FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.02
22
CM:10
TB:0
19:44
Category : 未分類
 自動車で公道を走っている時に、対向車線をはみ出した戦車で踏み潰され、重傷を負っても「戦車を避ける義務を怠った」で賠償されない。

 昭和37年、米国民政府下だが、そういう話はいくらでもあった。海兵隊の公用車に轢かれて即死でも「事故は犠牲者の不注意による」ため賠償なし(昭和32年)とか、米兵による飲酒運転でのもらい事故や、暴力での失明も賠償になっていない。

 沖縄にはこのような経緯があり、県民の記憶や反発する感情がある。だから、駐留軍は地元感情に配慮しなければならない。

 だが、海兵隊はそのあたりのセンスに欠ける。例の海兵隊報道部の「ばかばかしい」発言もそうだが、同じ人物は海兵隊少佐のひき逃げ「男性のバイクが少佐の車にぶつかってきた」と余計なことを言っている。

 普天間のヘリ事故や、強姦事件以降、駐留米軍の不満は特に海兵隊を向いているのにこれはない。

 黙っていればいいのに、海兵隊内部でいい顔をするために余計な事をいう。日本や沖縄への配慮よりも、海兵隊内での評価を優先するあたり、まともな広報ではないといったところだ。
スポンサーサイト