FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.12
06
CM:2
TB:0
12:00
Category : 海上運輸
 温暖化で北極海は簡単に使えるようになる、だからロシアの日本侵攻は容易になると主張する人がいたのだけれども。

 まあ、船舶の耐氷グレードとか気象の不安定とか航路上にある水深とかご存じないんだろうなと思っていたよ。極地の海を通すには普通の船舶は駄目で、耐氷グレードの高いやつを選ばなければいけない。低気圧の墓場で天候の影響は大きい。北極航路には水深も露骨に浅いところがある。そういった問題がある。

 その北極海航路について、商業利用もあんまりないよねという興味ふかい記事があった。会田浩之さんの「北極海航路の経済性と日本の期待」(『外交』2013.Nov)がそれ。

 いや、合田さんのファンなんだよ。輸送物流の専門家でらっしゃるんだが、飛行船とかああいうキワモノについて、コスト構造を論じるような面白い記事が多い。初めて経歴みたけど、博士課程2つも入退院していてタイトル2つもっているというあたりも、なかなかすごい(無駄な)ことするなあという素晴らしい人。

 合田さんは、北極航路の問題を次の通り列挙している
・ 4000-5000TEUが限界で、経済性に優れるわけではない
・ アジアから欧州向けの輸送量はそれほどない
  - 日本から運ぶものは数%に過ぎない
    ・ 日系自動車メーカーの対欧州輸送は、トルコ工場で作っている
  - 中国の半分を占める華南からは、安定輸送できる南回りが近い
  - タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムは南回り以外にない
・ 可能性としてあるのは、納期や輸送品質を問われない生資源輸送だけ
  - 北欧鉱石の中国向け輸出
  - 日本向のLNG輸出
    ・ 可能性はヤマルLNGだが、日本が買うという話は聞いたこともない

 実際に、合田さんが示した輸送実績も、粗雑な輸送しかできないとする指摘を裏付けている。東アジア向け実績として、2012秋の九州電力へのLNG輸出、2013年の旭化成・三菱向けナフサ輸出、時期不明だが中国COSCOの欧州向け輸出も荷は鋼材であった。

 北極海航路は、通航が用意になったといっても、連絡線程度にすぎず、安定した基幹輸送には向いていないといったところだ。何時ついてもいいものを間欠的に運ぶにはいいが、それ以外を欧州・東アジアで運ぶなら、鉄道を使うシベリア・ランド・ブリッジ(ただし、東行は輸送量が詰まっていて高い)のほうがマシだろう。もちろん、南回り船便が一番安くて輸送品質も安定しているのだけれども。



※会田浩之「北極海航路の経済性と日本の期待」『外交』2013.Nov,(時事通信社,2013.11)pp.42-45
2013.12
05
CM:1
TB:0
12:00
Category : 未分類
 大学院の時分の話。高田馬場あたりの居酒屋で宴会、その時にタコ焼きがでてくる。その上には削り節がかかっているのだが、それを見た当時博士3年(今は講師)の留学生Hさんが
「これ、いつも美味しいとおもっているのですけど、なんのカスですか」
と聞く。

 なんとなくだが。
「カツオの樹の根っこ、硬くて節になったトコロが美味しいからカツオ節という」
「律令の延喜式でもカツオは出て来る、カツオは土佐の国からの特産品で租庸調の調」
「根っこは水分を含むので、黴を付けて脱水する」
と教えてしまった。まあ、せっかくだから面白いことを教えたほうがいいかなという、いつもの一寸したサービス精神の発露なのだがね。

 本人も「へえ」という。益々面白がって、最後にHさんのiPadを借りて画像をだして
「どれくらい硬いかというと、鉋で削る」
とみせたらいたく感心して、iPadがあるのに紙ににメモを取っていた。

 たしか次の日か、すくなくともその週の間に「ウソを事実で補強するのはよくないです」と抗議のメールが来た。

 日本に来て、それまで子供の読み物だと思っていたマンガにハマったネーチャンで、ゼミ前なんかは、大抵は暇そうにしている己に、学問以外のことをいろいろ聞いてくるのだが。
 「刑事の訓読みは、普通は『デカ』」
 「ちなみに、スラングで『カクソデ』という、カクソデはクソデカのアナグラム」
と、いつも適当に話を作って答えていると、やはり大抵はメモを取っていた。で、あとにまじめに調べていた様子。だから、その都度にあとから「微妙に事実を混ぜた嘘をつくな」と敬語表現で言われたよ。

 ただし、たまに本当の事をいっても怒られたことがあった。北京の方の故宮博物院秘宝が東博に来た時、己は初週に行って混雑でエライ目にあった。翌週、その話をすると、博士課程のネーチャンは、妹分のような修士2年の、同じ留学生のネーチャンと行くという。それならばと、己が状況を説明した
「入場は3時間待ち」
「並ぶ人は前の人から『最後尾』の札をもらって高く掲げる」
「折りたたみの椅子と飲み物は必須、暇つぶしにゲーム機や本があると良い」
「会場前には門前に並んで、開門と同時にダッシュするべし、スタッフが走るなというのは無視しろ」
と教えてやった。妹分のほうが「どうしよう」という顔をして姉貴分を見るが、姉貴分は「いつもの通り白髪三千丈」だと多寡をくくっている様子。このあたりは漢字文化圏の留学生はわかりやすい。中国語の会話はわからないが、妹分に向かって大丈夫だとでも言っていたのだろう。

 だが、二人で仲良く見に行った翌日だかのゼミで「本当なら本当だと言え」と怒られたよ。言われたとおり朝一番に並べば良かったとか、本当に走らなきゃ駄目じゃないですかと攻められたのだがね。嘘をつかないで怒られたのは腑に落ちないと思ったよ。まあ、妹分にもあわせて苦情というか、なんであんなに行列があるのですかとも言われたが、こっちも「八〇后は我慢ができない、あなたたちのご両親は配給に並んだんですよ」と適当に言い返しといた。

 そういえば別の中国人留学生(これは男)だけど。アップル製品が大好きな奴がいた。(中国人はみんな好きだけどね)たしかiPhone4か4Sだかの時期に「銀座のアップルショップでは、iPhone6の試験発売が始まっている」「公表するとみんなが押し寄せるから、現地に行った人にしかわからないようにしている」「紹介者の名前が必要」と教えてやったことがある。

 …まさか6を本気にするとは思わなかった。5と間違えたのかね。ほんとにプンプンしていて、ジュースやお菓子は飲み食いするが、それくらいでは買収されない。江戸川橋の焼きとん系飲屋に連れて行って、本人が頭のアガらない別の中国人研究者と一緒に「騙されたオマエが悪い」「だいたい6があるはずないだろ」といいながら、飯と酒を奢ってやった(己入れて3人分か)ことがあった。ご本尊は華北の人間(北京の辺りには豚の内臓料理がさかん)だけあって、豚の内臓料理をうまいうまいいいながらバクバク食っていたよ。
2013.12
04
CM:13
TB:0
00:09
Category : 未分類
 JSFさんは、あまり法律をご存知ではないようだ。

武器取締法

JSF ‏@obiekt_JP
@IngaSakimori 解体した事扱いにして横流しというなんでしょうね・・・桜にWのマークは武器取締法に抵触する物品なので、大事になりそうです。
2013年12月3日 - 2:32
https://twitter.com/obiekt_JP/status/407819553293344768


桜マーク


‏@obiekt_JP
@rustscrew 桜にWのマークは兵器扱いでヤバイですね
2013年12月3日 - 3:15
https://twitter.com/obiekt_JP/status/407830357438779392
と、ヤフオクへの74式戦車に使う操縦用暗視装置に文句をつけている。

 だが、「武器取締法」とは何者だろうか? まず聞いたことのない法律である。銃刀法でも火取法でもない、武器等製造法でもない。そもそも何をどう取締まる法なのだろうか?

 JSFさんはご存じないようだが、日本には自衛隊装備を始めとする武器全般について所持や売買を取締まる法律はない。強いて言えば、銃刀法で銃砲刀剣を、火取法で火薬類の所持や譲受が原則禁止されているだけである。あとは火炎瓶取締法と、太政官令による爆発物取締規則だけだ。これら以外の武器所持や、売買は取締まりを受けない。

 極端な話、大砲と機関銃と弾薬を取っ払った戦車であっても、所有は規制されていない。自衛隊が装備している戦車は買えないだろうというかもしれないが、あれは売ってくれないだけの話である。

 JSFさんは「武器全般や自衛隊装備品の所有や売買を取締まる法律がある」と思い込んでいるのだろう。

 念の為に言えば、似たような名前の武器等製造法は、武器の製造修理を規制するだけである。しかも、火器と弾薬、爆発物とその弾殻(手榴弾の殻や火薬のない魚雷)だけが規制されている。所持を禁止する法律ではない。だから、別の法律で規制される銃砲や火薬類はともかく、手榴弾の殻や、火薬を抜いた魚雷の所持は合法である。

 自衛隊装備についているアルミ銘板の桜マークも、「武器等取締法」とやらとも全く関係ない。自衛隊の物品であることを示すものであり、謎の法律で取締まりとなることを表すものではない。

 JSFさんは「桜にWのマークは兵器扱いでヤバイ」と主張しているが、どう「ヤバイ」のだろうか? 桜マークは、例えば測距儀、有線通信交換器、トラック等の公道走行可能な車両にもついている。だが、これらを保有し、使用することについて、法律上の制限はない。今回の暗視装置も、この類であり、所持していることや、国内で売買することについて何の制限もない。

 あるいは、外為法による輸出入制限を曲解しているのかもしれない。たしかに、外為法と施行令、施行規則以下により、武器・兵器の輸出入は制限されている。また、諸外国も同じような規則を持っている。ちなみに、昔、外国軍の砲兵用カニメガネ(セオドライド付き)を買おうとして、輸出国国防省の許可と日本の税関の事前許可がいると言われて諦めたことがある。しかし、あくまでも国境を超えるコントロールの話しであり、国内での所持ほかを制限するものではない。

 今回の件は、自衛隊内からの出処や、そのコントロールだけの問題である。おそらく、スクラップにする廃用品から抜き出したものだろう。JSFさんが問題視する桜印の銘板付きも、昔はよく売っていた。2000年ころまで、秋葉原の裏通りには、銘板付の通信機や、切断した小銃から抜いてきた部品も露天で売っていた。ピストン管止めピンも手に入ると言っていた。

 今回の出品は、この間のヘリの不正輸出と同じである。陸自は廃用ヘリについて、解体を条件に売り払いしたものの、確認を怠ったため、使える状態で売り払われた。解体を条件に出すのなら、解体状況を確認するか、あるいは出す前に使えなくする程度の処理が必要なのを手を抜いた結果であった。

 いずれにせよ、問題となるのは、民事上の問題に過ぎない。自衛隊との廃用品を処分するという約束を不履行にしたという契約上の問題である。引き渡した時に所有権は解体業者に移っている。そこから暗視装置を買い、所有することには何の問題もない。

 もちろん、可能性としては現用品を売っぱらったというものもある。前にも玖珠駐屯地であった小銃を盗んで売っぱらおうとした事件があった。だが、それでも大した罪でもない。今回は武器ではなく、暗視装置に過ぎない。盗みだしたやつを自衛隊法で処罰することはできるかも知れないが、自衛隊の外の法律では、窃盗程度でしか裁けない。仮に盗んだやつから購入したとしても、取得時効が経過していれば、これも合法である。元が贓物であったとしても故買の罪には当たらない。

 いずれにせよ、JSFさんは常に他者について攻撃的であり、他罰的である。「ボクの大好きなオスプレイに文句をつけるな」というように、国防関連は神聖であり、それに従事する軍隊に文句をつけ、尊厳を汚す行為は許せないのだろう。だが、存在しない法律を振り回して、法が禁止しない所持や売買にまで文句をつけるのは、あまりにも無知を晒すものだ。
2013.12
03
CM:2
TB:0
12:00
Category : ミリタリー
 横須賀の某所に旧軍司令部の遺構がある。これが相当に大掛かりで、直径6m程度、奥行き200m程度の横穴が山側に3本並び、それぞれのエンドと中間も同直径のトンネルで相互に連絡されているというもの。「E」の字の真ん中に縦棒1本足すというか、「田」の字の右端の縦棒を抜いたような形態になっていた。「山『E』海」で、海側に出入口のある構造。

 2000年位か、そこの施設担当者が訳の分からない横穴が見つかった。面白いから見に来いと電話があったので、野次馬精神で見に行ったのだが、入り口は不法投棄されたゴミ捨て場で偽装?されていた。ゴミをかき分けていくと古いベニアの壁がある。その壁を剥がすと、ポッカリとしたトンネルが口を開いていた。

 まず、どこまで続いているか全くわからない。トンネルも巻き立てていないので、地山のままで足許も悪い。呼んだ方も、どこまで繋がっているのかわからない上に、1人で入るのは躊躇われる、だからお前を呼んだという。こっちもその時期、その付近の不動産を買う話が内緒であって、それに関与していた。だから遊びに行く理由は充分に立つ。現地では、野次馬はあと1人増えて、3人で懐中電灯を持って進入した。

 とりあえず、最初なので全体の構造を捉えることを優先して歩く。あとでトータルステーションを入れて正確に測量して、上の土地所有との兼ね合いを確認しなければならないのだが、最初はとりあえずの把握となる。

 ただ、なかなかエンドまでいかない。知らない道は長く感じるというが、トンネルだとさらに長く感じる。やっとこエンドまでいくと、トンネルは右方向に曲がっている。そこをまたエンドまで行って、右に曲がってさらにエンドまでいった。確かではないが、エンドの道路側出入口はコンクリート・ブロックかなにかで塞がれていたと思う。「匚」を下から上に向かった形である。

 そして、途中で飛ばした横方向通路に入る。その穴は案の定、3本の奥行シャフトを連絡している。そして最初の奥行きシャフトに戻り、最後に「E」の中棒にあたるシャフトにいった。

 その頃には、この発見に興奮していた。「平成になって入ったのは俺らが最初じゃないか」とか「最初に集積されたゴミや閉塞する偽壁の古さからすれば昭和30年位まで遡れるんじゃないか」と話していた。

 だがね、最後にとっておいたシャフトの、道路側偽壁から多少奥まったところにゴミが捨てられていた。縦横50cm、長さ1mチョットの白い四角い箱。これはなにかと見ていると、最後の野次馬のオトッツアンが。「こりゃ潜水艦の電池だよ、そんなに古いやつじゃない」という。「ヘタすると平成入ったあとに捨てたんじゃないの」ともいう。

 そこの偽壁もベニアかなにかで仕切ってあって、通る気になれば通れるようになっていた。何の事はない、知っている奴は知っている遺構だったということだ。

 その後で、官舎で趣味の本を読んでいたら、その司令部あとの記述があった。構造やトンネル径も一致したので、司令部跡ということが判明した。分かれば細かく調べることはない。とりあえず、地図上に落とせる程度で調べてもらって、間違いなく自衛隊敷地と、買う土地の中で完結することもわかったので、資料だけを作ってそのままにした。今はどうなっているかは知らない。

 まあ、あれだけ広ければいろいろ使えるのだが、通風や避難経路の関係もあるので使えるようにするのも面倒な感じはした。いまのところは使う必要もないだろう。
2013.12
02
CM:2
TB:0
12:00
Category : 未分類
 北朝鮮への禁輸も、正味としては「気が済まないからやっている」といったものではないか?

 日本から北朝鮮への輸出は禁止されている。その北朝鮮にタラを輸出してとっ捕まったニュースがあった。「不正輸出:貿易会社社長ら3容疑者逮捕 北朝鮮に冷凍タラ」http://mainichi.jp/select/news/20131129k0000e040168000c.htmlがそれだ。北朝鮮による核兵器やロケット開発に対抗するために、北朝鮮に圧力を掛け、開発を邪魔する手段として日本は禁輸措置をとっている。

 だが、禁輸により何らかの効果はあがっているのだろうか? 日本は核やロケット開発をやめさせるために禁輸措置をとっている。しかし、禁輸で核とロケット開発が止まる、あるいは停滞したようには見えない。

 北朝鮮は禁輸の有無にかかわらず、核とロケットへ開発は継続している。北朝鮮は20年前から飢餓線上にあるが、それでも体制を維持するための核とロケットは諦めなかった。日本も、冷戦期のココム規制から始まり、核開発のあたりから軍事転用の可能性がある高度技術製品(ゲーム機なんかも含む)を禁輸し、送金を停止させ、ついには全ての輸出を禁止した。だが、それで核とロケット開発抑制で、何か効果が上がっているようにも見えない。多少でも、北朝鮮の金廻りが悪くなったのかといった辺だ。

 しかし、禁輸に実効性がないにもかかわらず、日本は経済制裁を行い、今も、そしてこれからも禁輸を続ける見込みである。

 そこまでして、あまり意味のない禁輸にこだわる理由は何か? それは、おそらく、「日本人の気が済まないから」だろう。

 経済制裁や、その中での全面禁輸措置を決めた理由も「気が済まないから」だ。好き勝手やる北朝鮮に、日本が何もできないのも癪である。そこで、なにかやってやろうとして始めたのが、経済制裁や禁輸である。やられっぱなしは面白く無いので、とにかく、何か嫌がらせをしようといったものだ。

 だから、今回のタラだろうが、カニカマだろうが、ピアノだろうが禁輸する。それで相手が少しでも困ればいいし、困るだろうと日本人が想像できればいい。

 ひっくり返せば、禁輸すれば、相手に圧力を掛けていると思えるので、日本人の溜飲が下がるということだ。それで、気が済む部分があるのだから、北朝鮮への禁輸措置もも悪いものでもない。実際に、経済制裁や禁輸措置に文句をいう政治勢力も、人もほとんどいない。だから、実効性といった些細なことは気にしないで、禁輸措置を続けているのだろう。

 タラの輸出を止めても核やロケット開発は止まらないが、北朝鮮に圧力を掛けているという想像ができる。それで多少の溜飲が下がるのだから、それほど悪い話でもないということか。



※ 「不正輸出:貿易会社社長ら3容疑者逮捕 北朝鮮に冷凍タラ」『毎日新聞』[ネット版](毎日新聞,2013.11.29)http://mainichi.jp/select/news/20131129k0000e040168000c.html

※※ 最初に逮捕のニュースを聞いた時「タラを輸入するならともかく、輸出するのは逆ではないか」と思ったよ。
2013.12
01
CM:1
TB:0
12:00
Category : 未分類
 機動戦闘車は戦車への未練ではないのか?

 機動戦闘車を200-300ほど作りたいという話がある。防衛力整備の中の話として、戦車定数を300に減じ、本州には戦車の代わりとして機動戦闘車を置くというもの。そのような防衛省の希望や、自民党国防族の願望がひと月前ほどに新聞報道されている。

 ただし、予算の節約にはなっていないのは問題である。金食い虫で、まず使う見込みもない戦車定数をせっかく減らしたのに、同じような機動戦闘車をそれ以上に買うのでは、予算節減の効果はない。結局は、戦車を減らしましたよという名目の下に焼け太るようなものだ。

 その機動戦闘車も、間違いなく高値になる。見た目だけでも性能は過剰である。歩兵への直接協力や、対装甲車にしか使わないのに、105mm戦車砲や高度なFCSは要らない。あれは戦車への未練にしか過ぎない。

 歩兵直協なら、今のタイヤ式の96式装輪装甲車に、山砲でも積んでおけばそれでよい。75mmパックハウザーでも、旧軍の41式山砲でも、106mm無反動砲でもよい。榴弾威力でゲリラのたぐいが寄る掩体の類を吹き飛ばすならそれで事が足りる。敵装甲車との戦闘でも、本州では所要もないし、北海道でも九州でのまず必要性もない。極端な話、施設科で使っている資材運搬車に、防弾用6mm鋼板を貼って、そこに106mm無反動砲を積んだ奴でも構わない。ドイツが使っているウィーゼルも、エンジン出力は大きい物の、中身はそんなものだ。

 別に今の74式を使い続けても良い。その程度の役割であれば、74式で充分にことは足りる。文句をつけられている足回りも、油気圧とエンジン-トランスミッションを再製すれば、問題点は解決する。エンジンが気に食わなければ、別のディーゼルに積み替えても良い。確かに、74式のエンジンは、掃海艇でも使われていたが評判は非常に悪かった。足回りの油気圧懸架方式も、姿勢制御を取っ払った固定式にしてもいい。いずれにせよ、この手の整備は、予算要求上でも特に難しくない。寿命延長は護衛艦や航空機でもやっている。単債でできなければ2国、3国の国債(国家債務負担行為)でやればよい。

 どちらにせよ、機動戦闘車を買うよりも間違いなく安い。機動戦闘車は5億を超える。対して、装甲車+山砲であれば、2億も掛からない。96式は車体価格で1億程度にすぎず、パックハウザーや山砲の類も、1門1億しない。そして、車体整備は既存の態勢で対応できる。74式再生も、従前どおりの足回りとパワーパックをそのままリファブリッシュするのであれば、1両あたり1億は要しない。

 なんにせよ、既に戦車は余っている、新しい戦車や戦車モドキを新製する必要はない。現定数定数400両でも、すでに350両の90式と50両の10式で埋まっている。80年代後半に作った若い74式も相当数が在籍している。これらはまだまだ充分に使える。それをわざわざスクラップにして、無駄に新しい10式や機動戦闘車を発注するのは、無駄遣い以外のなにものでもない。

 すでに冷戦は終わっている。かつての北海道のように、多数の戦車を配して、対上陸戦に備え、あるいは仮想敵国に圧力を加える時代ではない。戦車や戦車モドキに期待される役割は相当に小さくなっている。現有装備を大事に使い続ければよい。

 機動戦闘車は必要な装備ではない。確かに、機動戦闘車は海外派兵や離島空輸ではあったほうがいいかもしれない。だが、その所要は30両もあれば十分である。少数であれば別に輸入でも良い。そして、各普通科連隊で、連隊砲的に使うには過剰性能で高すぎる。それなら、96式に山砲のっけたのや、いまある74式改修で済ませればよい。



※ 日付を間違ったので手動で急遽反映しました。