FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.07
14
CM:12
TB:0
12:49
Category : 未分類
 人間はそれほど自由に発言できるものではない。これは独裁国の独裁者でも、自由に独裁できるわけではないことに似ている。防衛省、陸の利益代表である佐藤正久さんも、防衛問題の専門家や国会議員として自由に発言できるわけではない。権益や支持組織の意向、支持者の政治傾向にあわせた発言をする必要があり、実際におもねっている。

 まず、「憲法学者には『限定的集団的自衛権』の合憲派と違憲派がおり」といった認識は迎合でしかない。
憲法学者には「限定的集団的自衛権」の合憲派と違憲派がおり、また違憲派の中には自衛隊を違憲とする方も少なからずいる。ただ憲法解釈の違憲、合憲かを最終判断するのは憲法学者ではなく最高。政府は最高裁砂川判決で認められた自衛の措置と軌を一にするとの立場。当時の最高裁長官のコメントにも合致
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/620698294885298176

本当に御用学者3人の合憲派が、残りの違憲派閥と拮抗していると考えるほど頭は悪くないだろう。その意味で、迎合でしかない。

 また、件の同志社大学長のアレ発言をヨイショしているあたりも同じ迎合である。
【思わず頷いた!学者は憲法学者だけではない。村田同志社大学学長】
憲法学者の公聴会での違憲表明で、安保法案議論は1年前の閣議決定時点に戻ってしまったような感じもあったが、佐藤も懇意にさせて頂いている村田氏の発言。正論だと思う!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150713-00000516-san-pol …
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/620585310699696128

「安全保障の専門家からなる学界で意見を問われれば、多くの安全保障専門家は今回の法案にかなり肯定的な回答をするのではないか」(村田)という。だが、これも「安全保障政策を進める上で憲法は無視していい」と言って肯定する奴はいない。いても村田さんを含めて3人位しかいないのではないかね。

 なんにせよ、頭の弱い支持者や支持層にそこまで合わせてどうするのかね。正道を見据えて、あるいは今後の利益から危険を察知して黙ってりゃいいのに、尻馬にだけ乗ることだけ考えておもねっているようでは、脇が甘い。専門家として支持者層に影響を与え導くのではなく、ネトウヨ支持者の操り人形になる。その意味で、御用学者と同じ御用自衛官でしかない。

 実際に一選抜で一佐になったあたり、組織に忠実なのだろう。組織で受ける言動、組織での正解を覚えてそのとおり振る舞い、最大効果ではなく最大評価を求めるやり方をやってきたわけだ。それ以外のやり方をしらないから、議員になっても兵隊の処世訓で支持組織に忠実、支持組織に受ける言動と正解を覚えて頑張ろうとする。

 ただ、いずれはエライ目にあう。ネトウヨ層が指示するように発言し、行動していると「日本の危険が危ない」系の新興宗教やら「対外宣伝用の愛国放送局を作るから出資しろ詐欺」の広告塔あたりに利用されて破滅するのではないかね。
スポンサーサイト