FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.09
17
CM:2
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 韓国のLSD、ドクト艦がCIWS配置に欠陥ありとされている。CIWS射界に、甲板に置いたヘリが引っかかるという話だが。特段、大問題があるとも思えない。

 まず、基本的にCIWSは艦艇の内側には向かない。対艦ミサイルの類は海側から真っ直ぐに突っ込んでくる。垂直方向に運動したとしても、CIWSは常に外舷側に射撃をする。艦艇側に向けて射撃することはない。

 ただしドクト艦では、後部にあるCIWSが内側に向かうこともある。正確に言えば、甲板を跨いで射撃する。後部右舷にあるゴールキーパーは、左舷方向から艦尾方向に向けて射撃をする時、甲板を跨いで射撃をする。そして目標が超低空である場合には、俯角をかける必要がある。この際に、ヘリが駐機されていれば撃ちぬいてしまうかもしれない。

 ただ、後部CIWS俯角問題も、射界制限をつければ解決する。艦載砲には射界制限機構がある。上部構造物や甲板を撃ちぬかないようにするものだ。その角度は砲が指向しない、あるいは、その向き、角度であれば射撃ができないようにする仕組になっている。射界制限機構を調整すれば後部CIWS俯角問題は解決する。艦尾ではないが、英国のインビンシブル級、オーシャン級にある艦首CIWSはドクト艦と同じ配置である。だが、射界制限機構により、自艦を射撃するような問題はない。ドクト艦も後部CIWSについて、具体的には、後部CIWSは左舷から艦尾方向にかけて俯角を制限すればよい。

 後部CIWS水平面が低すぎ、背の高いヘリが干渉するなら、ヘリ繋止場所を変えればよい。甲板を跨ぐとき、銃身が水平でもヘリに引っかかるならば、後部CIWS射界にヘリを繋止しない。超低空を飛翔する対艦ミサイルを迎撃するには、CIWSは俯角を掛けなければならない。このとき、左舷外舷側や、艦尾ギリギリにあるヘリコプターに干渉するならば、そのヘリをアイランド側に寄せればよい。

 繋止中ではなく、離着艦位置へのヘリ移動も問題にするなら、CIWSを変更すれば良い。重くて不便なゴールキーパーを軽量なファランクスに改め、高い位置や艦尾スポンソンに据えればよい。ゴールキーパーは、甲板下に砲塔構造が必要であり重い、このため、高い場所や簡易なスポンソンには載せられない。対して、ファランクスは軽量簡易であり、どこでも載せられる。ファランクスなら新品でも中古でも、容易に調達できるので難しくない。後部CIWSの位置を変更しないのなら、台でもつけてCIWSを嵩上げすればよい。場所を変えても良い。艦尾に簡易なスポンソンでもつけて、そこにファランクスをチョン載せしても解決する。

 いずれも大した問題ではない。載せ替えも小改修で済む。筋が悪いのは、ゴールキーパーを選んだ点だろう。威力に眼が眩んで、設置場所を選ぶ重量級CIWSにした結果生まれた問題である。低い位置や、比較的内側に置かざるを得なくなり、今回のような俯角問題や、狭射界といった面倒がおきた。ゴールキーパー普及がイマイチであり、どうしてもファランクスに勝てない理由はここにある。
スポンサーサイト



2011.09
17
CM:0
TB:0
12:59
Category : ミリタリー
 ロシアは、まともな対機雷戦はできないね。

 ロシアの対機雷戦装備はあまりにも古過ぎる。ロシア語/英語で併記されている装備カタログの類を見たのだが。新型艦でもソナーは2世代は前のまま。処分手段は非現実的なものも残る。無人艇もあまり期待できない。

 まず、ロシアの対機雷専用ソナーは、あまりにも貧弱なまま。ソーナーには機雷捜索モードだけで、機雷識別モードはない。低周波数で、比較的長距離目標を探知できすはずだが、高い周波数で捜索する英仏ソーナーよりも探知距離は極端に短い。ディスプレイも、黄色っぽい、球面切り取ったような10インチ位のが一個あるだけ。ソーナーを使っても、機雷は見つけやすいとは思えない。乗員も疲労で、あまり長い時間は捜索できない。識別ができないので、UUVの類を出していちいちTVで確認するとしたら手間がかかって仕方がない。昔は照明付きTVカメラを海底近くで曳航するつもりだったようだが、陸岸近くなら、雨でも降れば海底では泥が舞い上がるから使い物にならない、使えないアイデアにすぎない。

 処分手段として海底導爆索とかあるが、それでは機雷は処分できない。機雷は結構、爆発に強い。別の機雷との離隔距離は、今のスウェーデン機雷が25m。導爆索の威力では、偶然、乗っかることのできた機雷の感応機構をオシャカにできるかどうかだ。そのような装備を制式化した意図がわからない。上陸海岸にある簡易な水中障害物も、鋼製やコンクリート製は破壊できない。

 ロシアの対機雷無人艇も、掃討艇や掃海艇を代替できるものではない。ドイツのゼーフント、スウェーデンのSAMの類で、ゼーフント、SAMと同様に、本格的な対機雷艦艇の仕事はできない。しかも、有効水深は30m以下と記載されている。実際には、内水河川用だろう。

 ロシアは、対機雷戦できないとみて良い。ロシアがもつ対機雷戦戦力でできるのは、繋維機雷を繋維掃海する位ではないかね。でも繋維掃海なら、漁船でも、魚雷艇でも、大発・LCUでも、極端に言えば内火艇・モーターランチでもでも可能だからねえ。

 ロシアって、対機雷戦をどーするつもりなんかねえ。新型の対機雷戦艦艇を作ったようだけど、中身がどうしようもなければなんの役にも立たない。仏作って魂入れずではないかと。フランス製のソナーでも買えばいいのにと思うよ。対機雷戦ソナーくらいなら、売ってくれるだろうさ。