FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.06
16
CM:8
TB:0
06:15
Category : 未分類
 JSFさんは超音速対艦ミサイルの弾頭重量と、戦艦の主砲弾の炸薬量を比較してどうするのだろうか?

 まず、JSFさんは区別を理解できているか怪しい。
徹甲弾
JSF‏@obiekt_JP 超音速対艦ミサイルの弾頭重量が小さいから問題だという論には、先ずは戦艦の徹甲弾の炸薬量を調べてみることをお勧めするん。
2015年6月15日 https://twitter.com/obiekt_JP/status/610453741561483265

「弾頭重量が小さいから問題だという論には、先ずは戦艦の徹甲弾の炸薬量を調べて」どうなるというのだろうか?

 比較対象は揃えなければならない。弾頭重量と比較するのは砲弾重量であり、炸薬量と比較するのは炸薬量でなければならない。

 JSFさんはここでも混同している。比較についてご存じないか、話をごまかそうとしているかである。おそらく両者だろう。

 超音速対艦ミサイルは、中型でも弾頭重量は200-300kg程度しかない。それに対して、比較すべき戦艦の徹甲弾は重量で700-1200kgである。さて、これで何が言えるか。

 そもそも、貫通力と破壊力は異なる。超音速ミサイルやその弾頭は装甲貫通力を期待したものではなく、爆風と破片による破壊力を期待したものである。対して戦艦の徹甲弾はまず貫通力に特化しており、破壊力はその次でしかない。この点で言えば炸薬量での比較も意味はない。

 さらに、亜音速対艦ミサイルの炸薬量に言及しない点はJSFさんが逃げている。サンバーンの炸薬量は150kgあり、16インチ級徹甲弾の炸薬量20kg程度(一般的に1.5%程度)よりも相当に大きく見える。だが、ハープーンの炸薬量100kgと比較してそれほど大きいものではない。

 実際に、破壊力を比較した場合には超音速ミサイルの威力は低い。本体500kgのハープーンが220kgの弾頭と100kgの炸薬を持っているが、本体4トンのサンバーンが320kgの弾頭に150kgの炸薬しか持たない。これは効率が悪いというのが雑誌記事の主張である

 それを戦艦の主砲塔1400t、徹甲弾1.2t(16in Mk6)よりもマシだとして「先ずは戦艦の徹甲弾の炸薬量を調べてみることをお勧めするん。」(JSF)と言い出すのならば、JSFさんには戦艦の徹甲弾と亜音速対艦ミサイルと比較することをお勧めするとしか言いようがない。

 まあJSFさんとその一派は技術に眼が眩んでロクにものが見えていない。高度技術に見える超音速対艦ミサイルに夢を見すぎているのだけどね。
JSF‏@obiekt_JP 敵大型艦を少ないチャンスで撃破するために、一撃で撃破できる弾頭を対艦ミサイルに用意しようとしている。通常のミサイルで無力化した後に通常爆弾で再攻撃して仕留めるというのは、余裕がある時にしか出来ない相談なので。
2015年6月15日 https://twitter.com/obiekt_JP/status/610446121320644609


 サイズの問題から数が揃わない超音速ミサイルと徹甲弾頭で「敵大型艦を[中略]一撃で撃破できる」(JSF)ならば、汎用性のある軽量小型安価で数が揃う亜音速ミサイルで集中攻撃しても敵大型艦を一撃で撃破できる。

 準備にしても、TOTにしても、亜音速使ったほうが実現容易で確実なのだが。JSFさんとその一派は「高度技術は偉い、国産新技術は偉い」で思考停止しているから理解できないのだろう。
スポンサーサイト