FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.02
11
CM:4
TB:0
17:31
Category : 未分類
 ピンはねした給料でジャイアンリサイタルとはおそれいる。人材派遣業のキャリアコンサルティングが「第七回國護り演説大会」とか言い出している。

 「國」だけ本字にして「會」は新字としてるあたりで、あまり頭がよくない感じはする。復古調なら回も説も旧字体にすべきではないか。

 その中身も大概である。例えば演題には「平野 幸江 『インドネシア独立戦争で戦った日本人を忘れてはならない』」とある。それは日本人が言うことではない。インドネシア人が日本人にするお世辞であって、それを信じるあたりで、頭の出来もたいがいなことが伺われる。

 審査員をみてもペマ・ギャルポさんがいる。亡命政権というものは、駐留している国にヨイショをするものだが、この人は亡命政権の志以上に、右派誌等での商売づくの影も見える。何を言っても「愛国的、最高、中国は敵」とだけ言い出すわけだし、呼んだ方もそれを期待しているわけだ、

 社長もロクなものではない。ブログでプロフィールをみると次のとおりである
スーパーマーケットに就職。社長になることを夢見て1年後に退社。転職先でトップ営業マンまで上り詰めるも、会社の業績が悪化し、約1年半の間給料「0円」で働く。200名以上いた社員は次々に辞め、最終的には17名に。その後、ビジネス教材の販売に事業が転換すると、会社の業績も好転し始め、トップマネージャーになる。
まずこの経歴を表に出すあたりでズレている。

 お面を見ても、まあ、マズそうな食堂の、マズそうな食品サンプルのような雰囲気である。そのような店の定食は、たいがいはマズいものだ。おそらく社長も相当にアレなのだろう。

 働いた奴の給料からピンはねする奴隷商売が、偉そうなことを言い出すのがアレだ。ブラック企業ほかもそうだが、アレげな商売は大概が、国家への奉仕や民族の誇りとかいいだす。従業員の心にあるやましさを誤魔化すために「ボクたちは愛国者」だと教育するのではないかね。ご本尊は「ありがとうで生きていける」とか真顔で言える罪悪感がまったくない連中だろうからそれは不要だろうけれども。

 従業員や派遣で求職するひとも可哀想なものだ。「入場料:1,000円 ※着物で御来場の方は500円」とある。社長の道楽のジャイアンリサイタルに無理やり参加させられて、しかもで金を取られるのでは、洗脳済み以外はたまったものではないだろうよ。



※ 「建国記念の日に『第七回國護り演説大会』を開催」(キャリアコンサルティング,2015.01.26)http://c-consul.co.jp/news/news2015/news20150126.htm
スポンサーサイト