っぽい学徒出身の予備士官とかねえ。娯楽がないから下士官兵の前で一席ブツとか、演劇上がりがガスコンの青年隊とか言いながらブツブツ言ってるとかそんなの。
2020.08
13
CM:2
TB:0
13:59
Category : 未分類
 コミケがない夏なんて22年ぶり。89年に初めて行って93年からサークルずっと参加している。93年以降に行かないのは98年だけ。

 で、ハゼ釣りでも行こうかと思ったけど酷暑でねえ。40度とか聞くと怖くていかない

 あとは最近は昔の釣り場近くの駐車場がなくなった。一つは東京水泳競技場で隣が止め放題だけどアノにくいオリンピックで潰された。もう一つは貯木場のところ、そこは駐車場どころか各種の設備も使い放題だったが今はタダの倉庫群になっちゃったからねえ。

 さらに東京湾だと護岸アクセスは完全封鎖された。だから釣りが難しくなった。

 仕方ないから家の中で物干し竿の改修やってる。

 今までは物干し1本だった。シャワーブースと洗濯機置場の隣に洗濯物を干す専用の6畳間を作ったのだけど、今までは1間半のの物干し1本だった。だからたまに干しきらないときがあったし、完全な干しっぱなし保管も難しかった。猿股やTシャツを干したままにして着るときに収穫はたまに破綻した。

 だからそれを3本にする。特に1本は天井高いっぱいにして幅手150センチの夏用掛け布団を折らないで吊るし干しできるようにしようと画策している。現状は片付けと採寸が終わったところ。

 あとは吊戸棚かね。今は台所の壁の片側だけが吊戸棚になっているけど背が低いもんでやや使いにくい。だから反対側に昇降式の吊戸棚つけようかとね。アレも部品として買うと安いし施工もそんな難しくないのでまあできるでしょう。

 まあ「夏コミに行かない八月」も変な感じなもんだよ。夏コミ原稿を作らない8月だとさらに伸びて28年ぶり。

 98年のときは夏は遠洋航海で己は参加できなかった。まあ申込みはしておいて「かしま」の中で同人作って版下の形にしてFEDEXで日本に送って頼んでコピー本にして売ったけどね。

 以降は全部出ている。夏冬は自衛隊は休暇期間中でむしろ調整しやすい。

 夏は8月13日が3日目だと15日に当直立つよ、15日なら16日と18日立つよというとコミケ前10日は休みにできる。

 冬は正月1日・3日当直、31日と2日当直とかにすればやっぱその前は10連休だしね。

 八戸の施設班長だったときには除雪班の線表自体をコミケにあわせて作っていた。で、3冬とも除雪1班長やってたけど、1月1日から10日間くらいを除雪1・3班にしといて臨時に3班長を代行してた。そもそも休暇期間中以外は123班長とも実質全部己で雪降ったら夜から翌朝の最初の飛行まで全部詰めていたので誰も何も言わないし。むしろ正月3が日が除雪直なしで幹部には感謝されてた。

 99年?の冬は31日当直士官、1日除雪当直士官、2日当直士官兼ねて除雪当直士官、3日以降も除雪当直士官だったはず。相当の上司が「連チャンで大丈夫かね、紅白でも見てるかね」と31日の夜に食い物もってきてくれたけど、そのときは基地隊会議室のプロジェクタでドリームキャストのパンツァーフロントやっているのをみて呆れられた。

 でもねえ、「お前は何やってんだよ」の後でもじっと見てる。そして「オレにもやらせろで」コントローラを持つと離さない、そして「どこで売ってる?」で正月1日に買ってきて特訓したらしく2日に来て「上手くなっただろう」だったよ。

 あの頃の当直(5人くらいいた)は人も多いし緊急対応と日課関連やってりゃあとは何でもいいよで、みんな当直の中で交代でワッチしているとき以外は本読んだりDVD見ていたりしてた。多分、規則上はホントはいけないはずだけど仮眠室で即時対応の構え(制服上衣を外した状態で横になって寝てる)昼寝したりするのもいた。

 すごいのはプラモ作ったやつと彫金で指輪つくってたやつと篆刻で印章つくってたやつね。全部別人だけど。

 確かプラモを作ったその日の当直であいだを見て事務所にもどると今後は施設の保安当直(夜とか休日の職場待機直)が私有車にロールバーはめ込んでいた。ちなみに塩ビパイプでつくったなんちゃってロールバーで朝から頑張って作ったそうだった。

 保安当直みていると鉄砲で撃ってきたウリ坊を処理して半割にして鍋作るとか、交代前に朝市で鮭とか烏賊買ってきて紐の作るとか、「お祭りが近いから」と1日中格納庫(昔のF-86F用)で横笛の練習をしていたこともあった。後者だと保安当直の海曹本人だけではなく、別部隊の当直とまったく関係ない技官の海曹の伯父さんも一緒で「今年は表祭りでしかもウチの組がメインでオレ肝煎だから」とかいってピーヒャラやってた。

 あの頃は「仕事ができればいいよ」だったし、しかも彼らは腕がよくてごくたまの実働は階級以上の仕事もした。だからホントに違法なことやらない限りはほっといた。おすそわけも結構もらえた。
2020.08
04
CM:4
TB:0
13:02
Category : 未分類
「中国潜水艦、海自の水中電場センサーで発見?」を書きました、さっき見たら公開されていたのでここでも
・ https://japan-indepth.jp/?p=53150
・ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200804-00010000-jindepth-int


 要は潜水艦探知に合わせて電場、磁気、熱尾流と既存の聴音機の振動・水圧探知を書いたわけなんですけどね。周知技術何だけど誰も触れてないからチョイと調べて書きました。

 ただ、やはり抜けがあとで見つかるもの。一番最後の註の部分だけど
「(*1) 電場センサーは米英独とスウェーデン、スペインの企業で製造されている。その■  精 度  ■はUEP感度で最高0.1ナノボルト/m、ELFEの探知範囲は0.001Hzから3000Hzである。」
 ここ「感度」の誤り。

 最初は感度と分解能と精度と信頼性、センシビティとレゾリューションとアキュラシーとリライアビリティみたいなこと書こうとしんだけどWEB記事だから註に落としてさらに簡単にした。そんときに感度と書くところを精度にしてしまった間違い。

 まあ致命的でもないからそのままで。

 ちなみにヤフコメ見たら「日本の秘密を」とか言ってるけど参考資料は中文の公開資料なんだよねえ。中国の『海軍工程大学学報』とかそのあたり。
2020.07
31
CM:14
TB:0
11:09
Category : 未分類
 スキンヘッドという名のカツラの悪口はあまりにも単調ではないか?

 結局は「文谷はJF-17を買えと言っている狂人」しかないからだ。

竹内修@otfsx1228
9時間
防衛装備品の導入を含めた安全保障のあり方は、常に議論されるべきだけど、なんでもかんでも批判から入ろうとすると、その末路は日本はパキスタンからJF-17を買えみたいな事を言う、狂人だからな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1288856781490229248

竹内修@otfsx1228
まあ大東亜戦争開戦よりもアベノマスクが悪いとか、日本もJF-17を買えとか、同じように素っ頓狂な事を言ってても、片方はそこそこいいギャラをくれる朝日のweb論座、もう片方はろくずっぽギャラが出ないんで過疎化してるJapan-in-depthってあたり、世の中ってヤツは不公平だよな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1288476978329169920

竹内修@otfsx1228
まあオツムと目ん玉が腐ってなければ、日本もJF-17を買うべきってな、閉鎖病棟から聞こえる叫び声(笑)みたいな事は書けないわな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1288303161891909633

竹内修@otfsx1228
みんな、F-35の代わりにSu-27を買えって意見で驚いたり笑ったりしちゃアカン!
世の中にはF-35の代わりにJF-17を買えって軍事研究に書いちゃう、クレイジーな軍事ライターだっているんだぞ!(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1150788792665534471



■ なぜJF-17を買えが狂人なのかの説明がない

 そしてなぜそうなのかの理由がない。「日本はパキスタンからJF-17を買えみたいな事を言う、狂人だからな。」(竹内)とはいうものの、なぜJF-17購入を主張すると狂人となるかの説明は一切ない。

 本来ならJF-17購入の主張は次の理由で間違えているがあるはずだ。だがそれがない。

 あるのは単なる非常識という論難だけだ。「仮想敵国の戦闘機を買うという主張は常識的ではない」というだけ。その程度の中身しかない。

 それ以上の理屈は作れないわけだ。

 仮に作っても大したものではない。

 以前は将来は人口減でパイロット確保に窮するから低性能戦闘機はないと主張した。

竹内修@otfsx1228
日本には戦闘機の定数が定められていて、将来的には戦闘機パイロットの確保が困難になるって現実を理解してないのはお話にならないし、そもそもLMさんにもサーブさんにも、日本に提案する気がさらさら無い訳で、まああんなもん世間の狭いインテリもどきの痴人の夢(笑)ってヤツでしかないんだけどな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1051439829961981953


 だがすぐに引っ込めている。人口減になればなるほど人員は重要分野である空自やパイロットに傾斜配分される。また声優志望と同様にパイロット志望者もいくらでもいる。その当たり前の内容に気づいたからだろう。

 そして以降には「JF-17を買えと言っているから狂人」しかない。


■ そもそも書き物の内容もね

 ちなみに主張を支える理由を列挙できないあたりは商売ほかの書き物を読んでも同じだ。

 結局は「誰それがそう言っている」だけしかない。オレは海外で取材をしているといっているがそれだけ。

 本来なら資料批判とかあるもんだけどね。そう言っているのは業界団体だけとか、別の業者の主張と矛盾しているとかを探すはずだがそれをしない。ただそれっぽい人の話をオウム返しするだけ。

 最近なら「2回目の緊急事態宣言はない」なんか全くそれだ。「[財務官僚あたりが]そう言っている」しかない。そしてそれを信じ切っている。

竹内修@otfsx1228
霞ヶ関の某役所に行ってきたんだけど、滞在中、ずっとマスク着けてなきゃならなかったんで、体力の消耗が著しい…
https://twitter.com/otfsx1228/status/1281519916076560389

竹内修@otfsx1228
先週くらいから、メディアやSNSに垂れ流されてる、ゴミみたいなもんとは異なる情報にアクセスできたり、掴める能力を持った組織の方々とお会いできるようになったんだけど、彼らと話をする限りにおいて、緊急事態宣言の発出が必要な要素は、見出す事は出来んのだよな。
https://twitter.com/otfsx1228/status/1281522768446492673

竹内修@otfsx1228
[コロナで]再封鎖されると思ってるあたりにも、墨金がいかに現実から離れた場所で生きてるかがうかがわれるし、そうでなきゃあんな妄想は書けんわな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1285392279457259520


 ホントに批判的に読み解けないし自分で判断しようとしていないわけだ。状況との矛盾とか感じないのだろう。そのあたりなんつーかね、10万円配る前に「日本政府はバラマキなんか絶対しない、政府自民党の偉い人から聞いた」と得意げに発言するようなものだね。
2020.07
31
CM:2
TB:0
09:37
Category : 未分類
 今週は国会図書館に2回当籤したので火曜木曜と2回行ってきた。

 汽車もそろそろ危なかろうと1回目は車で行ったが朝の渋滞で往生し9時につくだろうところで10時半となった。

 それにコリて昨日は空いている10時過ぎくらいの汽車に乗ろうとした。すると家出寸前に地震速報を食らった。ダイヤが回復するか怪しいので調べたところで一本遅れた。

 そこでまた拾える限りを拾ってきた。火曜にたいがいを複写しといたので木曜は余裕があった。だから新聞縮刷版を1時間位読んだ。10年くらい前から3年位掛けて昭和10年以降を一回全部ざっと眼を通した。最近は50年代と60年代と70年代と80年代の1年分をかっつり読むやり方で二週目に入っている。

 そこで「スパゲッティ炭焼き風」を見つけたよ。
 上水幸子「家庭の味 スパゲッティ『炭焼き風』」 『朝日新聞』 1977年7月17日朝刊 p.17

 でもねえ、カルボナーラを先に食わないと相当に違うものができるのではないかと思ったよ。

 だし巻きたまごの完成形を食べたことないとだし巻きたまごは作れないようなもので。材料調味料手順火力をだしても完成形がわからないとカチカチに焼かれたり生だったりするわけだから。

 あとは堀江正夫議員の運動員逮捕も発見した。この人陸自出身の参議院全国区の人で昭和62年ころの陸主海従論で防戦必至となり陸自は政治力をつけないといけないといった人なんだが、77年の選挙のときに運動員やった元陸将と元2陸佐が買収でおロープといった内容、

 まあ陸自は今でも選挙にはのめり込むからねえ。統合部隊で「自衛隊の利益も考えて投票」とか行って海自隊員に怪訝な顔されて面食らった隊長もいたよ。

* この記事、11字50分に投稿したけど内容は埋め草みたいなもんだから時間はいじって9字50分にしてある。
2020.07
25
CM:7
TB:0
14:53
Category : 未分類
 JAPAN IN-DEPTHで「太陽光発電に負ける石炭火力」を書きました。
・ https://japan-indepth.jp/?p=53014
・ https://news.yahoo.co.jp/articles/21ad0ceb0c7cb31d021c72e5e1187c66e86d4fd7

 「石炭火力の縮小は経済性が原因だから日本政府が望む残置はないよ」といった内容です。環境問題があるけど低コストならアレ政権は脱却なんか望まないしね。

 実際に25年過ぎから電力構成は急激に変化するんじゃないかな。価格見直しは必然なので「蓄電池を使えば安価な昼間電力が使えるようになる」となると急激に普及する。自家用購入だけじゃなくて投資が集まる。日本には投資先がない金がいっぱいある。昔て言う公定歩合0.005%とは金借りても投資する先がないということだ。

 地代も問題とはならない。都市部や通勤圏のそとにはほぼタダの土地がある。使ってない農地もある。いずれは条件付きでパネルを置けるようになる。

 もう一つは地球温暖化問題解決のとっかかりができたと書こうと思ったけど、一つの文章に2つの主張入れるとわけわからなくなるから書かなかった。

 そして三菱重工が潰れるとも書きたかったけど、まあそれ書くとナンだから「特に発電所設備に力を注ぐ会社は婉曲的に言えば深刻な影響を受けることとなる。」と書いた。商船もダメ、ヒコーキもダメ、火力プラントの製造販売もダメとなるとねえ。ホント、三菱で好調なのはジェットストリームの三菱鉛筆だけだねえと。

 なお、三菱を想定した部分について
------------------------------
特に発電所設備に力を注ぐ会社は婉曲的に言えば深刻な影響を受けることとなる。高圧大型ボイラ火力発電所だけでしか使わない蒸気タービンは、加えて原発でしか使わない設備である。
------------------------------
は、最後のコピペ時に句読点を消してしまったミス。

もともとは下みたいに「使わない。蒸気タービン」とするはずだった、
------------------------------
特に発電所設備に力を注ぐ会社は婉曲的に言えば深刻な影響を受けることとなる。高圧大型ボイラ火力発電所だけでしか使わない。蒸気タービンは、加えて原発でしか使わない設備である。
------------------------------


 
2020.07
24
CM:0
TB:0
00:02
Category : 未分類
 大躍進とベルリンの壁には関係があるのではないか?

 中国と東ドイツの交易からするとその可能性がある。

 新中国はDDRとそれなりの規模の貿易をしていた。中国は東独製の製品を欲しがった。産業機械や工業関連技術、肥料、細かいところでは写真用フィルムだ。これは漠然と想像できる範囲にあるだろう。そしてあまり言及されないが東独も中国の産品を欲しがっていた。特に大豆を筆頭とする食用油脂である。

 その食用油脂が大躍進で入手できなくなった。その理由は経済混乱だけではない。人民食堂無料化による食料資源の大量消費や、それにより余った人民購買力により農産物購入が増えた結果、輸出余力がなくなった結果である。

 結果、東独はマーガリン製造に窮した。敗戦国である東独ではバターは望めない。だからマーガリンで代用していたが、その原料は中国産大豆や落花生に依存していたからだ。

 このマーガリン不足も東独の国民不満を加速する原因となった可能性があるのではないか? といった仮説である。

 多分、日本語、英語、ドイツ語の新聞で調べればあるていどはわかる。60年代前後に「東独ではマーガリン不足が問題化している」の記事があれば、まあそうは言える。

 ちなみに60年代に入ると反修正主義闘争で中国は東独ほか6カ国との貿易を絞るようになる。東独はそれに困り「1956年の水準に戻してくれ」と周総理に泣きついているけど、貴意に沿い難いとにべもなく返されている。

 そして中国と東独の貿易は味気ない形となる。社会主義兄弟国の間の協力関係ではなく政治対立を加味したソロバンづくとなる。硫安とカメラ・フィルムをほしいといった中国に東独も輸出余力なしと回答している。同時期の資本主義国との間の友好商社を介した貿易よりも冷酷な形だろう。

 ちなみに、硫酸铵が硫安、硫酸アンモニウムであることは何の障害無しで理解できたか、胶巻が写真用のフィルムがググらないと分からなかった。あとは東独ほか6ヶ国の捷と保かな。捷は文脈からチェコスロバキアだとアタリがついたが保がブルガリアとは思わなかった。波がポーランドだからポーランドじゃないしまでは追い詰められたのかね。

 どうでもいいけどチェコスロバキアはチェック・スロバカイだよねえとかポーランドはポーレンだよねといった転換がたまに浮かぶ。30年前の学部時代に3年やっただけのドイツ語で覚えた内容だが今でもね。たぶん京城(けいじょう)や高雄(たかお)のように現地で使えないベーメンとかケーニヒスベルクとかポンメルンとは違って使ってもあまり問題はないのだろうけど。
2020.07
21
CM:14
TB:0
13:14
Category : 未分類
 スキンヘッドという名前のカツラが「緊急事態宣言はない」といっている。

@otfsx1228
再封鎖されると思ってるあたりにも、墨金がいかに現実から離れた場所で生きてるかがうかがわれるし、そうでなきゃあんな妄想は書けんわな(笑)
https://twitter.com/otfsx1228/status/1285392279457259520


 これは、アレ気な航空・鉄道マニア支持者の発言に答える形である。
おやかりんぐ@oyakaring
東京再封鎖に備えて国会図書館で8時間粘ってきたのだけれども - 隅田金属日誌(墨田金属日誌) http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-2333.html?sp
東京再封鎖とか緊急事態宣言再開を煽ってんじゃねえよ
https://twitter.com/oyakaring/status/1285390373808832513

発言群からすれば巨人帽かぶって一眼レフでヒコーキの写真とりに行く感じの御仁なんだろう。なぜか持病を抱えているやつほど自ら持病を示して誇る不思議があるが、それを書いて誇る顔も含めてお気の毒だから特段に悪くは言わないでおく。


■ いつもの強がり

 「再封鎖は現実にはありえない」(カツラ)は時節に乗った程度のいいようである。そこらへんで言われている「緊急事態宣言なんか意味ない」やら「経済が死ぬ」、「政府は考えていない」に乗った形だ。

 なんにしてもいつもの髪型同様の強がりでしかない。「おれは情勢に詳しい」「現実主義である」「世間摺れしている」と頑張って振る舞っているアレだ。

 でもまあ、当人も内心はそれなりに準備してんじゃないかね。東京限っての営業自粛や外出自粛が掛かると厄介になるものだ。だから可能性1割でもあれば先々で必要となるものは今のうちに入手しておく。それくらいの知恵はあるだろう。


■ 頭の使い方も粗雑になるね

 あとは「(笑)」の常用も限界が垣間見えるものだ。「(笑)」やら「(w)」の類は否定する感情の表明だが背後には論理で他人に対抗できないフラストレーションがある。そして「(笑)」を常用しているうちに相手を否定できればそれで満足してしまう。仮の論理も立てなくなるわけだ。まあ頭の使い方が粗雑にもなるね。

 そしてそれを真似る崇拝者もねえ。考えないことを免責されるわけだからやめたほうがいいとは思うのだが、スキンヘッドという名前のカツラを崇拝する程度だから言っても無駄だろう。
2020.07
20
CM:5
TB:0
15:07
Category : 未分類
 国道16号に柏トンネルがある。ラジオの交通情報でそこが渋滞していると伝えている。





 だがねえ、なんでトンネルにしたのかね。単純に山をV字に切ってオープンカットにすればよかったのに。

 あと16号千葉で渋滞と言えば呼塚交差点なのだが、柏/藤ヶ谷の3術校勤務のときに教育3部で「よばづか」と呼ぶと間違いだ「よびづかだ」と言われた。

 でも子供の頃からラジオでは「よばづか交差点」といっており今でもそう読んでいる。逆になんで「よびづか」と読んでいるのかが分からなかった。

 地上救難の自動車教習員が「よびづか」とでも読んでいたのかねえ。

 そういえば、その前の学生時代にその自動車教習所で世にも奇妙な自動車教習を受けて特殊な免許をとったことがある。敬語で指導される教習なんて初めてだった。反対に海士課程は外出日の次の日に「昨晩酒を飲んだもの」で誰か挙手すると連帯責任で宇宙服を着て教育三部を1時限走るという。32分隊の施設課程や写真課程も「31分隊/AB課程は恐ろしいところだ」と言っていた。

 そして八戸に帰り施設班長となるともっとすごい教習が出来した。部下に陸自自動車教習所に差し出す指導員がいた。しかも当時2海尉だったが自動車教習所の所長は3陸尉でそのうえ当時は海自が闇整備していた。

 だからまあ当時はなんでも通った。飛行機の事業用2種免を持っている基地隊の1佐司令やヘリパイの2佐副長が就職援護と称して部下である海曹教習員の指導下で(多分つかわない)大特の免許をとるときはまあね。

 もちろん時数は全部キッチリ消化しているし見極め等も法令通りなので問題はないんだけどね。
2020.07
17
CM:1
TB:0
00:32
Category : 未分類
 東京再封鎖はあるかもしれない。

 だからそれに備えて国会図書館で朝10字入り18字近く出と8時間粘ってきた。

 だから眼が死んだ。まず調べ物で出てきた雑誌がやたらと字と図が小さい。そして疲れたあとも気分転換と称して次の請求分が来るまで朝日新聞の縮刷版読みに行っているのだからどうしようもない。ゆうちどり退役の77年7月18日夕刊の「最後の海軍船退役」とか20日朝夕刊の南太平海でネッシーの死体捕獲、クロノサウルスか?の記事とかそんなのメモしたよ。

 とにかく眼がキツイ。もっと気楽なものを読みたい。
 
 よく考えたら図書でマンガ請求すればいいのではないかと気づいたものだ。だから昼をしばらく過ぎてから、高岡閉店によりどこまで読んだかわからなくなっている『砂ぼうず』と『ダンジョン飯』と『ランドリオール』の最新号を読んだが、『砂ぼうず』は5年前の段階で止まっており『ダンジョン飯』は最新巻だけが読んでなくて『ランドリオール』は最新巻読んでいることが分かった。

 そのようにしている間に雑誌請求と新館と本館に分けての複写請求を繰り返した。再封鎖になってからガッツリ読むための在庫を作る必要がある。ちなみにコピー代で1.5万円くらい消えたけど仕入れだからね。

 ただ、終わったあとの食事がねえ。「再封鎖となれば東京でメシ食えるのもしばらく無理」と考え、神保町の川国志で麻婆豆腐のスペシャル激麻辣を頼んだ。そして再封鎖に備えてもう一つ食っておきたい排骨麻辣麺のスペシャル激麻辣も注文した。麻辣の上に麻辣を頼む形だ。

 なんにせよ激麻、激辣そのものは大好きである。まったく苦労ではない。スペシャルで口腔内が馬鹿になるほどの麻婆豆腐だが中毒なので躊躇せずにオーバードーズした。

 ただ、量食ったせいで逆流がねえ。軽い逆流食道炎のヶがあるのだが、帰りの汽車で僅かな逆流が起きたが、その時に食道が麻辣になった。麻辣×2のせいで胃が麻辣で充満していたのだろう。辣はともかく麻の感覚が新鮮であったよ。

 あとは油もののキツさがね。どっちも辣油そのもののようなものだ。家に帰ってから3gの重曹を2回飲んだにも関わらず日付変わって今この時間も胃で油と塩酸が喧嘩している状況にある。
 
2020.07
13
CM:10
TB:0
20:11
Category : 未分類
 まあ、尊敬できない御仁が尊敬できない発言をしていたわけだ。その点で特段の驚きはない。

 だが、そこに人付き合いの分別すらない。ご本尊の尊敬できない認識はさておく。ただ、それを言いだすとどうみられるかすら分かっていない。

 今回からすれば、かの小野寺まさるに乗っかった民族アイヌ否定論である。

小野寺まさる@onoderamasaru
ウポポイ・多民族共生空間に行って参りました。全てが驚きの連続(悪い意味で…汗)でした。アイヌが先住民族では無いと思われる展示も多々あり、200億円以上の血税が使われた国立民族博物館がこんな有様なのかと呆然としました。
(OK印の短刀やマカサリが展示される謎のアイヌ文化…)
https://twitter.com/onoderamasaru/status/1282242058363695105

小野寺まさる@onoderamasaru
アイヌを弾圧したために幾つかのアイヌ文化が禁止されたのは事実だ。例えば死人が出るたびに家を燃やす文化、毒矢の仕掛け罠を用いた猟、顔への刺青、酋長の妾を3人までに制限、風呂に入らない文化の改善…等々、理にかなった禁止しかなく、アイヌ語やアイヌの踊りを禁止した歴史など無い。
https://twitter.com/onoderamasaru/status/1282442036801499138


Calci@Calcijp
やっぱりね>ウポポイ。
だいたいアイヌの家を再現した展示の床がなんで合成木の板張りなんだよ。ワックスでピカピカだよ。
https://twitter.com/Calcijp/status/1282601565140865025

Calci@Calcijp
嘘の歴史を捏造するのも立派な文化破壊ですよ。まともな研究者は反対しなかったのかね。
https://twitter.com/Calcijp/status/1282602789261041666

Calci@Calcijp
アイヌは先住民族かどうかも怪しいんだよなあ。
https://twitter.com/Calcijp/status/1282606532429901824


CALCIさんのアイヌ認識


 コミケ医者はこのような御仁であるということだ。

 もちろん本人の思想信条は勝手次第である。小野寺まさるの尻馬に乗り、同様に尊敬できない認識を自ら高言するのも自由である。

 ただ尊敬できない視線を向け、尊敬できない態度を示してやればいいだろう。

 これは、そのコミケ医者をもてはやすあたりも同じだ。まずは御同類ということである。そのようなヨイショ連も軽蔑してしかるべきということだ。
2020.07
09
CM:7
TB:0
13:33
Category : 未分類
 マンガ表現の自由だけを貰えればよい。そのために表現の自由を圧迫する政権に近づき業界限りのお目こぼしを求めている。赤松健さんが批判される理由はそれだ。


■ 「努力しているから偉い」のアレ

 だが、それが見えずに「努力を馬鹿にするのか」と憤る御仁がいらっしゃる。

 例えば次のような発言をされる方だ。

イシガキタカシ@IshigakiT
赤松健氏の目的が利権しゃぶりだぁ?
漫画家をまとめて政治へのロビー活動をし、絶版漫画の保全や同人を守る事業もしつつ、漫画家協会の理事としての仕事もこなし、それらを10年以上ものあいだ自分の連載を抱えた上で(!)継続してるんだぞ。
利権なんぞと釣り合うわけがない途方もなさがわからんのか
https://twitter.com/IshigakiT/status/1280791412758339585



 でもねえ、それなら竹中ヘーゾーさんは20年以上も政治へのロビー活動を頑張っているよね。その憎まれようや得られる収支もまずは個人的な利権は超えている。まずは新自由主義の楽園のためといった宗教的な情熱で動いているわけだ。

 その点で赤松健さんと変わるものでもない。ならば竹中センセイも褒めてあげるべきではないのかね。


■ 方向性と路線が駄目なら努力しても駄目

 努力していても方向性と路線が間違っていれば肯定評価できないということだ。

 表現の自由ではなく「コンテンツの自由」(山本太郎さんじゃない方)に傾いているあたりで方向性が駄目、路線も「権力におめこぼししてもらうのです」のあたりで駄目だ。

 だから慧眼の士の批判を受けているわけだ。

 それが見えないあたりはどうかしている。理解力が足りないわけだ。


■ 「批判者こそ利権を狙っている」は貧弱な想像力の限界だよね

 そして自分の理解できる狭い範囲での合理化を試みる。「批判者こそ利権を狙っていて邪魔な赤松センセーを排除しようとしている」といいだす

 例えば、かのOOI@N_Mさんの発言は全くそれである。

ooi@n_m@JDSDE214
(赤松健氏の目的が利権しゃぶりと言うツイートを見かけたが、なるほど、そう言う旗頭を立てて利権をしゃぶりたいのだろうなあ、としか見えない、党派性の違いからの非難は良く言っても邪推にしか見えないので気をつけような。)
https://twitter.com/JDSDE214/status/1280991935130296320


 実際に国立マンガ図書館(NDLじゃやないほう)を求めているのがどっちかを見れば利権追求に近いのは明らかなのだが、OOIさんあたりは「党派性の違い」(OOI)からまずは見えないのだろう。


■ オタク頭になろうとしているよね

 まあ、経済的利権はともかく名誉欲はすごそうなものだ。赤松さんの方向性を追うと、その最終目的地はオタク圧力団体会長への出世ではないのかね。オタクの代表者ヅラをしたい。オタクに関する決定の全てにプレイヤーとして関与したい。そのあたりではないかな。

 一言でいえばオタク頭だね。政権におもねってオタク支持団体のかしらとなる。まずは江戸時代の被差別民の棟梁として君臨した長吏頭に似たものではないかね。浅草弾左衛門は差別構造の上で利益を得ていた。それと同様にオタク頭にも実利もついてくるだろうね。ビデ倫もそんなものだろうし。
2020.07
08
CM:3
TB:0
22:49
Category : 未分類
  ふと思い浮かんだのだけれども60年代東南アジアのフラフラ感って日本占領と米国不占領のせいではないかね。

① 日本が戦争で東南アジア地区を占領した
 1 英蘭を追い出して仏印で仏のメンツを潰した
 2 日本にとって都合のよい限りにおいてナショナリズムを涵養した
   ついでに地元勢力に軍事訓練を施した
 3 日本の収奪により左派・民族主義を刺激した

② 東南アジアは弱体化した英蘭仏が再び支配した
 1 現地人は日本に負けた英蘭仏をそれほど怖がらなくなっている
 2 日本支配時に涵養された民族主義者や土豪勢力は英蘭仏と戦い独立しようとした
 3 同じく日本支配時に涵養された左派・農民・労働者勢力も植民地主義と戦おうとした

③ そのため米国の保護は及ばななかった、つまり各国独立後にまともに面倒を見る国がない状態となった
 1 英国はマラヤ共産党を抑えたのが限界であとはなにもできない
   香港は中国と妥協した
   スエズを失った
   シンガポールのコントロールもできなくなった
 2 蘭は東南アジアにほぼ影響力を及ぼせなくなった
 3 仏は完全に影響力を失った

④ 結果、新中国やソ連の影響力に敏感に反応する地域となってしまった
 1 新中国成立により各国共産党は勢いづいた
 2 中国の核実験成功によりインドやオーストラリア、ニュージランドを含む旧英植民地は不安を抱えた
 3 英国のシンガポール、アデン撤退とソ連のインド洋展開による影響

⑤ 地域が安定するのは米国の影響力が及んで以降
  ベトナム戦争関連で米軍事力が地域に及ぶと途端に安定の方向に進んだ
 1 米軍のタイ進駐、シンガポール寄港、ドミノ理論対策としての各国への関与
 2 米に協力しての豪新のベトナム派兵、そしてANZUS体制の確立
 3 米国関与の下で英豪新馬星とオマケとしてのブルネイも含めた五カ国防衛取極成立
   多分、ここには核の傘の提供の含意もあるはず


 ちなみに、インドも似たようなもの。絶対的支配者の英国がいなくなるとやっぱり困る
 例えば中国核実験にビビってインドは英国に核の傘を求めている。

 ついでにいえばそれ読んだ時に、時のインド首相の名前はLal Bahadur Shastriで、ランバ・ラルのラルだと思った

 また当時にはマウントバッテンが参謀総長やっててアジアで英国の能力を超えるような施策を進めようとしているあたり
 やっぱ舐めてかかっている感がねえ、南アジア、東南アジア政策では総督のつもりなんだろうね
2020.07
07
CM:3
TB:0
12:23
Category : 未分類
 同人誌に関しては以前から防衛省内の三陽堂にもおいてもらっております。市ヶ谷の厚生棟にある本屋さんです。


本誌表紙

 今までは4種類、下の1~4番まででしたが5番と6番もおいてもらいました。

 1 駱駝峰航空輸送戦(No46)
 2 F-35Bは正規空母を滅ぼす(No47)
 3 七戦七捷から淮海決戦まで(No48)
 4 海自新空母は大型化を指向する(No49)
 5 機雷戦と対機雷戦(No50)
 6 日本海軍力は海南島を狙う(No51)

■ 東方書店と、とらとメロンと、アマゾンでも

 紙版はほかにも

・ 東方書店; 神保町すずらん通り東京堂ななめ向かい (通販/店頭)  https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=9900010346&bookType=jp

・ メロンブックス(通販/店頭) https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=323545
・ とらのあな(通販/店頭)  http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/59/79/040030597943.html


 電子版はアマゾンでも扱ってもらっております

・ アマゾンキンドル https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B086632SGS
2020.07
02
CM:15
TB:0
01:55
Category : 未分類
 松浦晋也さんが香港情勢に対して純朴な正義感を表明している。中国は悪いことをした。だから衰退するとのことだ。

松浦晋也@ShinyaMatsuura
中国の躍進は、鄧小平が示した「豊かになれる者から豊かになれ」の理念より利益の現実主義から始まった。香港の制圧は、中国政府が一国二制度から得られる利益よりも、ひとつの大中華という理念を優先したことを意味する。これは歴史の転換点になる。今の中国はここから衰退に入ると思う。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/1278127795269320704

松浦晋也@ShinyaMatsuura
中国の経済発展は、「軍が自国民を殺す」という天安門事件の原罪を負っている。歴史上、軍が自国民を殺した国は滅んでいる。経済と科学技術で罪を覆い隠し、どこまでも発展していくつもりだろうが、今度の香港の件でまた罪がじわじわと浮かび上がってくることになると思う。
https://twitter.com/ShinyaMatsuura/status/1278131117019684864



■ 台湾と韓国はどんなものかね

 だが、それは無根拠な将来見通しに過ぎるのではないか?

 なぜなら台湾と韓国の開発独裁の事例と矛盾するからだ。

 台湾は弾圧があったが体制は滅んでいない。国民党は台湾を「制圧」(松浦)した。また228事件が示すように「『軍が自国民を殺す』という」(松浦)「原罪を負っている」(松浦)体制である。だが滅びることなく繁栄を謳歌している。

 韓国も同じだ。軍政の下でテイクオフした。光州事件が示すように地域を「制圧」(松浦)し「『軍が自国民を殺す』という」(松浦)「原罪を負っている」(松浦)が体制は存続し一人あたりGDPは日本も抜いた。

 それからすれば松浦さんの見通しはアテにならない。「今の中国はここから衰退に入ると思う。」(松浦)や「歴史上、軍が自国民を殺した国は滅んでいる。」(松浦)は外れる見込みも高いということだ。


■ 天人感応思想ぢゃね?

 そもそもが天人感応思想ではないのだろうか。悪いことをしたから滅びる、神様は見ている。根幹にはそのような発想があるようにも見える。

 なんにしても松浦さんは純朴である。その程度で体制が倒れると考えているからだ。

 今回の件は750万人の香港に介入し自治や言論の自由を奪ったというものだ。

 だが、それは14億の中国の体制が揺らぐような内容でもない。

 なんにしても750万人都市の特権の一分剥奪である。中央はいいことをしたものでもないが、人口からすれば全人口の0.5%への影響にすぎない。

 また香港の経済的価値も相当縮小している。60年代からの新中国のゲートウェイとしての地位はとっくに失われている。資本主義を導入するためのノウハウの意味もない。今あるのは税制と通関の便利だけの話である。

 そして、それに正義感を震わせるのも過剰にも見える。「悪いことをした中国は滅びる」と怒る。それが当事者の香港人なら分かる。また一国二制度を約束させた英国人でも分かる。だが日本人がそれを怒るのはピントがズレている。

 そして「悪事ゆえに中国は滅びる」というのはねえ。それは松浦さんの願望でしょうと言う話である。また台湾や韓国の前例も踏まえていないでしょうといった話でもある。


■ (オマケ)

 このあたりはロケットとかヒコーキや重厚長大産業への松浦さんの片想いにも似ているんだよね。ロケットやヒコーキを大事にしないと国は滅びるとか高炉がなくなると日本経済がとか言い出すあのあたり。「ボクが大好きな分野を大事にしない」と「日本は滅びる」を等号で結ぶアレですね。

 まあ、でも一番の違和感を感じる部分は香港住民でもないし英国民でもないのに自分ごとのように怒っているあたりかねえ。なんというか共感能力が鋭敏であると言うか共同幻想への交感能力が昂ぶってらっしゃる感じがね。
2020.06
29
CM:1
TB:0
01:11
Category : 未分類
 20日東奥日報に文章が載りました。

 木曜日に到着してその日のうちに写真をとったのですが、溜まっている資料読みやらパソコンのSSDとHDDの交換と、その際の前のSSDとHDDのデータコピーとか今までのデータバックアップの集中でそのままにしてました。

 記事は読めるギリ程度まで縮小して載っけます。例により携帯電話で撮影してフォトショップで歪み直ししたものです。

東奥日報2020年6月20日

 イージスの矛盾の前に書いたもので、文章の性質や内容から「陸自がやったから失敗した部分もあるよね」はいれなかったのですが、これ書いたアトでそれをいれて、また焦点も目的と計画の矛盾を焦点として細かい部分まで入れたかたちで「イージスアショアの矛盾」を書きました。
2020.06
25
CM:11
TB:0
13:13
Category : 未分類
 なぜか一時期まったく表に出なかった唐沢俊一さんは奢侈品課税は社会主義的で経済発展を阻害すると言っている。奢侈品課税に「人間というものがわからなければ国の運営など出来っこない。」と言っている。

カラサワ@cxp02120
消費税、左派は相変わらず「贅沢品、高級品、趣味物品等にはもっと高く」と生活を楽しむことをブルジョア的と罪悪視し攻撃する。これが国民のテンションを下げ国の発展性を著しく削ぐことがわからない。だから社会主義国は軒並み衰退した。人間というものがわからなければ国の運営など出来っこない。
澤田愛子@aiko33151709
消費税を一律になくすとか一律に5%にするという議論がある。が、どうして一律なのか。私は贅沢品、高級品、趣味物品等には現行よりももっと高い消費税をかけていいと思っている。但し食料や薬等生活必需品は消費税を無くすべき。メリハリのある議論がこの種の問題でどうしてできないのでしょうか。
https://twitter.com/aiko33151709/status/1274938380921344001

https://twitter.com/cxp02120/status/1275024011601129475


 でもねえ、日本の高度成長もバブルも消費税以前の物品税下で起きた現象なんだよね。形の上ではそれを消費税に移して衰退したわけだ。唐沢さんの言っていることと全く真逆だということだ。

 さらに言えば今のマレーシアも奢侈品課税している。それで経済成長をしている。

 果たして昭和日本とマレーシアは社会主義であったか? そして衰退したか?

 それを考えると、唐沢さんの発言はたいがいだということだ。


■ 偏差値55以下を騙している感じだよね

 まあ、○○の件からほとぼり冷めたと復活したあとの唐沢さんの主張は、アレ右派にすり寄って「サヨクは馬鹿だ」という内容に尽きている。

 でもちょっとでも知っている人、あるいは調べる人からすれば間違いが多い。

 でもそれで構わないのだろう。

 左派を馬鹿にしたいけどあまり頭の良くなくて自分で理屈を作れない。その程度の右派に「サヨクは馬鹿だ」という理由を示して歓心を買う。それに適応しているだけだからだ。

 ザッといえば偏差値55以下を騙す感じかねえ。あんま頭良くない連中、例えば模型とか写真とかで悦にいるようなミリオタの類に「アイツラは馬鹿」と言い出すあたりに餌を与える、あるいは支持してもらう感じ。

 そのあたりお理工さんが騙すのと同じ階層を騙して支持してもらうのと同じ感じがするものだよ。

 その唐沢さんの言うことを信じて、それを正解として振る舞う人たちは実際にその程度である。実際にヒコーキ、ミリ、モータースポーツ、バイクが大好きな割には趣味としては情報や物品をコレクションしか出来ない程度の連中、ガルパンのファンみたいなのが引っかかってるしね。
2020.06
23
CM:6
TB:0
23:48
Category : 未分類
 ジャパン・インデプスで「イージス・アショア整備の矛盾」がアップされました。
・ https://japan-indepth.jp/?p=52545
・ https://news.yahoo.co.jp/articles/0c1f02537e4c3699027f8308c9d61fcf88887ed2?page=1
 よろしければ御覧ください。

 あとねえ、積んどいた『抗日戦争研究』読んでいてざっと訳せば「日本軍の犬を殺せ、華北抗日根拠地打狗運動」って題名っぽい記事を発見した。*

 「こりゃすげえや」と読んでいるとどうもおかしい。「日本人の犬を殺せ」はでてくるんだけど、中国人協力者やスパイの姿が全然出てこない。

 そして読んでると「犬は抗日ゲリラの活動の妨げとなる」から「だから飼い主の責任で犬の処分を」「毛皮と肉は」みたいな話になっていた。

 要は警備犬とか民家の番犬を殺せという話だったと。騙されたと思ったけど、題名は確かに日本人の犬を殺せで別段問題はないと。

 まあそういうこともあるなあと。

* 宋弘「”滅敵人耳目”:中共華北抗日根拠地的打狗運動」『抗日戦争研究』(2020、中国社会科学院)pp.57-66,