FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.07
06
CM:4
TB:0
12:00
Category : 有職故実
 選挙の季節だが。

 自衛隊は票にならない。色気を出して、比例全国区で出馬する奴はいるが、概ね落ちるのが実態だ。特に昔は人選がよろしくなかった。内局まわりの文官を出しても兵隊は支持しない。だいたい、防衛庁を防衛省にしようの類をいった所で、兵隊は誰も支持しない。

 10年以上前の話だが、選挙期間中、横須賀総監部正門で、文官上がりとその運動員が朝夕に挨拶していたが、無駄な努力だった。見る限りは誰もまともに取り合っていない。取り合う可能性があるとすれば、顔見知り、まあ防衛省幹部とされる2佐以上の位なものか。その2佐以上の影響力を期待しているのかもしれないが、海自だとその辺りは概ねいなす。知り合いだから、上のクラスがそう言っているからといっても、政治からは距離をとる。政治的中立性云々というよりも、危うきに近づかずというやつだ。

 ただ、その選挙では、防衛省出身候補者は、ある程度上のほうの攻略は成功した様子だった。判断をした関係者は定年しただろうから言うのだけれども。選挙期間に、赤いロゴで「DF」とした、ディフェンス・フォーラムという怪しい機関紙が、自衛隊の文書交換機能を使って回ってきた。防衛についての社団法人かなにかは知らないが、その中身は選挙運動そのもの。

 課長・係長と話して「業務中に、業務として回覧するのはマズイよね」ということにして、非公式に接受数の記録を取って、回覧しない経緯をメモして、当日のテレビと一緒にデジカメでとって、シュレッダーにかけた。シュレッダーに投入するところもデジカメで取っておいた。記録は複数作って封筒に詰めて封印して保管しといた。

 いまから思えば「DF」の一部も保管しておいたほうがよかったかもしれない。内容は、「如何に防衛省出身者に投票しなければならないか」を力説するもの。確か候補者は自民党×5(くらい)、民主党×1だが、防衛省職員1種あたりの連中が並んでいたので、見ただけでダメだと思った。

 そういえば、その「DF」総監部の自転車のカゴに突っ込んであるのも見たが、誰が突っ込んだのかまでは知らない。

 その選挙では、防衛省出身者は気持ちいいくらいに落ちた。そのあと、また「DF」が回ってきたが、これが傑作。運動員が隊員を逆恨みしているのだよ。「先輩であるOBが朝夕挨拶しているのに隊員は誰も挨拶しない」とかね。「こいつら世間とズレている」と思ったよ。

 まあ、当選するのは、陸の兵隊上がりのあの人位ではないのかな。兵隊として海外で活躍みたいな話で押し出して当籤したけど。あの派遣そのものも話題作りにしか見えない。その後の「右を取り込みさえすればいいだろう」という、節操のない主張発言について、防衛省前にある事務所を見るにつけて嫌悪感をもったものだ。

 陸自は政治志向がある。60年代ころから「陸より海空だろ」という風潮に危機感を抱いて、政治力を伸ばそうとしている。85年の朝日新聞「海空重視論が急浮上」※ では、自民党防衛族でももともと海空重視論がコンセンサスであり、それが表面化しただけである。それに反発した陸自OB議員が陸自に政治力が必要云々の話が出ている。

 とはいえ、兵隊上がりも、出ても参議院で一人がいいところではないか。例の議員も改選だが、自民が強いから当籤するだろう。だが、海外旅行は10年近く前で、神通力も落ちている。だから、前回の得票25万、党内6位の位置からは滑り落ちるんじゃないかね。

 むしろ、自衛隊が選挙で強いのは地方議会か。地元で長くやった准尉・先任クラスは強い。部下の親父がそれだったのだが、トップ当選だったとのこと。先任クラスなら、隊内の有権者はみんな知っている。自衛隊があるようなところは、概ね人口も少ない。あの横須賀、呉でも急速に人口が減少している。そういったあたりの市議会町村議会なら、自衛隊票で勝てるだろう。

 まあ、コレが首長になると難しいのだが。



※ 「海空重視論が急浮上」『朝日新聞』(朝日新聞,1985.9.29)朝刊 p.2
2013.07
05
CM:4
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 中国でも陸軍から海軍への転換をしているのに、日本ができないのは何事なのだろうか?

 アジアでの軍事力整備は、海軍に焦点が絞られている。各国とも、海上交通や海洋権益確保がメインになっている。そのため、海軍力を増やすことに躍起になっている。

 海軍力を増やすには財源がいる。

 国防費を増やすことは難しい。どこの国も、対外強行派や愛国者面がいて、軍隊の御用聞きみたいな発言をしながら「国防費は増やすべきだ」というのだが、その金を都合する方法なんかありはしない。

 だから、普通は陸軍あたりを整理して、海軍に振り向ける。それは中国でも同じである。

 今月の『鏡報』に水石さんの「中国陸軍番号的秘密」※ がある。今まで中国は、解放軍部隊については秘匿のため番号を振っていた。戦争中の日本でやったように、第39集団軍を65321部隊と呼ぶ方法である。その中国が、公開の場で本来の部隊名を使うようになったという記事である。※※

 ただし、記事で興味を惹かれるのは、人民解放軍での陸軍整理の歴史である。解放軍は、建国以来の70ヶ軍を段階的に縮小し、18ヶ軍にしたとしている。1949年から82年まで15ヶ軍を減らし、85年の100万人軍縮で8ヶ軍、97年の50万軍縮で2ヶ軍、2003年の20万軍縮で4ヶ軍を減らした。並行して、4ヶ軍を海軍、6ヶ軍を空軍、3ヶを第二砲兵、3ヶ軍を公安、7ヶ軍を建設部隊に振り分けている。合計減少数は-52ヶ軍で、70ヶ軍から18ヶ軍体制に至った、と水さんは述べているのである。

 中国の場合でも、海空軍を増強や、陸軍の高度化のためには軍縮をしているわけだ。

 特に東アジアでは、各国とも陸軍が多すぎた。各国は自国防衛に必要以上の陸軍を抱えており、海空軍力は比較的弱体である。

 旧自由主義陣営は、アメリカの方針により陸軍優先とされていた。アジアの戦争はアジア人にというアメリカの方針により、陸軍建設を優先され、海空軍は米海空軍に依存すればよしとされていたため、海空軍は比較的少数となった。

 旧共産主義陣営は、数で圧倒できるという頭で、陸軍力を優先していた。海空軍は限定された能力で充分と考えられていたため、沿岸防備用程度に限定されていた。

 各国が海洋を重視するようになって、陸軍整理により、海軍への傾斜配分をしたのは当たり前の話だということだ。なんせ陸軍は余っており、海軍は足りないのである。それは中国でも、政治判断で行なっているのである。

 それを判断できないのは、日本くらいなものだろう。日本の硬直した体制は、陸を大幅に減らして海空を増やすという選択ができなかった。そのため、いまだに池田・ロバートソン会談以来の、無駄なまでの陸上戦力整備が続いているのである。

 かつての陸自18万人は、米要求10ヶ師団30万人のプランそのままである。対ソ・対中防衛戦を独自遂行するための10ヶ師団の戦闘部隊を揃えて、省ける後方支援を省いた体制である。日本の暴発を防ぐため、なるべく海空軍を持たせない発想もその背後にあった。

 その陸自18万人から15万人への定数切り下げも、殆どは陸自維持の発想である。18万人体制でも、常に実数は15万人程度であった。

 陸自・防衛省の組織維持で、海軍力、あるいは海空戦力強化は邪魔されているのである。意味のない陸自人員の確保に汲々としていると、海空強化は難しく、それだけでなく、陸自近代化の足も引っ張られるだろう。

 日本も陸自人員を一気に減らさないと、そのうち中国に負けるのではないかな。



※  水石「「中国陸軍番号的秘密」『鏡報』432(香港,鏡報文化企業有限公司,2013.7)pp.58-61.

※※ 水石さんは、その話ついでに、陸軍各軍の称も付している。
   北京の近所、河北にいる38集団軍なら「万歳軍」。
   上海近所の浙江湖にいる第1集団軍なら「一号軍」。
   13集団軍は「山中猛虎」だが、この13軍は中印紛争、中越紛争、カンボジア・ハイチ・アフリカでの平和維持活動、国内治安戦であるチベット平定、新疆平定、雲南省あたりかの西南剿匪に参加し、1968年の重慶治安維持が実績として揚げられている。
   第20集団軍は「蘆蕩火種」で、朝鮮戦争や対国府戦への参加で有名らしい。
2013.07
04
CM:0
TB:0
12:00
Category : 中国
 中国が中間線の向こうでガス田建設の準備をしているらしい。

 読売新聞「中国、ガス田新施設…官房長官『重大な懸念』」※ によると「東シナ海の日中中間線の西側約26キロ・メートル」「ガス田『樫』(中国名・天外天)からは北北東約33キロ・メートルの地点」でプラットホーム建設の準備をしているという。

 官房長官は『東シナ海の境界が未画定である中、日中双方の主張が重複する海域で、中国側が一方的に開発を進めることは認められない。』と述べたともいう。

 まあ、微妙な所でやってくれるなという話なのだが。それほど悪い話でもないのではないか。なんせ、日本が主張している日中中間線を中国は認めているわけだ。

 中国は、大陸棚主義を主張している。大陸から沖縄トラフまでは大陸棚になっている。大陸棚は大陸に属する。その大陸棚にある資源は、中国のものであるというのが主張である。

 しかし、今回の件では、日本側が主張している中間線主義を尊重している。ガス田が建設されようとしているのは、日中中間線から15マイルほど西側である。日本側が主張する領域を犯さぬように注意している様子を伺えるのである。

 もちろん、中国は大陸棚主義を放棄するつもりもない。読売新聞「ガス田新施設、中国は『非難される点ない』」※※ では中国の反論を報道している。それによると「[中国外務省の]華氏は『中国が中間線を受け入れたことはない』」と述べたとのことである。

 しかし、その反論の中にも、日本側主張への配慮が垣間見える。華さんは、「『中国は争いの棚上げと共同開発を一貫して主張している』」とも述べている。これは、日本側が懸念する、地下資源ストロー論にも一定の配慮をしたものだと言えるだろう。

 中国にも国際社会に配慮する動きがあるということだ。日本としても、中国の中にある、このような国際協調主義を後押しし、対外強行主義を抑えるべきなのではないかね。具体的には、政治主張棚上げ、金だして共同開発あたりに持って行くべきではないかね。ただ、今の政権は中韓に対して、無分別の対外強行主義だから、無理だろうけどね。

 この文章、3日の23時頃書いているけどさ、4日の12時に予定投稿される頃には、機械じかけの右翼や、それを鵜呑みにするネトウヨが騒いでいるのではないかと思うよ。連中は、なんにしても新中国のやることは全部侵略主義であると貶すだけなわけだ。その中に国際協調主義の動きがあったとしても、憤怒のあまりに見えないだろうし、見えても気づかないふりをするだろう。

※  「中国、ガス田新施設…官房長官『重大な懸念』」『YOMIURI ONLINE』(読売新聞,2013.7.3)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130703-OYT1T00536.htm?from=ylist

※※ 「ガス田新施設、中国は『非難される点ない』」『YOMIURI ONLINE』(読売新聞,2013.7.3)http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130703-OYT1T00955.htm?from=popin

※※※ もともとガス田ほかの東シナ海地下資源は割にあわない。共同開発して中国側で使うのが現実的な方法である。そのあたりはhttp://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-530.htmlで書いたとおり
2013.07
03
CM:0
TB:0
12:00
Category : 有職故実
 日本のタコ釣りでは伝統的にラッキョウを使う。あるいはラッキョウに似せた陶製の白い疑似餌を使っている。これが、オセアニアではネズミに似せるという。

 昔、ネズミが舟から落ちた、そのネズミはタコに助けてもらったが、陸に上がるとき、放屁をしてタコに悪口したという。それからタコはネズミを見ると追いかける。それを利用してという話らしい。

 この話は『季刊民俗学』46号にオセアニアの話として出ていた。だが、ググっただけでも他例が出てくる。「テイクオフ:タコ漁と言えば、タコツボ…[社会]」もサモアとしながらも同じ話である。イギリスの博物館にも、タコがネズミにもつ復讐心を利用した云々とされている。船だったり板切れだったり、海だったり川だったり、屁をひったり糞をしたりと細部は違っているが、略同じ内容である。

 採取地の差は余り意味は無い。特にポリネシアでの人類拡散は急速で、ここ3000-1000年の話で、サモアだろうがトンガだろうがマルケサスだろうが、同じ神話と略同じ言語をもっている。遠く離れたハワイ、ニュージーランド、イースター島で同じ漁具があり、その漁具について同じ伝承があっても何の不思議はない。

 ポリネシアは、サンゴ礁が発達している。環礁はそのままサンゴ礁であるし、火山島でも裾礁を有している。身近なタコ漁と、数少ない動物のネズミを結びつけたのが、この伝承だ。なんせ、ポリネシアには、人間以外の哺乳類は犬と鶏と豚とネズミしかいない。丸っこくて小さい塊に、タコが挑みかかるのを見て、タコはネズミを追うと考えたのだろう。

 いまでもポリネシアでは、タコはネズミを追いかける。だからタコが釣れるのだと古老は子供に教えるのだろう。
2013.07
02
CM:0
TB:0
12:00
Category : 有職故実
 国交正常化前、日中がピリピリしていた時期の話なのだが。中国が半ばリアルに日本軍国主義復活を警戒している。日本側は「憲法の制約」やら「自衛隊では戦えない」云々を言っている時期なのだが、その自衛隊に対して、中国はそれなりに脅威を感じていたらしい。

 『中共対日重要発言集』という冊子がある。外務省アジア局が定期的に出していた冊子だが、内容は中国側の対日報道を訳したものである。日本は新中国動向を注視していたものの、国交はないため、対日報道・発言を集める形で新中国の意向を推し量っていた。

 そのなかに鐘心青さんの「日本の軍国主義は米国の援助育成の下に急速に復活しつつある」※ が掲載されている。1961年人民日報の記事を訳したものであるが、自衛隊に対するその評価が興味ふかい。
将校が総兵力の中に占める比重は戦前よりも大いに増加している。これら将校のほとんど大部分は侵略の経験豊富な旧ファシスト軍人である。陸・海・空軍の三幕僚長は中国とアジアを侵略した「皇軍」の中堅分子である。少佐以上の将校うち、旧軍人は陸軍では50%、空軍では64%、海軍はついに95%以上を占めている。(p.192)
3年前にメモした内容なので、ここで終わっているのだが、その後に「大正時代、日本陸軍は今の自衛隊と同じ18万人であったが、その15年後には200万の大軍で中国を侵略した云々」とあったと記憶している。確かに、外見上、そう見えないこともない。

 もちろん、日本に軍国主義の復活はなかった。

 ただ、中国が傍から見て、そう見えたというのも事実である。新中国は、それなりに自衛隊を恐れていたのだろう。もちろん、統一され、堅固に団結した新中国は、かつての弱い民国ではない。しかし、それでいても自衛隊を通じて、かつての日本軍を見つけたのだろう。

 60年代の新中国は四面楚歌である。米軍施政下の沖縄は中国本土、特に長江デルタにつきつけられた匕首である。対中国用の核ミサイルとしてメースも配備されていた。蒋介石が元気な台湾も、大陸反攻を口にし、内戦中なので平気で大陸に偵察機や特殊部隊を送りつけている。インドとは国境問題で衝突している。ソ連とも関係が悪くなりつつある。その衛星国モンゴルは、急速に対中軍備を整えようとしている。

 日本自衛隊も、新中国にはそう見えたということだろう。岸信介、池田勇人、佐藤栄作の時代である。日本は米国の従属国に見えたことは間違いない。「日本が米国の手先となりいざ事が起きれば攻めてくる」という感覚は「モンゴルがソ連の手先となりいざ事が起きれば攻めてくる」と同じくらいにリアリティのある話だったのだろう。

 その時代背景から見れば、鐘さんが記事で書いたことが、当時の新中国にとって気持ち悪いことであったことも頷ける。「将校の比率が異様に多いのは、戦時に極端な大規模動員を計画しているから」であるとか「将校団の中身は旧軍と変わらない」といったあたりは、プロパガンダはあるにせよ、新中国にとっては脅威でもあったのだろう。なんせ、日本による中国主要部の占領から、まだ15年しか経過していない時期なのである。



※ 鐘心青「日本の軍国主義は米国の援助育成の下に急速に復活しつつある」『中共対日重要発言集』第七集(外務省アジア局中国課,1962?)p.184- 
2013.07
01
CM:3
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 横須賀とか厚木なら当たり前なのだが。ナンバープレートのひらがなが、Y、A、Eは気をつけないといけない。Yが小型・普通自動車、Aが軽自動車、Eが8ナンバーに該当する。これは在日米軍軍人軍属やその家族の私有車なのだが、ぶつけられてもぶつけても面倒この上ない。話は通じない上に、へたすると被害者を加害者だとか言い出すのがいる。補償も、自賠責は入っているものの、任意保険は怪しい。そもそも高年式の整備不良でも気にしないので、周りを巻き添えにする可能性もある。

 同じように米軍公用車もアテにならない。米軍公用車だが、日本人がハネられるとか、運転している車がぶつけられる事件はしょっちゅう発生し、重篤なものや公務認定が怪しいものはたまに報道される。

 公用車は日本ナンバーとは全く違ったプレートで、USNとかUSAFと書いてある。車は米国産やら日本車やらいろいろある。江田島の秋月弾薬庫で、興味本位で中を覗いていると軽トラが尾行してくるが、それも米軍ナンバーだった。

 いずれも、運転が荒いとかそういう問題ではない。ぶつけられた後の交渉が面倒な上、まともに補償されるかも怪しいということだ。任意保険ではなく、基本的に裁判ベースになるので、補償額をガツガツ削ろうとする。しかも、相手に違反行為があっても刑罰がゆるゆるで腹が立つ事この上ないという問題がある。

 これなんかいい例だ。「民間女性同乗も『公務』 防衛省、米軍人の追突事故」http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062501002690.htmlとあるが、これでも私用上の事故扱いしない。米軍公用車にぶつけられると損だということだ。米軍も、基本的に占領軍という頭のままなのだろう。女乗っけておいて公用とは良くも言ったもので、このようにあんまりなことをすれば、駐留軍の評判も悪くなる。米軍は治外法権意識で身内を庇おうとする。防衛省も外務省もそれに追従する。

 平時の車輌運行については、公用でも「全て日本側裁判権で処理」とかにしないと、いつかまた火種になる。だが、それまでは逆に権益が保護されるので、ノウノウとしているのだろう。

 実際には、米軍関係だけではなく、自衛隊車両も怪しいものなのだがね。自衛隊ナンバー車両は、任意保険どころか、ほとんど自賠責にも入っていない。ぶつけた部隊の責任者あたりは「国が責任を持って」というが、実際には結構被害者に酷になっている。

 自衛隊車両での事故補償は防衛省の金を使うので、直ぐに払われないし、額を露骨に値切ろうとする。自賠責ではないので、そのあたりがメンドイ。実際に、請求されるまで払わない、裁判まで払わないとか、損害額を極限しようとする。基地や駐屯地ごとにいる損害賠償専門官(これは事務官)が、ガツガツの値切りを試みる。普段は仕事も無いから、やっていますアピールなのだろう。

 これも昔、空自大湊でエライ問題になった。自賠責がないので支払われず、自衛隊も金額を裁判で争ったので直ぐに保証金を渡さかなかった。その支払は事故から15年後という始末。被害者も酷い目にあったのは当然だが、当該車輌の運転手やその上司もいたたまれなくなったという。自衛隊は、それで落とさなくても良い評判を落としている。戦車や航空機の牽引車はともかく、基地外の一般道路を走るマイクロバスや乗用車※ の類は、全部自賠責に入れといたほうがいいとのだけどね。



※  乗用車のごく一部が、例外的に自賠責に入っているらしい。
※※ 自衛隊官用車で、交通違反のたぐいも、話としては聞いたことがある。まず自分の免許限りで止めるので、上は知らない。だれが幸せになる話でもないでの、上司として聞いても聞かないふりをする。警務隊にしても、青い切符でもなければ警察でチェックしない。多分、青い切符でも、警務隊のオトツァンも、見ても見なかったふりをするのだろう。常識的な範囲内で、二回目三回目でもないかぎり問題にすることもない。このあたり、当然、指揮官クラスは知らない。うっすら気づいているのはいるかもしれないが、過半は全くご存じない。そもそも車両運行の仕組みなんてご存じなく、自分の部隊は規律厳正で精強な自衛隊だと思っているからそのような可能性は思い至らない。
   まあ、運転手もピンキリなので、まあ自衛隊車両も安心できないということだね。