FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.10
08
CM:19
TB:0
13:26
Category : 未分類
 反対運動の反対派、ネトウヨは「道交法違反でタイホしろ」が口癖になっている。その真意は「反対派だから逮捕しろ」なのだが、それに産経の記者も乗っている。新聞なのにネトウヨがネタ元であるわけだ。

 産経新聞の杉本康士さんは「本紙記者の直撃に「どうせネット右翼がネタ元でしょ!」と逆ギレ そのあきれたロジック」で次のように述べている。
 森を守るためにヘリパッド工事に反対する-。この理屈には首をかしげざるを得なかった。[中略]山城氏に疑問をぶつけると、紳士的な口調が変わって取材を打ち切られた。
 「どうせネット右翼がネタ元でしょ! もういいよ!」
http://www.sankei.com/premium/news/161008/prm1610080012-n3.html

女性はN1ゲート前の県道70号で座り込みなどを行って工事車両の進入を妨害していることに関し、「(国と反対派の)対話がないまま進められてしまうんだったら対話の場を作らなければいけない。私たちが対話の場を作れるんだとしたら路上だよね、というふうになって座り込みが始まったというような感じです」と説明した。路上への座り込みが道交法違反に当たることは言うまでもない。
http://www.sankei.com/premium/news/161008/prm1610080012-n3.html

普通に見える人たちが参加する活動が違法行為を繰り返し、地元住民の迷惑も顧みず活動を続けている。凡庸な人たちが参加しているからといって、違法活動が検挙対象にならないという理屈は成り立たない。
http://www.sankei.com/premium/news/161008/prm1610080012-n4.html



■ 「道交法ではタイホできない」をご存知ない

 だが、なぜ道交法違反で検挙できないのかを全く理解できていない。「路上への座り込みが道交法違反に当たる」(杉本)、「違法活動が検挙対象にならないという理屈は成り立たない。」と認識を開陳しているが、法律通りにしない=逮捕の段階で飛躍している。

 車の通らない道路で路側帯を歩かないからタイホできるだろうか? そういうことだ。
 杉本さんは、法律で書いてあることと罰則と逮捕の関係が理解できていない。

 そして、道交法の罰則は歩行者を対象としていない。115-124条まであるが、114条の公安委員会が設置する道路設備を破壊する、121条で交通規制に従わないものを罰する以外は全て車両の操縦者だけが罰せられる構造になっている。

 この121条で取り締まれる範囲は極めて狭い。簡単に言えば車両運行以外で取り締まれるのは、現場の警察官の警察官の現場における指示、警察官の禁止若しくは制限に従わないときだけ。その場に来るのを待って指示されたあとで動いた場合は対象ではない。デモ行進の先導者を除けばそれだけ。しかも罰金2万円以下の極微罪にすぎない。

 つまりは、警察は反対運動を逮捕できない。

 できるのは現場指示だけである、警察はその都度、交通の邪魔だからどいてくれから始めなけれなならない。


■ やっぱり「ネトウヨがネタ元」なんだろうね

 なぜこのようになっているのか? 自然権のためだ。道路の利用は原則自由であり、制限は許されない。道はだれでも利用可能であり、制約なく自由に出入りできるものであるためだ。

 つまり、杉本さんは法律も、その仕組みも、さらには道路交通法も理解できていないということだ。道路交通法を知らないことはさしたる問題ではない。専門家でもないのに法律の逐一を知る必要はないからだ。だが法体型の構造を知らないのでは、記者として品下ることを自ら示しているとしか言えないだろう。

 このあたりを理解できなにので「反対派はタイホ!」といったネトウヨの世界観と超法規理屈をそのままに言い出したということだ。合法抗議の範囲にある高江反対派を国が叩けば叩くほど、本丸の辺野古整備は遠くなるのだが、その構造も述べないあたりは、まずは全体が見えていない。

 この点、やはりネトウヨ同類である。そのアラアラなネトウヨ理論を振り回されれば、反対派も「『「どうせネット右翼がネタ元でしょ!』」と怒るだろうね。

 こんな感じだと、どうせ「赤灯回した救急車を反対派が止めて中を確認した、俺は見たんだ」といったデマを記事にするんじゃないの。で、あとでネトウヨが「あれは俺みていない、話で聞いただけ」とウソを公言したあとで大恥かくんじゃないか。

 まあ、その状況把握と論理とらすれば、杉本さんの「そのあきれたロジック」に呆れられても仕方ないと思うよ。
スポンサーサイト