FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.11
29
CM:4
TB:0
06:54
Category : ミリタリー
 冬の新刊、本文について「一言でいえば何か?」でつまずいて四苦八苦しています。例によってなぜか、まえがきは『俺の妹はあんなに可愛かったのに』評は概成しているのですけどね。
 仕事の合間も新刊作業で呻吟している状況です。ですから、隅田金属記事では、当座、前にMIXIで書いた日記でしばらくはお茶を濁させてください。

 今回引っ張り出すのは、「T-4にASMは搭載できる」です。
 まあ、思考停止した人たちは、オマエは馬鹿か? と至る所でヒステリックに叫ぶのでしょうけど、それは防衛反応です。感情をコントロールして、本当にできないのかY/Nで考えてみる、具体的に何が問題できないのかを考えるとよろしいでしょう。
 なお、某鉄牛教信者の方もアンチの方も、コメントされる方は短目に、箇条書きで書いてください。そこそこヒマなしなので回答できるかは保証できませんが。


 T-4にASMは搭載できる

 前々から「できるんじゃないの?」と思っていたこと。
 根拠になる数字を探していたのだけれども、和書にない。しかたがないから、重い腰をあげてJane's World Aircraftをひっくり返して確認。
 T-4、両翼1箇所づつと、胴体下1箇所のパイロン(日飛製)に200gal(750リットル)の燃料タンクが搭載できるらしい。JP-5の比重が0.8だから、ハード・ポイントに600kg懸下は大丈夫ということ。
 ASM-1とか-2の資料はないけど、『世界の艦船』で拾ってきたハプーンの記事によると、ケーブル一本あれなホットにできるみたい。それから発射(つうか、投下)すれば、あとはカジュアル/LOSモードで飛んで行く。FCSの関与も不要。ミサイルは針路上にある水上目標に突っ込む。発射用のギミック(大したものでもないだろう)をパイロン側に付けてやって、あとは細いケーブルで、機外を這わせてでも操縦席に持っていけば大丈夫。

 問題は、後続距離が短くなるだろう点。また目標を目視で捜索して、目視で概略照準決めて発射(これは、西ドイツ海軍のF-104Gのコルモラン運用と同じ)しかない点である。水上捜索は哨戒機の同伴を頼むとして、悪天候の時は…哨戒機に近づいて、指示された方位に飛びながら発射するしかないだろう。
 T-4+ASMは足が短くなる。敵が沿岸に近づく本土決戦でしか使えない。ただ、その時にはT-4よりも偉いF-1と比較しても、同等の攻撃力をもった対艦攻撃機となるだろう。
 対空砲火? 直掩機? 深刻な問題ではない。大丈夫、相手が米海軍でもない限りは水平線の下に隠れていれば見つからない。また水平線の下を狙えるSAMは今のところない、相手も対空戦闘のしようがない。戦闘機による邀撃についても 日本周辺の非西側諸国で、艦隊に固定翼AEWを運用できて、かつ直掩機もつけられる国は存在しない。ロシアが空母を廻航しても…まあ練習空母程度にすぎない。陸上からの直掩機は入れ替わり立ち代わりとなるので、密度も低いだろう。日本沿岸では有力な要撃管制もうけられまい。

 もちろん、T-4を動員しなければならない状況、本土決戦での着上陸阻止なんて、アメリカとガチンコで戦争しない限りは発生しないから、対艦ミサイルを積む必要もないのだろうけどね。

2009年08月06日 MIXI日記より転載


スポンサーサイト