FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.06
28
CM:5
TB:1
12:00
Category : ミリタリー
 話題の敵地攻撃能力なんだが、潜水艦にハープーンのBlock-2でも積んどけばとりあえずはいいのではないか。

 ハープーンBlock-2を導入し、潜水艦から運用すれば、それなりの敵地攻撃能力を安価かつ短期間に導入できる。

 ハープーンBlock-2は、対艦攻撃モードに加えて、限定的だが対地攻撃能力がある。ハープーンは巡航ミサイルでもあるので、目標には超低空で突入する。対地攻撃では、特に低空域での防空レーダ網を用意しない限りは、レーダではまず探知されない。陸上攻撃に使った場合には、特に音でバレるかも知れない。だが、ハープーンは音速近くで飛翔する。音が聞こえる頃には目視できる程度の至近距離で、すぐに何処かに行ってしまう。対空砲で捕まる可能性も低い。

 このハープーンは、潜水艦から発射可能である。艦艇発射型ハープーンは、どのタイプでもカプセルに封入し、魚雷発射管から、それなりの深度からでも発射できる。実際に、Block-2を封入した潜水艦発射ミサイル、UGM-84Lは各国に導入されている。

 潜水艦から発射可能である点は利点である、敵の近海から奇襲的に攻撃が可能になる。射程は長くないが、陸岸によればそれなりに奥まで叩くことができる。

 もちろん航空機から発射もできるが、潜水艦に較べリスクもあり、奇襲性に劣る。ハープーンそのものはF-15でもF-16でも搭載できる。F-16のバリエーションのF-2でも搭載できる。哨戒機P-3でも搭載できるし、輸送機でも搭載できるだろう。しかし、敵沿岸近くに接近することは、それなりにリスクである。航空攻撃では、敵の防空網に近づかなければならない。また、基本的に丸見えの状態で接近するので、敵に攻撃の可能性や対応の暇を与えてしまう。

 敵地攻撃能力について、当座に使う分は、ハープーンで充分である。既に日本潜水艦にはハープーン運用能力があり、潜水艦発射型ハープーンそのものも調達してある。Block-2には、既存ハープーン用の改修キットがあるので、それだけ買って改修すれば相当安上がりで済む。これは航空機搭載型ハープーンも同じで、既存品を改修できる。今のところP-3Cにしか適応しないが、空自機もハープーンを積めるようにしておけば、潜水艦には劣るかもしれないが、当座の敵地攻撃能力として活用できるのである。
スポンサーサイト