FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
09
CM:0
TB:0
12:00
Category : アニメ評
 山口県の例の事件のせいで、8月13日放映予定だったバッド・エンド・ルート最終話「俺の桐乃を返せ」が放映されないようです。

 携帯の基地局に火を放ち、変電所にアルミニウムのチャフをばら撒き、LEDランプを頭に縛り付けて「桐野を返せ、俺の桐野を返せ」と叫びながら夜の街を徘徊する京介の姿が見られないのはナンですな。親爺との一騎打ちのはずが、真奈美の加勢で…といったあたりは、小説版をよんていない人にはネタバレですか。



 まあ、大概コミケの前は余計なことを考えるもので、まえがきとあとがきは大概寸前に思いつく話をそのまま書いているだけなんですよ。たとえばねえ、「映画版『牡丹灯籠』の主題歌が、かまやつひろしというのはどうだろうか。下駄を鳴らして奴が来る恐怖感は、全くのホラーだろうよ。」みたいなくだらない文章ね。

 今のところ、リアンダー級とノックス級の比較本が今日中に印刷・製本まで持っていけそうです。あわよくば、明日に、職場での神道祭祀のやり方参考資料の折本※ も狙おうかと考えております

※ …神酒は甕上高知甕腹満並て鰭の広物鰭の狭物奥津藻菜辺津藻…みたいなやつです
2013.08
08
CM:0
TB:0
12:00
Category : コミケ
 毎度毎度のことながら、どーにか新刊ができまして、とりあえず製本に入りました

新刊

 当日には、先に作ったパンプを含めて新刊は最低2種、できれば3種持ち込めると思いますので、コミケ見える方はよろしく。

 11日(日曜日)Q-06b、隅田金属ぼるじひ社

です
2013.08
08
CM:1
TB:0
11:59
Category : 有職故実
 コンビニで見知らぬ子供が宿題の話をしているのを聞くとはなく聞いて思い出したのだがね。

 中学校の時、夏休みの宿題で毎回、「リンカーンは奴隷解放のため」って読書感想文書いて表彰される娘がいた。当時でも「媚を売ってんな」と、今の己であれば「無難に攻めたね」って感じの観想文だったよ。

 で、主張そのものにも胡散臭さを感じていたのだがね。当時は胡散臭いことは分かっていても、何で胡散臭いか、あるいは、どう胡散臭いかを説明できなんだ。

 しかしねえ、この歳になると、漠然とは分かるよ。全体を見ない、誰も反対できないキレイ事並べた個人顕彰をしているところの浅知恵を、胡散臭く思っていたわけだ。それを言って自分が褒められようという動機も気持ち悪けどね。

 今なら簡単に馬鹿にできる。もちろん、リンカーンを馬鹿にするつもりはない。その尻馬に載った、郷原のような発言を馬鹿にできるという意味だ。

 「リンカーンは奴隷解放のため」っという娘っ子の発言は、「東條首相はアジア諸国民の解放のために大東亜戦争を・・・」という頭の悪い発言と、基本的に同じだろうと茶化せるね。

 「戦争の極一側面だけしか見ていないだろう」とも言えるね。南北戦争は、南北それぞれに主張と、利害の対立があった。奴隷解放問題は、大きなものであったが、あくまでもその一側面に過ぎない。

 そもそもリンカーンは、奴隷制を終わらせるために内戦をやったわけじゃないとも言うよ。内戦は南部の離脱を阻止するために始めたわけだ。そして南部が離脱しようとした理由も、州の権限が云々があった。

 嘘か真か、北にも奴隷州があったという。確認していないのでなんとも言えないが、そうだとしたら、戦争を始める理由としては、MU-JYUN・矛盾でありGIMAN・欺瞞じゃないのかね。

 それを真に受けてヨイショするのは、太平洋戦争での東条曰くのアジア諸民族解放とドッコイドッコイじゃないかと。実態はABCD包囲陣キツイ、資源が欲しい、南進ということだけれども、言い様によっては「アジア植民地を解放する」といえないこともない。まあ、解放した植民地は、日本が美味しく頂きますよ以外の何物でもないけどね。

 娘っ子の主張については、東条を避けるなら「『李承晩は自由主義普及のため、停戦には同意しませんでした』と主張するのとも同じなんだろうね」といってもいいか。

 何にしても、誰も反対できないだろうキレイ事を振り回す連中はねえ、今思い出しても馬鹿馬鹿しくて、茶にしたくなるよ。



コミケ前で忙しいので、昔のMIXI日記2012年10月08日を転載しましたよ
2013.08
07
CM:0
TB:0
12:00
Category : ミリタリー

 「海上自衛隊:新型護衛艦は『いずも』横浜で進水式」http://mainichi.jp/select/news/20130807k0000m040089000c.htmlだけどね。「広島原爆の日に[進水]式を開いたことに海自は『大潮で大安の日を選んだ結果』と説明」というのも取ってつけた理由だろうよ。

 進水は、まず工程表に従う。前倒しが難しいのと同様に、後送りもできない。ドックを長く占有するのは損失に繋がるためだ。

 ただし、フネがフネなので騒がれたくない。お祝いしてもらうならまだしも「これ空母なんじゃない」※とか「建造費が幾らで」みたいな話はなるべくお断りしたい。そのためには目立たない日にするのが一番である。

 そうなると、8月6日じゃないのかね。8月には、6、9、15日間がある。間違いなくその日には、進水式はトップニュースにならない。

 ただ、15日は避けたほうが安牌である。一連の終戦関係ニュースに関連付けられる可能性がある。

 残り6日、9日であれば、前者になるだろう。6日にやる広島原爆の記念式典は、その夏最初であるため、長崎よりも脚光を浴びる傾向にある。その分、進水式のニュースが無難に扱われる可能性が高いからだ。

 海幕もそれくらいは考えるだろう。逆に、その日にする理由なんて後付である。進水も、ドックに注水するだけの話である。昔みたいに船台で滑りおろすわけでもない。大潮はあまり関係ない。大安も、6日の広島忌を見てみたら大安だっただけの話だ。

 まあ、工程表と進捗を見て、総務あたりと詰めて、面倒起きないように原爆忌にやってしまおうと決めた話だろう。行事の計画線表に載せて決済もらうときにも、その辺りは、口頭でしか言わない。メールはともかく記録なんかとらない。だから、回顧録かなんかで書いてくれないとわからない話だけどさ。



※ 空母が欲しくて空母みたいに作っているから空母でいいんじゃないのかね。「おおすみ」から「いせ」に至るまで昔「国民の目を慣らさないとね」という話があったともいうし。まあ、対抗心もった中国が空母建造に金を費消してくれればそれでいいんじゃないのかね。
2013.08
06
CM:0
TB:0
12:00
Category : コミケ
 仮題『中国海軍は第二列島線に進出できない』
 ・ 海軍予算にある限界(コスト単価と海軍予算増額の限界)
 ・ 海軍力増強のパラドックス(建艦競争、軍事協調、経済的孤立)
みたいな内容です。表紙ほかはできていて、推敲の段階なんですけどね。

で、その中身

中国海軍1

中国海軍2

中国海軍3

 中国国防費中での中国海軍への傾斜配分についての説明部分の別表です。予算配分額は公表されていないのと、年度ごとで連続で推計していないから、ミリタリーバランスで人員と装備からこういう傾向にあるよということです。戦車と艦艇と戦闘機をならべたのは、表象としてであって、別になんでもいいのですけれども。

 こんな感じで、中国は海に重点配分しているわけです。

 しかし、その中国から海での挑戦を受けている日本が、陸海空配分比が硬直しているようじゃダメですね。どうでもいい戦車や野砲よりも、海軍力に金ブッこまないと海軍力でのアドバンテージを維持できないのですけどねえ。
2013.08
05
CM:3
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 商船は護衛されると攻撃目標になるのだがね。そのあたりで国際法をご存じないのが、だよもんさんなのだろう。

 だよもんさんは、独航商船や民間航空機は護衛されないので危険であると述べている。
だよもん3等兵 ‏@V2ypPq9SqY
実際、自衛隊か在日米軍が組織的な護衛した組織的な避難船団なり航空機でも無い限りおとなしく家にいるか避難所なりに避難してる方が安全だと思うが。
2013年8月3日 - 5:42
https://twitter.com/V2ypPq9SqY/status/363640949055815680
戦時に日本から海外に向かう船舶、航空機を指していることは、その前のツイートから明らかである。

 しかし、むしろ護衛された商船や民間航空機にあるリスクを承知していない。この点、国際法に対する無知を示すものである。

 戦時国際法では、商船や民間航空機は保護されている。商船や民間航空機で攻撃目標となるのは、軍用あるいは戦争遂行努力に含まる商船、軍用として用いらていることが明らかな航空機に限定される。

 そもそも、独航商船が攻撃される蓋然性は相当に低い。特に話題となっている、客船のような民間人員輸送に使う船舶は、明確に保護されている。この点は、既存の成文・慣習の国際法を整理したサンレモマニュアル47条でも、客用商船への保護は明確にされている。それを攻撃する無制限潜水艦戦は相当にやりにくい。また、保護があっても、商船側も無闇に戦闘区域を突っ走ったりはしない。特に戦闘区域から民間人を脱出させるときには、普通の商船を無闇に突っ込ませず、安導券や人道用船舶を使う。

 航空機も同じで、攻撃されることはまずない。民間航空機は、攻撃対象にならない。(同53) 戦闘区域以外では、保護を期待してよい。戦闘区域ギリギリに飛行したり、間近で戦闘区域に向かう針路を採らない限りは、まず危険性もない。仮に民間人脱出のため、戦闘区域に入るときには医療航空機に準じた扱い(合意した安全コースや安全高度からの進入)を受けられるように調整する。そうでなければ、民間人輸送で戦闘区域に入るような真似はしない。

 ただし、商船や民間航空機は、軍隊と帯同しているときは、保護は受けられず、攻撃目標となる。艦隊と陣形を組んでいる商船や、軍隊による護衛を受けている商船・航空機は、攻撃目標となる。サンレモの48条は、艦隊陣形に含まれる船舶は保護の権利を失うとする、それまでの一般的な国際法解釈を条文化したものである。理由としては、商船・民間航空機が陣形内にある、あるいは護衛を受けている場合には、攻撃対象と保護対象を容易に峻別できず、保護される行動に従事していることも確認できないためだ。

 つまりは、だよもんさんは全く国際法を理解していないということだ。独航商船や民間航空機は護衛されないと危険であるとする主張は、むしろそちらのほうが危険であることをまったく気づいていない。

 結局は、無防備宣言や、戦車無用論や、徴兵制狩りに忙しいので不勉強だということだ。だよもんさんや、そのお仲間は、左派的な匂いに嫌悪感を感じているため、その手の発言を「非現実的である」と、身内の中で論破しようとする。しかし、あまり勉強していないため、その理屈がオカしいことに気づかない。まともな兵隊なら、陸海空での攻撃目標と攻撃してはならない対象くらいは知っているものだ。

 だよもんさんが、仕事で使う国際法に無知であるのは、頂けない。商船や民間航空機への保護は、部内通信教育での国際法や、『陸戦研究』の国際法部会の記事、CGSの受験対策で幾らでも出てくる。しかし、だよもんさんは商売で必須の勉強しないで、無防備宣言や、戦車無用論や、徴兵制に論難して勝つためための言いがかりだけを勉強している。まずは、職業人としての自覚は疑われてしかるべきだろう。だよもんさん自信が示唆しているA幹1課程、陸式でいうBとしての役割は果たせないのではないかな。
2013.08
04
CM:0
TB:0
15:30
Category : 未分類
表紙出来というとです。
まだ本文に差し込む図版等はできてないんですけどね。
夏コミ、11日(日曜日)Q-06b、隅田金属ぼるじひ社で頒布の予定

2013年夏コミ表紙

写真は米海軍写真を、条件を満たし利用している。indd→EPS→PSD→JPGなので、色味が変なのは御勘弁
本刷はもっとスッキリした色にしてます
U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Ben A. Gonzales / RELEASED.
2013.08
04
CM:1
TB:0
12:00
Category : 有職故実
 沖縄で戦死した島田叡知事のドラマをやるという。TBSの「土曜ワイド ラジオ東京」で特に周知していたが、いいドラマとなるのだろう。宣伝を見ると、外見は本人写真よりも美化しているように見えるhttp://www.tbs.co.jp/ikiro2013/が、そういうものであることは仕方もないものだ。

 島田知事は沖縄戦を前に死ぬために送り込まれた戦前最後の地方長官で、前任者の下で低下した民意を暢達した。返還前の沖縄でも尊敬された人物である。戦後、沖縄が日本軍部には厳しい感情を持ったものの、日本政府への極端な反発に至らなかったことには、島田知事の業績が大きく影響しているだろう。

 内務省、元兵庫県知事の金井元彦は、『大霞』で島田知事について次のように顕彰している。
沖縄に赴任してからの活躍ぶりについては、いまここで詳しく書くまでもないだろう。爆撃によって分散していた役所を1ヵ所に集めて、まず非常体制を確立し、逆に老幼婦女子の疎開を積極的に進めた。底をついていた食料確保のため、赴任早々みずから命がけで台湾に飛び、約一ヵ月がかりでこの話をまとめた。また、在庫の酒、タバコを全て分配して娯楽を解放、陽気な村祭りもすすめた等々、当時の沖縄の極度に緊張した情勢を想像するだけでも、これらの行政措置の一つ一つが容易でなかったことが分かる。
『続 内務省外史』(地方財政協会,1987.11)pp.505-506.


 内務省は、沖縄戦の準備として、疎開等できるだけのことをしようとしていた。エースとして島田知事を送り込んだこともそうだが、疎開でも相当に熱心であった。疎開は、防空法に基づく民防空の一部として、内務省防空総本部が管掌していた。沖縄県民42万のうち、招集する壮丁5万を除き、残り37万を沖縄から九州、台湾に疎開させる計画であった。輸送は沖縄への軍需輸送の戻り船を利用する予定であった。

 疎開そのものは、成功したとは言いがたい。記録は失われたが、推計で10万人、九州に8万、台湾に2万にとどまったと言われている。これは、「敵侵攻正面は台湾であり沖縄ではない」というデマや、老人の「死ぬなら先祖の地で死にたい」といった言説、対馬丸被雷沈没の噂によるものといわれている。また、島田知事の前任知事が、内務省方針に対して消極的であったためとも言われている。

 だが、戦後の沖縄で日本政府への信頼が極端に失墜しなかった原因としては、内務省ほかの施策と、それを実行した島田知事の采配は大きく影響している。

 また、戦後の日本も沖縄には可能な限り篤くしていた。沖縄を「本土決戦の時間稼ぎ」として、捨石として使ったことへの申し訳なさ、そして「やる」といった本土決戦をやらなかったやましさがあった。返還前からの援助については池宮城秀正さんの「琉球列島における復帰運動の高揚と 日本政府援助」に詳しい。

 しかし、時代は降って沖縄を見捨てたことを知らず、申し訳なさや、やましさをを感じなくなった世代が増えた。歴史的経緯から行われていた沖縄援助に異を唱えたり、安全保障上の面倒を全部押し付けていることを当然と言い出す元気な人が増えた。

 それでは、沖縄独立論が強くなるのも仕方もない。今は政治的に無視してもいい水準である。だが、差別的な取り扱いから、沖縄人のナショナリズムは刺激されている。諸外国での独立運動の初期段階に近い。歴史を知らない元気な人は、基地収益がないと経済でやっていけない、米軍基地がなければ中国に飲み込まれるような言説で独立論を馬鹿にしている。だが、経済的不利益があっても独立する国は独立する。実感できない中国の脅威よりも、体感レベルにある米軍基地問題や日本政府の基地押し付けに強く反発するには人の情である。

 沖縄には、再びケアをすべき時期ではないのか。とりあえず、オスプレイを一時でも下げさせ、海兵隊に国外に引越すように調整すれば、しばらくは凌げる。とりあえずの弥縫策でもしなければ、沖縄人のナショナリズムが高揚し、日沖関係がおかしくなる。そうなると今以上に面倒になる。利益不利益での下世話な話にしても、沖縄においた自衛隊や米海空軍基地の維持運用に差し支える。そうなると、中国とのゲームでも困るだろう。

 島田知事の顕彰は今以上にすべきではないのか。沖縄に対して日本政府がケアをしていたことを強調し、内地に対しては沖縄に負った歴史的負債を認識する。その意味で、ドラマを放映するのは、結構な話である。元気の良い人は、大田司令官を顕彰するが、後世格別のは無視する傾向にある。しかし、戦争で頑張った人は兵隊だけではない。沖縄戦で頑張ったのは、大田さんも牛島さんにも同じだが、最高の業績を挙げたのは兵隊ではなく、地方長官としての島田知事にあることを示すべきである。
2013.08
03
CM:0
TB:0
23:07
Category : 有職故実
 コミケ作業中なのだけど、ニュース見て不図ね。

 「東日本大震災:気仙沼から流された漁船、福井沖で発見」なのだが、これ、船舶放棄で揉める話じゃないのかな。

 船舶が破船した時の制度なんだが、船主がコスト的な理由で船舶を回収できないときに、国際慣習で船舶放棄を認められている。船主は、最悪で船舶分の価値を捨てるだけで責任を追わないで済む慣習。

 今回の漁船、海洋での回収費用は海保から請求はされないと思う。遭難者ではないが、天変地異による流出であり、通常の管理はしていたので、持ち主に責任をはない。海で回収して、港に運ぶまでは無料だと思う。

 しかし、港からの費用は揉めるんじゃないのか。敦賀海上保安部から気仙沼までの輸送費はどうなるのかね。海保は「取りに来い」で終わり。持ち主は、多分「あのフネにそんな金は出せない」となる。海保としては「じゃ、処分してくれ」になるのだが、処分費用もタダではない。10万近くする。そもそも、気仙沼から敦賀に行くのもカネがかかる。そうなると、海に流れた後は諦めていた、要らないから好きにしてくれじゃないのかね。

 その時に、国内法規では船舶放棄できるのだろうかね? 国際法では可能だけど、国内法で適用された話は聞かない。そもそも、それができるなら、FRP廃船は処分されているだろう。まあ、しつこくリクエストが来ると思うよ。なんせ持ち主がハッキリしてしまったわけだから。持ち主不詳ならどうとでも処分できたのだけどね。

 持ち主からすれば「余計なことをしてくれた、金が出て行くだけ」じゃないのかな。いやまあ、誰が悪いわけでもないのだけど。一等良かったのは、沈んでしまうか、沈めてしまうかなのだが、後者も持ち主があるとできない話であるよ。

 まあ、世の中は難しいということだ。
2013.08
03
CM:1
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 「勝手に海外旅行をしたらダメな国家公務員…夏休みシーズンなので要注意」読んで気づいたことだがね。
 自衛隊だと海外渡航制限の上に、最初から行先に制限が付いている。中国と北朝鮮とロシアはダメというそれ。

 自衛隊の海外渡航申請は、昔と違って簡単にできる。前は面倒この上ないので、黙って行ってしまえという話になりやすかった。海外旅行が高価で少なかった時代の名残で、海幕長決済かなにかになっていたわけだ。申請から許可までどれくらい時間が掛かるかわかったものではない。だから、3泊4日程度なら、内々だけに話して行ってしまうようになっていた。しかし、イージスお漏らし事件で無断海外渡航が問題になり、簡素化された経緯がある。

 その、簡素化の説明会に出席したのだが。「中国、北朝鮮、ロシアはダメだと予め説明しとけ」と言われたよ。もちろん、原則であって、奥さんが中国の人なら中国に行く許可は下りるだろう。そういう人は結構いる、なんせ海幕にもいた。他にも、中国とかロシアも、トランジットなら大丈夫だろうと思う。でも、メンドイから聞かなかった。当時、己はそれどころではなく忙しかった。部下あたりがそういうことを聞いてきても、オマエが確認しろ尋ねればいい話だからだ。

 ただ、目的はなんでもいいらしいというのが意外だった。行き先だけをしっかり書いとけば、目的は漠然と観光でも構わないとのこと。その後、実際にフィリピンとか、タイ、インドに行った連中を見たけど、メンツ見て何しに行くのやら思ったよ。アッチの件では、今は抜き打ち検査もあるから冒険しないだろうけど、夜の方向で大暴れみたいなのが目的じゃないかねと。

 まあ、ソッチの大暴れは、自衛隊的には無問題だからねえ。ホモソーシャルな社会なので、健全でない遊びで放蕩しても、偉い人も何も言わない。体育会系大学校あたりの人だと、男らしい大物を気取りたいので、行け行けとかよく遊べとかいう。

 でも、組織が敵視する中国は、どんな健全な旅行でも目を三角にしてダメだというのだろう。世間体的には、パックの上海3泊4日とか北京3泊4日の方が、いいだろうけどねえ。

 そんなに危険性は無いと思うよ。オトモダチになってしまうのは、日本国内でも十分可能。女郎買で脅される可能性も、フィリピンやタイでもありえるんだよね。そのあたり、過剰な仮想敵国視と、組織の方針に忠実な事大主義だなあと思ったよ。
2013.08
02
CM:11
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 米空軍が民間燃料を使うというニュースがある。これこれなのだがね。高い軍用統合燃料JP-8から、民生用のJet-Aに切り替えてみましたという話。

 JP-8もJet-Aも、基本的には、同じ燃料なので何も起きない。普通にエンジンは回るし、普通に飛ぶ。凍結防止剤ともう一つを添加したとあるが、これも特に必要なものではない。民間機はJet-Aのままで高空で飛んでいるし、ICAOも問題にしていない。

 別にJet-Bでも、JP-4でもJP-5でも、何も起きない。陸空自衛隊機、海自機、海保機、米軍機は、他所の基地や艦艇で燃料を貰うことがあるが、燃種が切り替わっても、さらにタンク内でコンタミしても、何も起きない。

 それらの航空燃料が混ざっても、何も起きないのは当たり前の話だ。それ以上に異質なバイオ燃料を半々にしても問題が起きない。米軍は実験でバイオ燃料を半分混ぜてもホーネットは運用できるとしている。ICAOも、バイオ燃料については、カロリーと粘度と凍結温度を確保できれば、半分まで混ぜていいとしている。バイオ燃料でもOKなのに、それ以上に高性能な本物の航空燃料が混ざったところで問題が起きるはずもない。

 前に、へぼ担当さんは、海自がC-130Rを導入するのは、JP-5対応エンジンであるためと断言していた。通常のC-130はJP-4なので、海自が使うJP-5を入れると壊れるとも言っていた。

 その後、己の主張「『ガスタービンは燃料を選ばない…』と公言なさっていた人物がいるが、モノを見ているのか?と小一時間。」[JP-4とJP-5混交利用を]「長期使用をしていると、それらに応じて様々な課題が出てくる。」と意見をいただいたのですが、実際にJP-4とJP-5の併用やコンタミで発生する問題について回答を頂けなかったのが残念でした。

 さて、へぼ担当さんは、米軍がJP-8をJet-Aに切り替えたことについて、危険性を指摘するのでしょうかね。前にご意見いただいたように、[米空軍は]「モノを見ているのか?と小一時間。」と米空軍を啓蒙するべきなんじゃないでしょうかねえ。…まあ、「官のやることは無謬」って発想だから無理だろうけど。
2013.08
01
CM:0
TB:0
22:58
Category : 有職故実
 新しい技術を否定したい願望なんだろうね。

 「子供に深刻な健康被害も 『ネット病的依存』に専門家警鐘 骨や血流に影響も」なんだが、調べる方も、報道する方も「ピコピコなんかやってないで外で遊べ」って価値観が先に立っているんじゃないのかね。

 まああれだ、子供に携帯電話与えると、体や精神が倫理が悪くなってとんでもないことになるという「携帯電話から小中学生を守ろう勉強会」と同じだろ。

 新聞ができたときにも、子供に新聞を読ませるなという話があったという。おそらく、郵便でも、電話電報でも同じようなバックラッシュはあったのだろう。

 一番好きな話は、汽車かね。「30km/hも出てしまうので、その風圧で人間が息ができないので死ぬ」みたいな話を思い出したよ。
2013.08
01
CM:0
TB:0
12:00
Category : 有職故実
 海関係の仕事をしていると、食事は闇も含めて融通無碍で提供されるものだ。

 名は秘すが、どこぞの海上保安本部に調整で行った時に。廊下に飯缶が置いてあったよ。飯缶とはバッカンと読み、麦缶とも書く。配食で使う、まず1斗缶よりも大きな手提げ付きステンレス密封容器。飯だけでなく、おかずも、汁物も入る。

 多分、海保の闇給食なんだろう。海上保安本部の直ぐ脇には、巡視船が泊まっている。推測だけど、飯缶購入の趣旨は、兼ねて乗員指定された人間が、飯だけを庁舎内で食うためのものかもしれない。まあ、もちろん、乗員指定していない人間も日常的に食うだろうけどね。

 海保も、職員はみんな顔なじみだから、ケチなことはしない。小さい組織で、大概みんな知り合いで、学校では同じ釜で臭い飯を食っているわけだ。巡視船の給養も、頼まれれば、あるいは頼まれなくとも、乗員以外のみんなの分も作るだろう。20人分も60人分も、作る手間には大差はない。調理のための燃料費なんか微々たるものだ。

 材料もどうとでもなる。材料支給されるときに、少々多めにもらうとか、別に金を取って、それで増やす方法もある。フネの飯は、不味くない。フネには他に楽しみもない。メシマズな給養員は存在しない、いても、さっさと陸にでも揚げられて経理員にでもジョブチェンジする。フネ飯は、間違いなくシャバの300円弁当なんかよりも豪華で味も間違いない。闇食費として毎回100円200円は払っても、損をするものではない。受ける方も、感謝の気持があるので、悪い気もしない。そのあたりは、庶務あたりが仕切れば、フネも、庁舎もどっちにとっても悪くない話に出来あがる。感謝の気持で、業務で沖縄に出張とか、東京で研修を組んでやれば、官費旅行で喜ぶ。

 海自も変わらない。流石に庁舎に飯缶はない。しかし、艦艇に仕事があって行けば、なんだかんだでタダ飯食っていけと言われる。要は闇給食だね。士官室の会食は、ペース見ながら食べないといけないのでメンドイのだが、厚意も無駄にできない。規定上、缶詰メシ携行で行った営内海曹士も「そんな冷えたものは食うな」と怒られると言っていた。科員食堂で、若いから腹いっぱい食えと、からかわれながら超大盛りでも食ったのだろう。「ルー大盛りカツカレーに、エキストラでカツ2枚載せ」みたいなヤツね。

 海自が海保と違うのは、陸上部隊に給養が居ることか。だから、陸上部隊でも闇でロハ飯にはありつける。よその部隊に公用があって行けば、なんだかんだで闇官飯は振舞われる。名目は「残飯喫食」ともっともらしいが、普段から少し多めに作っているし、お客さんの来る予定があれば最初からその分を作る。まあ、タダ飯食うのも気が引けるので、売店の食堂で食おうしても、場合によっては最初から「今日の昼飯は用意してある」「わざわざ食堂なんか行くな」ということも珍しくない。特に、その部隊からの頼まれごとで行くとなると、航空増加食だったか、パイロット他用の増加食、アイスのたぐいが一品付く最高待遇もあったよ。

 海系の仕事だと、なんだかんだで飯はついてくるということだ。闇飯、闇食品は、官だけではなくて、民からも貰ったことがある。怒られに行ったはずなんだが、食っていけ、持っていけは結構あった。見える所では、年寄りの苦情にしおらしくしていたし、そのあとでも年寄りのいうことを御尤も聞いてやっていたからなのかね。もちろん、メシを断るのも失礼。その場限りで、どこの誰からとも、誰にも言えない話だったけどね。
2013.08
01
CM:1
TB:0
00:30
Category : ナショナリズム
 サッカーの日韓戦で、政治主張が云々の話をしているのだが。

 どうでもいい話ではないのかね。何も官房長官が出てくる話でもない。※

 まあ、サッカーの国際試合なんて、試合の中身よりも観客や視聴者がナショナリズム高揚の場所なんだから、暴力以外なら、応援席は何でもありにしたらいいだろうよ。

 好きなだけ互いに罵り合う場所でいいんじゃないのかね。だいたい、サッカーも労働者のスポーツで、ポロやクリケットみたいな高尚な趣味でもないだろ。日本も言いたいことを横断幕で伝えれば良くないかね。「請求権は解決済み、2回も3回も金とろうと思うな」みたいなことを、もっと上品に、第三国が「へえ、そうなの」と思うように書けば良くないかね。

 いっそ、もっとゴキゲンなギャンブルの対象にしたらどうかね。日本国内の試合では、三競オート同等のギャンブル興行を許可する。ついでに中では発泡酒とホッピを格安で販売しておけばいい。そうすれば、敵味方お構いなく罵倒する、今以上に熱心なファンが来るだろ。見世物として最高だし、2割5分のテラ銭を確保できる。なによりバカバカしくて面倒くさい政治問題も霞んでしまうだろうよ。



※ なんつーか、今の内閣、支持層へのリップサービスか知らんが、中韓にキツく当たっている。けど、それで何も問題解決しないよね。歴史問題での態度なんて、むしろ中韓側が戦後価値観や人道を表に出してきている。それに感情的反発をするだけでは、中韓側を利するだけ※※じゃないかと思うけどね。

※※ 一種のパラドックスだと思うよ。歴史問題で中韓に有利に立とうと「日本がやったことは正しい」と言うと、国際社会には「侵略戦争を肯定するんじゃね」とか「人道問題を軽視しているよね」と反応されてしまう。結果として、歴史問題では中韓が有利になってしまうという構造があるんじゃないかとね。