FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.01
29
CM:5
TB:0
12:28
Category : 未分類
 昼のニュースで見つけたので、今日2本目。

 津軽海峡でROVを亡くしたらしいが、原則的にはコレ、艦長の個人弁済になる話なんだよねえ。

 「にちなん」のROVが見つからない。「海上自衛隊:津軽海峡で無人潜水装置紛失 調査委を設置」※※ だが、その中身や何をやっていたのかは知らない。だが、紛失の責任は原則的に艦長にある。艦長は艦艇の管理者であり、何を無くしても、壊しても艦長の全額弁済が基本である。

 昔は、訓練用水中標的をよく失くした。己の時代には、対潜戦のお稽古で使う標的は50万だが100万円だかの使い捨て標的になっていた。だが、それ以前は3億するような再利用型標的を使っていた。その標的は結構なくす。回収できないと、艦長の責任になり、請求書がくるので困って、使い捨てにしたという話である。

 もちろん、実際に艦長が支払うことはない。艦長は不可抗力の理由で喪失したと申し立てて、そりゃ不可抗力ですなと認定を貰って免責になる。

 だが、艦長個人が責任を負う仕組みであることは代わりはない。だから、下のクラスに対して、普段は自分は豪傑だと装っていても、国有財産にリスクのあることはあんまりやりたがらない。

 まあ、それが乗員にも適用されればなおよろしいのだが、人間は国有財産ではないので乱暴に使う人がいる。(もちろん、大事に使う人も多いよ) 結構、人間を亡失したり壊したりするのだが、艦長個人が責任を負ったという話はあんまり聞かない。※※



※ 「海上自衛隊:津軽海峡で無人潜水装置紛失 調査委を設置」『毎日新聞』(毎日新聞,2014.1.29) http://mainichi.jp/select/news/20140129k0000e040132000c.html

※※ ある艦艇で、潜水員を1人潜らせた話なんか「機械と人間とどっちを重視するか」問題の好例かな。ある艦艇が◯◯沖の外洋でスクリューにロープか何かを巻き込んで動けなくなった。艦長はその状況を確認したい。だから水中確認をさせようとしたのだが、その艦艇には、ダイバー資格を持っているのは、長年潜っていない幹部1人しかいなかった。本来なら二人以上で潜らせるのだが、機械を重視するためか1人で潜らせてしまい、ダイバーが嘔吐かなにかで死亡事故になった話。
 乗り合わせた司令(上司)は「危険だからやめておけ」と何回もアドバイスしたのだが、個艦指揮権の問題だと艦長がやらせたらしい。「原因わかっても復旧できなきゃ意味ないだろ、無駄な危険だぞ」とかいったのだろう。「司令がヤレといって艦長ができない」と抵抗する通常のイメージとは逆の構図の事件があったね。
スポンサーサイト



2014.01
29
CM:4
TB:0
12:00
Category : 未分類
 台湾が新中国と直に話を始めるらしい。時事通信「対中担当閣僚、来月11日に訪中=南京で初の正式会談-台湾」によると、2月にも政府同士で話し合うとのこと。※

 中国と張り合う方針は、外交でも相当形勢不利ではないのか。アレ内閣の「自由と繁栄の弧」やら「安全保障のダイヤモンド」とやらで、中国包囲網云々も、当然上手くいっていない。表面上だけでも付き合ってくれるのは、あんまり信用できないインドだけ。そのインドもシン首相もそろそろ交代する。

 対して、中国は台湾取り込みに一歩進んだ。他にも中国は韓国とも協調関係を確立しつつある。米国とも「日本のアレ指導者はどうしょうもないね」といった共通認識を作りつつある。逆に日本が包囲されてんじゃないのかね。

 実際のところ、内政も上手く行ってないからねえ。アベノミクス(自分でよく言えるものだ)とやらも、実際は輪転機を回して、公共事業を増やしただけの話だ。カンフル剤そのもので、そりゃ当座は景気が良くなるだろう。だが、日本経済の体質は全然変わってない。対症療法は自転車操業のようなものだから、いつかコケる。外国人労働者導入も自分が政権にいる間の、当座だけ良ければいいという頭だろう。

 経済体質がよくなる見込みもない。第2、第3の矢とやらも、「医療品のネット販売」程度しか出ていない。ケンコーコムでロキソニンやらガスター20を買える程度で経済が復活するわけもないだろ。

 安倍外交やら内政にある不振を糊塗するため、外遊に逃げるのだろう。第三世界に外遊して、外交が巧く行っているようにゴマかすだろう。アフリカやら中南米やらに円借款をバラ撒きに行くのではないか。「何百億円払う」と景気良くいうが、どうせ自分の身銭じゃない。実際の負担、支払いの過半は自分の内閣じゃないからなんとでも言えるわけだ。
 だいたい、戦略的という言葉を勘違いしているようにも見える。軍事・外交的な包囲網作るというよう、ゲームの盤面の話レベルの頭しかないのだろう。実際には、盤面の外まで含んで、将来的に有利な環境を作るって意味なのだがね。アレ宰相やらそのオトモダチは、コマの、石の取り合いしか見えてない感がある。その石もインドやらオマーンやらモザンビークじゃあね。フィリピンなんか枯れ木で作った山の賑わいなんだがねえ。

 それこそ、戦略的に見れば、韓国と台湾を中国から引き剥がし、米国を中国へのリップサービスを止めさせることが重要なんだがね。

 韓国なんか道具だと思えばいいじゃない。相手が何言っても表向きに政府は放置しとけばいいよ。わざわざ靖国社にいって中国方に追いやることもない。

 台湾も引き付けたいなら、英国が英連邦諸国にやってるみたいな自国民待遇でもしなけりゃ無理じゃないかね。台湾人の気持ちなんかどうでもいいから、新中国と離隔させるにはそれしかないだろ。沖縄周辺での漁業権で譲歩したところで 中国の富源には敵わない。

 米国にも、アジアでの金儲けに寄与します、中国と厄介起こしませんと言わなきゃだめなんじゃないのかね。まあ安全保障で強硬なことをすれば米国が喜ぶというのは、あまりに昔の頭じゃないのかねえ。辺野古移転が上手くいくなんて言っても、喜ぶのは海兵隊と、共和党の中の対中強硬派くらいだろ。オバマ大統領とってはそんなのどうでもいい問題だね。

 今年のAPEC(ホスト中国)で習近平と馬英九は多分、握手する。そうなれば対中強硬しか売り物のない安倍外交は相当に打撃じゃないかね。大陸側指導者と台湾側指導者として握手して、敵対状態の終了とかやられたら困るだろ。日本に戦略的利益を与えていた、形だけの中台対立、台湾宙ぶらりん状態がなくなるわけだから。

 まあ、その時も必死に表面上は打撃を受けていないように見せると思うよ。本人は強がってインドあたりに行って、円借款と引き換えにリップサービスを貰うんじゃない?。それを成功と言って、オトモダチの幇間衆や翼賛新聞やネトウヨが連呼するんじゃないかと思うぞ。



※ 「対中担当閣僚、来月11日に訪中=南京で初の正式会談-台湾」『時事ドットコム』(時事通信,2014.1.28)http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014012800622