FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
17
CM:2
TB:0
19:11
Category : 未分類
 須賀原洋行さんは敗北を勝利と言い換えることでアレ宰相の対露朝貢を評価している。ネトウヨ的な対外強硬論、自国中心主義に傾倒していたにも関わらずそのような主張をするのは不思議なものだ。

 日露首脳会談はやる必要がなかった会談である。宰相が「北方領土が帰ってくる」といったトンチキを信じ込み、「政治的得点になる」と色気を出した外交だが、三月前にはやったところで何の成果も得られないことは判然としていた。

 本来ならあしらえばよかった程度のものだ。プーチンがシグナルを示したように遅刻をして、形式的に大統領閣下と冷たく呼べばよい。実のない話をして屁の役にも立たない柔道といった文化交流の話だけでもして追い返せばよかった。

 実際に現実的にも何の成果もないものだ。だいたいメモランダムもコミュニケも出ない首脳会談である。

 大の宰相がウラジーミルとネコナデ声を出す醜悪だけが目立つものだ。


■ 大本営ニュース

 だが、その発表を持ち上げる御仁がいる。中でも興味深いのは須賀原洋行さんだ。

須賀原洋行@tebasakitoriri「返還でなくてがっかり」という人もいるが、例えば尖閣がもっと大きな島で日本人がたくさん住んで実効支配してると仮定して、中国が「主権や領土については言わない。うちと共同経済活動しませんか」と頼んできたら絶対断るでしょ。それと似たような事を安倍総理はプーチン説き伏せて実現したのでは。
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/810031890992340992


須賀原洋行@tebasakitoriri ぶっちゃけて言うと、北方領土はロシア側はすでに3世代住んでいて、日本はもう元島民がかなりの高齢なので、仮に単純に領土返還が実現しても(右翼的には大事だろうが)日本の旨味は薄い。露の法律に縛られない、協議による特区的な法でもって共同経済活動ができるなら御の字ではあるまいか。
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/809784329815494656


 これは須賀原さんが30年前に漫画でやった「大本営ニュース」に近いものだ。「読売新聞社発表、わが巨人軍は五十連勝中の阪神に対し本日後楽園球場のナイターにおいて105点を得点し現在も追撃中、なお我軍の損害軽微」(だいたいそんな話)というアレだ。


■ 判断基準の外部化

 なぜそのようなヨイショをするのか。判断基準を外部化しているのだろう。事物について自分で考えて評価するのではなく、外にあるネトウヨ基準にあわせて評価する。

 今回の基準は「アレ宰相の選択は正解」といったものだ。その結論に合わせて政治状況を放り込むとこうなる。日露首脳会談で安倍首相は成果を挙げたから逆算して自称を解釈した結果が「中国が[中略]頼んできたら絶対断るでしょ。それと似たような事を安倍総理はプーチン説き伏せて実現した」(須賀原)だ。

 哲学科出身を売りとした御仁が、自分で考えることを放擲したのは残念なものだ。外部から与えられた結論にあわせて世界を認識するあたりは御本人の言うように「新興宗教の信者にしか見えない」(須賀原)もので痛々しい。

須賀原洋行
須賀原洋行‏@tebasakitoriri 反オスプレイや反被曝の人達(の一部)って、危ない新興宗教の信者にしか見えない……
https://twitter.com/tebasakitoriri/status/809965596817367040


 自覚のないカルト宗教の信者(の一部)が、外の世界の人々を「危ない新興宗教の信者にしか見えない」(須賀原)といっている。そういった入り子構造は興味深いものだ。 

 いつ気づくのだろうかね。大本営ニュースはその年の日本シリーズの日テレで「海行かば」が流れるなかで渡辺恒雄のコメント「耐え難きを耐え」が流れた。須賀原さんもいずれそれに気づき悔悟するのか、気づかないまま本人としては幸せに人生を終えられるのか、あるいは気づいても現実を受け入れられないので新しい虚構を求めるのかは興味深いものだ。
スポンサーサイト



2016.12
17
CM:5
TB:0
00:34
Category : 未分類
 小池都知事に実績はあるのだろうか?

 環境省、防衛省の大臣としての実績はない。少なくとも従来できなかったことをできるようにした、あるいは従来やめられなかったことをやめたと言ったものはない。

 都知事になってもそれは同じだ。現実的な成果は何も挙げていない。

 今回のオリンピック会場移転問題も何もできず終わった。バレー競技場有明新設が決まり、費用圧縮のための移転はボート以下すべてが画餅に終わった。

 今後をみても何もできない。築地移転も何もできずに終わるだろう。覚悟も野望もなく、権力維持が目的とし保身を優先する。何も決断しないためそうなる。


■ 覚悟がない

 なぜ実績を挙げられないか? 簡単に言えば覚悟もないためだ

 偉そうに横文字を使い大口を叩く。その割にはリスクを取る決断はしない。

 これは青島都知事と比較すれば明らかである。青島都知事は行政機構との対立を覚悟で賭して都市博を中止させた。自分が都知事として不利となるリスクをとってでも為すべきことと信じることを進めた。

 だが小池都知事はその保身的態度から何もできない。知事としての地位権力指導力の喪失をおそれている。だから何もできない。競技団体ごときの反対に対して、その競技はやらなくともよいとも言えなかったのがその例だ。

 そして自らを騙そうとしている。決断ができなかったことについて、アスリートファーストやらレガシーやらのまやかし文句で仕方かなったと自分を欺瞞しようとしている。

 一言で言えば覚悟がない。青島都知事であれば言えただろうオリンピック返上すら言い出せない。その程度ということだ。


■ 野望がない

 まずもって不覚悟だということだ。

 そもそも野望がない。その点でかの稲田防衛大臣にも劣る。

 稲田防衛相には少なくとも野望がある。野望そのものは迷惑至極なもので、国に害をなすものでしかない。だが確信的な使命とでも言うべき目標はある。

 そして野望を進めるためには傷つくことも厭わない。政治状況や理想としてあまりにもアレでありバックラッシュでしかないが、自らの使命と考えて言うべきこととして言う。それで反発を受けても仕方がないと考えている。

 だが、小池都知事にはそれがない。何をするのかの図画もない。

 そこにあるのは権力欲だけ。偉くなって何をしたいのか、何をするために偉くなるのかといった信念がない。当然、権力の保存が最優先となる。

 それを示すのが、その発言である。当り障りのないことだけしか言っていない。なによりも自分が傷つくことだけを回避する。


■ 保身しかできない

 今後は保身だけを図るだろう。

 もともと欲しいものは権力だけだ。都知事となり、その先の権力が欲しいだけであって、何かやりたいわけでもない。

 そして、この先の権力に辿り着くこともできない。

 自力で這い上がる力もない。ここまでの昇進をみても結局は従来の政治構造の中で、権力者に気に入られて評価されて持ち上がり、あとは機会主義的な挙手で上のポストに入っただけの話だ。

 その伝からすれば、今より不利となる国政には戻れない。理念もなく泥もかぶらない小池都知事は国政に戻って勝てる見込みもない。つまり国政では都知事以上の地位は得られない。権力の損得勘定が優先する人物なので、そのような選択はしない。

 まずは都知事として居座ることだけが目的となる。ピークの地位を守ることに汲々とする。自らが傷つく可能性のあることはすべて回避して何もしない。あとは口当たりのよいこと、横文字を乱発し、当たり障りのないことだけを言い続ける。

 そのため何もできない。それで終わる。