fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.02
14
CM:12
TB:0
12:00
Category : 未分類
 アレ宰相が「『私の首相の時代に何とかこの問題を解決しなければならない。歴史的使命を果たすべく全力を尽くす決意だ』」※ とか言ったらしい。いつもの通り、できもしないことを、さもできるように言っている。※※ 頭が悪いから、本気で考えている可能性もあるのだけれども。

 ロシアの思い通りじゃないの。ロシアは領土交渉を見せるだけでメリットがある。話をするだけで何かを貰える。別に領土を引き渡すどころか、渡す約束もする必要はない。

 アレ宰相の親爺も、北方領土に勝手に熱を上げていた。安倍晋太郎も、戻る見込みも立たないものを、さも戻るように言っていた。で、親爺の代に領土返還が進捗したかというと、全く進捗していない。

 領土問題なんて、どう話し合っても、どちらの国民も納得しない。四島返還でなければ日本人には怒るやつが出てくる。全然小面積の歯舞色丹の返還でもロシア人は同じように怒るやつも出てくるだろう。

 だいたい、どちらの国も妥協しなければならない環境ではない。戦争で勝負があったとか、経済危機で二進も三進も行かないわけではない。その状況で、自分たちの土地だと思っている領土を喪うという政策はできない。

 それをどうやって「『私の首相の時代に何とかこの問題を解決』」するつもりなのかね。日露どちらの指導者にも、それだけの力量はない。

 アレ宰相にある支持とやらも「経済が上向くだろう」という雰囲気に頼ったものだ。美人コンテストで優勝したわけではなく、優勝できるだろうと勘違いする雰囲気だけの話である。その雰囲気がなくなると直ぐに捨てられる程度の駒に過ぎない。

 プーチンもかつての力はない。マッシブなイメージはあるが、それだけである。「ロシアの男」みたいな宣伝の写真を見て、彼にカリスマがあるとするのも、半ば騙されている。かつて程に国内を統制するパワーはない。

 指導者同士に力量がないから、仲良くして見せている。両者が仲良くするのは、互いに政治的パワーがないものだから、互いの地位でそれを補おうと言うものだ。オリンピックでの会談はその好例である。安倍は政治的行動がアレ過ぎてオバマ以下欧米に相手にされない。プーチンも同じように欧米に相手にされない。だから、のけ者同士で仲良くしている風にして、孤独感を除去しようというものに過ぎない。

 実際に、プーチンやロシアに取り入って、あんまいいこともない。だが、それがあるように見せるのが、北方領土問題なのだろう。

 それよりも、電力買ったり、天然ガス買ったりするほうがいい。領土なんてどうやっても揉める話は気づかないふりをして、ロシアが持て余している電力や天然ガスを中国よりも少し高く買ってやればいい。

 だが、安価な電力や天然ガスを買うと、日本の電力会社が儲からないから、アレ宰相はそれはやらない。九〇年代、ロシアから電力を買う話には、電力会社が「水道のバルブを握られる」とかいって反発していた。要は、安価な電力だと総括原価で儲からないだけの話である。

 でも、支持母体の電力会社の意向や、安全保障とかそういった理屈がつくから、アレ宰相は飲めない。アレ宰相の行動原理は「産業界の言いなりになるのが保守」「安全保障という名目には思考停止するのが保守」だから、それはできない話である。



※ 「北方領土、在任中に解決=安倍首相決意-衆院予算委」『時事ドットコム』(時事通信,2014.2.13)http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014021300333

※※ それなら、根本からやるやると言っていた「第二の矢」とか「第三の矢」とかどうなったのかね。医薬品のネット販売だって、自分たちや、政商になりたい楽天の親玉でもどーにもならなかった。それを進捗させているのは、正攻法で裁判やっているケンコーコムである。
スポンサーサイト



2014.02
14
CM:0
TB:0
11:59
Category : 未分類
 『はがない』実写版は看板だけでも見るに耐えない。

 映画館の看板を見ただけで同しようもない感が強い。『僕は友達が少ない』は、TVマンガもアレほど酷かった。そのあたりは「誰も見返さない『はがない』『這いよれ』」で書いたとおりだが、それを実写にすると、さらに酷い感じがする。

 実写になると、現実社会との格差が更に強調されるのだろう。原作(もちろん読んだことはない)やTVマンガなら、まだ抽象的なので、現実との差異はそれほど気にならない。非現実的な物語でも、上手く引き込まれれば違和感はない。(もちろん『はがない』のTVマンガは違和感がありまくったけどね。)しかし、実写になるとそのあたりの違和感が多出する。学校にいる小娘尼僧とか天才少女をそのまま出して、まともに物語に没入できるとは思えない。

 その伝で言えば、マンガやアニメの実写化にはいいことはない。まず、原作を超えるものはない。営団の車内で実写版『銀の匙』の宣伝をしているが、アレも同じようなものだろう。マンガの主人公と、実車の主人公を相当に似せているが、その方向に努力するのでは却ってダメにしか思えない。『土竜の唄』の写真を見ても、まあ努力の方向が間違っているようにしか見えない。

 なんにしても、渋谷東口の映画館に、『ブッダ2』と『はがない』の看板がかかっているのは、これで客が入るのかと。これがアイマスなら相当行ける感じなんだがねえ。己としては、とりあえず『ワレサ 連帯の男』待ちなんだけどね。