fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.01
08
CM:13
TB:0
12:00
Category : 未分類
 酔拳みたいなもんで、沖縄の翁長県知事は戦えば戦うほど県民支持が強くなる構造にある。抗日戦での蒋介石が戦闘で負けようが日本と戦うたびにほどパワーアップしたのと同じである。県知事も、一切の妥協をせずに抵抗すればするほど権力基盤は強くなる。

 逆に、妥協をすると民心を失う。前知事は汪兆銘のように妥協した結果、支持を喪った。

 TBS「辺野古移設『許さない』、沖縄・翁長知事 年頭挨拶」http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2387018.htmlでは「新辺野古基地の建設は許さないということを国内外に向けてしっかりと働きかけていきたい」(翁長)ではなく、もう一歩進んで、辺野古基地の建設と戦ったほうが良い。

 そもそも、調査工事の段階で、抗議対策で海面を仕切らなければならないような工事(「辺野古工事15日再開へ フロート域拡大」http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=97565)では終わっている。

 なんにせよ、現政権が辺野古で強引に押せば押すほど、沖縄の反発が増える。沖縄は今の段階でもナショナリズム勃興期に近い。安全保障で何の役にも立たず、県民感情が特に悪い※ 海兵隊のための辺野古を無理押しすると、対中ゲームで強力な布石となっている嘉手納の存続や、自衛隊の駐留まで飛び火する可能性が高い。

 それを考えると、現知事にはさっさと行動を起こして、悪手である辺野古建設にトドメをさしたほうが沖縄だけでなく、本土のためにもよい。辺野古に海兵隊の基地を作っても、中国との軍事力積み上げゲームを含めて現実的な利益はない。それよりも、那覇や嘉手納に、中身はともかくとして新鋭機をおいて中国に見せつけられるほうが利益はある。



※ 80年台の朝日新聞縮刷版みたら、復帰前に運転中の自動車ごと海兵隊の戦車で踏みつぶされて大怪我と障害を負ったけど「緊急時に戦車を避けないのが悪いので補償はなし」だとかあったよ。米五軍にはそれぞれ立派な人もいるだろうし、それぞれクズもいるだろうけど、特に海兵隊という名前には、そういう歴史的記憶からの忌避感があるんだろう。

※※ ただ「酔っ払った米兵が家に入り込んで寝ている」を事件化するのは気の毒ではないかと。それだけは「鍵掛けとけ」としか言いようはないと思う。それよりも、ひき逃げ重態事件の海兵隊少佐は逮捕していないのだが、アレこそ昔の例からすれば国外逃亡のおそれではないか。証拠隠滅も逃亡もしない正々堂々の3Dデータ女は逮捕しといて、件の少佐が逃げたら検察はまた悪者だろうよ。
スポンサーサイト