FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.03
07
CM:8
TB:0
12:00
Category : 未分類
 特殊警備隊もモウ終わりだろうという話が出た。飲んでいての話なのだが、今後に使い道があるか考えてみろと言われれば、たしかにない。中のモチベーションも相当に下がっているんじゃないかという話だ。

 海自特殊警備隊は、最初に北朝鮮不審船が来たあとに作られた。だからもう15年近く経つが、実戦投入をするような話はない。

 二回目に不審船が来た時にも、結局は使わなかった。計画当時に運用として考えられた不審船への乗り込みも、今後にはまずない。二回目に不審船が来てから、10年ほど不審船が来ていないことからすれば、海保・海自警戒網に通用しないと判断して、不審船運用をやめたのだろう。そうなれば、特殊警備隊は当初の使い道はない。

 特殊警備隊に所属する連中も、相当にモチベーションが下がっているのではないかという話だ。特殊警備隊の隊員は、各部隊から集められる。終わった奴も各部隊に戻るわけで、断片的な話は出てくる。そこでの話を聞くと、どうもということらしい。

 もともと、特殊警備隊は意識の高い隊員が行く部隊だった。同期の江田島同分隊で、小隊長(1尉クラスがやる)2人出たが、どちらも防大出で国防意識は高い隊員である。己のような意識の低い系とは明らかに異なる。しかも、○○や??にエリミネートされたので、それを払拭するためか、まあクソ真面目だった。

 しかし、意識が高いだけに、使い道がないという現実との落差に直面すると、相当に悩むのだろう。結構、待機とかさせられても、実動がないとなると、まあ疲れるだけだ。内面は相当に荒廃しているのではないかという話だった。

 実運用がないのに、好待遇も続けられるのかという問題もある。特殊警備隊の海曹は何でも好待遇だった。給与は潜水艦並みの、本給5割相当の手当がつく。ボーナスの成績評価(分隊間の勤務評定資料で過去の成績率は出てくる)は、たしか常にSだった。だが、潜水艦や航空機のように実働実績もないのに、過剰な高待遇も続けられるかは怪しい。危険があるから好待遇にしても、大事故は一件だけで、しかもイジメで殺したものだ。

 特殊警備隊も、減らす時期ではないのかね。今後にも大した使い道もない。潜水艦からゴムボート2隻に載せて、潜望鏡で引っ張って上陸させるアレ位しかないんじゃないのかという話になったよ。



※ そいや、あの訓練施設なんだが、予算計画書だと建物の外形だけで、中身は真っ白だった。とはいえ、計画作った人に言わせれば大したものではないということ。その人は特警で潤った人で、回りからは「必要もないのにイギリスの施設研修にタダ旅行できて羨ましい」と言われていたよ。奥さんは外国の方だけど、それでも別に構わない程度の秘密なんだろう。所詮は訓練施設だし。
  あの施設も回りの草刈りが全然で、それを安全保障商売の連中の有料セミナーでネタにされて……という、海自の陸上警備担当の話もあった。まあ、秘密保持は熱心なのはいいけど、その割に警備上は問題かねとは言えなくもない。ただ、あんなところ襲っても何の価値もないし、拘束云々にしても短時間で返り討ちがイイトコだと思うけど。
スポンサーサイト