FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.03
03
CM:7
TB:0
00:42
Category : 未分類
 2次防で海自が高速攻撃機を8機買う話があった。対艦攻撃用にA-3スカイウォリアーを買うつもりであったと言う話だが、どのような攻撃を行うつもりであったのかは語られていない。

 通常兵器であれば「時代的にはブルパップかスキップボミング、後にウォールアイが完成するだろうと考えていたのではないか」といったあたりか。実際に、後々になってマーベリックとハープーンが登場する。仮にスカイウォリアーを購入しても対艦攻撃手段にこまることはなかっただろう。

 ただ、実際は敵艦隊への核攻撃を考えていたのではないかね。日本が核不拡散体制に参画するのは昭和45年のことであり、それまでは核武装についてはそれなりに考えていた。30型大型ロケットなんか、どうみても核弾頭を前提としたシステムである。A-3スカイウォリアーも、高高度一航過で核爆弾を落とす頭だったのではないかと考えるものだよ。昭和30年代の話だから、戦術核は普通に使うだろうという時代だからねえ。

 もちろん、実際にはスカイウォリアーは購入されていない。仮に採用されたとすれば、対艦攻撃専用の航空隊もつくられただろうし、後継としてA-7コルセアか、ホーネットか、トーネードあたりを買ったのではないか。

 実際には後にP-3Cを買い、ハープーンも採用されたわけで、高速攻撃機を買っても使い勝手はかわらない。その点で今から見ればスカイウォリアーはあまり要らない装備なんだろうが、当時はそれなりに必要だと思ったのだろう。
スポンサーサイト