FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
02
CM:17
TB:0
03:05
Category : 未分類
 信者は詐欺師のいうことを喜んで信じる。

 UFOを信じる人に、「オレ宇宙人とトモダチ」といえば強力な説得力を発揮する。「電話で宇宙人からいろんな情報を教えてもらった」「NASAで宇宙人と連絡している友人によれば」と言えばその中身を信じる。

 仮にTVで否定論者に反論されても、自信に満ちた態度を示せばUFO信者の信頼は維持される。「信じないなら電話出てみろ」と自称金星人と繋いだ携帯を渡したとしよう。常識人はくだらないパフォーマンスと見抜いてバカにする。だが、UFO信者は自信に満ち溢れた態度を看取り、これが真実だと喝采するのだ。

 なによりも周りからは馬鹿にされる宇宙人の存在、交歓を肯定してくれる点は大きい。毒電波で操られていると信じる御仁に、毒電波の発信元と意図を明快に説明してくれるニセ医者は救世主である。この国は中韓といった悪の宇宙人に操られている。日本人は邪魔っけだと思われており、日本人を皆殺しにしようとしている、だが、日本人は憲法で縛られており宇宙人と戦えないので滅亡する。そういった危機感を持っているUFO信者には、詐欺師は神様にもみえるだろう。

 だがら、「詐欺師さまは超能力を持っている」ことも疑わない。なにせ宇宙人さまとトモダチで日米の情報機関を通じていつでも電話できるくらいであるためだ。「2日でスペイン語をマスター」とか「初めて馬に乗ったが障害が飛べた」とかも疑いもせずに信じる。

 当然、詐欺師のいうことは何でも信じきる。これは宇宙人以外でも変わらない。地球空洞説の取材で経費にアチャーなことをやらかしてしまい、「地底人とコネをつなぐのには動物園に入る必要がある」「だから『品代 ゾウ 450万円』を経費で認めろ」と主張したとしよう。常人は「何をいってるのか」とリジェクトする。だが、UFO信者はそこにある世間の常識との乖離も「取材源の秘匿だ」とアクロバティックな理屈で合理化するのである。

 あるいは、オカルトが大好きな政治指導者も引っかかっているかもしれない。ヒトラーやレーガンが占星術師に引っかかった前例もある。その詐欺師に「宇宙人技術で海水から石油を汲み出せる」や「『できない』といわれていたのは宇宙人を隠すNASAの陰謀」とでもいわれ、目の前で手品で海水と石油をすり替えられれば、オカルト好きはそれを信じこむ。しょせんカルトもオカルトも一字違いだ。

 一度信じ込ませればあとは簡単な話だ。「太平洋よりも日本海側の海水が適する」「これ、ウチのカーチャンの特許、これで海水は石油になる」といったアレな意見にもホイホイ乗っかって国帑をむしり取られるだろう。剣呑剣呑
スポンサーサイト