FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.03
07
CM:8
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 たとえルノーFTでも、上陸海岸や降下地点に出現すれば脅威だろうね。「旧式戦車は役に立たない」みたいなコメントが寄せられるのだけれどもさ。上陸してきた戦闘部隊や海岸作業部隊、空挺部隊は生身の人間。ルノーFTでも、ブレン機銃車でも、95式軽戦車でも脅威だって。いわんや、頑丈で大きな大砲積んでいるシャーマンや74式の類が出てきたらねえ。上陸海岸、降下地点は大混乱するよ。
 相手が、常時エアカバーとCASが提供される米軍じゃなければね。それ以外の国に上陸なり空挺なりされてもさ、景気付けに迫撃砲でも野砲でも撃ちこんで、そこに戦車風を突っ込ませれば充分だろ。

 こないだ、民国軍ファンの「じょーぢ」さんと話したんだが。国共内戦、金門戦役(金門島の戦い)で新中国(できたてだ)は上陸戦に失敗している。「制空権、制海権を持たない上陸作戦がどうなるかを示すよい結果である」という。まあ、上陸はあると信じたい人は「一時的な航空優勢」云々するけど、エアカバーと航空直接協力、泊地の制海は常時確保できないと上陸戦は厳しいね。制海権、制空権を確保せず、海空戦力劣勢な側が上陸戦をやることはリスキーであるよい事例だね。

 で、この金門戦役では、M3スチュアートが海岸で無双した。細かい点は、細かい点は、Wikipediaだけど「古寧頭戦役」で項目が立っている。まあ、生身の兵隊からすれば、大砲積んでいる鋼の塊が出てくれば恐怖だね。今様の水陸両用戦車が来ても、M3でも対抗可能だし、懐かしのパナールやサラディンの砲でもあれば略対等、シャーマンなら有利だろ。74式があれば、それなりの戦車が上がってきても撃破できるしね。

 なんにせよ、上陸部隊や空挺部隊は、大半、生身の人間とソフトスキンでできている。とりあえずは何でも突っ込ませれば役に立つよ。「10式でなければ海岸で役に立たない」などと意見する人は想像力が足りないと思うぞ。
スポンサーサイト