FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.06
05
CM:4
TB:0
12:48
Category : 未分類
 装備を原則国産とすることや、随契導入は自衛隊のためにはならないのではないか。

 自民党国防部会が、既存防衛産業だけ保護する提言をまとめている。産経「防衛装備『国産が基本』 生産基盤戦略で自民提言案」によれば、これからも国産装備を使わせる、一般競争入札はさせないとしている。これは既存の防衛産業に採っては利益かも知れないが、自衛隊の利益にはならない。

 なんでも国産開発を使え、はロクなものではない。国産装備に拘った結果、イマイチな製品もゴロゴロしている。機関銃や小銃がその例である。信頼性がイマイチな割に、市場に揉まれていないのでデザインが悪い。使う兵隊が大戦中のMAP供与品の方が快調とまでいう始末である。

 しかも、国産だと高価で数が揃わない問題がある。機関銃はともかく、小銃なんか国際市場で購入しても構わないし、そうすれば安くていいものが手に入る。自衛隊の事を考えれば、安くて品質の高い海外ブランドの海外製造品を多数買ってもらったほうがいいだろう。

 これがミサイルの類の国産開発となると、開発費詐欺のような状況になっている。海外製とスペック上で大差のないミサイルを、国産開発するが結局は数が揃わない。結局は、技本の開発利権なのだろう。どうでもいいミサイルの自主開発をして、それを装備化して調達するとなる、盗人に追い銭のようなものだ。

 さらに、一般競争入札よりも随契を使わせるというのはどうしようもない。「『粗悪な装備品が導入される悪影響が生じている』として随意契約の拡大を要求。」というのは、仕様書不備や、担当者監督官検査官の能力不足を全部黙認するものだ。この状況で随契を認めても、不適正な入札、ムダに高く買い物することを認めるだけである。

 これも調達予算の高騰を招き、必要数が揃えられない問題を加速するだけだろう。

 いずれにせよ、自民提言案は既存の防衛産業を甘やかす効果はあるが、自衛隊のためにはならない。国防部会も、自衛隊の都合よりも防衛産業の都合を優先する立場にあるのだろう。



※ 「防衛装備『国産が基本』 生産基盤戦略で自民提言案」『産経新聞』(産経新聞。2014.4.10)http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140410/plc14041020320017-n1.htm
2014.06
04
CM:2
TB:0
12:00
Category : 未分類
 いまだに小学校中学校で組体操なんかやっているあたり、旧態依然なのだけれども。

 毎日新聞は限外に「百害あって一利なしだろ」と言っている。確かにその通りで、今日、なんの役に立つかもわからない。

 19世紀あたりの、陸軍が要塞の城壁を乗り越えるのに使った人梯が、その後に生き残って組体操じゃないのかね。ちなみに、大山元帥の倅、柏さんのエッセーに、日露戦争の頃か、城壁を乗り越えるために人梯の訓練をした話がある。柏さんによると、さっさと崩れろと思った、上のやつなんか、落ちてお面に怪我するのも人を踏みつけにしたせいだザマミロのような内容だった。己も下積みしかやったことないが、確かに崩してやろう程度しか考えなかった。

 その組体操で、実際に人死もでたこともあるという。最近も崩れて腰の骨を折る奴もでたという。

 アレな教員が、数字が大きければエライだろうと10段つみ7mとかやりだして、別のアレな教員もそれに対抗しよう高さを競っているともいう。

 小中学校の先生なんて、もともとあんまり頭も良くない。7mもあれば人死が出るということも考えず、ガッツだけでやらせようとする。大人相手の社会で働いたこともないので、安全管理その他まで頭は回らない。職員室の中の出世ゲームもあるので、よそがやって大丈夫なら、自分のところでもやろうと考えるのだろう。

 そもそも、勉強に使う時間が短いとか言うのも怪しいものだ。教育関係者は学習時間を確保するために土曜日も授業をするというが、平日にこんなことをしていれば時間も足りなくなるのは当たり前だ。運動会やら合唱祭のお稽古なんて無駄な時間使うのをやめて勉強して、土日を休みにした方がいいだろう。

 時間をムダに使うものとしては、チンドン屋の練習もある。アレも先生の自己満足や、教育集団のズレた目的意識のなせる技だろう。

 一番ひどいのは、昭和40年位だったらしい。新聞に国体その他の演し物でやるという話で、小中高の学生を動員し、チンドン屋をやらせるのは問題ではないかといった記事があった。授業もろくにせず夏休みも潰してチンドン屋の練習をやらせる。トランペットのような楽器も子供に買わせるという酷さ。高校生位になると、頭のいい子の学校では生徒会でボイコットが決議されたとも言う。

 まあ、7段組体操とか、尋常ではないし、怪我しても損なだけだ。拒否した方がいいだろう。そもそも、中高生ならサボるものだと思うがね。高校の時、男子校の体育祭で騎馬戦とかあったが、怪我しそうな上に、どうせ馬の後ろ足要員だとマヌケなだけ。骨折り損のくたびれ儲けで、メリットはなにもないと3年間完全に全部サボっていたよ。自分の子供がそういったことやらされそうなら、ズル休みとかサボるって対策もあるよと教えてやれば良さそうなものだがね。



※  「組み体操の事故 高さを競うのは危険だ」『毎日新聞』(毎日新聞,2014.5.31)http://mainichi.jp/opinion/news/20140531k0000m070106000c.html

※※ 自衛隊の体力測定や運動測定の類も、メンドイので手を抜いて全部低めにしといたね。できていいことなにもない。ベンツマークなんか何の役にも立たないし、仕事も山ほどある。
   特にハンドボールとラグビー、相撲は怪我するだけで何もいいこともない。そればっかやってる奴は勤務時間からドップリ漬かっているから非常識で、話もマトモに通じないので、困ったもんだった。銃剣道もその傾向があって、さらに銃剣道連盟がウザい問題もあったが、そっちは下士官以下しかやらないので己には関係なかったけれども。
2014.06
03
CM:1
TB:0
12:00
Category : 未分類
 沿岸捕鯨はどうでもいいのだが。それを守るべきと主張する博物館が、捕鯨反対する人を入館拒否ってのは相当に情けなくはないか。

 太地町立くじらの博物館は、反捕鯨の人は入館してはならないと言い出している。それを産経新聞の関西版が、ごもっともと肯定※している 
 追い込み漁が行われている太地町の畠尻湾には「シー・シェパード」のメンバーらが集まり、追い込み漁に携わる漁師たちを双眼鏡などで監視し、ビデオカメラで撮影する姿がみられるようになった。

 同館は、その畠尻湾から約300メートルと目と鼻の先にあり、活動家らが追い込み漁の監視の傍ら、博物館まで歩いてくることもしばしばある。これまで大きなトラブルはなかったというが、活動家らが小型カメラなどで館内を撮影した動画をインターネットなどで流し、批判的に伝えたことはあったという。

 イルカ漁が始まると、こうした活動家が増えるため、同館は「捕鯨反対の方は博物館には入館できませんので、ご注意ください」という、英語と日本語で書かれたA4判の説明カード使って対応を始めた。
[中略]
 「本来なら博物館としてそんなことはしたくない。しかし、太地の文化と漁業は守らなければならない」(林館長)。同町は苦渋の対応を続けている。
「混乱招く『鯨・イルカ漁』反対外国人の“問題行動”…『入館拒否批判』に苦しむ“鯨の町”の切なさ」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140527/waf14052707000001-n3.htm,
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140527/waf14052707000001-n4.htm
これは、身内だからどーしょうもない対応でも擁護する報道姿勢ではないのかね。

 どう見ても、自分たちの主張がひ弱で外の批判に耐えられないから、クローズしておく姿勢にしか見えない。結局、沿岸捕鯨維持の主張もロジックも、そんなものなんだろう。反対する人を納得させる理屈もないし、自信もないから来てくれるなと言っているようなものではないか。

 沿岸捕鯨をやる、やらないはどうでもいい。地元が経済性の範囲でやっていることであって、興味もない外野がどうこういうことでもない。やるというのも反対する必要もないし、同じようにやめろという側に反対する必要もない。実際に世論を見ても、続けてもいいし、反対運動に音を上げても構わない程度の無関心だろう。マグロやうなぎほどおいしいわけでもない。

 ただし、反捕鯨団体へ感情的反発から、太地町のアレな反応を肯定する新聞というのもどんなものかね。気に食わない活動をしている毛唐を締め出せと言い出した町と、その言い分を肯定するのが。他社の報道姿勢に文句をつける※※ 割には、身内は甘かす新聞ではないのかね。



※   小泉一敏「混乱招く『鯨・イルカ漁』反対外国人の“問題行動”…『入館拒否批判』に苦しむ“鯨の町”の切なさ」『産経ニュースウエスト』(産経新聞,2014.6.3)http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140527/waf14052707000001-n1.htm

※※  基本的に身内しか読まないと思っていて、その身内を喜ばすのが報道だとおもっている様子があるよ。
    河村直哉「日本に迷惑千万、亡国の「左傾メディア」…集団的自衛権行使への反対紙面は異様である」『産経ニュースウエスト』(産経新聞,2014.5.17)http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140517/waf14051707000001-n1.htmがまったくそれ
左傾メディアの存在に、百歩譲って日本の歴史においてなにがしかの意味があったとしても、もうその役割は終わっているのではないか。というより、この期に及んであまりに左巻き、もとへ左向きの論調を垂れ流されては、日本にとって迷惑千万である。
偏執的な偏向「まともな新聞のすることだろうか」

 たとえばこのところの朝日新聞は、集団的自衛権の行使容認に反対の大合唱だった。

    産経ニュースウエストとか、その大阪正論室長って、マズイのを隔離するポストにしか見えないが、それならそれが社名つきメディアで書くのを阻止するのが、産経が大好きな危機管理ではないのかね。

※※※ この種のアレ保守派って、「左巻き」というと罵倒した気になって満足する様子があるよね。実際はアレな宗教の狂信者が「不信心もの」とか「地獄に落ちろ」と言うようなもので、言われても全然罵倒された気にもならないものだが。本人たちは相手がおそれおののく魔法の呪文か何かだと思っているあたりが似ている。
2014.06
02
CM:2
TB:0
12:00
Category : 未分類
 まあ、賭博を認めようが認めまいがどうでもいいのだけれども。なんでカジノが成長戦略になるのかね。

 NHK「首相 カジノ含む観光施設の導入に意欲」で、頭の弱い宰相がカジノについて『こうした施設は日本の成長戦略の目玉になる』と述べている。中国から中国人が来てアッツい真剣勝負をして、騙されて金を落とすといった図画を書いているのだろう。

 しかし、中国人が賭博でわざわざ日本に来るものか。カジノならマカオにある。アッチが本場で、わざわざ日本まで来てやるものでもあるまい。

 結局は、日本人が昼間っから酒かっくらって賭博をやるだけではないのか。そこで金をカッパげば確かに興行主が儲かるだろう。だが、金を喪ったヤツは自暴自棄で何やるかわからないし、何もかも喪って社会の荷物になるだけではないのかね。

 それのどこが成長戦略になるのかは分からない。まあ、興行主から金を貰う算段でもあるのだろうよ。

 そもそも、カジノとそれ以外の賭博をどう線引するのかね。

 ルーレットがOKなら、最近は見ないが路上のデンスケ勝負もOKだろう。見た目はどっちもルーレットであって、どうせイカサマがあるのは同じである。運上を取る仕組みがあれば、別にどっちでも構わないだろう。

 ブラックジャックの類が許されるなら、同じカードゲームの麻雀も許されるだろうし、麻雀がOKなら賭将棋もOKだろう。

 もっと言えば、一六勝負がOKなら、高校野球賭博もOKだろう。

 その辺りで、お台場カジノをやる業者はなぜ合法で、それ以外は非合法であると、どうやって説明するのかが見ものである。

 ま、この手の話には、たいていヨイショする連中が出てくる。前者は健康で清潔で紳士の社交場で知的ゲームであるというのだろう。暗に後者は闇社会と繋がり不潔で関東労務層のやる知能を使わないゲームであるといった言い方なのだが、当人はそういったことをしゃあしゃあと言うものだ。

 賭博は実際にやるほどの興味もないが、まずはそういったマヌケな擁護が出てくるのではないかと今から楽しみにするものであるよ。



※   「首相 カジノ含む観光施設の導入に意欲」『NHK NEWSWEB』(日本放送協会、2014.5.30)

※※  中国人呼ぶなら、売春施設とか作ればいいんじゃないの。江戸期、長崎の遊郭にはわざわざ中国商人が買春ツアーに来たと言う。世界一清潔で世界一安全で、世界一高い売春宿とかつくれば儲かると思うよ。
    カジノを認めるのと大差もない話だと思うけど、カジノを押している保守政治家を見ると、大概が性風俗やら道徳に厳しいことを言っているので、その二面性も不思議なものだね。
2014.06
01
CM:0
TB:0
12:00
Category : 未分類
 山陰中央新報「浜田港に海上自衛隊誘致を 商議所が市に要望書」だが、本当に実現性があると思っているのだろうか?

 まず、海自の興味は外洋にあり、地域防衛にはない。元来、本土防衛には乗り気でもなく、特にここ20年は海の向こうへの展開を睨んでいる。その海自には、基本的に新しい地域防衛のための基地を作る発想はない。

 そもそも、海自は山陰には全く興味はない。地域防衛にしても、海自は南西諸島線と海峡部しか興味もない。浜田は対馬海峡、対馬-壱岐に近いかもしれないが、距離的には佐世保から行ったほうが近いし、ほんとうに必要なら対馬の警備隊を強化したほうが良い。

 さらに、海自は警備部隊そのものを減らす方向にある。人出が足りないのに、使わない警備部隊やら基地を持っていても仕方もない。紀淡方面や観音崎、六連島といった警備部隊も廃止している。おそらくは、さらに使えない余市や新基分※※ もいずれは廃止されるだろう。浜田よりも重要な基地が廃止されるのに、浜田に基地が新設される可能性は低い。

 要は、浜田に海自基地はできないということだ。

 さらに、仮にできても経済効果なんか生まれもしない。要望側は「市内では以前から、関連施設の建設など経済波及効果を念頭に誘致を求める声があり」(山陰中央新報)と皮算用しているが、大した施設なんかは作らない。警備隊でも整備施設は作りはしない。零細企業程度の事務所を一個作って終わりである。だから、雇用も官需も期待できない。人員も新基分のように10人程度に留まるだろうから、経済効果はたかが知れている。もともと用もない場所なのでほとんど入港もない。

 可能性があるとすれば、弾薬庫ではないのかね。「どんな弾薬でも廃棄物(ウチガラほか結構ある)でも来てください。市有地を安く売却します。道路も水道も市が用意します」位を言えば、海自も食指は動くかもしれないが、危険なイメージから賛成する人もいない。さらに弾薬庫だと雇用も経済効果も大したものではない。そもそも、車で納品して、車で取りに来て終わりだから、入港の必要すらない。

 とはいえ、弾薬庫作らせてくれれば、周辺対策的に艦艇で積極的に遊びに行くことはある。そこで生鮮食料品を買うとかもするし、上陸して飲むかもしれない。

 でも、それ八百屋、魚屋と飲食店が儲かるだけで、その経済効果にぶら下がれない人には何の得もない。防衛の周辺対策費は入ってくるじゃないかと思うかもしれないが、それは本来取れる固定資産税やら事業税をカバーできる額ではないので、結局、損をするだけである。

 まあ、誰か識者に聞いてから要望したほうがよかったんじゃないの。それとも、商工会議所の厄介なエライ人が思いついたことだから、仕方なく要望したのかもしれないけど。



※   「浜田港に海上自衛隊誘致を 商議所が市に要望書」『山陰中央新報 オンラインニュース』(山陰中央新報,2014.5.28)http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=546114004
    というか、戦前から山陰は国の機関や鉄道を引っ張ろうとしていて、しかもその理由を防衛に結び付けたがる。ソ連が攻めてきてみたいな話だけど、そのソ連も滅んで、できたロシアも極東じゃプレイヤーにならないのだけれども。

※※  まあ、余市も新潟基地分遣隊も要らない。岸壁だけ貸してもらえれば、もやい取りは出張や地本でいいんじゃないのかね。
    特に余市なんて、配置したミサイル艇が「海が荒れてしかたがないからあ、大湊で暮らすわ」と毎冬引き上げてくる程度の基地。夜の海のものが美味しいし、昼間もウイスキー工場の試飲があるからと研修だけは人気あるんだけどね。

※※※ 舞鶴と大湊も、基地隊に引き下げてもいいかもね。どっちも要らないといえば要らない。将官は減らせるし、このITの時代、事務のたぐいも東京や横須賀でできる。管理部、経理部、作戦部は相当に小さく出来るよ。
    双方を基地隊に引き下げて、取り扱いで問題になるのは舞鶴教育隊くらいじゃないの。残してもいいし、あるいは教育隊もフルーツバスケット方式で横須賀、呉、佐世保で全国分まとめてやってもいいと思うけどね。
2014.06
01
CM:0
TB:0
01:51
Category : 未分類
 戦時国際法に、敵性落水者の救助義務があるのだろうか? 

 Dragonerさんはそれがあると主張している。
割と本気で、雷の漂流敵兵救助なんて戦時国際法の義務を「日本人の誇り」と誇るぐらいなら、日本軍の侵攻で帰れなくなった女生徒を囲ってウハウハしてた将軍を「日本男児の本懐!」と賞賛した方が良いと思っている
https://twitter.com/dragoner_JP/status/472640719933276160
だが、該当する戦時国際法は聞いたこともない。

 実際、戦時国際法にあるのは、救助用航空機や救助艇、病院船の保護規定や、落水者を目的とした攻撃の禁止だけである。落水者の救助は義務になっていない。

 そもそも、敵性落水者保護を義務付けると、その作業の間は自軍が危険にさらされる。人命は重要であるが、そのために危険を犯すことを義務付けるのは、特に戦闘時には非合理的である。潜水艦が敵艦を沈めた後に、浮上し救助を義務付けるのは妥当だろうか? 救助ができない航空機は、当然免除しなければならないが、それと水上艦や潜水艦とのバランスはどうだろうか? 戦時国際法の義務と主張するDragonerさんは、そのあたりの矛盾に気づかないのが不思議である。

 落水者への救難や援助は、成文化された国際法にもない。(救助を義務的に果たすことを前提とした海難救助地域の指定はある) 実際に義務付けているのは、グッドシーマンシップを果たす義務といった国際慣習(これも国際法を構成するが、成文法ではない)である。

 もちろん、戦時にも、安全な状態であれば、船員として救助しなければならないだろう。救難能力に余裕があれば、救難航空機を出すべきだろう。しかし、それは戦時国際法での義務ではない。やれば賞賛すべき行為であり、評価に値しないとは到底言えない。

 この前提条件を無視して、響の行為とその功績を否定的に扱うのは妥当ではないだろう。存在もしない「戦時国際法の義務」を振り回して、人道上あった立派な行為の評価について泥を塗るのは、何のためか疑いたくなる。

 結局、Dragonerさんは、訳知り顔をしたいだけではないのか。女生徒を囲った日本軍隊の非人道性を指摘したいのだろうが、そのために、救助や人道的行為の価値までも「戦時国際法の義務」と捏造してまで不当に下げようとすることには、いやらしさを感じてしまうものである。



※ まあ、JSFとそのお仲間は相互主義だし、前に散々言われているから、ボクも散々言うことにしますよ。

※※ グッドシーマンシップとは、船員としての慣習的義務だと思ってもらえばいいです。落水者への無償救助義務慣習はそこに始まります。船員の常務という言い方もあるけど、それは海上衝突予防法に限定されるような言い方なので、横文字で。