fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.03
13
CM:7
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 M60戦車改修キット(米国L-3社)の記事がIDRにあったのだが、普通に「オートマのディーゼルに交換」「油気圧サスペンションに交換」とある。普通にできるわけだ。「74式は足回りが悪い、エンジンや油気圧の生産ラインは既にないので改修できない」って理屈はなんだかと思ったよ。

 IDRの1月号にフォスさんの「L-3 CPS Develop M60 Upgrade」※ って記事を見つけた。
・ エンジンをAVDS-1790-2、20気筒ディーゼルに交換、トランスミッションをGMのオートマにする
・ トーションバーをL-3 CPS 3870 油気圧サスペンションに交換
・ L-7 105mm砲を120mm滑腔砲に交換、FCSをレイセオンのIFCSに換える。
・ 砲塔上部に25mmリモコン機銃と、新型の12.7mm機銃(QCB?)を追加
 というもの

 これを見ても、74式の足回りが改修できないって話は眉唾だなということが分かるね。もちろん、L-3以前から旧式戦車のエンジン交換や油気圧懸架化の話はある。別の本のアップグレード関係の記事や広告を見ても「油気圧サスペンション改修、承り桝」みたいな内容もあった。

 74式ができないという話の大元も、官僚の作文あたりだろうね。実際には、三菱でも、それ以外の企業でも、74式は容易に改修できた。しかし、それが「できる」と認めると老朽更新は成り立たない。だから「できない」と言い張ったわけだ。

 そして不調のエンジンやサスペンションを放置した。金出せば新型品と交換できたのだが、それをやると老朽更新が立たない。だから、そのままで放置した。なんで放置するのかという話があっても、予算要求で立てたロジックで、自己の組織内も騙したのだろう。航空機や艦艇ではないことなのだがね。

 保管装備にできるなら、交換してもいいと思うのだけれどもね。戦車は400輌になるので、余剰の74式は廃棄する。だが、本土防衛程度やゲリラ・コマンド対策位の任務なら、74式でも充分である。もっとシンプルに、単純に基地警備用の動くトーチカとして、取っておいても悪く無い。別に大砲やFCSや装甲はそのままでいいから、足廻りだけ更新して動くようにする程度だ。戦車もどきの、過剰品質な機動戦闘車なんか作るよりも、開発費もかからない上に、調達コストも安い。

 今作れば、エンジンも油気圧も、オリジナルよりは品質的に相当に向上する。74式のエンジンは、高速艇用の12ZC系列で、飛行機用の誉みたいなものだ。見た目の性能は良いが、トラブルが多く整備性が悪く、掃海艇では酷評されていた。油気圧サスペンションも姿勢制御みたいな曲芸を可能にしたが、やはり耐久性や整備性で今様のものに劣る。姿勢制御なんか取っ払った奴にすれば、相当に使いやすくなると思うよ。



※ Foss,Cristpher F"L-3 CPS Develop M60 Upgrade""Jane's International Defence Review"(IHS,2013.1)p.12
スポンサーサイト