RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
31
CM:56
TB:0
20:54
Category : 未分類
 飛行機の複合材はいつまで持つかわからない。補修技法はあることにはあるが、長期的な実績はない。一応、MCMV船体のFPR/GRPサンドイッチならば、アンコ入れ替えとラミネート貼りでの30年の補修実績がある。だが、船と飛行機は違う。限界まで軽くしたあげく、力の挙動がめちゃくちゃな飛行機の主翼はどうなるかはわからない。

 その伝で、F-2はF-15よりも先に退役するのではないかという話を聞いたことがある。ありそうな話ではある。

 そうなると、F-15とF-2が2030年近くにどっちも一気に退役になるのではないかね。その際にはF-35しかないが、その頃になれば使いもしない機構をイッパイ載せた新バージョンで値段も今以上に高くなっているだろう。

 そう考えれば、国産の安価な戦闘機の余地はあるんじゃないですかね。エンジン在庫のあるF-110、F-135に合わせ、レーダは今あるやつを適当に積む。技術関係が頼んでもいない冒険をしないように、要求性能を低くした雑な機体ね。それこそF-1レベルの、対艦攻撃と限定的な防空戦能力もったような飛行機でよい。

 前々から言ってるけど、防空とスクランブルならF-104でも使える。東日本太平洋側や北日本ならそれでいい。エアフレームの設計をかりて、F110をつめるようにしてエンジンに、適当機体と共通するレーダ入れて、機関砲と国産のアムラームもどきを詰めば充分であるわけだ。対艦攻撃や対地攻撃を重視するならA-7あたりの設計そのままもらって拡大すればいいと思うよ。要求性能を低めに抑えれば、10年+で開発できるんじゃないですけな

 まあ、F-3はダメだろうね。できもしない世界最先端を狙っているから上手くいかない。中途半端なものでもクソ高くなる上、開発はえらく遅延するだろうよ。エンジンまで国産と言っているから、そのエンジンが要求性能を満たせないけど、どうにか使える段階が2030年くらいじゃないの。それで値段はF-35の2倍3倍では意味は無いでしょう。
スポンサーサイト
2015.05
30
CM:2
TB:0
06:03
Category : 未分類
 相手のソ連機が最新鋭でないのだから、別にF-1での防空も無理な話ではない。

 一つ覚えて国難を述べる、愛国メディアでずっぱりの空自パイロットOBなのだが。やや古いJADIに攻撃機のF-1で防空戦闘ができるかのようなことを言っていた。

 ただ、これもためにする発言にしか見えないものだ。相手の機体も大したものではないため、F-1でも問題はない。三沢や築城のF-1は防空任務の一部負担も期待され、領空警備のためのアラートにもついていた。だが、冷戦期対日正面に振り分けられたソ連機は大概が旧式であり、しかも三沢や対馬海峡まで来る機体は大型機が殆どとなる。

 極東ソ連は旧式機が多い。そのうちからSu-7/17であればF-1と機体性能はドッコイドッコイであるし、Mig-21/23で機体ではF-1が不利でも、日本側にはBadge支援といった防空側の有利がある。ヨリ古いMig-19が対日正面に残置され、Mig-25もいたにはいたが、Su-9、YAK-28が防空にあたっていたのが極東部である。それなら、F-1でも不足はない。

 己が言うのもナンだが、兵隊上がりのいうことは得てしてこんなものだ。今までの郭からでようとしない。上がりになった後でも自衛隊や職域の正解を振り回すだけだ。

 平和憲法はけしからん、憲法を改正しなければ国が滅びるという主張も、たいがいがそんなものだ。実際に戦争に負ける気配もないことを承知しながらもそう書いているのか、産経の読み過ぎで本当にそう信じているかのどちらなのかね。前者なら、商業の都合でそうしているだけなのでまだマトモなのだが、ネトウヨ系雑誌の執筆者は養殖よりも天然物が多いらしいから、後者なのではないかと疑うものであるよ。

 まあ、空自Pのいうことはアテにならない。F-22以外でも戦争はできないと言っていたのが、手のひらを返してF-35になんの文句も言っていない。本当は性能じゃなくてグレードしか見ていないのではないかと思うよ。いま、F-22が手に入る話しになったら、戦闘機パイロット社会だから「如何にF-35がクソであるか」を熱弁するのだろうと想像してほくそ笑むものであるよ。
2015.05
29
CM:20
TB:0
06:10
Category : 未分類
 スクランブルで先制攻撃できないことに文句をつけてどうするのだろうか?

 お名前を出すのは本意ではないので、ここで明記はしない。(最後にリンクだけ貼っておく)だが、このようなご意見と、それへの賛同的な反響をみていると、どうかしているとしか思えない。
例えばスクランブルで緊急発進する空自のパイロット。相手が撃ってこなければ反撃出来ない。つまり一機落とされてはじめて反撃開始だ。したがって二機で上がる。
今でもトンでもないリスク抱えてますが、何か?
そういったクソみたいな法整備下で死ぬ気でやってんだよ。
(リンク元ココ


 要は、「領海外で相手が撃ってこないのに、射撃していいように法制を改めろ」と主張しているようにしか見えない。

 そもそも、スクランブル発進と領空侵犯は同義ではない。日本領空が侵犯されないための予防的措置である。予防措置で領空外で攻撃していいというような法制を作るのは、公海使用の自由、国際法態勢への挑戦でしかない。

 また、領空侵犯したからといって撃っていいわけでもない。国内的にも、国外敵も必要な段階を踏む必要がある。この手の意見には、国境を超えたから問答無用で攻撃して良い、撃ち落としてよいとする頭がある。だが、平時に緊張状態でもないのにそんなことはしない。そもそも、今までの領空侵犯例を見ても、落とさなければならないほどの必要性はない。

 だいたい、日本のスクランブルで、相手に撃ち落とされるような危険性があるのだろうか? 対象はたいていは大型機であって、まず戦闘機を落とす力はない。しかも、翼下に兵装を吊っていない戦闘を意図していない状態での飛行がほとんどである。

 このての危険感覚ははスクランブルよりも、海自固定翼や回転翼の方が厳しい。これは冷戦期でも大概はそう。冷戦期ソ連艦への近接や、今の中国艦への近接、あるいは日本哨戒機による中間線向こうの飛行の方がよほど危険である。

 だが、空自パイロットOB連はこの手の放言をし、海自パイロットは言わない。空自Pの独善性もあるだろうが、どちらかと言えば国際法秩序や、「まあお互い様だし」といった国際社会の常識主義への感覚差なのだろう。



 まー、その空自PのOBあたりの放言を真に受けるのは、やめておいたほうが良いとおもうよ。読むだけで幸せになれちゃう愛国言動がネトウヨ誌の魅力かも知れないが、言っていることは相当に常識から乖離しているわけでね。

 なんせ、警備で先制攻撃とは相当にロックである。「スクランブルで攻撃を受けないのに攻撃できないのはオカシイ」といった主張そのものが「平時に領海外で相手が撃ってこないのに先に射撃をできるようにしろ」と言っていることに気づかないあたりで、あんまクールじゃないよねと
2015.05
26
CM:5
TB:0
21:07
Category : 未分類
 例の国立競技場だが、概算の整備費用が決まっていないという。

 NHK「国立競技場改築費 来月下旬までに公表」中で、文科大臣は確定してないので、公表しないと述べている。
下村文部科学大臣は東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムになる国立競技場の改築費について、「運営する日本スポーツ振興センターが施工業者の予定者と今、話し合いをしているが、業者側からは相当高い額が提示されていると報告を受けている。コストダウンさせるための交渉をしている最中だ」と述べました。
そのうえで、下村大臣は「国立競技場の総工費は業者との協議が整いしだい、その概算額を公表すると聞いている」と述べ、来月下旬までに概算額を公表できるよう調整が進められていることを明らかにしました。


 だが、概算はでているのではないか? 当初1300億、後に3000億と述べていた。普通はそれを事業規模とみる。その3000億をそのまま出せばよい。

 それよりも不思議なのは、原価計算と競争入札ではなさそうな点だ。「『運営する日本スポーツ振興センターが施工業者の予定者と今、話し合いをしている』』「『コストダウンさせるための交渉をしている最中だ』」とする大臣の発言をみると、役所の工事とは相当乖離している。国でいう随意契約ではないのか。

 普通は、最初の事業費を決めて、その範囲でできるものを設計(コンサルに投げるけどね)して、入札して金額化不足がでれば商議で調整する。

 対して競技場の、事業費は決めずにデザインを決めて、入札せずに契約をしたあとで設計をさせて、金額はまだ把握できていないという。

 なによりもこの期に及ぶまで、自分たちで金額を公表金額を詰められないスポーツ関係者はどんなものなのか。頭が悪いのはともかく、役人あがりも含めて当事者能力がないようにしか見えない。

 もう競技場も作らないでいいんじゃないのか。どうせ開会式と閉会式と駆けっこするだけの話だ。解体して均しただけで問題はないし、観客席もゴザでも引いておけばいい。屋根が欲しければ傘でも持っていけばいい。

 あるいは、オリンピック返上するかだ。あんなの中止しても、公共事業関係者以外は誰も困らないし、何処の国も文句は言わない。景気のいい中国とか、プライドの高い韓国に開催権を売ればいい。オリンピックやってもなんの得もない。逆に違約金払ってでも厄介払いしたほうがいい。



※ 「国立競技場改築費 来月下旬までに公表」『NHK News WEB』(日本放送協会,2015.5.26)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150526/k10010092501000.html
2015.05
23
CM:11
TB:0
14:02
Category : 未分類
 自称リアリズムの人々は、想像上の基地反対派を馬鹿にしようとする。大概は反対派の中で少々ズレた御仁のミス的発言を掴まえて「基地反対派はお花畑」という。まあ、「お花畑」自体が彼ら特有の言い回しだけどね。

 だが、それを言い出す御本尊が非現実的な発言をしていることも多い。例えばこれである。
沖縄の基地立ち退き後の跡地どうすんのか、っての、例えば巨大コンビナートなり物流拠点ならまあそれなりに考えてんのかしら、と言う気はするけど「巨大ショッピングモール」とか「リゾート施設建設」による集客能力をうたう向きについては「基地反対派がその後利用を継続して行えるの?」ってな。

(名前を出すのもアレだから 出元のリンク


 本人の言う現実的なプランも、想像上反対派への非現実的評価も相当にズレているし、そもそも実際の基地返還後の土地利用スキームもご存じない。その意味で、リアリズム気取りのリアルはこんな程度といった中身になっている

 平成の御代になって「巨大コンビナートなり物流拠点ならまあそれなりに考えて」いるというのは、ズレている。60-70年代の地方開発で頭が止まっている。今どき、裏日本の過疎地方でも、経済振興でコンビナートやら物流空港・大規模港湾と言えば笑われることに気づいていないのだろう。

 また「『巨大ショッピングモール』とか『リゾート施設建設』による集客能力」の時間的低下を指摘して悦に入っている。だが、沖縄の産業構造から観光産業やサービス用に土地を割くことは悪くはない。今どき建設費も回収できないコンビナートよりもよほどマシである。そもそも沖縄中南部は土地流動性が高い。利用可能な土地が少なく、地代も高いためだ。利用率が下がった土地については、より高い利益を見込める用途に転用される。集客率が悪くなってもそうなるだけの話である。

 なによりも、基地返還のスキームを理解していない。旧軍用地の廃止とその後の土地利用については、概ね軍転法に準じたスキームが構築されている。1/3を国に、1/3を自治体に、残り1/3を民間に分ける。これは旧四軍港処分についての法的ルールであるが、他の旧軍基地や駐留軍施設でも、だいたいそのように処理される。

 つまり、「沖縄の基地立ち退き後の跡地は全て」「『巨大ショッピングモール』とか『リゾート施設建設』」になるわけではないということだ。仮にそうなっても、1/2-1/4の民間セクターへの割り当て分の一部にすぎない。そもそも仮に普天間の3-4割が民間に回るとすれば200ha程度になる。そのうち2-4haがショッピングモールになった程度で、彼らにとってどれほど基地が神聖でも「貴重な旧軍用地が」目くじらを立てるものでもない。

 なんにせよ、自称リアリズムのいうことはこんなものである。想像上の基地反対派を否定する当人の発想が全くリアルではない。それよりも、ご本人が現実の社会での仕組みを全くご存じないあたりが浮き彫りになるものである。
2015.05
23
CM:2
TB:0
00:28
Category : 未分類
 GRを買って相当経つが、GRデジタルⅢも出しっぱなしになっている。仕舞おうとしたらGRが一式出てきた。



 手前からGR、GRデジタルⅢ、GRデジタル無印、銀塩のGR-1sの順番になっている。2000年頃からたいていこんな塩梅になっている。GR-1sの前はT-2とFM2を使っていたが持ち運びが面倒なのでこうなった。ちなみ、どれもフラッシュを使った記憶が殆ど無い。4つあわせて10回も点灯させたこともないだろう。

 望遠も欲しいのだが、冷静に考えるとそれほど使うわけでもない。カメラの前に双眼鏡をつければ結構撮れる。双眼鏡もそこそこもっているが、持ち歩きはカメラの後ろにある10×20BT、家ではスタイナーの7×50のマグネット付か、キヤノンの18×56防振を使っている。他にも日本光学やイエナもあるが、そっちはT-2以下と同じで母屋にしまったままになっている。

 商売で使うからとデジイチ買っても、はどうかと思う。というのも、こないだの就役式はアイホンでとって、そのままメールで送ったもので、それでも実用では問題もない。GRでも同じだろう。

 今欲しいのは、中古のセオドライドと三脚だけどね。家から見える山とか、遠くの建築物が何であるかを確定するのに欲しい。前は、地図上の顕著物2個とのトランジットになるものを探して、それで確定しており、面白いが面倒くさい。セオドライドがあれば角度は確定するし、距離も基線長を10kmもとれば大丈夫だろう。移動感の飛行距離はともかく、雲までの距離とか高さもわかるだろう。
2015.05
22
CM:3
TB:0
00:11
Category : 未分類
 ooi@n_mさんは、今の知事も官選知事だと思っているのではないか。

 ooi@n_m@JDSDE214さんは、県知事は政府の指揮下にあって、政府の言うことを聞くものだとする発想がある。また、現地は金で黙るようにも述べている。これは相当に現地を馬鹿にした話であり、自己を政府と同一化する軍クラ連の増上慢を示すものである。

 まずは、地方政府と中央政府は対等な立場であることをooi@n_mさんは理解していない。
ooi@n_m‏@JDSDE214 や、沖縄に限った話じゃないけど、地方分権で出来る事と出来ない事をもうちょっとまじめに考える首長っていないのかね。
国防に口を出すな、じゃないねん、出来る事と出来ない事を理解したらええと思うんやけど…
19:59 - 2015年5月20日
https://twitter.com/JDSDE214/status/601220768286969856

「地方分権で出来る事と出来ない事をもうちょっとまじめに考える首長っていないのかね。」(ooi@n_m)、「出来る事と出来ない事を理解したらええ」(ooi@n_m)と述べている。要は防衛問題に地方は苦情を言うな、政府は苦情に取り合わないのは当然といった発想が背景にある。防衛は中央政府の専管事項なので地方の意向は無視されて当然といったものだ。


 また、結局は金の問題で騒いでいると考えているあたりも、ooi@n_mさんは理解が浅い。
ooi@n_m‏@JDSDE214 それを上から目線だの、絶対に許さないだのどないせえと。
誠意が感じられないと一緒や、その誠意はどうやって量るんだよ、交付金の額なのか?
や、そうやって国とかが逆切れしてきたらどうするんだろう、ホント。
20:01 - 2015年5月20日
https://twitter.com/JDSDE214/status/601221227571646464

翁長知事の発言について「誠意が感じられないと[言っているのと]一緒や、その誠意はどうやって量るんだよ、交付金の額なのか?」(ooi@n_m)と述べている。沖縄は金でゴネている、歴史をカタに交付税をゴネどっていると信じているのだろう。だが、地方交付税は機械的に割り振られるものであるし、国庫支出金を加えても沖縄は平均的な額である。


 なによりも「琉球ナショナリズム勃興は隠せ」と主張しているあたり、ooi@n_mさんは、知事と官選知事の違いがわかっていない。
ooi@n_m‏@JDSDE214 沖縄行政の長が公人としてのコメントをしている時に「沖縄が独立するかも」って言うのは交渉材料としても不安材料増やすだけなんじゃないのかなあ…ってのは、今まで独立なんて考えた事なかった人達にそう言う選択肢があるって示しちゃった訳で…
22:38 - 2015年5月20日
https://twitter.com/JDSDE214/status/601260706218921984

「沖縄行政の長が公人としてのコメントをしている時に『沖縄が独立するかも』って言うのは交渉材料としても不安材料増やすだけなんじゃないのかなあ…」(ooi@n_m)とする主張は、沖縄県知事は公人なので、琉球ナショナリズムは存在しない前提で話をすべきというものだ。知事は中央政府のスタンスを出るなといったあたりで、公選知事と官選知事の区別もついていない。

 また、主張の覚悟も疑わせるものだ。「ないねん」や「ホント」、「どないせい」といった地方語や、「や、」といった書き出しも、自己の主張を押し通す覚悟も自信もない。だからooi@n_mさんは非正書法的な地方口語で「真剣ではないので批判はするな」と逃げを打っているのだろう。


 なんにせよ、相当に見通しが甘い。沖縄問題を本質を見ようとせず、基地がない方が発展できるという現地の判断を小馬鹿にし、金の問題に矮小化しようとしているわけだ。
ooi@n_m‏@JDSDE214 沖縄経済は基地がなくてもやっていけると言う試算は、本土からの補助金、基地の落とす金、それら全部を見込んだ試算で、沖縄で現在基地経済に係わってる人達を見捨てず替わりに養っていける、失われた仕事をまるっと与えられる、と言う試算なのだろうか、とふと思った。
3:04 - 2015年5月19日
https://twitter.com/JDSDE214/status/600602873987108865

結局は、沖縄は基地経済に依存しているといった、崩壊した神話に頼りきっている。そこに思慮なく付和雷同する消印所沢「辺野古案の他にこのパラワン移転案も提示して,『振興費ゼロになるけど海外移転可能になるかも.どっちを選ぶ?』と問えばいい」(消印所沢)と同様に、全くの節穴なのだろう。

 まあ、相当に現地を馬鹿にした話であることだよ。

 ooi@n_mさんも、大した現実主義者(自称)でらっしゃる。昔の狭いネット空間に参加していたことによる「ボクは軍クラで高名なビックネームマニアです」という自信過剰のなせる技なんだろう。「スペックだけ見ると誤る」とか、こういった経緯もあるから云爾次第。
2015.05
20
CM:1
TB:0
01:15
Category : 未分類
 他所の人も指摘しているけど「国勢世論調査」(JSF)ってなんだろうね?
JSF‏@obiekt_JP @kazumyagu2 いや、国勢世論調査で7~8割の支持があったと思いますが。
2:34 - 2015年5月19日
https://twitter.com/obiekt_JP/status/600595404611145729
JSF‏@obiekt_JP @kazumyagu2 日本は現在,アメリカと安全保障条約を結んでいるが,この日米安全保障条約は日本の平和と安全に役立っていると思うか聞いたところ,「役立っている」とする者の割合が81.2% http://survey.gov-online.go.jp/h23/h23-bouei/2-6.html … 国勢世論調査ってご存知ないの?
2:37 - 2015年5月19日
https://twitter.com/obiekt_JP/status/600596088219918338
国勢世論調査
JSF‏@obiekt_JP @kazumyagu2 国勢世論調査。理解してますか? 日本で最も大規模に行われる世論調査で、文書による回頭なので電話じゃないです。
0件のリツイート 0件のお気に入り
2:40 - 2015年5月19日
https://twitter.com/obiekt_JP/status/600597006680100864


 国勢調査は大元のセンサス、その語源のとおりで総務省が5年こと、世帯単位での調査を行うものだ。調査対象も人口や生活、職業、居住の形態である。

 しかし、漢字力が弱いJSFさんは国勢調査を「国調査」と同義だと間違って理解している。統計的なセンサス、スタチクタスであって、現況を静的に調査把握するものであり、政治的な調査は含まれないことをご存じない。逆に政治に必要な世論を調査するものだと思っている。

 世論調査と混同の混同は、それを明確にしている。「国政世論調査」(JSF)として他人に殴りかかっているのは、まずは恥を晒すようなものだ。5年一回の国勢調査で「世論も調べられているのです」と考えて、国勢調査=国政調査であり、国政調査権あたりで行う「『日本で最も大規模に行われる世論調査』(JSF)なのです」とJSF解釈を開陳しているわけだ

 そして全く別の内閣府の世論調査を「国勢世論調査」(JSF)として引っ張ってきている。だが、それ提示しながら「文書による回頭なので電話じゃないです」(JSF)と述べるのはギャグでしかない。引っ張ってきた内閣府世論調査は対面調査であって、文書解答ではないためだ。

 JSFさんの持ってくる証拠には、JSFさん自身を否定ブーメランであることも多い。実際に、「世論調査は、正確な結果を得るため、調査員による訪問面接によって行っています」と書いてある。

 この意味でも、間違ったJSF理解で他人様を殴っているわけだ。理系脳を自称しているだけあって、社会のことは全くご存じない。

 まあ、社会・歴史の問題で「安禄山について述べよ」がでても「中国の山で、とてもとても高いのです」(JSF)とか回答する安禄山先生というわけだ。その後の答え合わせで「当時のレベル測量でも、林羅山よりも、安禄山のほうが高い結果が出ているのです、理解していますか?」(JSF)と誤った知識で他人を殴りかかるのだろう。
2015.05
18
CM:9
TB:0
10:42
Category : 未分類
 「『陸上総隊司令部』を新設するだけでは問題だ 肥大化する自衛隊の上部組織」 http://toyokeizai.net/articles/-/69964 です。

 他にも面白い記事がありますので、御覧ください。

 「13中期防の特戦群と西方連隊は5師団の旅団化は釣り合うものではなく、スクラップ&ビルドではない」というあたりは「くどくなるから」と推敲で切ったのですが、それなら水陸機動団の例だけあげればよかったかなと
2015.05
17
CM:10
TB:0
03:21
Category : 未分類
 日中韓台の軍隊は三倍段ではないか?

 冷戦期、極東ソ連軍は日中両国にとっての脅威であった。両国は超大国ソ連軍と対峙しており、大戦末期や珍宝島事件で負けた歴史的記憶を持つ。韓国も北朝鮮の背後の半分にはそれなりに脅威を感じていた。

 表面上での装備水準は日中韓を圧倒していた。ソ連陸軍の機械化と装備は東アジア三国を警戒していた。実際のところ極東ソ連軍は攻勢の余裕もなく、陸軍はT-55が主力であり師団も水増し、航空戦力は八〇年頃までMig-19やYak-28を相当に含んでいた。だが、東アジア諸国の軍隊は、ヨーロッパ正面のソ連最新戦力に眼をくらまされていた。


■ 00年代以降は東アジア優位

 しかし冷戦崩壊以降、極東ロシアは弱体化し日中韓は軍事でも劣勢となった。ロシアは極東部に力を注げなくなった。人口800-700万、陸軍7万人、主力水上艦が旧式艦一五隻程度では日中韓に劣勢である。

 しかも日中韓台は済発展の結果、正面装備もロシアに追いついた。経済力が反映する後方諸要素や後背地の産業力では、もともとロシアを圧倒している。

 そこに、高度な日中韓台の人的・質的要素を加えると、極東ロシア軍は完全に圧倒される。東アジアは将兵の質が高いということだ。東アジア圏は儒教や科挙制度の影響がある。このため国の教育レベルは高く、勤労の精神から無駄に訓練水準も高い。しかも日中は志願兵制であり士気も高い。

 さらに、日中韓の軍隊には戦力増加要素がある。充実した軍隊の後方支援体勢や、指揮通信システム、国際交流によるノウハウ取得、国際的な指揮官や幕僚教育といったものだ。


■ 東アジア三倍段

 これを加味すれば、東アジア諸国の軍隊は、極東ロシア軍の三倍の実力を持つのではないか?

 東アジア三倍段といってもよい。「東アジア陸軍の一個大隊は、戦力的に極東ロシア軍三個大隊に相当する」ということも、あり得る話である。まあ、与太と言われれば与太だが、案外そんなものだと思うよ。日露戦争でのロシアの黄色人種蔑視とエスノセントリズム「ロシア兵1人は低体格の日本兵3名に相当する」の裏返しのような言い方だけどね。
2015.05
16
CM:5
TB:0
04:56
Category : 未分類
 昨日は忙しくて、眠気除去に無水カフェイン二錠を朝夕で1日二回飲んだら、一二時間経っても眠れない。普段コーヒーは飲まないので、カフェイン錠を飲むとたちどころに効く。

 だが、結局起きているだけ。作業していると結局は脳みそが疲れるので文章は連続で書けない。

 文章が集中して書ける、物音が聞こえなくなるほど集中できるのは1日2時間半くらい。1時間半集中して疲れて、あとは30分を二つできればいいほう。もちろんそれ以外でもグダグダ書いたり、推敲したり校正したりするが、根幹部分は書けない。

 不思議なもので、絵を書くような作業は何時間でもできる。ぼんやり間取りかいて、構造と矩計かいて、基礎・床伏とか書いていると半日は潰れるし、図版とか地図をイラレで書いたり、写真をフォトショでイジったり、文章をインデザインでレイアウトする作業も1日じゅうできる。

 暇な時に資料なしで王選手書いてみたら蒋介石になってしまい、では写真をみないで毛沢東を書いてみようとしたら、その内に千早と貴音を書いていたことがあったが、そういう時にも時間はトンでいる。

 本はぼんやり読むなら1日じゅうでも読める。ただ、日本語でもそれ以外でもメモを取りながらは自宅でも図書館でも3時間位で限界が来て、その日は、あと1時間半程度集中してメモを取りながら読むのが限界。スピードは本に依って様々だが、甘木ブリリアントパークの原作確認したときはメモ取りながらで1冊15分かからなかった。あれはヒドイ内容だと思ったよ。メモとメモの間には国立まんが図書館だと6階で飲み物飲んだり新刊3階で政府刊行物読んで回復を待つ。あるいは請求しといたマンガ読んだりするくらいかね。

 そんな感じで仕事をしている。だいたいラジオをつけっぱなしにする。スタンバイ、ゆうゆうワイド、たまむすび、強啓とくるのが、そのあとで夜にラジオで野球やっていると八釜しい。さっさと野球を禁止してくれないものかね。特に選手やらは頭が悪い感じのしゃべり方なので腹立たしい限りだよ。

 だから、これまで棒球遊びの時期は真回か律子と老親衛隊回、あるいはUボートのの繰り返し。

 だが、3月以降はネコミミロックばかりになった。でもま、物語上、未央はいらないし、杏ときらりは極端な存在感なのでドラマのリアリティを減じるなと。

 第二期は、かな子が会社に出てこない話をしてくれと。それを卯月と凛が探しに行くと逃げる、土手で追いかけて橋で捕まえてフードをはがすと膨らんだ顔で「衣装が入らないから引退する」という話かね。で、地面に穴掘って竹筒通した箱にかな子を入れて痩せるまで埋めとく復活プログラムの話と。その話をきいて脳天気に「にょわー」と「面白そうだみー」と「いいアイデアですね」なら、きらりを許す。もちろん、智恵理は怯えるけど雰囲気に飲まれて何も言えない。蘭子とアナスタシアは脳天気に途中で「差し入れ」と称して、食べ物の匂いだけをかがせるわけだ。

 ちなみに、ゲームの方は課金どころかアーケードも家庭用もソーシャルゲームもやったことはない。

 そもそも ゲームとかはしない。パンツァードラクーンとかガングリフォンとかパンツァーフロントとかみたいにスキマ時間にできればいいが、そうでもないものはやっていて時間消費がイヤになるし、それほど面白いゲームも当節はない。

 何百回も試行して確率論で喧嘩するようなゲームもね。それは作業だし、何分掛かるかわからないが1回10円くらいもらわないと割も合わないし、人間がやるんじゃなくてマクロ組んで機械にやらせろと思うがねえ。そもそもユニットを揃えてもサーバの上で保有の可否が書き換わるだけだ。

 「私は葛城ちゃんを一発で出しました」も手を抜いたないでスクショじゃなくてフォトショでちゃんと作ればそれで自慢できて小さな自尊心を滿足させられるだろうにねえ

 まー、腹減ってきたので目玉焼きでも作ろうかと思ったが、試しにソースをかけたいが、家にソースはない。
2015.05
14
CM:6
TB:0
10:56
Category : 未分類
 馬鹿にされなくなってから痛車にするのは付和雷同にすぎない。自分が価値があると信じれば、千万人が反対しても実施し主張するのが士大夫というものだが、千万人がそれをやるのを見てからビクビク後追いするのは大丈夫のすることでもない。

 大学生の頃か、痛車のハシリを作った知り合いがいた。『天地無用』の頃でそのロゴをサニーのリアウインドウ大に拡大し、カッティングシートで切り出して貼り付け、ロゴも砂沙美から「サミー」にした車。聖地巡礼として埼玉からよく岡山に行っていた。95年前後の話。

 そのチョイ後くらい、97年前にTodayをパトカーの外観にして「墨東署」とした車が川越で偶に見かけた。まあ、2013年末ころに的場駅の近くのベルクで久しぶりに見て、しかも持ち主の駐車場もみつけた。

墨東署

 そのころは全部自前だった。自分でデザインを決めて、自力でカッティングや塗装をしている。

 しかし、当節は産業化した。権利があるかどうかわからない絵をどこからか入手してフォトショで加工し、業者が大判プリンタで出力し、それを貼る。持ち主は金払って乗るだけ。どこにもオリジナリティはない。

 こないだの冬コミの帰りで「アフリカの棺桶にも負ける」「自分で描いているわけでもないだろ」という話になったよ。西アフリカの一部では、故人に合わせた形態の棺桶を作る。写真家ならカメラ、タクシーの運転手は車、料理人だとエビの棺桶というように、オリジナリティにあふれている。

 今の痛車なら、カミナリ族どもの乗用車オートバイ改造の方がオリジナリティがあると思うがね。パターナリズムがあるが目立つために、持ち主や施工業者も奇妙な形を目指している。

 大元の原作があって、公式があって、それに見える絵を他人に描かせて、それを他人に施工させたものにオリジナリティはないだろうよ。もちろん最初にやって乗ったやつは偉い。だがそれをみて、みんなが始めるまで様子見して、そこから金を払って真似しているのは志はない。

 「誰もやらないが、一人でもやる」位でもなければ、結局は付和雷同のたぐいであることだよ。

 まー「10式は要らないなんて言えばアルファブロガーのJ太郎が怒るから言わないのが社会人の知恵なのです」「賢いボクは長いものには巻かれるのです」と言っていた御仁が、「水田は障害にならないのです」のJ太郎が弱ってきてから急に「水田は有効な地形障害です」とか言い出すのはナンだね。己というものがないのだろうよ。

 というか、そんな面倒くさいところに大規模な戦力は展開できないだろうに「大規模近代地上戦」とか言い出すあたりや、書評と称するものが、あらすじと「面白かったです」程度の感想なのもアレだがね。
2015.05
11
CM:8
TB:0
00:33
Category : 未分類
 無断翻訳サークルはさっさと滅びたほうが良い。コミケには洋書を丸々、あるいは一節をそのまま無断翻訳し、小金を稼ぐサークル群がある。
mk‏@masatoshi_san あれは相当に悪質。同人誌として許されるグレーゾーンを逸脱して完全に海賊版。本文・図版の盗用などが権利者との間で深刻な問題になった場合、メカミリや歴史ジャンルの同人活動に大きな影響を与えかねない。
https://twitter.com/masatoshi_san/status/597386305882861568

本体1ヶ所とダミサが4-5ヶ所ある。評論情報ならサークル名「dupuy de lome」、サークルカットで「要塞の経済学」とか書いている所。コミケ以外でもSF系の小規模コンペで持ち込み販売しているのを見たことがある。相当に手広く小金稼ぎをしているのだろう。

 この件については、@masatoshi_sanとはコミケや宴会で前々から、おそらく15年くらい前から話していた。互いに準備会に「アレはNG」と何回かいっているが、準備会は上に伝えるとだけ言って全く動かない。

 買ったことはない。表紙とタイトルを見るだけで無断翻訳であることは歴然としている。あんな汚らわしいものは触りたくもないし、話しかけられるのも迷惑そのものである。

 何回か隣り合わせになったことがある。そのうち1回、見本誌チェックで「表紙の写真(CVNド・ゴールから発艦するラファールの写真)は権利者からの許諾はあるのか」と言われていた。代表曰く「そんなもの、同人誌にはない。ここにいるみんなは誰もやっていない」と言い放った。そのあと「そうでしょ、ね、隅金さん」と聞かれたことがある。腹立たしくて「著作権無視していいわけないだろ」と言ったがね。

 「隅金さんは手に入った自衛隊の内部資料を写している」といわれた時にも業腹だった。己はオリジナルのアイデアについて述べている。使う資料は公開資料だし、それを具体例として出す事例について、部内でのナイショと矛盾する内容ととなることもあるが、その時は公開資料に合わせる。元のタネ本、元記事を翻訳してそのまま載せるのは、オマエのところだけだとね。中国の出版社でもそんなところは減った。

 さらに、連中を甘やかすのも共犯である。素人が知らないで買うのはともかく、同人誌としてアレを紹介している連中もいた。知りつつ紹介するなら共犯、無断翻訳を見抜けないなら目利きを装っておりながら明きメクラといったものだ。
2015.05
08
CM:13
TB:0
11:39
Category : 未分類
 「内田樹氏『江戸時代は偉かった…Back to Edo era! 』…それへの賛否」 発言欄を見ると、dragoner、名無し岩手県民以下、いつもの軍クラの盆暗やネトウヨばかりであって、ロクな面子でない。

 内田さんがいいたいのは、今の社会が問題を抱えているこれらの問題は昔はありえない問題であった、旧幕の昔はヨカッタという話に過ぎない。

 ちなみに旧幕はヨカッタという話は、別に珍しいものではない。明治期にもいくらでもある。例えば工業化で海や川が汚れたとかいったもので、昔のキレイな川や海は懐かしいといったものだ。

 甚だしい例では、旧幕の昔はこんなにヒドイ夕立がなかったといった言いがかりめいた話もあった。だが、実は寒冷期から徐々に抜けだしているあたりから正しい観察であるようにも見える。

 その程度の話に「今よりも生活レベルが下がるが、それでいいのか」と噛み付くのは、お里が知れる。年長の「昭和30年代は活気があってよかった」とか「戦前も別に真っ暗じゃないよ」といった話に、「可処分所得が」とか「普通選挙もない」みたいな区区たる反論をしてどうなるのかね。

 そもそも「エコな江戸時代に戻ろう」という発言を、リアルに「社会構造や技術レベルを江戸に引き戻そうとする反動だ」と食ってかかるのが頭が悪い。実際、一種の不能犯のようなもので、実際に戻せるわけではない。貧富の差について「アダムが耕し、イブが紡いでいたころ貧困はなかった、昔に帰ろう」という発言に、植林だの医療だの経済レベルだのといった意見が何の意味をもつのかね。

 内田さんの意見に非現実的云々を言うなら、これら軍クラの盆暗も相当にファンタジーな発言をしているのだけれどもね。端的なやつだと「メルトダウンは起きていないのに起きたというデマを流す馬鹿は消えて下さい。」とか「核分裂が止まってるのにメルトダウンとかおきるわけない。馬鹿は黙ってろ」を支持していたあたりは如実である。

 当時、原発がどうなっているかは分からなかった。だが、従来いわれていたような絶対安全な状態ではないことぐらいは伺えた。

 しかし、今回みたいに連中は現状肯定するだけだから「核物理学を知らずに騒いでる人の頭の方がお天気です。あ、福島原発は復旧の目処がつきましたよ。」と言い出したり、それを事実だと信じて吹聴したわけだ。

 まあ、根底にあるのは、内田樹さんへの反感だから批判としても見るべきものでもないけどね。
2015.05
08
CM:14
TB:0
10:56
Category : 未分類
 前々から不思議なのだが、アレ宰相は竹島での韓国実効支配積み上げにはなにもしない。朝日新聞「韓国軍、竹島で防衛訓練 日本政府『極めて遺憾』と抗議」とあるように、抗議しかせず、相手の実効支配積み上げを許している。

 アレ政権の実相は、こんなものである。普段は安全保障だの歴史問題だので偉そうな事を言いながら、その実、韓国への実効支配積み上げには何の対処もしない。

 祖父岸信介を顕彰しているあたり『永続敗戦論』での指摘そのものだ。アメリカに認証されていることで保守だと勘違いしている間抜けなので、アメリカが怒る韓国とのトラブルはできないとでも思っているのだろう。

 別に尖閣も竹島もどうでもいい島ではある。だが、国民国家にとって領土は神聖なものであり、互いに譲れるものではない。だからしかたがないので領土で争う。

 尖閣では、日本は中国とキチンと対峙している。日中は互いに実効支配積み上げを阻止する構造を作り、阿吽の呼吸で互いにバランスを取っている。

 しかし、竹島では何もしない。それで韓国の実効支配積み上げを許している。

 日本もP-3Cで爆撃訓練をやるべきではないのかね。竹島から12マイル以内で、韓国軍にぶつけないように対潜爆弾の2-3発も投下しておけば、韓国実効支配積み上げはチャラにできる。

 尖閣で中国が日本の実効支配積み上げを阻止したように、日本も韓国の実行支配積み上げを阻止すべきなのだがね。中国が尖閣を泥沼化させたように、日本も竹島を泥沼化させることで竹島を利用不能にもっていける。

 どうみても日本に勝ち目のない慰安婦問題で歴史戦だのをやるよりも、竹島の支配実績を削がれる恐怖を与えるべきである。そうすれば、国民感情をコントロールしようとしない韓国政府の対日姿勢を抑制的にさせられるだろう。
2015.05
07
CM:2
TB:0
12:37
Category : 未分類
 葬儀屋さんのセレモア、ラジオコマーシャルがドイツ国歌なのはどんなものかね。前々から「ゆうゆうワイド」で9時代に掛かるなあと思っていて、さっき12時代にかかったのでググったらMP3があった、中身は次のリンクの通り

 セレモアのコマーシャル http://www.ceremore.co.jp/company/radio_cm.mp3

 ドイツ国歌
 

 別に悪いってこともないんだが、メロディーについて何であるかを知っていると不思議に聞こえるものだ。世界に冠たるドイツとか、マースからメーメルまでとか、ドイツの酒とドイツの歌サイコーみたいな歌詞が想起されてね。いま見聞きしても、ゲルマン諸語は似たようなものだから、20年以上前に3年だけやったドイツ語(第二じゃなくて第一外国語で選べたのは、あの大学はむちゃくちゃだった)でも意味わかるのがアレ。

 国歌だと、ブラジルとアルゼンチンが交じる。アルゼンチンの前奏のあとにブラジルの旋律が来るイメージがねえ。あと、アルゼンチン国旗を注視するのだが、あれは国旗ごとに太陽の表情が違っているのが面白い。なんにせよ、アルゼンチンは結構面白かったので、もう一度行ってみたみたいものだ。何時間掛かるかわかったものでもないけどね。
2015.05
07
CM:6
TB:0
12:00
Category : 未分類
 スペックだけ見ていると誤ることがある。C-2とC-17の件で言えば、貨物室高さである。

 ooi@n_m@JDSDE214さんは次のように主張している。
ooi@n_m@JDSDE214 YC-X/C-2の機内貨物室のサイズはH4m×W4m×L16mか。
https://twitter.com/JDSDE214/status/596000101635461120
ooi@n_m‏@JDSDE214 C-17はWとLで上まわり、Hで負けてんのか。
https://twitter.com/JDSDE214/status/596000355290218496
ooi@n_m@JDSDE214 @kynlkztr ただ、C-17より背の高いモノが行けますね、それこそコンテナー。
https://twitter.com/JDSDE214/status/596006504836124673
ooi@n_m ‏@JDSDE214 C-17がこれだからなあ。h:3.76m、w:5.48m、l:26.82m(6mランプ含む)、ランプ含まなかったら20mってところか。
https://twitter.com/JDSDE214/status/596001702530027521


 しかしこれは、スペックだけで話した誤りだ。

 貨物室縦断図を見れば、C-17の貨物室は明らかにC-2よりも高い。C-17の貨物室について、主翼後方までの13.5mが最低天井高3.75m、主翼後方からランプつま先までの12.5mが最低天井高4.11m、それから後ろが3.2m、幅はいずれも5.5mである。

C-17貨物室

 果たしてこれで「C-17より背の高いモノが行けます」(ooi@n_m@JDSDE214)と言えるだろうか?、C-2に対して「C-17はWとLで上まわり、Hで負けてんのか。」(ooi@n_m@JDSDE214)と表することは妥当だろうか?

 むしろこのあたりは、C-2にある奇形的問題を示しているとも言える。C-2の要求性能には、国産といった結論に合わせC-17購入回避の圧力が掛かっている。このため、国産とすればC-17より一部は高性能となるとしたい。その結果が、主翼下だけなら天井高でC-17に勝るといった数値なのだろう。あまり意味のある数字ではない。

 まあ、皆様は数字に強い理系であると豪語しているが、結局はこの程度のものだ。批判的に見れば、そこに奇妙な状況があること、あるいは奇妙なことにあるべきものがないことに気づくのだが、本人も周囲も、公的発表について全肯定するとそういったことに気づかないのだろう。「『聖書』の記述と矛盾するから進化論や天動説は誤りである」とするようなものだ。



 もちろん見ず知らずの方には、このようにキツイことを書く失礼はしない。

 ただね
ooi@n_m @JDSDE214 
@Panda_51 @V2ypPq9SqY あの人総論まとめてズバッと斬り込むのは同人誌の頃から得意なンすけど、説明が乱暴なんでいま一つ現実に落とし込むときに問題残す傾向がありますね
https://twitter.com/JDSDE214/status/595764290172428289
とか言っているのだから、こちらも言っていいだろうと思ったよ。

 理解というのは一瞬でなる。分かる人は結論だけいえば一瞬で理解する。逆にコンセプトを理解できない人は、どう説明しても理解できない。抽象的に考えられないから、具体的な要素に躓くのだろう。

 実際に潜水艦救難でも、チェンバー云々といったどうでもいい部分にこだわっている。あれは必須ではないし、仮に必要としてもいまは個人を放り込む折り畳み用がある。それに入れて大好きなUS-2で潜水病病院に放りむ方法もある。

 他にも、ooi@n_m @JDSDE214さんには、潜水艦の排水量についての理解が怪しい部分あるね。http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-1244.htmlで、Dragonerさんの珍妙な水中排水量理解に雷同している。(https://twitter.com/JDSDE214/status/531805322302615552) 

 相互主義だから、ooi@n_m @JDSDE214さんに、理解が「乱暴なんでいま一つ現実に落とし込むときに問題残す傾向があ」るといってもバチも当たらないだろう。
2015.05
07
CM:7
TB:0
00:10
Category : 未分類
 雑誌に書いても、販売されるまで「本当に載っているのかな」と不安になる性質なもの。だから、放映後にいいたいのだけれども。

 11日の「ビートたけしのTVタックル」に出られるみたいです。はじめて収録に行ってきたのですが、男なのに化粧するとは知りませんでした。ハイ。

 テロ対策関係だと考えていたのですが、話の流れが思ったのと違う方向に流れたのと「なぜドローンを規制すべきではないか」を最初に説明し損なったので、とにかく規制反対だけに見えるでしょう。

 失敗ですが、初手だから仕方ない。本田さんちの未央さんみたいに気に病むのもアレ。それで悩むくらいならネコミミロック回か、律子&老親衛隊のあたりを視聴しながら、これからの仕事で挽回ということで。

 まあ、「実績を積めたからヨカッタ」と合理化して、自分を騙すのも中年の知恵でしょう。ご報告まで。
2015.05
06
CM:2
TB:0
12:50
Category : 未分類
 土曜深夜の「東京ポッド許可局」と昨日の「セッション22」で、「推理小説は法の支配が必要」という話があったのだけれども。ググるとそれが国内で膾炙したのは高橋哲雄さんの「ミステリーの社会学」の様子。国立国会が休みなんで現物で確認できていないけどね。

 たしかに、英米の例を考えるとそれは納得できる。違法拘束に相当に厳しいし、デュー・プロセス・オブ・ローがしっかりしている。だから、ホームズが警吏に「別件で捕まえとけ、どうせ叩けばホコリが出る」と指示したり「暇だから、こないだ捕まえたオモチャを脅してみるか」で爪を剥いだりするシーンはありえないものです。ワトソンのじゃあ、この自白剤でとかもたぶんないでしょう。ピンクの象をつれた小人の大名行列を見つけて興奮するホームズに、おちつけよと謎注射する例はあるかもしれないけどね。

 ただ、日本の推理小説はどんなものですかね。実際には証拠捏造とか、警察署で延々と勾留される状況があるわけで、明治の角袖から昭和戦後まで「タタキ(強盗)やノビ(窃盗)では国が滅びんからのう」ですからねえ。

 リアリティだすなら、公安で飼っておいたスパイにあぶり出しさせたり、事件を起こさせて検挙するマッチポンプとかやるべきだと思うよ。鉄道モノでも、時刻表トリックとかそんな瑣末な話をしないで、転び公妨で運転手を拘束して全乗客込みで犯人を列車ごと拘束して、片っ端から「オマエがやったんだろう、仲間は吐いたぞ」とやるアイデアとかどうかね。

 ルパン一味も協力者だから目こぼしとかね。政治犯とか外国のスパイ情報をもらっているの。銭形が捕まえられないのは、ルパンを裏社会で活躍させるための演技であり、しかもルパン対策を理屈にして企業等の秘密情報を収集し放題みたいな構造なんじゃないですか。
2015.05
05
CM:14
TB:0
00:01
Category : 未分類
 「C-2じゃなくてC-17にしておけ」という話に、「ネパールにエアバスの輸送機は行っていない」と言い出すのは何事だろう?

 JSFさんは、「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 長距離輸送機の調達戦略に問題あり」http://toyokeizai.net/articles/-/68675に対してそのように言及している。
JSF‏@obiekt_JP 「ネパール救援にC-2輸送機は間に合わなかった!」って言ってる人が居たけど、A-400Mだって現地にはまだネパールに向かってないですよ。そのうち行くかもしれないけど。なおイギリス軍はアントノフAn-124輸送機(民間機)をチャーターしてネパール救援に行ってますぞい。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/595172321746292736

A-400Mをネパールに派遣しようが派遣しまいが、C-2の開発遅延と、その結果として自衛隊の長距離輸送能力に穴があいていることは変わらない。実用機もなく、いつ運用できるかわからないC-2に比較して、C-17は各国で活用されている現状は否定できない。

 JSFさんはC-2の不首尾を直視したくないので、エアバスも遅れていると反論したつもりなのだろう。だが、これは日本の従軍慰安婦問題について、「韓国もベトナム戦争でやっていたじゃないか」といった程度のものだ。自衛隊の輸送機整備や、C-2開発の失態を隠せるものではない。

 いつものJSFさんの補償行為なのだろう。C-2が上手くいかないことに強い不満を持ち、その現実を直視したくない。だから、A-400だかも上手くいっていないといって自己の心理的防衛を図る。JSFさんの弱い心を守るためには仕方のないことなのかもしれない。

 これはオスプレイ賞賛も同じである。軍隊大好きなJSFさんは、駐留海兵隊が県民に嫌われ、反対運動に直面しているとことに強い不満を抱いている。だから「海兵隊のオスプレイがネパールで活躍している」といって、心のなかで県民感情や反対運動を否定しようと必死になっている。もちろん外国で海兵隊のオスプレイが活躍したからといって、海兵隊への悪感情や基地問題での反対を否定できるわけではないし、JSFさんの小児的な軍隊擁護が肯定されるわけではない。

 なによりも、JSFさんが志に乏しいのは残念なものだ。
JSF‏@obiekt_JP この件を大手マスコミが無視してくれているおかげで私がYahooに寄稿した記事にPVが集まるって寸法なわけですよ。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/595118467369435137

PVが欲しいので迎合記事を書いていると告白している。新しい発見を知らせたいわけではなく、何かを主張するわけでもないあたり、情けないものだ。これからもPVと、PVに応じた何かの獲得に最適化された取るに足らない記事を書き続けるのだろう。
2015.05
04
CM:5
TB:0
19:17
Category : 未分類
 東洋経済オンラインさんに書かせてもらった「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか」での、将来的なDSRVの空輸展開必要になるよとする指摘について、「今の海自のDSRVは空輸できない」って意見を頂戴した。

 ただ、「今の潜水艦救難体勢では、将来的に対応できない」という視点に欠ける意見ではないか。現状の、横須賀と呉においた救難艦での地先救難では将来的には収まらないわけだ。これは次の次の次の雑誌原稿で考えていた話。

 理想は空投可能なDSRVと、同様に空投可能な捜索支援用ボートの組み合わせだね。米軍みたいに世界中に飛行場持っているわけでも、そこで超重量用のトレーラーを運用できるわけでも、常に高速航行できる原潜もっているわけでもない。

 「救難艦がないので、本格的な捜索ができない」ことは問題ではない。遭難位置について、救難ブイなり、通信ブイなり、音響発振なりで位置がわかればそれで対応できる。ダメで推定位置から捜索するにしても、空投ボートからとりあえずSSSで対応できるだけで相当違う。

  空投できないにしても、外地でも容易に飛行場から港に陸上輸送できて、適当なフネで曳航して進出できるようなヤツにしないと、今後の潜水艦救難には間に合うものではないでしょう。
2015.05
04
CM:12
TB:0
12:19
Category : 未分類
・ 東洋経済オンラインで「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 」長距離輸送機の調達戦略に問題あり」を書かせてもらいました。
 http://toyokeizai.net/articles/-/68675 ですので、御覧ください

・ ハフィントンポストで「水素自動車に未来はない」を書かせてもらいました
 http://www.huffingtonpost.jp/suchou-montani/hydrogen-car_b_7177380.htmlですので、御覧ください
2015.05
03
CM:10
TB:0
18:46
Category : 未分類
 「集団的自衛権の行使事例として、中東・ホルムズ海峡が機雷封鎖されて原油輸入が滞り、凍死者が続出する場合が該当し、停戦前の機雷掃海が可能」といいだすのもどんなものかね。

 産経の「自民・高村副総裁『原油切れで凍死者続出なら停戦前の掃海可能』」だが、なんでそれが集団的自衛権になるのかが疑問である。

 ホルムズ海峡は国際海峡であり、日本には通航の権利がある。「通航の権利を行使するため、通航路を確保した。両陣営間の戦争行為に参加するつもりはない」で終わりとなる話である。これはコルフ海峡事件での英国による自力救済の先例があるため、主張は難しくはない。

 しかも、他国と分担して機雷除去をしたところで、集団的自衛権とは関係しない。

 そもそも、ホルムズが機雷封鎖されるまで米国が黙っているということはない。仮にイランが国際海峡全体を封鎖するような機雷敷設を始めたばあい、封鎖完了まで待つことはない。攻勢的対機雷戦でイラン敷設艦船を沈め、陸上機雷ストックや輸送を爆撃し、逆にイラン港湾を機雷封鎖するだろう。

 実際にはギリギリまで集団的自衛権は使いませんよといいたいのだろう。だが、前提として非現実的な話である上、集団的自衛権を使わずそれ以前に対応する話である。何のためにする主張であるかわからない。

 集団的自衛権云々の話は大概ピントがぼけている。従来の自衛隊派遣同然に、その都度議論をつくし、みんな納得の上で現実と憲法のすり合わせをすれば済む話なのだがね。
 
2015.05
01
CM:2
TB:0
07:26
Category : 未分類
 日本青年会議所は結構面白い。なんというか真面目にやろうとしているのだが、抜けている感じがそこかしこにする。事務能力のない連中が集まった壮大な結社ごっこにも見えるものだ。

 その会頭さんが、ネパールの大地震への支援援助のメッセージを出している。もちろん、良いことである。ごっこ遊びにお金を費消することに較べれば相当に有意義だろう。

 だが、詰めは甘い。献血の呼びかけのあたりは、あまりにも現状を知らない。
また、被災地域では負傷者が多く、血液が不足しているとの情報が入っております。皆様の地域の赤十字やIFRCへお問合せいただき、ネパールへの血液の提供が可能な方は、自発的に献血のご協力をお願いいたします。

とあるが、日本には血液を国外に出す余裕はない。

 日本は国内需要でも血液は常に不足気味であり、ネパールに持っていく余裕はない。このあたりは、最近どうにか自給体制に持っていったものの、血液製剤についてはかつては輸入大国であったことを思い出せばいいだろう。

 もちろん、献血は悪いことではない。行くことは良いことである。

 だが、その血液がネパール向かうという発想や、そのための献血症例の表明は日本の血液行政についてあまりにも無知である。

 なにより、赤十字がネパール支援で何をもとめているのか、献血について触れているかを調べていないあたり、当事者能力に欠けているようにしか見えない。

 まあ、会頭さんはチェーン薬局のシャチョさんみたいだが、経営とやらも怪しそうなものだ。業界紙記者に語った中身をみると
プレミアムをコンセプトに掲げ、薬局づくりを行っています。従来の薬局は、店舗の造りと接客の両方が上手くマッチングして心地よいというものがほとんどなかったと思います。他業種に比べて客単価が高いのにこれでいいのか、コストを下げれば利益が出るというような考えでよいのか、そんな疑問からお客様に選ばれる薬局づくりを目指そうと思いました。
https://ds-pharma.jp/gakujutsu/contents/guidance/case/vol02.html

薬価基準に乗っかった商売で、ヒマにあかせるとこういうことを考えだすのだろう。そのヒマがあれば、予約や前方予測、レシピの写真送付でサッサと薬をよこす仕組みでも考えればいいのだがね。

 青年会議所は、若旦那が会社で余計なことをするとマズイからと、大旦那さんや番頭さんが厄介払い兼ねて「社会貢献してらっしゃい」で行かせているような、箸棒若旦那の捨て所なのだろう。