FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
13
CM:16
TB:0
09:00
Category : 未分類
 TBSラジオで、電力会社の矛盾が突かれている。森本毅郎のスタンバイだが、電力会社やその取り巻きが「電力が足りない」とか「LNGの輸入で国富が」と言っているクセに、「太陽光発電の送電はできない」というのは矛盾ではないかというもの。

 実際には、儲からないからだろう。

 電力会社は高い電力を作れば作るほど儲かる。防衛省の随契と同じで、経費に利益率を掛けているから、経費を上げれば上げるほど儲かる。

 だが、よそから仕入れた電力では儲けられない。顧客から電気代としてKW約22円と賦課金1円を取るが、それはそのまま発電元に渡す金であり、収益にはならない。そもそも、電力会社以外が電力を作ると、電力会社の発電量のシェアも減る。

 つまり、自己の収益最大化で再生可能エネルギーは邪魔なので、妨害する。別に受け入れても問題もないものだが、技術的な問題を理由に抵抗しようとする。

 その尻馬に乗るのが取り巻き連である。取り巻きには、献金やら寄付の類をもらえるいった極小数の類と、一円にもならない、反反原発がいる。後者は、反左派でもある。反原発やエコにはサヨクの臭いがするから嫌いといったものだろう。※

 この連中は「電気は必須、『たかが電力』とは何ごと」とか「経済発展には電力が必要」という。酷いのになると「貿易立国なのに外貨の流出が」と、貿易立国と重商主義の区別がついていない。

 だが、増える電力が大陽光だと気に入らないらしい。減価償却が終わればタダの安い電力で、国富も流出しないのに、必死になって悪い電気だと主張して、よい電気の原子力の復活を主張している。彼らからすれば、太陽光だとピュア・オーディオに雑音が混じったり、雲の陰りで電圧がかわるので、炊飯器もでもご飯に雑味が交じるのだろう。

 いずれにせよ、無駄な抵抗である。太陽光の伸びは止められない。新築の3軒に2軒は積んでいる。工場や空き地まで太陽光のパネルを敷いている。固定価格買い取りの経済的なインセンティブはあるのだろうが、好条件ならなくても10数年でパリティになる。電力代はロハになるだけでも相当の利点である。

 さらに、太陽光関連の単価はさらに下がる。さらに値段があがる原子力や、市況次第で上げ下げするLNGや石炭とは違う。固定買い取りがなくとも、5年で償却して30年使えるようになれば、電力会社と契約する奴はいなくなる。

 電力会社も、斜陽産業になるのではないか。一度、太陽光を導入した顧客は、電力会社から電気は買わない。夜や悪天候に買うかもしれないが、差し引きすれば顧客ではなくなる。

 さらに電池の類が安くなれば、契約しないヤツが出てくる可能性も高い。水質に問題のない井戸と浄化槽があるのに、水道と下水道を引く奴はいないということだ。内風呂が増えたら銭湯に行かなくなるようなものだ。


※ まあ、櫻井よしこさんあたりのように、その両方もいるだろう。サヨクやエコを憎んで、それをマネタイズしているからね。そのうえ財団への献金や寄付、講演でも相当に金がもらってるんだろう。羨ましい限りであるよ
スポンサーサイト