fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 軍事ライターの文谷です
 コミケでは隅田金属ででています。評論情報です。

連絡先:montagne.suutyoo@gmail.com (新)
旧  :q_montagne@pop02.odn.ne.jp (旧)

メールアドレスは、新旧で切り替え中です


→ サークルMS「隅田金属」

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.02
20
CM:6
TB:0
12:00
Category : 未分類
 命中精度よりも不良動作が問題ではないのか。住重製機関銃についてだが、命数低下程度であれば、深刻な問題ではないだろう。だが、不良動作は深刻な問題ではないか。

 住重の機関銃問題について「自衛隊の兵器&装備は欠陥品だらけだった!」が報じている。

 M2の問題については「従来は1万発撃てるとされていたブローニングM2(12.7mm重機関銃)は、半分の5000発で銃身の交換が必要になると判明」したとのことである。

 だが、これはそれほど重篤な問題ではない。銃身交換は、命中精度低下を防ぐために実施すれる。やらなかったところで、弾着の散らばりが徐々に増えていく程度であり、弾着を見ながら修正を行う機関銃では致命的な問題ではない。実用上には、それほどの問題はない。

 しかし「戦車などに搭載している7.62mm機関銃もよく弾詰まりを起こす」は、重大な問題である。62式機関銃は悪評高かったが、改良して74式機関銃となると問題は解決したとされている。しかし、それでも解決していないというのなら、車載用機関銃も駄目機関銃であったということである。

 62式系列は、MAP供与されたA4、A5以下だということだろう。62式開発については、M1919A4、A5は重いという理由も挙げられていた。しかし、62式は駄目で、その62式をA5以上に重くした74式も駄目なら、M1919に戻したほうがマシだということだ。車載機関銃として、南アフリカにあると言われる308win仕様のM1919の方が、優れていたということになる。南ア製機関銃を買ったほうがいいという話だ。

 現実的には、早期に必要分はFN-MAGを買うしかないのではないか。機関銃は全てMINIMIで代替できるわけではない。結局は、223を使う軽量級機関銃であり、実用射程や火制距離では汎用機関銃を更新できない。その機関銃が、車載用も含めて駄目であれば、米国の将来機関銃動向を待たず、既存汎用機関銃は捨てて、ベストセラーのFN-MAGにしたほうが良い。機関銃は陸戦での基幹となる火器である。改良しても駄目なものはさっさと捨てたほうが良い。

 製造会社もホーワやミロクにしたほうがいいだろう。両者とも自動銃の輸出やOEMを行う優良メーカーである。小銃は輸入品でも構わないが、さすがに機関銃は輸入にもできない。だが、ここまで怪しいことをしたメーカーなら、入れ替えが妥当だろう。



※ 「自衛隊の兵器&装備は欠陥品だらけだった!」『週プレニュース』(集英社,2014.2.18)http://wpb.shueisha.co.jp/2014/02/18/25210/
スポンサーサイト