FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.01
17
CM:1
TB:0
12:11
Category : 未分類
 原因は泥沼の日華事変にある。それで国際地位は低下し、オリンピックもできなくなった。それをオリンピックをやめたから国際地位が低下したというのは、頭の悪い人間を騙す言い方に過ぎない。

 読売「脱原発、五輪返上論…細川氏発言に関係者困惑」だが、要は原発再稼動したい、オリンピックで税金でうるおいたいサイドの泣き言にすぎない。

 そもそも、文部官僚のいうことなどアテにならない。彼らはオリンピックで利益だけを得られる立場にある。国帑を溝に捨てるような東京五輪であっても賞賛する立場にある。真面目に聞く話ではない。

 その官僚が、オリンピックをやらないと日本の国際地位が低下するとかマヌケを言っている。
文部科学省幹部は「五輪返上となれば、国際的な信用を失い、東京では当面開催できなくなる」と懸念する。実際、1940年に開催を予定していた東京五輪は、日本が日中戦争を理由に辞退し、日本の国際的地位を低下させたという痛恨の歴史がある。
「脱原発、五輪返上論…細川氏発言に関係者困惑」『YOMIURI ONLINE』(読売新聞,2014.1.17)http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140117-OYT1T00170.htm
日本は発展途上国ではない。オリンピックを突っ返したところで現実的には何の痛痒もない。喪うと言われる国際地位とは、金メダルの数で示されるようなどうでもいい地位に過ぎない。

 オリンピックをなくせば、無駄遣いは相当に減らせる。そもそも、スポーツ関連支出は無駄遣いそのものである。新国立競技場やナショナル・トレーニング・センターは、経世済民の役には全く立たない。

 この点でも、記事では主客が転倒している。オリンピックがなくなるとスポーツ予算が無駄になるのではない。もともと無駄遣いである255億円を確保したいために、オリンピックを必要としている点が問題なのである。
さらに、2020年五輪に合わせた新国立競技場やパラリンピック選手用のナショナルトレーニングセンターの建設構想などの全面的な見直しも不可避となる。政府の14年度予算案は過去最大の255億円のスポーツ関連予算を計上したが、「五輪がなくなれば、『無駄遣いだ』と批判されかねない」との声もある。
同上


 原発再稼動も、オリンピックも、国の金を使って、一部のセクターを儲けさせようというものにすぎない。どちらも経済的に割に合わないことは目に見えている。その負目を国民に負わせて、儲けだけを配分するほうが問題である。



 まあ、細川にやらせればいいんじゃないのかね。細川も、隠遁20年のあとだし、老い先ある面でもない。生き恥晒すこともしないだろ、まあ社稷のために死ねるわけだから、脱原発で東京都長官やらせてもいい。

 死に花を咲かせるいい機会だとおもうよ。アンサンレジュームに堕した安倍以下右派しかいない自民党への面当てと、バックラッシュそのものだった石原-猪瀬の方針を元に戻せば、在職中に死んでも満足だろうよ。
スポンサーサイト



2014.01
17
CM:0
TB:0
12:00
Category : 昭和の新聞
 昭和24年の新聞で見つけたのだが「降伏四周年・マ元帥声明」が、まあ占領終わった後の事を考えていない。朝鮮戦争前であるものの、そろそろ対日講和という話も出始めた時期なのに、頭のなかはフィリピンや日本の総督のままなのだろう。

 件の記事は1949年9月2日の朝日新聞(朝刊)1面である。今から見ると、いろいろ示唆深い内容になっている。特に「中共との貿易は空論に近い」や「アジアにキリスト教の理想」は、先を見込んでいない雰囲気がある。

 破竹の勢いであった中国共産党を「共産主義であるから」出先代表であるマ元帥が機械的に敵扱いしていたことは、今から見ると悪手であっただろう。「中共との貿易は空論に近い」理由としては、基本は「共産主義は敵であり、嫌いだから」といった個人的な好き嫌い程度のものだ。しかし、時期的に新中国成立(9月末)の寸前である。既に国府には力はない。大陸の代表者になる政権を相手に、敵扱いは妥当ではない。そもそも、翌年の朝鮮戦争までは新中国は宿命的な敵ではなかったし、国府も絶対守るべき味方ではなかった。

 また、一方的な拒絶で大陸との交易を将来的に難しくするのも、先を見ていない発言だろう。政治体制はなんであれ、大陸の資源にアクセスできないのは経済的に大損である。だから、日本人も共産党支配領域、のちの新中国と交易をしようと考えたのである。日本人の不利益は知ったことではないだろうが。アメリカとしても新中国との交易が出来ないのは、のちから見ると問題だろう。

 キリスト教云々も、のちの失敗を示唆する価値観の表明である。これはマ元帥だけの問題ではない。結局、アメリカのアジア政策はキリスト教価値観で大失敗している。具体的には、朝鮮(当時)の首班に李承晩を送り、任命はフランスであるが、南ベトナムのゴ・ディン・ジェムを支援した理由が、このキリスト教価値観である。結局は、アジアでの政策も、バナナ共和国としての中南米や、フィリピン統治の延長しかなく、キリスト教的価値観の要求、従順な指導者、国民、従属経済が欲しい程度の頭だったのだろう。

 ただ、それを露骨に述べるのは、GHQの親玉としても妥当ではない。マ元帥は
キリスト教の理想がアジアに進出する機会を誂えた占領軍の文化の新運に対するこの上なく大きな功績
「降伏四周年・マ元帥声明」『朝日新聞』(朝日新聞,1949.9.2)朝刊,p.1
と述べている。まずは被占領国やそこの有力者、国民の心情を汲んだものではない。

 このあたりの発言を見ると、後に解任されるのも妥当に見える。結局、頭はフィリピン総督マ元帥のつもりで日本総督になったのだろうが、朝鮮戦争以降、日本の重要性が高まると、将来的に関係を損ね、極東諸国に余計な摩擦を起こしかねない尊大な総督は要らないということか。