FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.02
14
CM:14
TB:0
12:52
Category : 未分類
 植民地人が宗主国に協力する例は珍しいものでもない。英仏植民地でも、日本の植民地支配にもその例はあった。

 そして大概は独立後に裏切り者扱いされるため、反政府活動をする。ビルマの民族紛争が全くそれだ。植民地支配で使われたマイノリティがそのまま反政府勢力となっている。

 当然、現地現政権の悪口を言う。亡命政府のたぐいが誇張するアレだ。例えばチベットやウイグルの亡命者組織のいうこともアテにならない。もちろん、新中国のチベットやウイグルの抑圧体制は擁護できないが、亡命政権が「農奴制はなかった」とか言われても困る。

 大抵は旧植民地や西欧の右派に媚びるものだ。「植民地は悪くなかった」とかいって相手の歓心を買おうというものだ。それで昔のご主人様に認めてもらいたいのだろう。

 その好例を台湾人親日派に見つけた。クリスさんの主張する「台湾赤十字は信用できないから地震義援金を送るな」がそれだ。

 クリスさんは次のように述べている。
☆Chris*台湾人☆‏@bluesayuri
お知らせ。台湾人達の忠告。中華民国赤十字会は国際赤十字会と関係ない、国民党構成、過去の記録で義援金の行方も不明、出来れば台南市政府専用口座で良いと思います。台湾人として日本の皆様の好意と暖かい支援を感謝しながら、寄付を大切に欲しい。
https://twitter.com/bluesayuri/status/696679517130108928

台湾ネトウヨ
まあ、「台湾赤十字は[中略]送金することは決してありません」は印象操作の失敗だろう。「3割抜く」とか、クリスさん達が憎む政治勢力の地域にだけ分配されるとか書けば、宣伝上のリアリティは増えるんだけどね

 主張の構造は「反日マスコミは信用できないから法律でで取り締まれ」と同じ。「拡散」とか言ってるあたりでネトウヨと同じ脳味噌になっている。

 なお中華民国赤十字会は国際赤十字赤新月社連盟に加盟している。この記事を読めば普通に現地赤十字として扱われていることがわかる。一つの中国の原則で赤十字国際委員会には入れなかったが、その新中国からも台湾地区での赤十字として認められている。

 国民党嫌いがオカシクなって政府を信じられなくなり、台南市長が民進党だから台南市に送れといったあたりなのだろうだ。

 これは五年前の日本と全く同じ構図である。民主党嫌いでオカシクなったネトウヨが石原慎太郎の東京都の尖閣詐欺に引っかかったのと同じ伝だ。今のアレ政権のざまをみても「民主党よりはマシ」と専修念仏唱えているような連中と同レベルである。

 この点でクリスさんはネトウヨと親和的である。他にも興味深い発言を繰り返していることからもわかる。

 例えば過剰な日本精神主義への迎合がそれだ。
☆Chris*台湾人☆‏@bluesayuri
終戦後、GHQに支配されてる、日本の歪み教育は、自己否定となり。台湾の歴史教育は、戦前日本時代と日本精神を肯定する、だから日本精神を偲んでるこそ、信条になると思います。米国に解放され、優美伝統をお持つ日本には合うかな?考えさせます。
8:16 - 2016年2月13日https://twitter.com/bluesayuri/status/698541271296520193

もちろん、日本会議のいうことをオウム返しにする台湾人がいても不思議はない。それが利益になるなら損得づくでそうするし、中にはモノホンもいる。本気で信じているにしても、イスラエルでナチズムにかぶれるユダヤ人よりは不思議ではない。

 なによりも面白いのは、日本人がそれに引っかかることだ。実際にこのツイートをみると似たような連中が連綿としており、末尾には「日本人覚醒プロジェクト! 」やらがありネトウヨのポップ「はすみとしこ」の書影がある。親和性が高いのだろう。

はすみとしこ


 クリスさんからすれば、日本のネトウヨはチョロいものなのだろう。

 逆に言えば喜々としてリツイートするネトウヨの頭の悪さが際立つものだがね。
スポンサーサイト