FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.08
17
CM:5
TB:0
09:30
Category : 未分類
 ooi@n_mさんは、相手に応じて道徳を使い分けていらっしゃるようだ。

 今回、他人を呼び捨てにするなと道徳漢として、たしなめるような顔をしておられる。
OOI_呼び捨て
https://twitter.com/JDSDE214/status/632130204580708352

 だけどねえ以前は篠山半太さんについて、こうも発言されている。

OOI_パンダ
https://twitter.com/JDSDE214/status/612989414294224896
お仲間の身内で罵倒の限りを尽くしているときにはこんなものだ。敬称をつけろとか、呼び捨てにするなといったルールは柔軟に運用されるご様子である。

 ooi@n_m@JDSDE214さんは、道徳を使い分けているということだ。相手にマウンティングできる時には道徳を使う、相手に勝てない時には罵倒するという、実利的に使い分けをする工夫をしている。

 もちろん、これは珍しい話ではない。商売面と普段面を使い分けるのは生活の知恵であるからだ。例えば、死んでいる人間に優しく、生きている人に厳しいことをいう人がいる。死んだ人に優しくと言うと商売になるが、生きている人を同情しても金にならないからである。

 例えば、商業記事では殊勝なことを書く御仁がいらっしゃる。シベリア等に残った旧日本兵等の遺骨が113万人分あるとか、その解決には努力が必要だといった立派な記事を書かれてる。

 しかし、それが「わりかし言えます」の人と知ると、その立派な発言はことごとく脱構築される。なんでも相手の都合に合わせて主張されるのだろうないったようにみえるものだ。なんせ、原発事故で故郷を失った人たちに「いやー、産業の空洞化はさけるべきでしょ?だから原発、必要でしょ?」と「わりかし言え」る御仁だと、感想もヒトシオといったところだ。

 なんせ、今、生きている人に「わりかし言えます」の人が、70年前に死んだ人の遺骨で優しくなれるわけもないからねえ。
スポンサーサイト