FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.04
04
CM:0
TB:0
12:00
Category : 未分類
 図書館で横断検索してみたのだが。メタンハイドレート関連の記事はたいてい問題点を指摘していない。日本の周りにこんなにあるとか、エネルギー大国になれるみたいな話は判子で押したように繰り返されるが、肝心の採算見通しそのほかが載っていない。

 メタンハイドレートを商業採掘する目処も立っていない。13年3月の試験採掘について、愛知沖で減圧法で云々と書かれているが、それは条件の良い所での一回こっきりの作業である。商業採掘のためには、採掘技術だけでは駄目で、安定供給が必要で、天候海象に左右されず、貯蔵輸送も確実にしなければならない。果たして、そのコストはどれくらいかかるのだろうか。

 ものの話だと、今の技術だと上手くいってもコストはシェールガスの10倍ともいう。

 シェールガスも、ガス価格が高くなければペイしないエネルギーだった。原油価格高騰に引っ張られて、通常の井戸から取れる天然ガスの値段も爆跳した。その結果、ようやく商業的に引き合ったのがシェールガスである。

 そして、ガス価格が下がるとシェールガスは割が合わなくなった。シェールガスの大量採掘により、天然ガス市場がダブついた。その結果ガス価格が下落したので、シェールガスは全くペイしなくなった。今となっては、いろいろな会社がシェールガスへの投資を損切りしている現状である。

 メタンハイドレートは、どうみてもシェールガスよりも高い。シェールガスすらペイしないのに、メタンハイドレートがペイするとは思えない。

 しかし、経済誌の類はそうは書かない。株屋の新聞と同じようなもので、儲かるとしか言わない。金に飢えた亡者に、次に儲かるものを紹介する雑誌なので、儲かりそうなイメージだけを前に出して、問題点は隠す。筆者の良心から書くにしても、事も無げな問題であるようにしか書かない。

 それに騙されると、次の資源はメタンハイドレートだと言い出すようになるのだろう。鉱山には山師がつきものであり、メタンハイドレートにも山師はいる。だが、騙すのは山師だけではない。山師の言い分を、山師であると知りながら吹聴する経済誌ほかのマスコミも、売上のために騙そうとする。

 不思議なのが、そのいうことを余り疑わない連中である。実績ある経営者やら会社の中級‐高級幹部は頭が良いはずなのだが、あまり物事を疑わない。特に前者は金儲けのチャンスに「国家のために云々」とヘンテコな理屈をつけて、自滅のチャージをかけるのはマヌケにみえる。メタンハイドレートが採れたら採れたで価格が暴落する。フランキングされることは間違いないのにねえ。
2014.04
04
CM:2
TB:0
09:04
Category : 未分類
 洗剤なんか大概は同じ。特に「専用」とか「小口ボトル」の類を買う必要もない。

 赤星たみこ「使える!トイレ掃除に粉石けん」 ではトイレ用洗剤について「あんなものは必要ない」といっている。それはそうだ。

 専用洗剤の大概はいらない。

 車用もいらない。もともと車なんか磨かないが、糸傷の類がついても、汚れ落としと脱脂には台所の中性洗剤を使って、あとはタミヤカラーを塗れば終わりだ。

 シャツの襟足用洗剤も、多分、洗濯用洗剤と同じものだ。液体洗濯洗剤を塗っても、同じ効果が得られる。一番洗浄力の弱そうなミヨシの無添加無漂白タイプだが、それを襟首に指で塗っても同じ効果が得られる。10年位前に気づいてからずーっとそうしている。

 そもそも、衣類用洗濯洗剤も別の洗剤でも代用できる。どうでもいいものを洗う外置き洗濯機では、中性洗剤やら、○○用の強アルカリをごく少量入れて洗っていた。非常によく落ちて気持ちもよろしい。

 屋内の洗濯機の洗浄も、「洗濯槽あらい」を買うまでもない。普段なら台所用中性洗剤、たまにやる、バイオフィルム、わかめモドキ除去なら、水道屋から次亜塩素酸を分けて貰って使えば良い。洗濯槽用の次亜は、水道屋の次亜と変わらない。そして水道屋の次亜の方が強力で安い。希釈量は市販品同等となるように自分で計算すれば、中和の必要もない。(まあ1人住まいの一軒家のくせに10人槽だから、強くてもあんま気にしないけどね)
2014.04
03
CM:3
TB:0
20:48
Category : 未分類
 タイコンデロガ級巡洋艦は、相当に狭いらしい。もともとは略1万トンのスプルーアンス級に、イージスシステムを載せたのがタイコンデロガ級だが、そのイージスシステムに圧迫されて居住区が充分に取れない。

 「だから、ベットは二人に一つ」という話を聞いた。もちろん、二人で一つのベットに這入るのではなく、時間を分けて寝る。前の人間でベットが保温されるので、これをホットベットという。(ググるとHot rackingとか、hot bunking、hot beddingが正しいらしい)

 潜水艦では、ホットベットの話はよく聞く。別の人の話だと、最近の日本潜水艦では「あんましない」との話だが、それは潜水艦を(おそらく)長期行動させる前提で作っているからでだろう。

 しかし、それが水上艦であり、しかも米海軍の現用イージス艦である。そう聞くと「日本よりも、遥かに贅沢で快適さを優先する米軍」というイメージは崩れてしまう。

 逆に、実は米国よりも日本の方が居住性や快適さに煩いのではないかとも疑うものである。戦闘機開発の話あたりを読んで日米を比較すると、割と日本は兵器については乗り心地とかに煩く、逆に米国は大雑把である例はおおい。
2014.04
02
CM:1
TB:0
12:00
Category : 未分類
 陸海空とも、高性能化に伴い、装備ほかの値段が上がっているわけで、数が減るのは仕方がない。

 佐藤守さんが「『力なき正義は無効』・わが国の防衛政策に思う」http://blogos.com/article/80547/が陸海空戦力の減少を問題視している。民主党政権批判や、中国は必ず攻めてくるといった部分はお歯が合わないのでさておく。

 その最後に「新防衛大綱の目指すべきもの」という節がある。毎回の防衛大綱について「『軍縮ムード』」を指摘しており、その具体的な提示として陸自人員や海空主要装備の減少を挙げている。
3自衛隊とも、例えば51大綱で18万人であった陸自定数は16万⇒15万5千⇒15万4千に、海自護衛艦数は60隻⇒50隻⇒47隻⇒48隻に、空自の作戦用航空機数は430機⇒400機⇒350機⇒340機と戦力がどんどん削減され続けてきた


 しかし、各大綱での陸海空戦力縮小は「『軍縮ムード』」による戦力削減なのだろうか?

 まず、陸自定数は陸自戦力を図る指標として正しくはない。陸自は定数を満たしたことはない。定数18万時代も、実数は16万に達したことはほとんどない。そして、今の定数15.4万は実数約14万に近い。この観点からみれば、陸自はあまり人員削減をしていない。(現今の環境と陸自の必要性低下から、もっと削減の余地はあるがそれはココでは述べない)

 また、陸自戦力の強化も無視している。昭和50年代の陸自と今の陸自は違う。かつてはごく一部の正面部隊を除けば、あとは火力も乏しい徒歩歩兵であり、旧式の供与装備が残っていた。しかし今日は、ほぼ全ての部隊が強化されている。

 実質的には、戦力は強化されている。当座の必要がない陸自でありながら、人員はほとんど減らず、装備は高性能化・高額化している。人員が実数15.5万から実数14万に減少したかもしれない。だが、戦車やヘリは高性能化し、装甲車や長射程の野砲は山陰や近畿の警備部隊まで引き渡されている。

 海空自も同じようなものだ。少しばかり数は減っても、戦力全体では増強されている。

 水上艦の数は60隻から48隻に減ったかもしれないが、沿岸でしか使えないような、ヘリもミサイルも積まないDDKの類から、外洋で使え、ヘリもミサイルも積んでいる大型の「ゆき」以降に切り替わっている。DDGの数は8隻確保され、しかもそのうち6隻はイージスである。

 空自作戦用機も、430から340に減った以上に強化されている。戦闘機はF-104、F-86からF-15,F-2となり、F-35に変わろうとしている。輸送機はC-46からC-130に、存在しなかったAEWやAWACSも世界有数の数を持ち、空中給油機もそれなりに確保している。

 つまり、陸海空戦力は年を追うごとに成長しているということだ。これは相対的に見ても同じである。他国との関係でみても、確かに中国は軍事力を成長させているかもしれないが、米国は伸び悩み、かつての脅威ソ連はロシアになり、極東や太平洋では無視できる戦力に落ちぶれている。

 戦力が強化されている以上、数が減ることを、それほどに責めることもないだろう。

 そもそも、高価格化で数が揃えられない状況がある。戦車はM4(タダ)から、61式(1億)、74式(4億)、90式(10億)、10式(実質10億+)に値段が上がっている。艦艇も、当時一番安い新造艦、ちくご型後期で80億円(初期型は30億程度)だったものが、イージス艦となると1隻1000億を超えている。戦闘機も、F-104(10億)、F-4(30億)、F-15・F-2(100億)、F-35(実質100億+)となっている。

 この状況で、高性能装備をかつてと同じ数を揃えろというのは無茶な話である。宗教的情熱で「戦車が1200両なければ国が滅ぶ」と言うのなら、買う戦車をT-55にでも変えないと駄目な話である。
2014.04
01
CM:6
TB:0
19:32
Category : 未分類
 空挺団の訓練輸送は民間委託してもいいのではないか。

 たまに下総航空基地に空挺団がいる。下総からC-1に乗って習志野でパラシュート降下するという段取り担っている様子なのだが、毎回わざわざ輸送機をつかってやることなのだろうか。

 降下訓練は、特に輸送機を選り好みするわけではない。空挺降下はC-1でなければならないということはない。実際にはC-130を使うこともあるだろうし、陸自限りの訓練では
ヘリを使うこともある。つまり機体は何でもよいということだ。

 それならば、安い運航経費の機体を、民間委託によって訓練を行えば、経費の節約になるのではないか。民間には機体も運航経費も安価な機体がある。また、今までの例から見ても操縦も整備も部外委託のほうが安い。降下訓練でわざわざ空自の輸送機を使うよりも安くなる可能性もある。

 例えば、スカイダイビング用の会社に空挺訓練を投げることはできないだろうか? スカイダイビングには、10-20席程度の小型機が使われており、側面に大きなドアが設えられている。そこに陸自式の落下傘に適応する艤装をつければ、問題なく降下訓練はできるのではないか。

 今後を考慮すると、降下訓練は相当分を部外に投げたほうが良い。いずれ空自からC-1はなくなる。その更新は降下訓練で常用するには高価なC-2であり、順調に完成しても調達数も見込めず、降下訓練に回るかわからない。もちろん、C-130があるが、運航経費はC-1よりも高い。

 防衛企業にも、スカイバンやブロンコの中古あたりを買って参入する余地はあるように見える。空挺降下訓練だけではなく、どうでもいい短距離の自衛隊連絡便受託そのほかも請けられる余地はあるだろう。運転手や整備やロードマスターはOBにすれば、受託もし易い。




 まあ、そもそも空挺団が空挺作戦やることがあるのかとも思うがね。辛口に言えば、空挺降下そのものには、エリート部隊としての自己満足とか、イニシエーション程度の意味しかないようにも見えるよ。仮にやっても、もっと少ない人数での潜入的な運用法じゃないのかね。