FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.04
03
CM:0
TB:0
13:00
Category : 未分類
 フォークランド諸島は、81年の英国にとって重要性は低く、海外遠隔地の離島なので手当のしようもなかったのではないかな。

 実際には杞憂だが、中国やロシアによる日本本土侵攻を危惧する人がいる。だから10式戦車が入用とか言い出している。まあ、実際には逆で戦車に入れ込んでから理由付けをしているわけなんだがね。

 その人達は戦略的奇襲とか言い出し、だいたいフォークランド紛争の例があると言っている。

 しかし、フォークランドへの上陸については、実際は手当する力の余裕がなかったのではないか。

 60-80年代中頃までは、英国はどん底に時期である。経済は英国病、政治的にはかつての海外領土が尽く独立していた。軍事的にも縮小のピークにある。東洋の国益を喪った英国は、シンガポールから、そしてスエズ以東から撤退した。それに伴う軍縮により、英海軍力も大きく減少している。

 英国も、自身に政治・経済的にフォークランドにコミットする力がなかったと見ていたのではないか。英国の旗が揚がっているだけのフォークランド諸島に、英国の利益はなかった。政治的にアルゼンチンをどうこうする力もない。そして、軍事的に手当しようにも、現地で投入できる軍艦は、砕氷船のエンデュランスしかなかった。

 フォークランドは事実上、ノーマンズ・ランドである。アルゼンチンによるフォークランド上陸は、人口希薄の事実上の無人島に上陸しただけである。英国からすれば、あまりに遠く、何もない島である。象徴的なごく少数の海兵を置くことしかできなかった。当年2月にはアルゼンチンから交渉打切が通告されている。交渉ができなければ打つ手なしである。※

 フォークランドは特殊例にすぎる。紛争前のフォークランドでは、英国に打つ手がない。これはノルウェーが南極領土と基地を保持てきないのと同じである。仮に南半球で南極領有している国が、ノルウェーの領土主張と南極観測基地を撤去せよと要求し、以降は交渉を打ち切ると言われたものと変わるものではない。その後に武力回収されたからといって「戦略的奇襲と受けた」と評する、あるいは「だから国防上、常に戦略的奇襲の虞があるのだ」とするのは、妥当ではない。

 フォークランドの例を以って、日本本土への戦略的奇襲をありえるとするのは難しい。日本本土はノーマンズ・ランドではない。内地や北海道では、日本の国力は十分活かせる。その上、陸海空戦力の運用も可能である。

 なんにせよ、持ち出す例がどういった条件で成立したかを考えないのは短慮であるし、その例が普遍的であり、どのような状況でも成立すると考えるのは、あまりにも単純である。



※   そのあとで英国のナショナリズム※※が燃え上がったのは別の話ね

※※  英国のナショナリズムというのもあやふやで、今となってはイングランドとかスコットランドとかウェールズへの帰属心のほうが強くなりつつね?って、アンダーソン先生が言っている。サッカーのワールドカップで、ここ30年で英国旗なんか全然なくなり、それぞれの構成国の旗を持ち込むようになってんじゃんとのこと。
2013.04
02
CM:3
TB:0
13:00
Category : 有職故実
 1960年の新聞なんだが、中国で空前の豊作と、中国式密植は駄目という反対方向の記事が同居している。1960年10月8日の朝日新聞5面なのだが「チベットで空前の豊作」※ から一つ記事を挟んだ隣で「中国の衛星田は失敗」※※ が掲載されている。

 「チベットも空前の豊作」は、海外短信の欄にある。農業は生産互助組で、放牧はオーナーと労働者の和解で生産が向上したという内容である。特に牧畜は「三反両利」と、叛乱、強制労役、人身従属制度に反対し、放牧民と放牧主両方の利益を図るというもの。毛主席にこの収穫を見て貰いたいみたいな写真とキャプションがある。

 その左、一つ記事を超えた隣「中共式稲作は失敗、来年は日本式に本腰 インド」という記事がある。大躍進時期に新中国が行った衛星田(人工衛星のように高い収穫がある田んぼ)は、確かに収量は上がるが、手間と肥料を計算すると到底実用的ではないといった内容。しかし、衛星田を批判すると諸外国も困るので控えめに発表したとのこと。

 中国農業の大成功と、その手段についての批判的な視線が並んでいる形になっている。
 当時は大躍進時期なので、中国側発表は眉唾である。景気のいいことを言っている部分は割り引くべきだろう。

 実際に読者も大概は分かっていたようである。新しい中国を否定するのは悪いけど…といったあたりが世相だろう。前者記事はANSとある。おそらく中国系通信者による海外短信の紹介であり「中国ではこのように伝えている」といった扱いなのだろう。

 ただ、前者を事実と異なると断ずることも乱暴な気がする。それまでが封建チベットの、どうしようもない農奴制であったわけだ。自作農ではないにせよ生産組合制度に移行すれば、労働意欲は上がる。それまでは、リアルで搾取されていた利益を、農業器材購入に回すことにより、生産性もあがる。また、多少のアニマル・スピリットも生まれる。これらを勘案すれば、農業生産があがったとしても不思議はないる。

 ちなみに海外短信には、ソ連のディズニーランド構想も載っている。「ソ連『不思議の国』でも追い越せ」§で、モスクワ川湾曲部に、2630平方キロ、1/5000スケールで縮小したソ連領土を模したアミューズメントパークとのこと。ただし、宇宙船や人工衛星の模型があり、子供でもトラクターを運転できるというもの。資本主義の本家に較べてワクワク感は相当に劣る構想に見える。

※  「チベットで空前の豊作」『朝日新聞』(朝日新聞、1960.10.8)p.3
※※ 「中共式稲作は失敗、来年は日本式に本腰 インド」『朝日新聞』(朝日新聞、1960.10.8)p.3
§  「ソ連『不思議の国』でも追い越せ」『朝日新聞』(朝日新聞、1960.10.8)p.3
2013.04
01
CM:0
TB:0
13:00
Category : 未分類
 モンゴル産の安価な石炭が日本に来るのだろうか?

 モンゴル産の石炭は、山元価格では相当に安くなるだろう。しかし、海までの輸送コストは安くはならない。現実的な輸送路である中国の鉄道輸送は既に天井である。モンゴルで掘って日本に運ぶ石炭輸送を安くする義理はない。輸送コスト次第だが、港で積みこむ時、国際価格よりも高くなれば開発の意味は無い。



 日本とモンゴルが経済協力で炭田を開発するという。ニュースによると「資源開発で協力、モンゴルと合意」http://digital.asahi.com/articles/TKY201303300554.html?ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201303300554という。

 モンゴルには石炭がある。中国の大炭田は、モンゴル国境沿いの内蒙古自治州にある。国境挟んで反対側にも、巨大な石炭資源があって不思議はない。これまで採掘されなかったのは、自前で使う必要が少なかったこと。隣国のロシアや中国も大規模炭田をもっており、自前で採掘していたので輸出先がなかったことによる。

 仮に、日本の資本と技術で露天掘りでも始めれば、相当効率よく、安価に石炭を採掘できるようになるだろう。

 しかし、その石炭が国際商品としてペイするかどうかは疑問である。

 モンゴルに港はない。このため、モンゴルで採掘した石炭は、鉄道で運び出すことになる。

 鉄道で運ぶにしても、海へのアクセスには、現実的には最短距離の東向きで、中国とロシアを経由するしかない。モンゴルからインド洋に出る、経済的な鉄道ルートはない。※ ヒマラヤからパキスタンに至る山地があり、鉄道網は貧弱であり、経済的な輸送はできない。西向き輸送ルートは長大になりすぎる。

 しかし、中国とロシアの鉄道輸送能力は既に天井である。中国鉄道網は輸送量の70%を占める自国炭輸送でアップアップしている。ロシアのシベリア鉄道は、消費物資を送る東行輸送力はおおむね一杯になっている。

 そこに、モンゴル産石炭輸送を割りこませる余地があるのだろうか。

 今ある鉄道網で、モンゴルから石炭を海に運ぶ現実的な方法は、中国の石炭輸送線に相乗りする形になるだろう。モンゴルから内蒙古の二連まで送り、そこから山西省まで輸送し、石炭専用の大秦線で秦皇島の石炭岸壁まで運ぶ方法である。

 しかし、中国は自国内石炭輸送でいっぱいである。モンゴルで掘って日本に運ぶ石炭で面倒は掛けられたくない。値段は高めに設定される。

 ロシアルートとして、タヴァン・トルゴイ炭田からチョイバルサン経由でシベリア鉄道に結ぶ経路も計画されている。しかし、本当に建設されるのか、輸送力に問題はないのか、積出港(ナホトカの石炭岸壁?)の能力が十分であるのかは分からない。

 ロシアルートも、中国同様に、自国に関係ない石炭輸送を安くする義理もない。同じように価格は高めに設定される。

 輸送コスト次第だが、モンゴル産石炭が港の積出岸壁に来た時、国際価格よりも高くなれば開発の意味は無い。モンゴル産石炭価格がペイしない場合には、開発は白紙に戻る。これは、帝国石油による春暁ガス田の開発と同じである。

 モンゴルの石炭が日本に来るかどうかは、不明瞭であるし、その時に安価であるとは限らない。※※



※ 昔は、チベットから新疆(インド人巡査制度があった)にいたるインド交易圏があり、そこからインド商人がモンゴルまで足を伸ばしていたらしい。

※※  モンゴルの石炭は、日本まで運ぶよりも、中国に売却した方がいいかもしれない。日蒙共同開発の石炭を山西省か内蒙古の中国石炭企業に売却し、日本はその利益で輸送コストの安い豪州炭を輸入したほうが合理的な可能性もある。

※※※ モンゴルの石炭品質については、対象だろうタヴァン・トルゴイ炭田は高品質ということになっている。だが、国境を挟んだ反対側、内蒙古の出炭量のうち、7割が低品質の褐炭である。手付かずの巨大な石炭資源というが、全体の品質は分からない。もちろん、日本までの輸出コストでペイするのは高品質炭である。