FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.11
06
CM:4
TB:0
12:00
Category : 未分類
 艦載砲や榴弾砲用に誘導砲弾があるが、アレに金を突っ込む価値があるのだろうか?

 誘導機能を砲弾に突っ込むとなると、高くつく。同し誘導形式の誘導爆弾やミサイルの比ではない。高Gに耐える必要があるし、フィンで誘導するためにライフリングによる旋動をキャンセルする仕組みが必要になる。

 それでいて、威力は弱い。艦載砲であれは5インチ(127mm)、榴弾砲であっても6インチ(155mm)に過ぎず、砲弾の長さを増やしたところで、重量60kgがいいところである。その容積の多くは誘導機構や、フィンの展張、旋動キャンセルに使われる。純粋な威力は、たいしたものでもない。

 それならば、ミサイルでいいんじゃないのか。

 値段も高い。砲弾は推進機構がないから安いということになっているが、おそらく単価はミサイルとそう大差あるものではない。艦載砲の場合、ズムウォルトのように専用6インチ砲に改めれば、トータルではむしろ高くなるのではないか。

 そもそも、誘導砲弾をつるべ撃ちする状況はあまりない。高いので節約が要求されるし、砲弾も軍艦や砲側にそれほど供給できるとは思えない。対空用の通常砲弾も必要になるのでそんなに積めない。

 1隻が1回に10発撃つかどうかなら、ミサイルでいいのではないか。5/6インチ同等の弾頭威力で良いなら、シースパローの存速と弾頭重量がそんなものだ。スパローの誘導機構をGPS/慣性誘導とっかえれば、安くつく。

 あるいは、四式投射法の類でもいいのではないか。航空爆弾を迫撃砲で投射する例の方法を進化させる。スピゴット式の前装とか、カタパルトとか、低速のロケット、迫撃砲の類でJDAMを放り投げる。マーベリックならもっと射程も稼げる。ある程度の高度まで放り投げれればよい。

 長射程は稼げないかもしれないが、それは本格的なミサイルや航空機に任せれば良い。何も艦載砲から威力の弱い砲弾でやる仕事ではない。
スポンサーサイト