FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.04
27
CM:16
TB:0
02:02
Category : 未分類
 潮匡人さんの持ちだした疑問に意味があるのだろうか?

 潮さんは「領海で潜航潜水艦が居座ったらどうするのか?」といった問題設定をしている。「【安保法制を斬る】「国民を守るため」根本解決には憲法改正が不可欠」 で
 中国の潜水艦が、沖縄県・尖閣諸島の領海内で潜没航行する場合、海自が浮上や退去を要求するが、従わない場合、警告射撃などの措置をとれない。

と述べている。だが、発見された潜水艦が居座る理由がわからない。通常、潜水艦は発見されたら逃げようとするからだ。

 しかも、警告射撃ができないといった理由もわからない。潜航中の潜水艦について国籍は判然としない。どこの国の船舶であるか、あるいは軍艦であるか否かを明確にしない以上、旗国による保護も、軍艦としての特権も主張できない。

 この状況では、お構いなしに警告射撃は可能である。最初の不審船事件では、海自は海警行動で砲で警告射撃を行い、対潜爆弾も投下した。国籍不明の水中目標であれば、当てはしないが、対潜爆弾や発音弾(手榴弾程度の加工品がある)で追い立てる。

 それでも居座る潜水艦はいるだろうか? 潮さんは「外国潜水艦乗員は『日本には憲法九条があるから、絶対攻撃しない」と信じるだろう」とでも言うのだろうか。

 だいたい「日本側に探知された以降も潜水艦が居座る」といった設定はいかがなものか。そんなことをしてもなんの得もない。何か目的があるとすれば「日本の戦争法制を進めるための援助」くらいなもので、なんでそんなマヌケなことそしなければならないのかが不思議なものだ。
スポンサーサイト