fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.05
17
CM:10
TB:0
03:21
Category : 未分類
 日中韓台の軍隊は三倍段ではないか?

 冷戦期、極東ソ連軍は日中両国にとっての脅威であった。両国は超大国ソ連軍と対峙しており、大戦末期や珍宝島事件で負けた歴史的記憶を持つ。韓国も北朝鮮の背後の半分にはそれなりに脅威を感じていた。

 表面上での装備水準は日中韓を圧倒していた。ソ連陸軍の機械化と装備は東アジア三国を警戒していた。実際のところ極東ソ連軍は攻勢の余裕もなく、陸軍はT-55が主力であり師団も水増し、航空戦力は八〇年頃までMig-19やYak-28を相当に含んでいた。だが、東アジア諸国の軍隊は、ヨーロッパ正面のソ連最新戦力に眼をくらまされていた。


■ 00年代以降は東アジア優位

 しかし冷戦崩壊以降、極東ロシアは弱体化し日中韓は軍事でも劣勢となった。ロシアは極東部に力を注げなくなった。人口800-700万、陸軍7万人、主力水上艦が旧式艦一五隻程度では日中韓に劣勢である。

 しかも日中韓台は済発展の結果、正面装備もロシアに追いついた。経済力が反映する後方諸要素や後背地の産業力では、もともとロシアを圧倒している。

 そこに、高度な日中韓台の人的・質的要素を加えると、極東ロシア軍は完全に圧倒される。東アジアは将兵の質が高いということだ。東アジア圏は儒教や科挙制度の影響がある。このため国の教育レベルは高く、勤労の精神から無駄に訓練水準も高い。しかも日中は志願兵制であり士気も高い。

 さらに、日中韓の軍隊には戦力増加要素がある。充実した軍隊の後方支援体勢や、指揮通信システム、国際交流によるノウハウ取得、国際的な指揮官や幕僚教育といったものだ。


■ 東アジア三倍段

 これを加味すれば、東アジア諸国の軍隊は、極東ロシア軍の三倍の実力を持つのではないか?

 東アジア三倍段といってもよい。「東アジア陸軍の一個大隊は、戦力的に極東ロシア軍三個大隊に相当する」ということも、あり得る話である。まあ、与太と言われれば与太だが、案外そんなものだと思うよ。日露戦争でのロシアの黄色人種蔑視とエスノセントリズム「ロシア兵1人は低体格の日本兵3名に相当する」の裏返しのような言い方だけどね。
スポンサーサイト