fc2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.08
30
CM:16
TB:0
01:10
Category : 未分類
 フィリピンは武器をくれてやるべきではない。そういうことだ。

 デゥテルテ新大統領は麻薬常習者や売人を問答無用で殺している。そこでは形式的な法的手続きすら装っていない。口先一つで治安機構や自警団の類を動かして人を殺し、さらには「本当に売人だったのか」といった検討すらしていない。

 まずは国内民族問題や領域警備・漁業取締でも同じことをするということだ。テロや領域警備で世論が沸騰すればそうする。強い自分、実行力を持つ自分を見せつけるためにそうする。

 実際に前にもやらかしている。数人がかりで台湾漁船に小銃のフルオート射撃を行い漁民を殺したものだ。治安組織もその程度ということだ。


■ 日本は人殺しに手を貸すべきではない

 そのような国に武器を与えるべきではない。日本は現時点でTC-90をくれてやり、今後は防衛協力を進めると約束した。さらには巡視船の供与も始めている。だが、いずれも反故にすべきだ。

 フィリピンに武器を与えるとロクなことにならない。

 大統領だけではない。その専制支配を許す軍・政府・官僚機構をみれば、そこに法の支配はないことは明らかである。さらにはマスコミや世論もアテにならない。

 もし、武装可能な航空機や艦船を渡せば、躊躇なく自国民や他国民に指向する。日本はそれに手を貸すべきではない。


■ 渡すならベトナム

 中国への対抗なら、ベトナムにP-3Cでも潜水艦救難艦でも渡せば良い。

 ベトナムには民主主義も表現の自由もなく、デモ等を令状なしで拘束はする。

 だが、いきなり指導者が人殺しを宣言し、それを政府や党や軍隊が看過する国でもない。対中対峙も一線は超えないように注意しており、領域警備でも他国民にもいきなり武器は指向しない。

 この点、フィリピンとは雲泥の差がある。武器を渡して良いのはベトナムだということだ。
スポンサーサイト