fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.08
06
CM:0
TB:0
12:00
Category : コミケ
 仮題『中国海軍は第二列島線に進出できない』
 ・ 海軍予算にある限界(コスト単価と海軍予算増額の限界)
 ・ 海軍力増強のパラドックス(建艦競争、軍事協調、経済的孤立)
みたいな内容です。表紙ほかはできていて、推敲の段階なんですけどね。

で、その中身

中国海軍1

中国海軍2

中国海軍3

 中国国防費中での中国海軍への傾斜配分についての説明部分の別表です。予算配分額は公表されていないのと、年度ごとで連続で推計していないから、ミリタリーバランスで人員と装備からこういう傾向にあるよということです。戦車と艦艇と戦闘機をならべたのは、表象としてであって、別になんでもいいのですけれども。

 こんな感じで、中国は海に重点配分しているわけです。

 しかし、その中国から海での挑戦を受けている日本が、陸海空配分比が硬直しているようじゃダメですね。どうでもいい戦車や野砲よりも、海軍力に金ブッこまないと海軍力でのアドバンテージを維持できないのですけどねえ。
スポンサーサイト