FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.04
04
CM:11
TB:0
01:59
Category : 未分類
 建前を「建前である」と言わないのは、何事だろうか?

 産経ニュース、杉本康士「T4練習機 戦いのノウハウ蓄積する『空飛ぶイルカ』は北の核から日本を守る」lは、ブルーインパルスについて、あくまでも空戦技術研究であると主張している。
ブルーインパルスのために改修されたT4は「戦技研究仕様機」と呼ばれ、その名の通り飛行技術の研究を行っている。ブルーインパルスが蓄積した“戦いのノウハウ”は戦闘機部隊に伝えられている。

 曲芸飛行自体も抑止力になる。多くの国の空軍がアクロバットチームを持っているが、空自パイロットは「曲芸飛行を見れば、その国のパイロットの技量がだいたい分かる。高度な飛行技術を持っていれば『侮れない』となる」と解説する。航空観閲式に各国の駐在武官を招待するのは友好親善のためだけではなく、空自パイロットの優秀さを見せつける意味もあるというわけだ。
http://www.sankei.com/premium/news/150403/prm1504030003-n2.html


 だが、それは建前である。ブルーインパルスの本質は、空自あるいは自衛隊全体の隊員募集用の客寄せパンダである。国家慶事等に華を添える役割もあるが、基本は募集用だ。

 ただし、募集用に空中サーカスを作るでは、予算要求を認めがたい。だから戦技研究ということにしている。もちろん、曲技飛行が特に空中戦の技量に結びつくものでもないことは承知している。あくまでもフィクションである。

 そのフィクションを、フィクションと言わずに事実であるよう報道しているのはどんなものか。杉本さんが、知っていながらもフィクションを立てるなら(意味のない)提灯持ちであるし、本当にそう信じているなら記者として残念な水準であるということだ。

 ブルーインパルスは、国民は支持している。だから提灯持ちとして存在理由を強調するためでも、空自広報でない記者がそんなフィクションを並べる必要はない。

 それなのに、産経のスタンスからくる自衛隊大事で絵空事にまで口を合わせるのは、迎合にしか見えない。「そういう建前である」と流せばいい部分だが、自衛隊の言い分は全く否定しないのが、防衛記者としての杉本さんのスタンスなのだろう。

 だいたい、ヨイショが決まっているとしても、練習機T4には普通に評価する点はいくらでもある。それを見つけられず、曲技飛行は空中戦の研究に欠かせないとか、日本駐在の武官はその操縦技術に驚くといったのは、まずは相当の手抜きだということだ。



※ 杉本康士「T4練習機 戦いのノウハウ蓄積する『空飛ぶイルカ』は北の核から日本を守る」『産経ニュース』(2015.4.4)http://www.sankei.com/premium/news/150403/prm1504030003-n1.html
スポンサーサイト