fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.04
07
CM:36
TB:1
12:48
Category : 未分類
 神立尚紀さんが、共産党議員の発言に「粗雑」(神立)と述べている。

 中身は、「戦争でゼロ戦のパイロットやっていたジジイが『戦争やめとけ』といってたよ」(大意)といった発言に対し「旧日本軍機を全て零戦と呼んでしまうのは粗雑」と反駁するものだ。

ゼロ戦のアレ
神立尚紀 ‏@koudachinaoki
共産党の議員さんのこんなTweetを見たが、いまご存命の零戦搭乗員で98歳の方は一人しかいない。しかも花見など不可能な体調。パイロットが嘘でなければ他の機種と勘違いしているのでは。旧日本軍機を全て零戦と呼んでしまうのは粗雑すぎます。
https://twitter.com/koudachinaoki/status/717769136269430785?lang=ja


■ 反論となっていない
 だが、これは主張への反論となっているのだろうか?

 共産党議員の趣旨は「兵隊とられたことのある、死に損ないのジジイどもが『戦争はいやだ』と言っている」といったものだ。政治家も戦争を知らない世代となり、安全保障で景気のいい話をしていることへの苦情である。

 そのジジイが載っていた飛行機がゼロ戦だろうがそれ以外だろうが、どうでもいい話だ。さらにはパイロットだろうが陸兵だろうが軍艦乗りだろうが、兵隊とられてエライ目にあった、戦争で無駄に人が死んだ、やるもんじゃないといった主張が変わることもない。

 それに「ゼロ戦ではない云々」は、相当にズレている。「レンジでチンする時にサランラップ使った」といった話に、「使ったのはクレラップだろ、粗雑すぎる」とったものであるからだ。

 なによりも反駁になると考えるあたりが奇妙である。外見上、発言は精緻を求める形だが、主張への反論、さらには言語によるコミュニケーションとしては成り立っていない。ある意味、会議室で社長が「この部屋、暑くないかね」とエアコン側の社員に尋ねた時に、社員が「暑いですね」と言いながら何もしない様子と同じだ。

■ 分別盛りの雷同は不憫
 もっと不思議なのは、これをリツイートする連中だがね。神立さんはゼロ戦専門家だから細部に拘泥して看過できないのはともかくとしよう。だが、現段階で171リツイートされている。

 その中には複数の幹部級の隊員がいる。自分の商売、職場を相対的に見られず、普段からライト・イズ・ライトの発言をしている連中だが「この子、ホントにバカなんじゃないか?」と思うものだ。もちろん、これは反語的表現であって疑問形ではない。

 実際にアタマが悪いから、部内の公的雰囲気であるライト・イズ・ライトを普段から平気で外に出している。以前から海賊ハゲやゼロ戦ハゲや蛙ハゲ、アパグループ将官をヨイショし、かのゲートを持ち上げる手合である。分別盛りの四十郎がまあといったものだ。

 そのノリで「正しい軍事知識を持たない共産党議員が誤った軍事知識を表明している」と喜々としてネトウヨ的に攻撃をしているつもりなんだろうが、傍からみればトンチンカンでしかない。「そこの金魚鉢を隣の部屋に持っていけ」といった指示に「中の金魚をどうするんですか!」と息巻くようなものだ。

 そして、その大概が自称理系なのもどんなものか。世上では文系教育は要らないといったようなことが言われているが、それでできる自称理系がこんなものではねえ。
スポンサーサイト