FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.11
06
CM:4
TB:0
12:00
Category : 未分類
 艦載砲や榴弾砲用に誘導砲弾があるが、アレに金を突っ込む価値があるのだろうか?

 誘導機能を砲弾に突っ込むとなると、高くつく。同し誘導形式の誘導爆弾やミサイルの比ではない。高Gに耐える必要があるし、フィンで誘導するためにライフリングによる旋動をキャンセルする仕組みが必要になる。

 それでいて、威力は弱い。艦載砲であれは5インチ(127mm)、榴弾砲であっても6インチ(155mm)に過ぎず、砲弾の長さを増やしたところで、重量60kgがいいところである。その容積の多くは誘導機構や、フィンの展張、旋動キャンセルに使われる。純粋な威力は、たいしたものでもない。

 それならば、ミサイルでいいんじゃないのか。

 値段も高い。砲弾は推進機構がないから安いということになっているが、おそらく単価はミサイルとそう大差あるものではない。艦載砲の場合、ズムウォルトのように専用6インチ砲に改めれば、トータルではむしろ高くなるのではないか。

 そもそも、誘導砲弾をつるべ撃ちする状況はあまりない。高いので節約が要求されるし、砲弾も軍艦や砲側にそれほど供給できるとは思えない。対空用の通常砲弾も必要になるのでそんなに積めない。

 1隻が1回に10発撃つかどうかなら、ミサイルでいいのではないか。5/6インチ同等の弾頭威力で良いなら、シースパローの存速と弾頭重量がそんなものだ。スパローの誘導機構をGPS/慣性誘導とっかえれば、安くつく。

 あるいは、四式投射法の類でもいいのではないか。航空爆弾を迫撃砲で投射する例の方法を進化させる。スピゴット式の前装とか、カタパルトとか、低速のロケット、迫撃砲の類でJDAMを放り投げる。マーベリックならもっと射程も稼げる。ある程度の高度まで放り投げれればよい。

 長射程は稼げないかもしれないが、それは本格的なミサイルや航空機に任せれば良い。何も艦載砲から威力の弱い砲弾でやる仕事ではない。
2014.11
05
CM:0
TB:0
18:32
Category : 未分類
 ゲラのPDFが来たのだけれども。インデザインで組版されたあと、PDFで書き出しされている。

 それを紙焼して、赤ペンいれて、スキャナで読み込んで、インデザインで画面に乗っけてPDFにまとめて送り返すのはものすごく面倒くさい。

 インデザインでくれれば、そのまま治すんだけどね。
2014.11
05
CM:18
TB:0
12:00
Category : 未分類
 小笠原での、中国漁船サンゴ密漁の件なのだが。「防衛大臣が一義的には自衛隊ではない」と言っている。だが、現実的には海自は対応をするし、今回もしているだろう。

 この手の状況では、海自機はすぐに展開して情報収集する。海自にもスクランブル相当はある。ワンレディ、ツーレディがそれだし、この手の件でも結構上げる。別に訓練ついでに上げても良い。部内の情報収集扱いにしているだけで、オフィシャルで密漁対処と言わないだけの話である。

 場所的にも情報収集や監視も容易である。硫黄島のすぐ脇、200kmしか離れていない。P-3Cを上げて30分もかからない。画像とポジションとって、重要なものはそのまま転送してもよし、厚木に行って全部のデータを本省まで送っても良い。硫黄島には固定配備された機体はない。整備能力が低く、ウオッシュラックでの塩流しもできないので、どうせ本土に戻る必要がある。

 防衛本省も、やたら知りたがる。とくに画像が欲しいといった頭がある。なんせそのための設備もある。今の庁舎は10年前に出来たが、LANの能力が低かったりした時期なので、画像を写真で送るための気送管がある。もちろん、当節は全部デジタルで終わるので、画像はLANで送られる。当然、内閣府や海保、水産庁にも送られる。

 関係各部隊も、この状況では毎日、朝の会合で報告されているだろう。OPでは管轄区域内のその手の情報が報告される。報告されても、部隊で何をやるでもないのだが、目新しいからみんな見ている。

 横監あたりだと「へー」程度で「父基分に警察が泊まるかもしれんから、なんかケアしてやれや」とか「食い物は充分あるので大丈夫でしょ、あそこ水は困らない」みたいな話ではないのかね。

 まあ、自衛隊が対応するというと、国内でも国外でも強硬な雰囲気になる。だから、今程度のやり方が一番スマートである。

 中国もゴメンと謝っている。中国の「『中国の関係当局が引き続き違法行為の取締りを強めていく』」(NHK)は、密漁を認めたもので、実際にはウチの漁船がゴメンナサイといっているようなものだ。「『日本側に対し、取締りは丁寧に、理性的、抑制的に行い、事態を適切に処理するよう望む』」(同)というのも、国内的にそう言わないと角が立つだけの話なんだろ。

 とにかく、中国とは政治的に対立してもいいけど、実務関係を維持しないといけないといった良い例だよ。



※  「中国『サンゴ密漁の取締り強める』」『NHK NEWSWEB』(日本放送協会,2014.11.3)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141103/k10015906811000.html

※※ 警察の派出も、半分は島民安心感の涵養、残り半分はスタンドプレイだよねえ。基本的に、海の上にいる漁船に対しては何もできない。
   警察も、組織拡大のために、体感治安の悪化を煽っている。治安そのものは相当良くなっているのだがね。あとは実績作りのために、実害の殆どない自転車を捕まえるみたいなスタンドプレイに走ってもいる。アレも相当に予算節減の余地あるよ。
2014.11
04
CM:1
TB:0
00:56
Category : 未分類
 当節の汽車には、広告の代わりにテレビがある。そこによく出るのが、独占企業マイクロソフトの資格。

 「エクセル博士」とか「ワード博士」のたぐいだけど、アレ本当に取る奴居るのかね。

 というか、エクセルはイルカや犬といった畜生共に聞けば大概はわかる。ワードやパワーポイントで難しいことして、スゲー組版するなら、イラレやインデザイン使ったほうが生産性も後工程も全然楽なんだが。

 プレゼン資料の類も、PDFでいいよ。画面が動いたり、音が出したりしても、説得力は全然増えない。

 そもそも、主張を一言で言い切れない段階でダメ。パワーポイントいじる暇があれば、紙と鉛筆で関連項目全部抜き出して、自分が何を主張したいのかを考えなおしたほうが良い。あとはエディッタで書いて、インデザインに流し込んでPDFでもってけばいいし、ギリギリなら、ワードパットに主張を3行×3ページで書いておきゃ充分。それよりも主張が何かだけだよ

 まー、イージス情報がエロデータと一緒に拡散したとき、一番困ったのが私物ソフトが使えなくなったことかね。フォトショップとイラレとインデザインが使えないのが痛かった。特にイラストなんかマイクロソフトじゃ書けないから、コピー用紙に鉛筆で手書きして、それをコピー機の低性能スキャンで取り込んでやってた。

 一番上にだしたやつだと、統幕長のどうでもいい質問の答えで書いた、パースっぽいチンポ絵ね。それを上司連にはパワーポイントで浄書しろとかいわれたけど、メンドイからやらない。J-11だったかに現物示して事情を話して、「統幕長は急いでるからそれを出せ」と言ってもらったけどね
2014.11
03
CM:37
TB:0
12:00
Category : 未分類
 アレ宰相がSNSで「枝野幹事長は過激派とのつながりがある」と鬼の首を取ったようなことを言っているというのだが。コレ、自分にもハネ返るのではないかね。

 枝野さんが。反社会的集団との関連がある労組との繋がりがあることを指弾するなら、アレ宰相も、反社会的宗教集団や、それと関連する日本会議等との繋がりも指弾されるということだ。

 要は、統一教会/勝共連合、それ以下の有象無象の胡乱でトラブル続きの宗教団体と、アレ宰相の関係も攻められてもいいといっているようなものだ。

 なんにせよ、感覚が鈍麻しているのではないかね。新興宗教でもそうだが、アレな集団に首まで使っていると、世間との感覚がズレる。

 周りに宗教右派とネトウヨばかりで、日本をサヨクから取り戻すとばかり連呼していると、少しでも左派との関連があれば、それで罪に問えると思いこむのだろう。その仲間内の感覚と、世間の感覚のズレを認識できないのが、今回のアレ宰相の、フェイスブックでの書き込みなんだろう。

 信者同然の同志に担がれて、教団内部で全能感に浸っていれば、SNSでそういうことも言い出すだろう。妙ちくりんなものに取り憑かれて、麻薬患者みたいに毎日毎日24時間も入れ込んでいれば、世界の全てはそれになってしまうものだ。



※  「枝野氏の資金ただすのは当然…首相FBに記事」『読売オンライン』(読売新聞,2014.11.2)http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141102-OYT1T50006.html

※※ 思考が歪み、それしか考えられないようになる点で、阿片と同じなんだろうね。依存症が、所詮は駆けっこの三競オートや、ゲームのメモリ上でのガチャガチャがを人生すべてとしか考えられないようなものだよ。





---------------------- コメント見て追記するけど -------------------

「サヨク云々」を言い出す言説は、結局は遅れてきた悪魔払いなんですよ。

80末から90年代の当時であれば、左派のうち非現実的な部分を批判する意味はあった
でも、左派が退潮した当今では、現実的な意味はない

そこに意味があると信じて、今になって「オマエはサヨクだ」とか、労組についてなんでも「過激派だ」といっても
御一新のあと、明治10年代に入って、「奴は佐幕派思想」とか「攘夷論者は危険」みたいな発言するようなものです

2014.11
03
CM:0
TB:0
00:37
Category : 未分類
 『裏古今和歌集』という題名を考えたが、それよりも御所で発見された『禁裏古今和歌集』のほうがエロそう。なんというか、表紙からしてエマニュエル婦人座りをする女房に巻貝のシュルエットみたいな感じ。ブリーフ一丁になったアレな貴族が、夜、寝所で女に、ほら貝吹かせるみたいな歌とかあるんだろ。

 あとは、『殿様は16歳』。まあ、いろんな御家中に16歳の殿様もいただろうけど。漂着した英米蘭の学者あたりが匿われて、家政にアドバイスしながら、封建体制に驚くみたいなドラマ。
 多分、ライン川新聞で一山当てたマルクスとエンゲルスが、世界一周の途中で…と言う話。尾州が御留林の山泥棒を死罪にしたことについて、「木と人命のどちらが大事か」といった社説をかわら版に書くみたいな、どっかで聞いた主張のオンパレード。
2014.11
02
CM:1
TB:0
07:49
Category : 未分類
 「上司に暴行、3等海佐停職 柏の海自下総教育航空群」だと。実際は3術校の話で「『勤務態度を改めるよう注意された』」3佐(50代)が、「上司の2等海佐男性を殴って足げにするなどし、左手首捻挫など全治2週間のけがを負わせた。」とのこと。

 元気があって宜しいレベルではないのかね。だいたい「『勤務態度を改めるように注意』」もどんなものやらだ。

 己がどこぞの部隊にいた時は、指導と称して当時己の上司の2佐(52か3)が、他所で故障してきた2尉を3時間以上、半日単位で何回もイビっているのを見たことがある。イビった所で問題も解決しないから、止めさせようとすると怒る。己にも恫喝する。

 でもま「オマエ嫌い、いうこと聞かない」と態度で表し、言動でも常に抵抗すると、大抵は向こうが下がる。コイツの場合には「業計事項だから変えられない」とか、「予決令上それは命令できない、やりたくないからやらない」とか、「合規性でマズイね」とかいつも言って、常に慇懃無礼にバカにしてやった。1尉だったけどね※※

 だが、反発しない相手だと、いたぶり続ける奴も多い。

 今回の例は分からないが、案外いつもイビっていた相手が、ついに爆発の可能性もあるんじゃないかね。もちろん、粗暴なタイプが粗暴な振る舞いをする例もあるし、逆に、アレ幹部を、ついに爆発させて処分させた例も見たことがある。

 なんにしても、他人を叱るのは難しいものだ。結局は互いに公務員なんだし、そいつが法に触れるようなことをしなければ、余計な事はしないいいんじゃないの。戦時でもないから尸位素餐も別に問題ない。最低限の仕事だけ指示して、あとはやりたいようにやらせてやればいいのではないか。人間、何がしか取り柄はあるもんだし、よしんばなくとも、別に雨の日の花壇の水やりでも構わないんじゃないかと思うがね。



※ 「上司に暴行、3等海佐停職 柏の海自下総教育航空群」『ちばとぴ』(千葉日報,2014.10.30)http://www.chibanippo.co.jp/news/national/222213

※※ 特にそいつは常に職場宿泊で、どうも下宿(官舎じゃない)の代金を誤魔化している疑惑があった。しかも隊内飲酒をしていたし、己も念の為に証拠も確保しておいた。その空瓶を隠している場所をチラチラ見て「いや、なぜか酒の空き瓶がね」と言ったら向こうは黙った。

 別の1佐(勤務評定上の審査官)に世間話で、オマエ、勤務状況でメチャクチャ言われてんぞと、暗にあの鼻つまみと適当に折り合いつけろと言われたが、たしか勤務評定の日数(90日だっけ?)が来る前に向こうが異動した(露骨な運動して3級賞詞とっていったよ、定年も近いのにねえ)ので、表面化はしなかった。しても序列はたいていブービー賞あたりだから、気にもしなかったけどね。

 ちなみに、その後、完品の検査をしたら、デジタルビデオカメラが一つない。目星はついていたし、おいコラと防大先輩期後輩期だけで世渡してきたから、ツメが甘い。残った別のDVビデオテープに、オートバイか何かの寄合での、ヤツとそのセガレ?の部外での個人的な録画も入っていた。しかも本人映り込みの証拠があったから、からかうつもりメインで、隊内電話でわざと馬鹿丁寧に「オマエ持っていったろ、戻さないとどうなるか」と迂遠に言ったら、不機嫌な声で「返すの忘れていた」といって、ケチにも部内便で送り返してきたよ。最初から私するつもりで、調達を起こさせたみたいね。

 まー、いろいろ思い出すもんだ。転勤した後、新しい上司と相談して、ヤバそうな件は全部ヤミに葬ったし、ヤツの個人的利益で押していた筋悪案件も全部旧に復した。あとで新上司に文句を言ってきたけど、うまいもんで風に柳で受け流していたよ。
2014.11
01
CM:2
TB:0
04:48
Category : 未分類
 産経の「防衛最前線」という記事には首をかしげることが多い。

 今回の「護衛艦きりさめ 100年ぶりの日豪友好の象徴に。インド洋撤退の無念を今こそ…」の「インド洋撤退の無念」の部分がそれにあたる。

 要は、テロ特措法の期限切れでインド洋給油をやめたことを「撤退」であり「無念」としているのものだ。

 だが、当時の海自には、インド洋給油はやめたいとする意見が強かった。人ぐりがつかなくなり、燃料をタダで呉れるフリー・スタンドを延々と続けることはできないというものである。

 インド洋給油では、海自の人ぐりが限界に達していた。特に補給艦には5回も派遣される乗員が発生し、かんべんしてくれという意見が強かった。他にも、訓練ができなくなるといった弊害もあった。

 給油を続ける意義にも疑念がでていた。

 米海軍から情報を貰える利点はあったものの、やっていることは単純作業であり、無料のガソリンスタンド、フリースタンドと呼ばれているとも言われていた。

 そして、実態はパキスタン海軍への燃料無料供与や真水供給担当である。これも士気が振るわない要素であった。「日本の活動により、アフガンでの米軍活動に対し、パキスタンの協力を維持されている」と言われていたが、米国の都合に過ぎる話である。「米国とくに米軍の歓心を買うことはできるから国益」ともいわれていたが、やっているのが当たり前となり、歓心がえられている実感はなく、士気振作にはつながらなかった。F22でも売ってくれれば、まだやった実感はあったのだろう。だが、そこから国が利益を上げてなさそうに見えていた。

 しかし、この記事では、産経はそのインド洋給油をやめたことについて
19年11月、テロ対策特別措置法が民主党など野党各党の延長反対により失効したことを受け、補給艦「ときわ」とともにインド洋上で補給活動を行っていたきりさめは、任務途中での帰国を余儀なくされる。
http://www.sankei.com/premium/news/141031/prm1410310002-n3.html

と評していた。その前のページでは「屈辱」ともしている。このあたり、野党憎しの価値観そのものであるようにしか見えない。実際には自民党サイドにもそのように考える議員もいただろう。

 記事では海自の高級幹部が残念だというような言い方を引いている。だが、それも表層しか見ていないものに見えるものである。確かにインド洋給油を続けろという意見も聞いたが、それ以上に「切り上げ時」という意見は多く、現状認識としての「すでに限界」はもっと多かった。それが覚えている当時の雰囲気である。



…艦長は同期っぽいね。RANリリースの写真を見ると光線の加減か、相当草臥れてるけどヒョロリとした感じや、記念章からするとそれっぽい。

※ 杉本康士「護衛艦きりさめ 100年ぶりの日豪友好の象徴に。インド洋撤退の無念を今こそ…」『産経ニュース』(2014.10.30)http://www.sankei.com/premium/news/141031/prm1410310002-n1.html