FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.10
26
CM:9
TB:0
11:15
Category : 未分類
 80年代のソ連脅威の評価について、面白い記事を発見。まずは引用と孫引きなんで、現物見ないとなんとも言えないのだけれども。
 ・ ソ連の渡洋進行能力は1ヶ師団程度
 ・ 極東での対日空挺作戦は不可能
というもの。

 まあ、そんなものだろうね。

 来月分の記事にも似たようなこと書いたけど。84年版の「ソビエトミリタリーパワー」には、海上輸送能力を全部足すと1回で7ヶ師団と書いてあるが、それ、積込元と卸先に港湾を確保できる前提がオカシイ。その戦力、物資の移動集積も、シベリア鉄道・バム鉄道上ではある程度自由に運べるが、そこから先に運ぶ力はない。

 その指摘したのに、「7ヶ師団と隅田自身が書いている」と4年前に言った、だよもんさんは相当にアレだと思っていたけどね。

 実際には、まあ無理。ウラジオ、ナホトカ、ワニノでも、7ヶ師団と物資集結するのにはどんくらい時間掛かるよとか、集結すりゃバレるぞもある。まともな野戦能力持って、充足率の高い師団は極東には5ヶもなかったので、ヨーロッパから抜けばバレるよとね。

 極東での対日空挺作戦も、できないと判断してよい。まずは制空権があるし、輸送機の数、整備能力、一回の往復所要(荷物搭載から、出撃、投下、帰投、整備、燃料補給、再搭載)考えれば、初日に3往復できるかどうか、以降は1日2往復がいいところだろうし、天気悪けりゃ駄目だしね。

 ちなみに、これ、米議会のコリンズレポートが元らしい。ただ、現物探しているけど、30年前のものなのでなかなか見つからない。国会か、大学か、防衛省の本省、場合によれば頼んで幹部学校の図書館で調べてもらおうと思っているけどね。

 他にも、国防省や駐留米軍の判断も同じと記事では評している。「対日侵攻や、ましてや空挺部隊投入はないと判断している」としている。

 まあ、「ROROで対日戦」「空挺軍ガー」「装甲車が降りてくる」とか言ってたマヌケたち、 例えば、だよもんさんはそのマヌケだし、その尻馬に乗ったJSFさん、消印所沢さんは、やっぱマヌケだったということだ。
・ 「だよもん氏のツッコミ解説『極東ロシアの軍事輸送能力』」
・ 「何故か山桜37演習の想定に拒否反応を示す隅田金属ぼるじひ社」
このあたりだね。

 あとは、「陸自OBが空中機動旅団の脅威を説いているが、現物は極東にない」という部分も面白かったよ。
スポンサーサイト