fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
11
CM:8
TB:0
00:33
Category : 未分類
 無断翻訳サークルはさっさと滅びたほうが良い。コミケには洋書を丸々、あるいは一節をそのまま無断翻訳し、小金を稼ぐサークル群がある。
mk‏@masatoshi_san あれは相当に悪質。同人誌として許されるグレーゾーンを逸脱して完全に海賊版。本文・図版の盗用などが権利者との間で深刻な問題になった場合、メカミリや歴史ジャンルの同人活動に大きな影響を与えかねない。
https://twitter.com/masatoshi_san/status/597386305882861568

本体1ヶ所とダミサが4-5ヶ所ある。評論情報ならサークル名「dupuy de lome」、サークルカットで「要塞の経済学」とか書いている所。コミケ以外でもSF系の小規模コンペで持ち込み販売しているのを見たことがある。相当に手広く小金稼ぎをしているのだろう。

 この件については、@masatoshi_sanとはコミケや宴会で前々から、おそらく15年くらい前から話していた。互いに準備会に「アレはNG」と何回かいっているが、準備会は上に伝えるとだけ言って全く動かない。

 買ったことはない。表紙とタイトルを見るだけで無断翻訳であることは歴然としている。あんな汚らわしいものは触りたくもないし、話しかけられるのも迷惑そのものである。

 何回か隣り合わせになったことがある。そのうち1回、見本誌チェックで「表紙の写真(CVNド・ゴールから発艦するラファールの写真)は権利者からの許諾はあるのか」と言われていた。代表曰く「そんなもの、同人誌にはない。ここにいるみんなは誰もやっていない」と言い放った。そのあと「そうでしょ、ね、隅金さん」と聞かれたことがある。腹立たしくて「著作権無視していいわけないだろ」と言ったがね。

 「隅金さんは手に入った自衛隊の内部資料を写している」といわれた時にも業腹だった。己はオリジナルのアイデアについて述べている。使う資料は公開資料だし、それを具体例として出す事例について、部内でのナイショと矛盾する内容ととなることもあるが、その時は公開資料に合わせる。元のタネ本、元記事を翻訳してそのまま載せるのは、オマエのところだけだとね。中国の出版社でもそんなところは減った。

 さらに、連中を甘やかすのも共犯である。素人が知らないで買うのはともかく、同人誌としてアレを紹介している連中もいた。知りつつ紹介するなら共犯、無断翻訳を見抜けないなら目利きを装っておりながら明きメクラといったものだ。
スポンサーサイト