FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.02
03
CM:6
TB:0
06:18
Category : 未分類
 反日的内容の石碑だから、韓国政府の情報戦だというのはどんなものか。

 パラオに建立された石碑について、佐藤正久さんは「内容が反日的だから韓国政府が関与していることは間違いない。情報戦だ」と述べている。『正論』2月号で、井上和彦さんは
自民党の参議院議員佐藤正久氏はこう語る。「確かに日本統治[中略・国会議事堂近くに]極めて政治的な記念碑を建てたわけですから、その背後に韓国政府が直接間接的に関与している事は疑う余地がありません。つまり韓国の対日情報戦と見るべきでしょう」

と述べている。

 「反日的な内容なので韓国政府が関与している」というのは、どういうロジックなのだろうか? 

 パラオには日本もアレげな神社や、真偽不明の伝ニミッツ提督の石碑がある。親日的内容だが、日本政府が関与しているわけではない。佐藤さんの支持母体や、井上さんの華客が作ったものだ。彼らは日本の政府を代表しているわけでもない。

 それを以って情報戦というのも怪訝である。韓国の石碑にせよ、日本の石碑にせよ、現実的な影響力は全くない。そんなものを情報戦と呼ぶ御仁が、日本も情報戦に金を出せと主張している。世界中に真偽不明の「伝ニミッツ石碑」や「伝マッカーサー石碑」、「伝パール判事」の石碑を官費で建てても金の無駄遣いという他はない。

 なんにせよ、小国というものが分かっていない。パラオは援助が欲しいので、どの国にもいい顔をする。米国が来れば如何に日本統治時代が非道であったか、日本が来れば如何に米国統治が過酷であったかを述べる。韓国が来て日本にエライ目に合わされたといえば、パラオもエライ目にあった位のことを言うだろう。

 それを本当に親日一辺倒と勘違いしているのも、正気を疑う。記事中には佐藤さんの発言として
これらを抜本的に改善してゆかねば、親日国家として知られるパラオがいつしか韓国や中国に取り込まれ反日国家の仲間入りする恐れがあります

とある。支持者や、支持者が大好きな『正論』向けに阿ったものであればまだよいが、井上さんのように本気で行っているとすれば、兵隊上がりのセンスが疑われるものである。兵術や自衛隊の利益確保に特化した能力があっても、それ以外はウツロということだ。



※   井上和彦「親日国家パラオに忍び寄る影」『正論』2015年2月号(産経新聞,2015.1)pp.324-
スポンサーサイト