fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
05
CM:14
TB:0
00:01
Category : 未分類
 「C-2じゃなくてC-17にしておけ」という話に、「ネパールにエアバスの輸送機は行っていない」と言い出すのは何事だろう?

 JSFさんは、「ネパールへの自衛隊展開は、なぜ遅れたのか 長距離輸送機の調達戦略に問題あり」http://toyokeizai.net/articles/-/68675に対してそのように言及している。
JSF‏@obiekt_JP 「ネパール救援にC-2輸送機は間に合わなかった!」って言ってる人が居たけど、A-400Mだって現地にはまだネパールに向かってないですよ。そのうち行くかもしれないけど。なおイギリス軍はアントノフAn-124輸送機(民間機)をチャーターしてネパール救援に行ってますぞい。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/595172321746292736

A-400Mをネパールに派遣しようが派遣しまいが、C-2の開発遅延と、その結果として自衛隊の長距離輸送能力に穴があいていることは変わらない。実用機もなく、いつ運用できるかわからないC-2に比較して、C-17は各国で活用されている現状は否定できない。

 JSFさんはC-2の不首尾を直視したくないので、エアバスも遅れていると反論したつもりなのだろう。だが、これは日本の従軍慰安婦問題について、「韓国もベトナム戦争でやっていたじゃないか」といった程度のものだ。自衛隊の輸送機整備や、C-2開発の失態を隠せるものではない。

 いつものJSFさんの補償行為なのだろう。C-2が上手くいかないことに強い不満を持ち、その現実を直視したくない。だから、A-400だかも上手くいっていないといって自己の心理的防衛を図る。JSFさんの弱い心を守るためには仕方のないことなのかもしれない。

 これはオスプレイ賞賛も同じである。軍隊大好きなJSFさんは、駐留海兵隊が県民に嫌われ、反対運動に直面しているとことに強い不満を抱いている。だから「海兵隊のオスプレイがネパールで活躍している」といって、心のなかで県民感情や反対運動を否定しようと必死になっている。もちろん外国で海兵隊のオスプレイが活躍したからといって、海兵隊への悪感情や基地問題での反対を否定できるわけではないし、JSFさんの小児的な軍隊擁護が肯定されるわけではない。

 なによりも、JSFさんが志に乏しいのは残念なものだ。
JSF‏@obiekt_JP この件を大手マスコミが無視してくれているおかげで私がYahooに寄稿した記事にPVが集まるって寸法なわけですよ。
https://twitter.com/obiekt_JP/status/595118467369435137

PVが欲しいので迎合記事を書いていると告白している。新しい発見を知らせたいわけではなく、何かを主張するわけでもないあたり、情けないものだ。これからもPVと、PVに応じた何かの獲得に最適化された取るに足らない記事を書き続けるのだろう。
スポンサーサイト