RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.04
14
CM:2
TB:0
13:00
Category : 博物館ほか
 国立国会図書館のメシが、残念な感じになった。もともと旨いものでもないのだが、海の家メニューレベルに落ちて、価格は高止まりとなると困ったものだ。

 前年度までは「小麦っ子」だった。まず、旨いものでもないのだが、まあこんなものという味。本を請求中にメシ食って時間を潰すのもいいだろうというもの。ラーメンの類を頼むと、100円出せば野菜を追加してくれるので、味はともかく、野菜食えて満足度まあまあだった。

 名は秘すが、現今の本館6階食堂は、味は評価できない。サンプル見た段階で遠慮したい感じなのだが、とりあえず食ってみたいとこういう文句も言えない。そこで唐揚げラーメンとやらを頼んだのだが。スープに麺を入れて、その上に唐揚げを2個置いただけというもの。量的にも650円は高いんじゃないかな。

 サンプルの段階で不味そうなところは大概マズイ好例である。ラーメンか蕎麦かカレーか、定食なんだがね。満足度も大盛りにすればいいだろうでは駄目ではないか。蕎麦で「富士山もり」とかは、国立国会で食べないだろうと。カレーも、配食用のトレイに直盛した超大盛りなんか誰が食うのだろうか。

 本館2階と新館1階の喫茶も入れ替わったみたいだけどね。新しくなって行ったこともないのでなんとも言えないが、良くなったのか悪くなったのか。本館2階の、味はともかく値段とスピードで評価できるカレーがなくなると、利用者も困る。

 入れ替えるのは入札だから仕方がないのだが、味とか満足度も加味できないのだろうか。使用料を多く払ってもまずい店入れられたら利用者が困る。

 普通に、昼の客を捌けるファストフードとかでいいのだけれども。吉牛、てんや、松屋、ゆで太郎、いわもとQ、山田うどんとか入らないものかね。ただ、国立国会は営業時間も短いので稼げない、酒も提供できない売上もナンで駄目だろうけど。

 コレが上野の東京国立博物館だと、独行なんでホテルオークラ入れている。ただ、昼飯で1500円は高いなあと思うけどね。まあ、東博は事実上、美術館なので客も金を落としやすいから成立するのだろう。
スポンサーサイト
2012.03
17
CM:0
TB:0
00:18
Category : 博物館ほか
 金曜夕方、国立科学博物館でやっていた「インカ帝国展」を見てきたのだが、あまり有意義ではなかったよ。せめてねえ(初代インカ皇帝 御名)が連呼されるような素敵でも良かったのだがね。そうではなかった。

 まず、入場料1400円の割に密度が薄い。しかも大学生への学生割引がない。学生割引がないくせに、水曜日は女性1000円とか、夕方5時以降はカップル2000円にする工夫に力を注ぐあたりに、商業主義が現れている。

 中身も、先行文明とインカ帝国との関係、スペインによる侵略、ミイラ展示、マチュピチュ3D映画だが、有機的に連結していない。

 見に来る客もねえ。声高に私語をしてね。博物館の特別展というよりもね、興味本位でミイラを見に来ただけだろう。これでは衛生博覧会と大差ない。これではミイラは、ほとんど見世物。しかも、係は「作品」と言う。尊厳をもっと尊重すべきではないかね。

 そして、最後のマチュピチュ3Dは、3Dにする意味がない。本来ならば、等高線や石組みを強調すべきだがしていない。マチュピチュを観光客そのものの視点で撮影して終わり。

 おそらく、あまりにも3D感がないので困った。仕方がないから、CGでハチドリやコンドルを飛ばして3D感を出しているが、それは本質ではない。

 目録は、それなりにマシであったが、解説部分が少々薄い感じなので購入せず。手元で玩味するほどかな。必要ならば図書館で読めばいいかと。

 科博は、はやぶさ(アレも過剰に持ち上げるのが気持ち悪い)の件でも、便乗していたようなんだけどね。東博の「故宮博物院200選」はオススメだったけど「インカ帝国展」は推せないね。

メンダコ

 折角だから見てきた常設展から「メンダコ」。でも、常設展での江戸時代遺体展示も、尊厳には注意を払っているものの、見世物的に見える。展示での意図がね。
 それと、館外にあるクジラの模型、いつの間にかシロナガスになっていた。昔は、リベットで作られたマッコウクジラだったのだけどね。