FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
05
CM:0
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 硫黄島の手当は大きい。現号俸の2割だか3割だかが付く。さらに五月蝿いことを言われないこともあり、行きたがる奴は多い。

 中でも、2-3年の硫空基勤務を3回も4回も繰り返す海曹がいた。50寸前なんだが、30年に満たない勤務期間のうち10年以上を硫黄島で暮らしていることになる。要は借財を作るたびに硫黄島に行っていた。

 その海曹が帰ってきた。分隊士だったので、初めて会うときには借財は面倒だなとおもっていたのだがね。そこらへんで拗ねているわけでもないので安堵したよ。

 仕事ぶりは悪くない。ややトッポイ感じはあるものの、海士にも海曹にも幹部にも人当たりは良い。北海道出身らしく、仕事を頼めば、まあ命令すれば必ず一言いう。場合によればそんなの無駄ですよというものの、やってくれる。

 ただねえ、パチンコが大好きなのがアレだった。前世紀でパソコン等についての管理がうるさくない時分だったので、仕事の合間にはパチンコのエミュレーション?のソフトや、無印PSでパチンコのゲームをやっていた。

 最初は事務仕事ができなかった。押して頼めば、やり方と基準を教えれば、在庫の拾い出しや、作業員割付なんかやってくれる。だが、成果品が手書きなのが困った。その場限りの文書ならいいのだけど、雛形に足していく感じだと再入力しなければならない。図面なんかも、CADじゃないから転用ができないし、角度や長さが怪しいので面積の拾い出しも怪しくなる。

 そこで、司令部での臨時勤務に放り込んだんだ。さすがにワープロと表計算くらいはできるようになるだろうと踏んでのこと。

 さすがに何もできない状態で放り込むのは先方に悪すぎる。准尉と先任に頼んで、待機所で若手士長、海曹を使って、使い方を教えるようにしておいた。

 その後に群司令部に放り込んで、多量の事務仕事を捌く状態に放り込んだ。

 それが本人のストレスになったのかね。パチンコ通いが悪化して、持っているお金以上に入れこむようになったらしい。

 硫黄島から戻ってから着任して1年たつかどうかの頃だったか、准尉と先任が「班長チョット、ショップまで」と己を呼ぶ。「なんですか?」と行くと、件の海曹がしおらしく座っている。何かあったのかねと思いながら席に付くと、先任が海曹に「話せ」という。

 話の切り出しは覚えていないが、チョット借財がという内容。そのチョットが、あまりチョットではない。膨大ではないが、とても少額ではない。本人は大した額ではないというものの、1年間水を呑んで暮らしても返せない程度の額。

 本人を帰らせたあとで、己と准尉と先任で相談。要は「硫黄島に行きたい」と言い出したらしい。だがねえ、戻ってきて1年で放り込める場所でもない。年齢と階級と技能が吊り合わない部分があるので、行かせても仕事がないとのこと。

 事務所に戻って赤表紙(人事記録)と「申し送り」を持ってくると、見てはいけない先任が席をはずす。先任は黒表紙(簡略版)しか読めない仕組みなんだが、赤表紙や申し送りに書かれている中身は悉皆知っている。本人を10年以上見知っている准尉(承認10何年目だった)の解説付きで確認をすると、なるほど合点がいく。

 先任を呼び戻すと「悪い奴じゃないけど、どうしょうもないでしょ」と笑いながら言う。先任が自販機で買ってきた缶コーヒーと、ストックしておいたお菓子で、感想めいた雑談をしていたのだがね。先任が「彼の息子も独り立ちしたから、あとは自業自得でいいんじゃないですか」と言った。

 海曹は息子を上の学校に行かせる必要もあった、だからみんなで頑張って硫黄島に放り込んだ。隊長・班長が硫黄島や総監部にとにかくお願いをした。実質の人事を握っている、王様と言われた近所の○○隊の司令にも准尉は裏から頼んだ。そうやって八方手をつくしてどうにか送り込んでいたのだが「本人は島に行けばどうにかなると甘えているんだからねえ」と准尉も苦笑しながら説明をする。

 とりあえず、己が硫黄島に相談した形にして、あとは先任が因果を含めることにした。当時の隊長がちょっとアレだったので、そこは簡単に説明してスキップするようにした。隊長は3級賞詞欲しさに、ネガティブな話は一切関わろうとしなかったので好都合。

 アリバイとして硫黄島に自衛隊電話を掛けると、先方の隊長だったか「席がないし、息子さんも社会人になったんだから、そこまで面倒見ることないよねえ」とのこと。硫黄島の隊長も「手伝うよ」とのとこで、島での先任から当の海曹に自衛隊電話を入れさせて因果含めることになった。その電話があった後なんだろう、こっちの先任から「島の先任から電話があって、その話を先任困りましたと言ってきたので、私も因果含めておきましたよ」と先任から連絡がある。

 本人は困った顔をしていたよ。硫黄島にいけばどうにかなると思っていたのが、上手くいかないのだからそうなるのだろう。だがねえ、借金作れば硫黄島に行けるという約束はどこにもない。誰を恨んでも仕方がない話。本人は天性気楽な性質なので、荒むこともないし、現実逃避で仕事はするから大丈夫と聞いていたが、確かに困った困ったを連発するものの、のんびりしたものだった。

 結局、本人曰くパチンコは止めて地道に返済するとのことだったが、先任も准尉も無理だろうと見ている。己もそうなんだろうなと思ったけどね。他にもスナック通いという癖があるのは別の海曹から聞いている。まあ退職金で充分返せる額だし。18や20の子供でもない。その日の勤務時間終わった後の行動は気にしなかった。

 その後、もう一度、返済計画の相談(分隊士はそういう面倒も見ることになっている)に来たのだがね。本人に返済計画表を作らせて(進歩あってエクセルで作った)、先任と准尉と己でそれを見て、おいおいこんなに節約できないだろうとか、ああだこうだいって終わりにしといた。定年時の退職金を計算しといた准尉がそれを見せながら「上手く行かなくとも、最後はコレで返せるから安心しろ、そのかわり家とか車とか買えないけどな」と言ってオシマイ。

 硫黄島手当もそうだが、艦艇や潜水艦、航空機といった手当を、最初から当て込むとエライ目に遭う。人生設計レベルの金勘定に盛り込むとロクな事にはならないということだね。なんせ、あぶく銭だからねえ。
2013.05
04
CM:0
TB:0
13:00
Category : 有職故実
 昭和51年8月17日、日経新聞(8面)に新商品紹介を発見。「フジカシングル8サウンド」 なんだが、エラク高性能。

・ 8倍(ZM800)/5倍(ZM500)ズーム
・ オーバラップ撮影
・ 録音レベル自動調整
・ オートフェード(オートフィードではない)

 昭和末期の、家庭用ビデオカメラよりも高性能じゃないの? ちなみに、オートフェードって、フェードイン・フェードアウトを映像・音声同時に行う技術。

 この手の機械って、絶対マニアがいるはず、とググルと
http://www.muddyfilm.net/2008/04/zm800.html が出てくる。たしかに手許に置きたい気持ちが生まれるのも分かる。

 …もちろん、全く実用しない、動かさないという問題があるから、まず買わないけど。

 この点、BCLラジオと大違い。同じ時期の、同じメカ系製品なのだが、ほぼ絶滅した8mmフィルムとは違って、ラジオ放送や短波放送、SSB音声通信は今でも続いている。だから、オークション等でソニーのICF5800なんかを入手しても、充分実用に耐える。骨董的な、コレクション的な「手許に置きたい欲求」であっても、ラジオならたまには動かせるわけだ。

 対して、8mmカメラはね。大学生の時には絵を書いてコマ撮りするのに使っていたけどねえ。WAFLってとこで。

 ちなみに富士フィルムは、この高性能機を月産1万台生産したらしい。半分くらいは輸出かねえ? ちなみに、値段はZM800で11万8000円、当時カメラはカルテルが認められていたので、値引き販売はない。(香港カメラ、という形で並行輸入があったらしいけど)
2013.05
04
CM:0
TB:0
12:59
Category : 有職故実
 旧司法試験といえば、10浪、20浪もいる世界であったが、戦前にも歳食った司法浪人はいた。

 明治時代の司法試験である弁護士試験は、大正期に高等文官試験司法科に吸収された。
 この時、制度上の問題で、従来受験者のうち、学歴がないものが新試験を受けられないといった問題が生まれた。従来の弁護士試験には学歴規定はなかったが、高文試験には学歴規定があったためである。

 学歴の壁問題を救済するために、暫定試験が準備された。これが大正十二年法律五十二号による弁護士試験である。この試験は当初5ヶ年の暫定措置であったものが、伸びに伸びて18ヶ年目の昭和16年まで続いた。

 昭和16年試験では、受験者の最高年齢は70歳に達したという。「窄き門 七十翁も最後の頑張り」※ では、受験者は45-70歳としている。平均寿命が50歳であった時節としては、全員とも頽齢の受験者であった。



※ 「窄き門 七十翁も最後の頑張り」『朝日新聞』(朝日新聞,1941.7.3)p.2
2013.05
03
CM:0
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 対人地雷とクラスター弾は、ないほうが捗るのではないか?

 日本は対人地雷を禁止し・クラスター弾を制限する条約に加盟している。しかし、これに対して陸自は不満を持っていた様子である。例えば、元東北方面総監(名は秘す)は、政府の対人地雷とクラスター弾廃止を非難する記事を雑誌に掲載していた。本土防衛が難しくなるという理屈である。

 しかし、それは近視眼的な判断にすぎる。

 本土防衛のため、対人地雷やクラスター弾を必須とするのは、短絡的である。まず、本土防衛への備えはそれほど重要ではない。また、本土防衛程度では、対人地雷やクラスター弾に頼らなければならないこともない。そして、対人地雷やクラスター弾は、後始末の方が面倒くさくなる。

 今日、本土防衛・対上陸戦への備えの優先順位は極めて低い。防衛白書ほかでもゲリコマ以下の扱いである。実際に、今日の日本に上陸戦を仕掛けられる戦力を持つ国はない。また、日本を攻めようとする国も北朝鮮を除けば、ない。その北朝鮮は渡洋侵攻能力を欠いている。

 本土防衛程度では、対人地雷やクラスター弾がなければ困ることもない。まず上陸戦の危険はないが、仮に上陸を企っても小規模である。日本の海空戦力、日米同盟で動く米海空軍戦力をかいくぐれるものでもない。揚がってもごく少数であり、対人地雷やクラスター弾抜きでも充分に対応可能だ。

 対人地雷やクラスター弾は、後始末の方が面倒くさくなる可能性も高い。埋めた対人地雷を、逐一掘り出すのは手間である。民生用地雷処理器材を使っても、それほど大面積を一気に処理できるものではない。また、クラスター子弾も、使うと意外に不発が多い。樹木や砂地であると起爆しない可能性が高い。樹木に引っかかり、草原に落ちたクラスター子弾を探すのも容易ではない。下手をすると、小規模侵攻での損害以上に死傷者を出す可能性がある。

 実際には、自衛隊はむしろ外地に出る時勢である。今後の外地での活動を考慮すると、無秩序に敷設された対人地雷や未発火クラスター子弾は寧ろ脅威である。これら脅威を将来的に排除するためには、禁止し、制限する国際社会の取り組みに乗ったほうが良い。

 日本の安全保障を総合的に考えれば、対人地雷の廃止・クラスター弾制限は、日本の利益に適った判断だったといえるだろう。本土防衛が成り立たなくなる云々といった言説は、近視眼的に過ぎる。

 対人地雷とクラスター弾の禁止・制限は、妥当な判断だったのである。



※ 自衛官が対人地雷・クラスター弾問題で躍起になった理由には、感情的な反発もあったのかもしれない。対人地雷の廃止・クラスター弾制限は、NGOが中心になって進んだ部分もある。NGOと自衛官の相性は悪い。対人地雷・クラスター弾問題では、理想主義的なNGOの言説への感情的反発も含まれるのだろう
2013.05
02
CM:0
TB:0
13:00
Category : 中国
 日米安保の適用範囲という言質に意味があるのだろうか?

 日米防衛相会談で「尖閣諸島(沖縄県石垣市)が日米安全保障条約の適用対象であることを確認」と報道がある。

 しかし、これによって尖閣諸島問題が変化するわけでもない。アメリカの立場は不介入であるためだ。

 今回の発言は、アメリカのリップサービスである。前にも書いた話だが、アメリカは日中双方にリップサービスをしている。日本には「尖閣諸島は日米安保の適用範囲」と言って、日本人の歓心を買う。中国には「米国は日中の領土係争には関与しない」と言って、中国に恩を売る。そして領土問題に関わり合いたくないので「日中が冷静に処理することを望む」と念を押している。

 具体的には、前に書いたとおり(「日中両方へのリップサービス」)。閔之才さんが『鏡報』※※ で指摘したように、アメリカは口先で日中両国に恩を売っている立場にある。

 尖閣が日米安保の対象である点の確認も、尖閣諸島のいざこざにアメリカが介入するというものではない。小野寺防衛相がアメリカに行って「尖閣諸島が日米安保の適用対象」という言質を取った。しかし、それは一般的に適用対象であると言っているだけの話にすぎない。今の尖閣諸島問題に、軍事的に介入しますよというものではない。

 そもそもアメリカにとって尖閣問題は、巻き込まれたくない問題である。もともと他所の国同士の、しかも無人島をめぐっての喧嘩にすぎない。どうでもいい問題であり、巻き込まれるのは面倒そのものである。

 アメリカには尖閣諸島で軍事介入する気はさらさらない。他所の国の無人島のために米軍を動かし、米軍人が血を流す危険を犯すことはなんとしても避けなければならない事態である。しかも、日本側について介入すれば中国側から恨みを買ってしまう。

 防衛相の確認は、中国側に日米が日米安保を見せつける効果はあるだろう。折にふれて見せつけるのは悪くはない。

 しかし、日本にとって、尖閣諸島問題を有利にするものでも不利にするものでもない。
 抑止効果も間抜けな話である。尖閣問題での熱戦化は、日中ともに回避したいと考えている。そしてアメリカも回避したいと考えている。その熱戦化を抑止する効果というのはマヌケなことだ。※※※



※ 「尖閣への一方的行為に反対 中国牽制、安保条約適用を確認」『MSN 産経ニュース』(産経新聞,2013.4.30)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/plc13043010440016-n1.htm
   会談中の確認事項「尖閣諸島の現状変更を試みるいかなる力による一方的な行為にも反対する」とはいうのは、日本側の既成事実の積み増し、たとえば公務員常駐のようなことをするなよ、という釘刺しでもある。

※※ 閔之才「美国:一『魚』釣両国」『鏡報』426(香港,鏡報文化企業有限公司,2013.1)pp.16-19.

※※※ 確認しようがしまいが、日米同盟の海空軍力が中国側、政治的発言をする軍部への重石になっていることは変わらない。
2013.05
02
CM:0
TB:0
06:57
Category : 未分類
 「尖閣への一方的行為に反対 中国牽制、安保条約適用を確認」『MSN 産経ニュース』(産経新聞,2013.4.30)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/plc13043010440016-n1.htmなんだけどさ

 会談中の確認事項「尖閣諸島の現状変更を試みるいかなる力による一方的な行為にも反対する」がある。これって、日本側 「にも」 既成事実の積み増し、たとえば公務員常駐のようなことをするなよ、と釘を刺しているようにしか読めないw

 この記事の題名や論調から、産経新聞としては「敵」の中国に対する日米のジャブだと真に思い込んでいる。あるいは、今の内閣の成果であると紹介したい気持ちはあるのだろう。

 だけどねえ、「尖閣諸島の現状変更を試みるいかなる力による一方的な行為にも反対する」は、日本側 「も」 縛っとこうという内容としか思えない。まあ、尖閣諸島は、日中とも放置して、互いに地図で赤く塗って満足すればそれでいいんじゃないのと思っているので、悪い話じゃないと思うよ。



 昼に上げる駄文書いている途中に思いついたので、今アップということです。
2013.05
01
CM:1
TB:0
13:00
Category : ミリタリー
 自衛艦隊司令部は、疎開させたほうがいいのではないか?

 海自司令部は神奈川県に集中している。有事の攻撃もそうだが、自然災害に対して脆弱になっている。たしかに司令部施設は丈夫に作ってある。水と電気と冷暖房、最低限の無線通信・衛星通信は確保されている。だが、職員の集合や家族保護ほかで混乱は免れない。

 海自司令部のうち、総司令部にあたる自衛艦隊司令部と、その隷下の護衛艦隊司令部は横須賀にある。自衛艦隊司令部隷下の航空集団司令部は厚木に置かれている。海自のメジャーな司令部のうち、3/4が神奈川県にあり、2/4が横須賀に所在している。

 自衛艦隊司令部は昔の連合艦隊司令部にあたる。護衛艦隊と潜水艦隊、航空集団を統括する立場である。護艦隊司令部は水上艦を運用する。航空集団司令部は、主として固定翼航空機を運用する。

 神奈川が激甚災害に遭った場合、これら3つの司令部も影響を受ける。施設は堅固に作ってあるが、一般的な通信網の維持、交通網の寸断による影響、家庭や生活環境悪化による職員の活動能力低下といった問題が起きる。

 これでは、災害時での活動に障る。※ その上、災派を指揮する横須賀地方総監部、同様に航空作戦や輸送を行う厚木4空群司令部も影響を受ける。また、神奈川での激甚災害では東京市ヶ谷にある海幕オペも影響を受けることになる。海幕オペ、自艦隊司令部、護艦隊司令部、航空集団司令部、横監作戦室、4空群司令部が麻痺する事態となると、手のうちようがない。※※

 少なくとも、自衛艦隊と護衛艦隊司令部は別の場所、どこか遠くにおいたほうがよい。自衛艦隊の艦艇運用をバックアップてきるのは護衛艦隊しかない。同じように護衛艦隊の艦艇運用をオーバーライドできるのは自衛艦隊しかない。自艦隊司令部、護衛艦隊司令部の機能が一緒に低下すると、海自の艦艇運用は相当に麻痺することになる。

 また航空集団司令部も、自衛艦隊での航空運用と心中させるべきではない。自衛艦隊司令部と航空集団司令部は別の場所とすべきである。

 ただし、横須賀と厚木に置く理由もある。米軍との折衝、あるいは馴れ合いでの親密化がそれだ。各司令部はそのため横須賀と厚木に所在している。

 その点を考慮すれば、まずは自衛艦隊司令部だけ奥地に疎開させるべきだ。津波や司令部抗堪化に耐えられる台地や山の中あたり。そして、東京や横須賀・厚木米軍との連絡があるだろうから、鉄道や高速道路で東京まで1-2時間程度といったあたり。高崎や秩父、つくばあたりに移転させておいたほうがよい。

 実際には、米軍と仲良くする、また調整する必要から、護衛艦隊司令部と航空集団司令部はそのままにせざるを得ないだろう。ただし、護衛艦隊司令部は予備を呉あたりに作って置いてもいい。呉監を護衛艦隊司令部のバックアップをできるようにしておいてもいい。航空集団司令部については、柏にある教育航空集団司令部にバックアップ機能を振っておいてもいいのではないか。※※※



※ ちなみに潜水艦隊司令部は、潜水艦作戦の秘密保全のための司令部のようなものである。災害派遣等では一番アテにならない。

※※ 仮に第1護衛隊群が洋上にいても、あくまで艦艇部隊司令部である。災派や輸送、医療についての調整機能は期待できない。※

※※※ 横監の機能のバックアップをどうするかが一番の問題かもしれない。自艦隊司令部を田舎に飛ばすなら、その隣にバックアップ作っておいてもいい。