FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.03
14
CM:3
TB:0
12:00
Category : 未分類
 防衛省の工事だから、一切の抗議を許すなとする意見はどんなものか。

 半沢尚久さんの「海猿にバッシング 辺野古警備に『逃げ腰だ』」(産経新聞)だが、沖縄局による辺野古埋立について、海保と警察は特別扱いしろと主張している。抗議は許さず、特別法を使って取り締まれというものだ。「それをしない海保と警察は勇気に欠ける」とする主張もしている。

 半沢さんは、辺野古埋立工事について、他の工事との公平な取り扱いを求める海保と警察に対して、「防衛省の担当者があぜんとするのも無理はない」と否定的にとらえている。
昨年12月、沖縄県の仲井真弘多知事が辺野古の埋め立てを承認したことで主要な手続きは完了した。それを受け政府は、現地で調査を行う際の反基地活動家らの過激な妨害に備える警備態勢の検討に入った。

 焦点は海保と沖縄県警の対応だ。

 「自主警備でやってもらえませんか」

 担当者レベルの協議で海保にそう告げられ、防衛省側はあぜんとしたという。海保のいう自主警備とは、防衛省が契約する民間業者による警備を指す。
[中略]
 海保は民間ガードマンの警備に委ねるべきだとの考えを示し、「不介入」も宣言したに等しい。防衛省の担当者があぜんとするのも無理はない。(半沢,2014)


 しかし、防衛局工事と他の工事との間について、卑賤の差はない。民間のビル建設や、国交省直轄工事として行われるダム建設と、防衛省直轄工事として行われる辺野古埋立には、工事として法的には卑賤の差異はない。このため、取り扱いを変える理由はない。

 海保や警察にしても、防衛工事だけ厳重に取り締まる理由も立たない。実際は、政治的にややこしい工事なら、公安に相当する警備課が局の相談に乗ってくれたり、不発弾発見については民間よりも早く処理してくれる。だが、それ以上のことはできない。

「防衛の工事だけは、抗議行動を許すな」ということは、警察も公平の観点からできない話だということだ。これが、原子力関連のような、危険性を伴うものであれば理由も立たなくもないのだが、やるのは単純な埋立工事である。その点でも、他の民間や地方公共団体、国の行う工事と差はない。

 また、半沢さんは、駐留軍にかかる刑特法を適用しろと主張しているが、これもあまり使えない法律である。

 まず、刑特法については、海上ではあまり四面四角には運用した例もない。佐世保でも米軍基地と漁民の間でトラブルがあるが、刑特法を使ったという話もない。そもそも、米軍との水面争いで漁民を逮捕しても裁判で勝てない状態が続いていた。普天間でも、同じように海面争いをしても、国は勝てるとは限らない。そうなれば、やるだけ無駄である。
 また、海上の1線を越える、あるいは越えたからどうこうという前例はない。陸上での土地侵入とは異なり、水面だと入った入ってないで、相手の船に乗り込んで強制的に追いだすとか、逮捕したという話るような話は聞いたこともない。道路でのデモ対応と同じで、出て行ってくれといいながら、圧迫して追い出す程度でしかない。そして追い出せば、捕まえる必要もない。

 いずれにせよ、筋が悪すぎる。これらの前提もあるので、警察組織としての海保が積極的に動くことはない。防衛省・沖縄防衛局の片方にだけ肩入れするような警備をしても、海保が恨まれるだけで何もいいことはない。大げさな言い方かもしれないが、海保にとって60年安保の治安出動をリクエストされたようなもので、恨まれることは真平御免といったところである。

 なんにせよ、海保は国交に属する。防衛に言われたから動く組織ではない。普天間は大事だという防衛サイドだけの理由で、「[海保は]『反基地活動家の妨害排除に逃げ腰だ」(首相官邸筋)との批判」をしたり、「『BRAVE HEARTS(勇者たち)』。[という、海猿]映画のタイトルに恥じない職務遂行を期待したい。(半沢尚久)」と言うのは、完全に筋違いだろう。

 そもそも、この手の強権的な取締は、やればやるほど反対運動も盛り上がるというものである。辺野古埋立そのものが県民の支持を得ているようには見えない。そこで、国が強行的な工事をやった場合には、成田の二の舞いになる可能性もある。

 辺野古埋立は、県内世論や、ジュゴンの件もあり、嘉手納や自衛隊基地への波及の可能性もある。その伝でいれば、やらないのが一番良いが、やるにしても、時間がかかることを覚悟し、地元感情を汲んでもっと穏当にやらなければならない。時間はいくらでも伸ばせる。揉める事業だから、別に明許繰越でも事故繰越でも問題はない。

 だが、いくら相手が産経だからといって、抗議運動に対して政府関係者が「[海保は]『反基地活動家の妨害排除に逃げ腰だ」(首相官邸筋)との批判」をするようでは、普天間埋立も上手くいかないのではないか。



※ 半沢尚久「海猿にバッシング 辺野古警備に『逃げ腰だ』」『産経新聞』(産経新聞,2014.3.8)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140305/plc14030517510012-n1.htm
スポンサーサイト



2014.03
14
CM:0
TB:0
00:00
Category : アニメ評
謀略のズヴィズダー、原作のネタバレを含みますのでご注意。




 旧正月に首都で蜂起してからの展開が、まずは見逃せません。最初は老人と子供のポルカが頭に浮かんでしまった『謀略のズヴィズダー』ですが、やはり原作は読むものです。TVマンガ版のネタバレとなるので細かくは言えませんが、やはり終盤での追い込みは力強いものです。

 まずは、TVでの第12話に相当する『首都東京最後の日』でしょうか。題名からも伺えるように、明らかにレインボーマンでの悪魔部隊DACの蜂起がモチーフとなっておりますが、ズヴィスダは、それまでの人間関係がレインボーマン以上に密に構築されているため、見逃せないでしょう。

 物語の西ウド川市での地下活動に専念していたズヴィスダは、ついに旧正月に義起を起こします。『ロボ執事』放映が突然途絶し、ジャックされた放送によってゼネストが呼びかけられ、ズヴィズダ構成員が一斉に蜂起します。警察に潜む分子は警備状況を撹乱し、地方自治体の分子は警察の指示と勝手に契約土木会社を使い、拒馬や土のうで道路網を閉塞させ、ズヴィズダの行動を援護します。その情景はレインボーマン最終話のDAC蜂起そのものです。

 しかし、東京義起は失敗してしまいます。ホワイトライトや東京都は、義起参加者をテロリストとして即時に処刑する。13話相当の『死刑執行人もまた死す』ですが、組織内での地位向上を掛け、決死の覚悟でホワイトイーグレット刺殺に成功したヤスの見せ場となっています。

 TVクルーを引き継れて、白昼、公然にイーグレット刺殺に成功するヤスですが、因果はめぐるもので、同じく白昼にホワイトファルコンに軍事裁判抜きで、生中継で路上公開処刑されてしまう。杭に縛り付けられ、マスクを外されたヤス、ヤスはそこでの匂いから、ファルコンがかつて情を通じた香織姐さんであることに気づき、惨めにも命乞いを懇願するものの、怒りに震えるファルコンには通じない。そのコメカミにリボルバーを直付するファルコン。頭の位置を銃口から必死でそらそうとするヤス。そして発砲。読者はそこでロビンへの嫌悪感が充満しますが、原作・監督である岡村天斎の思うがままといったところでしょう。

 再び地下に潜るズヴィズダですが、文字通り地下に隠れます。14話相当の『地下水道』では、蜂起が失敗直後の、下水道を用いた都市ゲリラ戦を描いていますが、やはり戦況は芳しくなく、戦闘員は散り散りになる。ケイトにしても、もともと東京都の外からの援軍を期待して蜂起したものの、江戸川を挟んだ千葉は戦後のズヴィズダ影響力排除を狙い、静観するばかり。ごく一部の県外亡命者を部隊を差し向けるだけで、まともな援助がない状況では、八方ふさがりといったところでしょう。

 そこに、物理的な閉塞感もくわかります。下水道での戦いで、地上側から脱出口を尽く塞がれた絶望感は、尋常なものではありません。そこからのケイトと明日太の脱出行とその結末は、冷たいものでした。ネタバレに関わるので言えませんが、○○○を集めて閉塞部を破壊し、地上にでた二人の会話からはクライマックスでしょう。後続しているはずの戦闘員を呼べといった明日太と、それに対するケイトの「後続の戦闘員の話は嘘だ。オマエを私だけを助ければいいのだ」返事、そこで起きる☓☓のあと、仲間を呼ぶために再び下水道に入る明日太。その姿をどのように映像化されるかは見ものです。

 あとは戦後を描いた派生作品でしょうか。TV放映されるか、BDに入るかわかりませんが、『謀略のズヴィズダー 灰とダイヤモンド』は欠かせません。

 ズダズダに切り裂かれた社会。戦争に一つの家族が東京都という権力と、ズヴィズダといった反体制に別れ、かつての恋人も反政府組織と、傀儡軍の手先に分かれてしまった。引き裂かれたのは上流・中産階級だけではない。戦前は血の団結を誇ったマフィアも、体制と反体制に別れて殺し合いをした。その戦争の後、平和なはずの社会の修羅道を描いた傑作です。

 組織間の闘争は戦後になっても終わらない。たしかに、表面は平和になっている。そこで、一般市民としてかつての関係を取り戻そうとする平和な明日太と蓮華のキャフフもある。だが、実態としてはかつての敵や、あるいはかつては仲間であった組織内の敵対分子を始末する暗殺者であり、しかも互いに秘しておりそれをしらない。ズヴィズダ参加の経歴では仕事もなく、仕方なく闇の稼業に手を染める明日太と、明日太との関係を旧ズヴィズダ摘発として正当化した蓮華。そして「これを最後に」と、互いが組織を足抜きするために選んだ最後の暗殺対象の相手の皮肉……。

 やはり、かつての出身母体がそのまま政治的立場になり、暗殺や弾圧を含めた手段でヘゲモニーを競う姿を描いた『灰とダイヤモンド』は『謀略のズヴィズダ-』の締めくくりにふさわしい作品でしょう。




 いつものことだが、なんでこんなものを書くのかわからないのだけれどもね。
 買い物していたら『ストライクウィッチーズ劇場版 - ゆきゆきて神軍』というフレーズがでてから、割りと止まらない『ストライクウッチーズ - 真空地帯』とか『ストライクウィッチーズ - きけ、わだつみの声』とかね。
 そうとう前に酒席でした話だが、坂本大佐が武装解除しない宮藤に、戦争中の全員のC/Sで呼びかけるシーンで「みんな死にました」とだけ応答するイメージの前に、神軍平等兵として部隊関係者のところをブイブイ荒らしまわる宮藤の姿が追加されて駄目さが一気に増加していい感じだったよ。
 ちなみに、ストライクウィッチーズは一回も見ていないのだけれども。