FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.09
04
CM:8
TB:0
19:38
Category : 未分類
 水泳選手に行政は務まるものだろうか? 大丈夫「金をだせ」と言うだけなので馬鹿でもできる。

 スポーツ庁の長官に鈴木大地を置くというニュースが出た。だが、どの報道をみてもその能力を肯定する内容はない。所詮は「スポーツに金出せ」しか言わない仕事だ。だから誰でもいいということを承知しているためだ。

 だいたい、連中は何もできない。子供の頃から駆けっこ球アソビだけしかしていない。勉強なんかしてもいない。そして10代20代の栄光だけで残りの人生を生きている連中だ。まずは何もできない役立たずと見て良い。

 別にそれで構わない。スポーツ庁自体がどうでもいい官庁であるからだ。オリンピックを理由に国家予算をスポーツ団体に横流しするだけの仕事に過ぎない。それで効果がどうこうということもない。

 スポーツ庁は結果について責任を追わない。他所の役所であれば、事業の失敗や不効率は会計検査院に国損と責められる。不当な支出であればそこから金を返還させる。だが、スポーツ庁はそれをしない。負けた選手から訓練費を返還させ、負けた団体から援助費用を回収するといった話はない。これほど甘い行政もないものだ。

 逆にそこでカッチリできれば鈴木さんは大人物だがね。「死ぬ気の無いやつに国費を支出しない自費でやれ」とでも言って『私は訓練費を支給されるうえで、メダルを取れなければ片玉潰しても異論ありません』位の念書を書かせる。負けたヤツは明治神宮前で片玉なり片乳首なりを公開切取りするくらいのことをすれば、己は名長官だと褒めるものだ。

 ま、鈴木地面さんが一番最初にやるべきはアレだ。森元を川べりに連れて行って、水に引き釣りこんで尻子玉を抜くべきじゃないのかね。命までも取れとは言わないが、舌を抜く位すれば国民は喝采するのではないか。あるいは下村に「水の伝言は聞こえたかね」といって溺死寸前まで水を飲ませること50回繰り返すかどちらかだ。



「スポーツ庁初代長官、鈴木大地氏で調整 五輪競泳で金」『朝日新聞』(朝日新聞,2015.9.4)http://www.asahi.com/articles/ASH936FV4H93UTQP02X.html
スポンサーサイト